ナインルーム 韓国ドラマ。 ナインルーム(韓国ドラマ)の日本放送予定は?見逃し時の再放送やOSTと視聴率も調査!

ナインルーム【韓国ドラマ】キャスト・視聴率・感想・あらすじ!

ナインルーム 韓国ドラマ

しかし、SHCグループ会長 キ・サンの命令で、弁護士ヘイがファサの出所を阻止する。 ファサの再審請求がなされ、ヘイが清州女子刑務所の9号室でファサと接見中に魂が入れ替わり。 囚人チャン・ファサの魂が美貌の弁護士ヘイに入り自由の身に…。 一方、ウルチ・ヘイの魂は、囚人ファサの身体に入り牢獄に閉じ込められる。 医師のキ・ユジン キム・ヨングァン は、彼女のウルチ・ヘイを優しく抱きしめ、気遣うのだが・・・、まさか中身が囚人チャン・ファサだとは思いもよらなかった。 ヘイは、キ・サンが溺愛する息子キ・チャンソン ONE が起こした死亡人身事故の弁護を担当していたのだが…。 (2019. そら豆) 感想 序盤から、グイグイ引き込まれる不思議系サスペンスで。 全話観た感想は・・・ 面白かった!! 伏線のピースを合わせていく複雑なストーリーと、手に汗握る驚く展開にドキドキが止まりません。 身体は牢屋で、魂は他人の身体に入り出所するという。 あの「被告人」チソンの苦労が可哀想になるくらい、ずる賢い簡単脱獄劇。 か~ら~の~、過去の事件の真相を暴く復讐がメインストーリー。 チャン・ファサが殺人の罪で34年間も服役した理由を絡め、さまざまな伏線を交錯させて、丁寧に描かれています。 見た目は超美人ウルチ・ヘイだけど中身は63歳の囚人チャン・ファサ。 見た目は若く中身は大人 どうしてもコナン風に言いたいのね。 美貌の容姿と検事という地位を手に入れたファサと、囚人になり傲慢な自分に向き合っていくヘイの物語。 2人とその周囲の演技が上手すぎて、先を見るのが怖いとさえ思いました。 3話までの解説 序盤少し複雑ですので解説を…。 3話までのネタバレあり 、そこまでご視聴済みの方だけどうぞ 今から34年前の1984年。 サンヘ商社代表 キ・セウンには愛人の息子がいた。 それが、ハンシン工業整備士の チュ・ヨンベ。 しかし、会社の正統な後継者はセウンの長男 キ・サン。 ヨンベは、自分も財産を貰う権利があると思い、サンヘ商社女子社員の チャン・ファサを誘惑。 金庫の番号を聞き出し、会社のお金を盗む。 サンがそれを目撃し、 ヨンベと揉み合う内に サンが死亡。 ヨンベは偽装工作をし、付き合っていた ファサに殺人の罪を着せる。 ヨンベにそそのかされて、 チャン・ファサの冤罪をでっち上げたのは以下の4人。 ヨンベが死んだ キ・サンに成り替わり財閥になった。 死んだはずの ヨンベ が生きている? ファサは ヨンベ殺害の罪で34年間も服役しているのに。 キ・サン= ヨンベは、 チャン・ファサにバレるのを恐れ。 出所させないよう必死!もはや『ファサ死んでくれ』とさえ思っている。 謎なのは、医師 キ・ユジン キム・ヨングァン。 キ・セウンの息子で、 キ・サンの異母兄弟。 キ・ユジンは何者なのか? 本人も視聴者も3話の時点では分かりません。 そして、現代。 サンの息子 キ・チャンソンが交通死亡事故を起こし。 溺愛する息子の罪もどうにかしたい懲りない キ・サン。 彼の弁護士が ウルチ・ヘイ。 その ヘイの父親 ウルチ・ソンは34年前の事件の検事だった。 キャスト(下の画像左から) ウルチ・ヘイ役 キム・ヒソン ウルチ・ヘイは36歳で、出世に熱心な美人弁護士。 傲慢で高慢な検事がシニアパートナー昇進の切符を手にするのだが・・・。 チャン・ファサの身体に魂が入り牢獄へ。 キム・ヒソンは見る度に綺麗になっていく。 「品位のある彼女」同様、大女優たちの演技対決は面白い。 出演作品「品位のある彼女」「」 キ・ユジン役 キム・ヨングァン 家庭医学科専門医で33歳。 ウルチ・ヘイの恋人。 父親はキ・セウン、キ・サンとは腹違いの兄弟。 母親が不明。 キム・ヨングァン、韓国1医師役が似合う男!! 63歳、糖尿病。 キ・ユジンの身体に魂が入り込み出所するが…。 キム・ヘスクの演技、特に眼差しの変化が素晴しい。 出演作品「法廷プリンス-イ判サ判-」「耳打ち~愛の言葉~」 キ・サン チュ・ヨンベ 役 イ・ギョンヨン SHCグループ会長64歳、ユジンの異母兄。 サンヘ商社を、財界8位のSHCグループにした。 愛息子キ・チャンソンに会社を継がせたい。 イ・ギョンヨン最近よく重要な役でお見掛けします。 出演作品 「 」 オ・ボンサム役 オ・デファン ジョンウン警察署刑事36歳。 鋭い指摘と正義感が強すぎて、交通課勤務に。 オ・デファンが情のある刑事は嵌り役。 出演作品 「被告人」「マッド・ドッグ」 出典 韓国サイト topstarnews. 孝子洞交差点歩行者死亡事件容疑者。 ONEは「」で不思議な役を好演し印象に残っています。 綺麗な顔で奇妙な役を上手く演じる俳優で、このドラマも彼に合った役、好演でした。 出演作品「」 カム・ミラン役 キム・ジェファ 詐欺罪で服役経験あり、ファサの仲間。 サスペンスだけど、暗くなりすぎず面白いという印象が残ったのは彼女のお陰。 出演作品「キム課長とソ理事」「」 最後に 先がどうなるのか考えながら、ハラハラドキドキ観るのがサスペンスの醍醐味。 お陰様で視聴中楽しい時間を過ごせました。 でも、この内容に商品CMがちょいちょい入り。 人生とは、罪を犯せばどこかで償うように仕組まれたシステム。 罪深さに気づけない人はダメージを受け続ける。 ダメージを受け罪に気づき、償い立ち上がり生き直すならOK。 厳しいけど、そんな救いのあるドラマでした。 タイトルの「ナインルーム」。 数字の「9」が持つ意味は、 終わりの始まり。 正にそんなドラマです。

次の

ナインルーム【韓国ドラマ】キャスト・視聴率・感想・あらすじ!

ナインルーム 韓国ドラマ

2018. 投稿者: ナインルーム 15話・16話 最終回 あらすじと感想 【PR】 しまった!第〇話を見逃してしまった! そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル! ナインルーム 나인룸 Room No. 9 全16話 第15話 視聴率3. 中に入ると、過去の不正の証拠書類を見せて、自分はユジンに相応しくない、と言います。 一緒に償う方法を見つけよう、と答えるユジン… ファサに呼ばれて、ヘイのアパートに出向いたオ刑事は、ヘイの携帯に録音された救急隊員の証言を聞いて、声が本当に隊員のものだと証明出来れば証拠として使える、と言います。 隊員の妻を訪ねたヘイ・ファサ・ミランは、隊員が歌うカラオケを録音したカセットの山を借り受け、何とか見つけ出した話し声の部分をオ刑事に渡し、分析を依頼します。 病院のスタッフが、ボン院長の部屋を片付けている所へ行き合わせたユジンは、本棚にある本を全て回収。 何冊かカバーを剥がしてみると、そこにはボン院長が署名した検死報告書が。 キ・サンの死因は頸椎骨折による、と明記されていました… ヘイ達が床に着く頃、合鍵でアパートへ侵入したソ・ヒュクジンは、ヘイとファサを縛り上げ、猿轡をかませます。 丁度その時ヘイに電話をして、何かが変だと感じ、アパートへ向かうユジン。 一方、オ刑事の所にやって来た後輩刑事の話を聞いて、ファサを保護した方が良い、とヘイのアパートへ向かうオ刑事。 偶然の連携プレイで、ヘイとファサは事なきを得るのでした。 ファサの母親を家に連れてくる計画を実行に移し、ヘイのアパートに連れてきてお風呂に入れます。 それを見て、再び後悔の念に駆られるヘイ。 料理を用意するヘイとファサに向かって、母親は急にはっきりと話し出します。 病院に呼び出されるユジン… ファサとヘイは、ユジン不在のまま書類を提出し、そのまま食事に行きますが、帰りにファサが気を失ってしまい、ヘイは彼女をユジンの病院へ運びます。 同じ時、チャンソン危篤との連絡を受けて病院に駆けつけるキ会長。 チャンソンが自殺しようとしたらしい、と聞いて、ファサの病室に行き首を絞めようとするも、昔の記憶が蘇り、部屋を出て行くキ会長… ファサの再審申請の日となり、ヘイは法廷で証拠品を提出します。 再審が決まり、喜ぶファサ・チーム。 それを見てにやりとするキ会長の様子にヘイは…!? 第15話 感想 序盤とすっかり変わったヘイの苦しみと、ファサの気持ちに、多分につられ泣き(もらい泣き?)するエピソードでした。 状況をすぐに悟ってフォローしたユジンも偉い。 ドラマは、良い演出をしているなと感じました。 話全体が「終わり」に向かって、今まで繰り広げたものを纏めていると思ったエピソードでした。 ファサには十分な証拠が揃いました。 キ会長は抵抗するでしょうが、真実が出そろったら、いくら何でもお金では解決できないでしょう。 最終話で、ヘイがキ会長にどのように対抗するかが楽しみです。 若い時、ファサを愛していたはずのヨンベが、どうしてあそこまでファサを虐め抜くことが出来たのか、少し理解できない部分がありますが、このドラマには、今やあまり関係なさそうです。 彼は、息子にも見放され(父親の愛を必要としていませんよね)、ついてきているのはパク秘書、キム検事など、キ会長と一緒に悪事を働いた人ばかりです。 ファサは恐らく無罪になるでしょう。 日本でも昔、「冤罪」が話題になりました。 お隣の国でもこのような事件があって、監督さんはその事に目を向けたいのでしょうか。 制作発表会をみていないので、勝手な想像だけですが、日本にも十分通じるトピックだと感じています。 ナインルーム 나인룸 Room No. 9 全16話 第16話 視聴率5. その頃、キム検事は担当の検事や裁判官を招集していました。 公判で、明らかに検察側を支持する裁判官。 容体が悪化し、投薬のせいで精神錯乱を起こすファサ。 そうこうするうちに、意識を取り戻したチャンソンに、ユジンになる方法を見つけた、と話すキ会長。 偶然病室の入り口にいて、その言葉を聞いたユジンは、その夜、オ刑事を飲みに誘います。 34年前の裁判の時は行方不明だった、キ・サンが映った犯行現場写真を見せるヘイ。 ヨンベが法廷内にいるかどうかという質問に、ファサは、車椅子から立ち上がり、出て行こうとするキ会長を指さすのでした… 駐車場で車から降りたところを連れ去られるヘイ。 一方、サウナで倒れたキ会長を助けたユジンは、偽りはやめてチュ・ヨンベとして生きるように、と言います。 そして車に乗った途端、後ろから襲われ、格闘に!オ刑事の携帯が鳴り、格闘するユジンの様子を聞いて、警察車を急発進するオ刑事達。 実は、ユジンは自分の身の安全の為、携帯を繋いで、盗聴と追跡が出来るよう、オ刑事に依頼していたのです。 体を入れ替える為、研究所に運び込まれるユジンとチャンソン。 既に監禁されていたヘイは、気が付くと、オ刑事に居場所を連絡。 SHC病院の院長の座を約束されたソ医師が、除細動器の準備を終えた時、サイレンが聞こえます。 パク秘書が部屋から出るのを見たヘイは、その隙に中に飛び込み、除細動器を床に投げつけます。 それに飛びつくキ会長。 その光景にあっけにとられるオ刑事達… 最終弁論に立ったヘイは、自分を含め、法律に従事する者達のせいで、チャン・ファサは34年間も死刑囚になってしまった、と言います。 そして、最後に正義を示して欲しいと嘆願するのです。 判決は…無罪。 母親の膝に泣き崩れ、そのまま倒れるファサ… ファサが病院から抜け出したのを知ったヘイは、何処に行ったか見当がつく、と、ヨンベとの思い出があるナムサンへ。 ヨンベを待っていたかのようなファサは、ヘイに深く感謝し、弁護士を続けて欲しいと言います。 そして彼女の膝に横になり…静かに亡くなります。 それを見て、持っていたライターを落とすキ会長… アパートを片付けながら「ファサさんの声が聞こえた気がする」とユジンに話すヘイ。 2人は、除細動器を海へ投棄。 そして、ヘイの事を「ファサ」と呼ぶ、ファサの母に会いに行き、母の前で結婚の約束をするのでした。 カン教授の事務所で働き始めるヘイとミラン。 オ刑事が新しい依頼人を連れてきます。 死刑囚にされてしまった娘を救ってほしいという母… 第16話 最終回 感想 真実を追求する主人公達の旅が終わりました。 ファサの一生は苦難に満ちていましたけれど、後悔も悲しみも無く終わることが出来たのは、大きな救いです。 34年前に一度人生が終わった場所で死期を迎える設定と、今、彼女を大切にしている人に抱かれて、過去に愛した人は後ろから見ているという設定は、チャン・ファサの最後に相応しいと感じました。 ファサが亡くなった後の部分も良かったです。 誰かが亡くなっても、残された人々の人生は流れ続ける。 彼女は居なくなってしまいましたが、彼女の物語は、彼女が交流した人々の中に生き続けています。 体が入れ替わるとか、非現実的な要素を織り交ぜながらも、目指すべきもの、目指すべき生き方を最後に十分に表したドラマだと思いました。 「悪者」たちはどうでしょうか。 マ弁護士は亡くなり、ボン医師は精神異常。 パク秘書は拘束され、キム検事は地位を無くし、キ会長はすべてを失いました。 キ会長の傍には誰も居なくなった。 あれだけ可愛がっていた息子は、父の事を憎んでおり、これから一生息子の世話をしていくキ会長(チュ・ヨンベと言うべきか?)は、死ぬまで自分の犯した罪を思い知らされ、後悔し続けることでしょう。 強烈な終わり方です。 それからヘイは?相変わらず自信家ですが、最初と違って、同情心と誠実さが加わりましたね。 カン教授達の事務所で、人生を切り開いていくであろうと想像できます。

次の

ナインルーム

ナインルーム 韓国ドラマ

ファサは、死刑判決を覆すため再審請求を起こすんだよ! 一方、不遇な毎日を過ごすファサとは異なり、出世街道を突き進んでいた傲慢弁護士、キム・ヒソンさん演じる ウルチ・ヘイは、シニアパートナーに昇進する日を待ち望んでいました。 ヘイは仕事だけではなく、プライベートでもイケメン医師、キム・ヨングァンさん演じる キ・ユジンと 恋人関係でもあるんですよ! 誰もが羨む生活を手に入れているヘイでしたが、ファサの再審請求に関わるようになってから 運命が一変してしまうのです。 ユジンの体がすり替えられる危機が迫った瞬間にヘイが登場しユジンを助けることに成功!! ちょうどその時にボンサム刑事も現場に駆けつけ、サン会長の陰謀はすべて発覚します。 その後、ヘイは最後の弁論で自身が不正を犯して勝率100%を達成した事実を告白! ヘイは法廷で 「法曹のカルテルがあったためです。 勝率100%は、チャン・ファサさんのような犠牲者がいたためです。 チャン・ファサさんが死刑囚として34年を生きたのは、私たちのせいであって、私のせいでもありましたた。 正義はないと、世の中はもともと不平等であると、このように答えますか? 」 とファサの無念さを強調し訴えたのです。 続けてヘイは 「本日の判決が、34年を死刑囚として生きた、一人の女性として、人間として幸せになれるすべての機会を失って、死に直面しているチャン・ファサさんに最後の正義を実現させてくれることを願います」 と言いました。 再審で裁判所はファサに無罪を言い渡し、ファサは無念だった濡れ衣を晴らすことがようやくできたのです。 ファサは 無罪の宣告があった瞬間に、母の前に行って涙を流し「 ようやく明らかにすることができた。 許してください母さん!」と言い倒れます。 さらにサン会長がチュ・ヨンベとして身分を隠して生きてきた事実が明かされ、彼も法の審判を受けることに! その件に関する他の共犯者たちも罪を償うことになりました。 同日、入院していたファサは、チュ・ヨンベとの思い出の場所である南山を訪れたのです。 ヘイが彼女のもとを訪れファサは 「あなたと一緒だったすべての時間がありがたく、幸せだった。 人生は美しいと感じさせてくれた。 母さんが心から願っていた無罪の宣告を受けるようにしてくれた。 弁護士を辞めないでほしい」 と伝えました。 ファサはヘイに抱かれたままこの世を去った姿が描かれたところで幕を閉じました。 まとめ いかがでしたでしょうか? キム・ヒソンさんとキム・ヘスクさんが共演した話題作 『 ナインルーム』。 物語が進むにつれて、ファサを奈落の底に突き落とした元恋人チュ・ヨンベが大手企業の実力者に成りすましている事が判明します。

次の