練馬 区 ゴミ 出し。 【令和2年最新】練馬区のゴミの出し方とゴミ収集(回収)日スケジュール | 東京での不用品回収粗大ごみ出張引き取りの東京片付け110番

粗大ごみの収集 « 練馬区資源循環センター

練馬 区 ゴミ 出し

布団を捨てない方法をお探しの方は ページをご覧ください。 スポンサード リンク 練馬区布団の捨て方主な内容の紹介 練馬区のゴミの出し方のページを見てみると、次のような内容で布団の捨て方が記載されています。 粗大ごみの出し方 収集の場合も、持込みの場合も粗大ごみ受付センターに申込みが必要です。 料金など詳しくは申込み時に確認できます。 有料粗大ごみ処理券の購入 申込み時に案内された有料粗大ごみ処理券は、区内コンビニエンスストア、練馬清掃事務所、石神井清掃事務所、清掃リサイクル課(区役所本庁舎18階)などででお求めいただけます。 有料粗大ごみ処理券の貼付 有料粗大ごみ処理券に『収集日(持込み日)と受付番号』または『収集日(持込み日)と氏名』を記入のうえ、品目ごとに見やすい場所に貼ってください。 収集または持込み 収集の場合 収集日の午前8時までに自宅前(アパート、マンションなどは建物の入り口付近など分かりやすい場所)に出してください。 在宅している必要はありません。 持込みの場合 持込みの場合も粗大ごみ受付センターにお申込みが必要です。 申込み時に指定された日時に持込むことができます。

次の

品目検索 か行:練馬区公式ホームページ

練馬 区 ゴミ 出し

リサイクル推進事業: 粗大ごみの収集 有料・申込制) 粗大ごみは、日常の家庭生活に伴って不用となった耐久消費財を中心とするおおむね30センチ角以上の大型のごみのことです。 練馬区では平成30年度、約23万件の粗大ごみが家庭から出されました。 重さにすると、約5千6百トンになります。 練馬区では、ごみの発生抑制と資源の有効利用を目的に再使利用可能なものを資源循環センターで清掃、簡易修繕して区立リサイクルセンター(4か所)で展示・販売しています。 なお、粗大ごみの収集事業は、(公財)練馬区環境まちづくり公社が練馬区から受託して実施しています。 〇粗大ごみの出し方 1 粗大ごみ受付センターに電話やインターネットで申し込みをしてください。 2 粗大ごみ処理券を購入して、品物ごとに粗大ごみに券を貼ってご自宅の前などに出してください。 粗大ごみは、運搬しにくいため、資源循環センターと区内にある民間の施設で大型の収集車両に積み替えています。 積み替え後は、中央防波堤内側埋立地にある粗大ごみ破砕処理施設まで運搬し、焼却や破砕処理などを行い、減容化の後に埋め立てをしています。 〇申込み先 粗大ごみ受付センター(受付時間:月曜~土曜 午前8時~午後7時) 電話:03-5703-5399 ホームページ: 粗大ごみ処理券の販売所• 区内コンビニエンスストア• 有料粗大ごみ処理券・有料ごみ処理券の標識のあるお店• 区 清掃リサイクル課(練馬区役所本庁舎18階)、各清掃事務所、資源循環センターでお求めになれます 粗大ごみ処理券のイメージ その他 詳しくは、をご参照ください。

次の

粗大ごみの持込み « 練馬区資源循環センター

練馬 区 ゴミ 出し

粗大ごみ受付センター TEL:(月曜日〜土曜日 午前8時〜午後7時) (年末年始を除く祝日も受付) インターネット:(24時間受付) (インターネットをご利用いただける場合は、ぜひインターネットによる申込みをご利用ください。 早めに粗大ごみ受付センターへ申し込んでください。 比較的つながりやすい午後もしくは他の曜日にお掛けください。 2 有料粗大ごみ処理券の購入 申込み時に案内された有料粗大ごみ処理券は、区内コンビニエンスストア、練馬清掃事務所、石神井清掃事務所、清掃リサイクル課(区役所本庁舎18階)などででお求めいただけます。 3 有料粗大ごみ処理券の貼付 有料粗大ごみ処理券に『収集日(持込み日)と受付番号』または『収集日(持込み日)と氏名』を記入のうえ、品目ごとに見やすい場所に貼ってください。 4 持ち込み 申込み時に指定された日時に持込んでください。 持込みの際に運転免許証などで本人確認をさせていただきます。 申込みをされた本人または同一世帯(同一住所)の方のみ持込みができます。 受入施設 粗大ごみ受付センター TEL: (月曜日〜土曜日 午前8時〜午後7時) (年末年始を除く祝日も受付) インターネット:(24時間受付) (インターネットをご利用いただける場合は、ぜひインターネットによる申込みをご利用ください。 早めに粗大ごみ受付センターへ申し込んでください。 比較的つながりやすい午後もしくは他の曜日にお掛けください。 2 処理手数料の納付 申込み時に案内された有料粗大ごみ処理券は、区内コンビニエンスストア、練馬清掃事務所、石神井清掃事務所、清掃リサイクル課(区役所本庁舎18階)などででお求めいただけます。 3 貼付用シールを貼る 有料粗大ごみ処理券に『収集日(持込み日)と受付番号』または『収集日(持込み日)と氏名』を記入のうえ、品目ごとに見やすい場所に貼ってください。 4 粗大ごみを出す 収集日の午前8時までに自宅前に出してください。 なんといっても料金が安い 2. 正規の回収なのでトラブルの可能性が皆無 なんといっても料金が安い 粗大ごみの量や種類にもよりますが、行政サービスによる粗大ごみ処理は、民間の不用品回収サービスに比べて費用を安く抑えることができます。 持込みの場合、収集する場合と比較し、概ね3〜5割引き程度(200〜1,300円)で処分ができます。 正規の回収なのでトラブルの可能性が皆無 最も安心でトラブルの可能性が少ないのも行政処分の大きなメリットです。 悪質な回収業者に処分をお願いしてしまった場合、不法投棄などのトラブルにまきこまれ、罰を受けることもあります。 行政での処分は、正規の処分方法であるため安心安全です。 デメリット 1. 指定場所まで自分で運び出さなければならない 2. 数量制限がある 3. 買い取りはしてくれない すでにサービスが変わっている場合もありますが、行政における粗大ごみ処理には、上記のようなデメリットがあります。 指定場所まで自分で運び出さなければならない 粗大ごみを自分で指定場所まで運びださねばなりません。 重たい物や解体しなければ運びだせないような物を処分する時にとても困ってしまいますよね。 数量制限がある 戸別回収の場合、1回の申し込みで回収できるのは15点までのため、 引っ越しなどで大量に処分品が出る際には難しい処分方法だといえます。 買い取りはしてくれない 行政のメリットとして「安い」ことをあげましたが、買い取りができる物の場合には、業者に頼む方が安くなる場合もあります。 民間業者に頼んだ方が良い場合もある ・日時が合わない ・重たくて運び出しが出来ない ・量が多くて1度に全て処分できない ・買い取りもして欲しい というような場合は、行政での処分方法は適していないので、業者に頼むことを検討してみると良いと思います。 東京都内オススメの不用品回収業者 私が選ぶ第1位はここ「東京片付け110番」! 今まで色々と調べた結果感じたのが、「新宿区のように『安心安全』かつ、安く処分してくれる業者」がいいなっということ。 業者で不安なのは、不法投棄などのトラブルはもちろんですが、プライバシーが流出しないかということも大きいですよね。 ここは買取りできる品物に関してはしっかり買い取ってくれるということでその分安く処分できますし、トラック積み放題プランなど分かりやすい料金体系もGoodでした。

次の