対戦考察 エースバーン。 【ポケモン剣盾】ランクバトルS1使用パーティ エースバーンじゃんけんスタン 【終盤最高73位/最終152位】

エースバーン (えーすばーん)とは【ピクシブ百科事典】

対戦考察 エースバーン

初めまして。 ジローという者です。 自己承認欲求のため、そして備忘録的な意味のためソード・シールドのシングルバトルシーズン1にて使用していたパーティを記事にしようと思います。 ストーリーで最初に選んだヒバニーの進化系であるエースバーンがとても気に入ったのでこいつを使うことからパーティ構築をスタートしました。 メインウェポンに専用技である高威力の かえんボール、等への打点になる 、先制技でありドラパルトへの打点にもなる ふいうちを攻撃技として採用。 最後の枠に補助技透かし、もうかの能動的な発動、様子見、そしてックス時にはダイウォールとして使えるととても便利な みがわりを採用しました。 といい ふいうちといいじゃんけん択が発生しやすいなのでかなり使う人を選ぶ気がしました。 そういう意味でも様子見ができる みがわりは素晴らしい。 持ち物は微妙に足りない火力を補うために たつじんのおびとしました。 これによりやH252をワンパンできます。 ランクバトル開始からちょこちょこ型を変えながら使っていましたがこの形に落ち着きました。 11月の頃はなぜか過小評価されていてほとんど誰も使っていなかったのに最近になってやたらと個体数が増えてしまったため、内に眠るマ心が疼いてしまいます。 受けル以外でもこいつより遅いと対面するだけで相手のパーティをボロボロにできることが多く、こいつの味を知ってしまうとスカーフが使えなくなってしまいます。 このパーティでは襷を持ったが重いため、うまいことやれば襷を潰しつつ立ち回れるとんぼがえりを採用しています。 某Youtuberが使っていたHB眼鏡を自分なりにアレンジしましたがあまり自信のある調整ではありません。 トリックはこだわりアイテム持ちに自然と組み込めてかつ誤魔化し性能が高く、そしてックス時にダイウォールとして使えるため非常に便利でした。 明確な不利をとる相手が多いため選出しても腐ってしまうことが多々ありましたが、それでも便利なのでなかなかパーティから外すことができませんでした。 テンプレなので言うことなし。 相手のに少しでも強く出たいので性格は陽気にしました。 エースバーンと見るとよく水タイプのが出てくるのでそこに突き刺さる を採用。 シャドークローが欲しくなることも度々ありましたが、他ので手こずりやすい、、などにも刺さるのでこのパーティにはこの構成が合っていたと感じました。 このドラパルトを使い始めた頃はスカーフドラパルトが絶滅しかけていたのでSを甘えていても多くのドラパルトを先制で葬れましたが、シーズン終盤になってまたスカーフドラパルトに遭遇するようになったのでクソ調整も相まって何とも言えないになってしまいました。 【このパーティの強い点】 ほぼ選出しないが生まれず、すべてのが活躍できていたのでその点は非常に満足でした。 戦っていてきついが何体かいますが 後述 、それでも現在の環境では立ち回り次第でほとんどのパーティと五分以上に戦っていける感じがあったのでよかったです。 【このパーティの弱い点】 強い点よりも改善点の方が書きたいことが多いので箇条書きで書いていこうと思います。 ・絶対に作ってはいけない対面の存在 このパーティでは相手の攻撃に後出しすることをほとんど考慮していないため、一部作られてしまうとどうしようもなくなる対面がたくさんあります。 例えば、"こちらのドラパルト vs 相手の"、"こちらの vs 相手の"などです。 これらの対面をいかに作らずに相手を削れるかが勝負の分かれ目になります。 ・選出じゃんけんになりがち 作ってはいけない対面が存在するため、初手対面がとても重要になります。 そのためこの記事のタイトルにもあるように選出の段階で択ゲーのじゃんけんが生まれがちで、安定感があまりありません。 逆に言えば選出じゃんけんを押し付けられているのは相手も同じなので、初手から有利対面を作ることができれば楽に勝てることが多いようにも感じました。 ・重い ダルマが何もできずに倒されてしまうため非常に苦しい。 削れていなければエースバーンも不利。 ふしぎなうろこが発動すると鉢巻ダルマのでさえ確2を取れなくなる。 の眼鏡放電ぐらいなら耐えてきてを返される危険もあり、またこいつの裏には電気無効が控えていることが多いため択ゲーになりがち。 くいしんぼうで のろいを積まれても苦しいしでダルマパルエースバーンのメインウェポンを半減されても苦しい。 先に展開されないようにするか、のトリックでごまかしつつ立ち回りで戦う。 シーズン2もエースバーンを組み込んだパーティを使って頑張っていきたいと思います。 やニコ生でランクバトルの配信も行っているのでそちらも見ていただけると嬉しいです。 拙い文章ですがここまで読んでいただきありがとうございました。

次の

【ポケモン剣盾】ランクバトルS1使用パーティ エースバーンじゃんけんスタン 【終盤最高73位/最終152位】

対戦考察 エースバーン

が相棒ポケだったので書きました エースバーン育成論 色違いのクラウンめっちゃすこ そもそもこの記事をご覧の皆様は についてどれくらい知っているでしょうか? のは 115-115-85-90-75-100 高いHとAが目立ちますね。 7世代までにおいてSがしっかりと100あるのも高評価です。 なにより特筆すべきは専用技『 せいなるほのお』 炎物理威力100命中95と特筆すべき火力ではありませんが、大切なのは追加効果 なんと 5割の確率であいてを火傷状態にできるのです。 実質鬼火 これにより物理主体アタッカーの安易な受け出しを許さず、高い制圧力を誇っていました。 USUM環境では対 性能が素晴らしく、皮をはぎつつやけどにすることで剣の舞や襷を潰し、素早さでも勝っているため次のターンにそのまま押し切ることができました。 僕は最速AS鉢巻で使っていたのですが、使用時の9割は せいなるほのおブッパしてました。 たまに や 交代読みでじだんだを撃ちましたがそれくらいです。 準伝説だけあって耐久も並み以上あり、 テテフのサイキネくらいなら無振りで確定耐え、そもそもSが上回っているため上から鉢巻 せいなるほのおで確定一発… 昔語りはこれくらいにしましょう。 今我々がいるのはガラル地方。 彼は、もういないのですから。 …彼は、もういない? <俺がいるぜ! きっ、君は! エースバーン君!! ここで、 エースバーンのを見てみましょう。 80-116-75-65-75-119 80とそこそこ高いHに116もあるA、ガラル地方ではそこそこ早めな119あるS …なんかこの説明、見たことあるぞ? エースバーンのと のを比較してみましょう 犬: 115-115-85-90-75-100 兎: 80-116-75-65-75-119 …おわかりいただけただろうか? そう、この二体。 が非常に似通っているのである。 H:ぶっぱ はH4振りでHP191になります。 エースバーンは252振り切ることで と近いラインの耐久力を得ることができます。 岩地面覚えないのはうんこだと思ってるけど 高耐久高速高火力アタッカー…最高ですね ぜひ使ってあげてください 剣盾 Bspider.

次の

エースバーン 調整メモ

対戦考察 エースバーン

が相棒ポケだったので書きました エースバーン育成論 色違いのクラウンめっちゃすこ そもそもこの記事をご覧の皆様は についてどれくらい知っているでしょうか? のは 115-115-85-90-75-100 高いHとAが目立ちますね。 7世代までにおいてSがしっかりと100あるのも高評価です。 なにより特筆すべきは専用技『 せいなるほのお』 炎物理威力100命中95と特筆すべき火力ではありませんが、大切なのは追加効果 なんと 5割の確率であいてを火傷状態にできるのです。 実質鬼火 これにより物理主体アタッカーの安易な受け出しを許さず、高い制圧力を誇っていました。 USUM環境では対 性能が素晴らしく、皮をはぎつつやけどにすることで剣の舞や襷を潰し、素早さでも勝っているため次のターンにそのまま押し切ることができました。 僕は最速AS鉢巻で使っていたのですが、使用時の9割は せいなるほのおブッパしてました。 たまに や 交代読みでじだんだを撃ちましたがそれくらいです。 準伝説だけあって耐久も並み以上あり、 テテフのサイキネくらいなら無振りで確定耐え、そもそもSが上回っているため上から鉢巻 せいなるほのおで確定一発… 昔語りはこれくらいにしましょう。 今我々がいるのはガラル地方。 彼は、もういないのですから。 …彼は、もういない? <俺がいるぜ! きっ、君は! エースバーン君!! ここで、 エースバーンのを見てみましょう。 80-116-75-65-75-119 80とそこそこ高いHに116もあるA、ガラル地方ではそこそこ早めな119あるS …なんかこの説明、見たことあるぞ? エースバーンのと のを比較してみましょう 犬: 115-115-85-90-75-100 兎: 80-116-75-65-75-119 …おわかりいただけただろうか? そう、この二体。 が非常に似通っているのである。 H:ぶっぱ はH4振りでHP191になります。 エースバーンは252振り切ることで と近いラインの耐久力を得ることができます。 岩地面覚えないのはうんこだと思ってるけど 高耐久高速高火力アタッカー…最高ですね ぜひ使ってあげてください 剣盾 Bspider.

次の