自転車 パンク 修理 相場。 ヤマハ子供乗せ電動自転車がパンク。修理費はいくら?時間はどれくらいかかったのか?

自転車のバンク修理はどこでできる?かかる時間と料金の相場は?

自転車 パンク 修理 相場

自転車を日頃から通勤、通学、買い物などで使う人も多いでしょう。 特に毎日使っている人は、突然自転車が故障してしまったら気分も落ち込んでしまいますよね。 今回はそんな自転車の修理費用の相場をまとめたので、お困りの方はぜひ参考にしてみてください。 自転車故障別の修理費用相場 まずは自転車の故障別の修理費用相場を紹介します。 以下で紹介する費用は、工賃のみの値段となっており、パーツ代は別途かかるため注意しておきましょう。 また、修理業者によって価格は前後するので、以下の相場は参考程度に、詳しくはショップに問い合わせてみてください。 タイヤ・チューブの修理費用 パンクは、自転車の故障のなかで一番多く、タイヤ、チューブの状態によって修理内容が異なります。 チューブに小さい穴があいた程度なら専用のシールを貼る方法で済みますが、あまりにも状態がひどいものになるとタイヤとチューブ両方の交換になります。 ・シールを貼る場合の修理費:1,000〜2,000円程度• ・チューブ交換:前輪1,200円程度、後輪1,800円程度 ・タイヤ交換:前輪1,200円程度、後輪1,800円程度 チェーンの修理費用 チェーンは自転車パーツのなかで最も消費しやすく、汚れやすいパーツです。 そのため定期的なメンテナンスが必要ですが、ある程度まで使用するとどうしてもチェーンがゆるんできて交換が必要になります。 ・チェーンの外れ:1,500円程度• ・チェーン張り調整:590円程度• ・チェーン交換:1,400〜2,200円程度 ブレーキの修理費用 ブレーキは自転車を運転するうえで、私たちの命綱のようなものです。 ブレーキの効きが悪いと大きな事故に繋がりかねないので、効きが悪いと思ったらすぐに修理に出しましょう。 ・ブレーキ調整:前輪450円程度、後輪500円程度• ・ブレーキワイヤー交換:700円程度• ・ブレーキゴム交換:680円程度 その他修理費用相場 その他、自転車パーツの修理の費用相場を紹介します。 ・ハンドル交換:1,400円程度• ・サドル交換:460円程度• ・ペダル交換:820円程度• ・ライト交換:800円程度 自転車の修理を行っている業者 次に、自転車の修理を行っている業者を紹介します。 最近では、大手チェーンの自転車ショップでも幅広く修理に対応しているところもあるので参考にしてみてください。 以下では、修理業者の情報と自転車の故障で1番多いとされているパンクの修理費用を紹介します(紹介する費用は工賃のみで、別途パーツ代がかかります)。 サイクルベースあさひ:800円程度 サイクルベースあさひは、全国に店舗を展開している自転車業者です。 自転車専門の修理業者なので、確かな技術力で修理を行ってくれます。 さらに、専門店にもかかわらず比較的安価で修理を対応してくれるのも嬉しいポイントです。 パンク修理は800円程度となっていました。 カインズサイクルパーク:800円程度 カインズサイクルパークは、ホームセンターカインズが展開している自転車ショップです。 安心スマートパックに入ると工賃やパーツ代などが安くなるので、自転車をよく利用する人におすすめです。 パンク修理は800円ほどでした。 ドン・キホーテ:700円程度 ドン・キホーテは、衣料品、食品、家電品など幅広い商品を取り揃えていることが特徴のお店です。 自転車の修理も一部の店舗に限り対応しているので、まずはお近くのお店に問い合わせてみましょう。 パンクは700円程度で直してくれるそうです。 イオンバイク:1,080円(一か所増すごとに+216円) イオングループが展開しているイオンバイクは、全国に店舗があります。 こちらでは、パンク修理は1,080円となっており、一か所増すごとにプラス216円となるそうです。 パンク2箇所以降の修理代が安くなるので、パンク箇所が2つ以上ある方におすすめです。 自転車を長持ちさせるポイント 最近では1万円以下で購入できる格安自転車も販売されていますが、やはり修理箇所が何か所も出てくると修理費用がかさみます。 日頃から使う自転車であるほど、できるだけ丈夫に、末永く使いたいものです。 次は自転車を長持ちさせるポイントをいくつか紹介するので、ぜひ実践してみてください。 タイヤに気をつける タイヤは直接地面に触れるため、地面に落ちている石やガラス片の影響で摩耗が激しい部分です。 タイヤに異物が刺さったままだとパンクの原因になるので、乗り終わったらタイヤの状態チェックを行うようにしましょう。 余力がある方は、走行後に濡れた雑巾でタイヤを軽く拭いてみてください。 ふき取るだけでも長持ちします。 また、パンクをしてしまった自転車にそのまま乗っていると、タイヤの表面にヒビが入ってしまうことがあります。 そうなるとタイヤ自体を交換しなければならなくなり、その分費用もかかってしまうので、パンクをしてしまったらすみやかに業者に修理を依頼しましょう。 変速機を休める 変速機付きの自転車を使っている方は、変速を使用していないときはギアを緩めるようにしましょう。 変速ワイヤーが張った状態で長時間漕いでいると、ワイヤーと変速機に負担がかかり、消耗するスピードが早くなってしまいます。 そのため、運転が終わったら、変速機をゆるめるクセをつけるようにしましょう。 自転車を休めることも、長持ちさせるうえで重要なことなのです。 とにかく錆びさせない 街中を歩いていると、ひどく錆びていてキーキー鳴っている自転車を見かけます。 自転車のパーツはほとんどが鉄でできているので、水分に弱く、錆びやすいものです。 見栄えもあまり良くないですよね。 さらに、パーツの錆びは見栄えが良くないだけでなく、自転車の機能も低下させていまう原因にもなります。 チェーンが錆びてしまうと運転中にペダルが重くなる原因にもなるので、快適に運転をするためには、なるべくメンテナンスを行いましょう。 特に風や雨の強い日に走行した後は、汚れを落としてオイルを差すように心がけてみてください。 自転車カバーのススメ 上記では、錆びさせないことが自転車の劣化を防ぐポイントだと紹介しましたが、屋外で自転車を保管している人がほとんどかと思います。 屋外で保管していると、どうしても雨を防ぐことはむずかしいですよね。 かといって屋根を設置するには、手間も費用もかかります。 そんなときに便利なのが「自転車カバー」です。 自転車カバーは、自転車ショップやホームセンターなどでも売られており、値段も屋根を設置するよりもはるかにリーズナブルです。 自転車を長く安全に乗るためにも、屋外で保管している人は一度自転車カバーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。 自転車は自分で直せる? 自転車に不具合を感じたら、できるだけ早くショップに修理を依頼したいところですが、時間がない方や費用の面を考えると、なかなかお店に足を運びにくいという方もいるのではないでしょうか。 もし自分で直せる修理キットがあったら…とお考えの方もいるでしょう。 「自分で直せる自転車修理専用キット」がある そんな時に便利なのが「自分で直せる自転車修理キット」です。 こちらは100円ショップなどにも販売されており、修理方法も動画サイトやネットに詳しく投稿されているので、誰でも簡単に修理を行うことができるでしょう。 自分で直すため工賃はもちろん無料。 パーツ代や工具のみで済むので、費用をたいへん安く抑えることができます。 興味のある方は、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。 そうはいっても、やはり修理業者に依頼した方が簡単で修理の出来は良いでしょう。 誤った方法で修理を行ってしまうと、思わぬ事故に繋がりかねないので、不安な方は修理業者に修理を依頼することをおすすめします。 まとめ 今回は自転車修理の費用相場を紹介しました。 いつも使っている自転車であるほど、長く安全に乗り続けたいものですね。 自転車に少しでも違和感を感じたら、すぐに修理に出すようにしましょう。 また、自転車を長く乗り続けるためには、日頃のメンテナンスは欠かせません。 日頃からお手持ちの自転車をメンテナンスしてみたり、保管状態を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

次の

【保存版】自転車修理の費用相場をまとめてみた

自転車 パンク 修理 相場

修理箇所 修理内容 工賃 概要 組立 持込・7分組立スタンダード 8,000 7分組立、点検整備 持込・7分組立スペシャルチューン 20,000 7分組立、点検整備、BB、HEAD部分の分解点検、各ワイヤーの長さ調整、チューンアップ完成車分解工賃を含む。 フレーム持込 15,000 完成車分解工賃を含む。 載せ替え 12,000 コンポーネント 分解洗浄組立 10,000 ワイヤー フルワイヤー交換 4,000 フレーム コーティング スペシャルコーティング 20,000 カガミの甲冑、ガラスの鎧。 オバーホール、新車の場合は15,000円。 カガミの甲冑 14,000 オーバーホール、新車の場合は10,000円。 ガラスの鎧 8,000 オーバーホール、新車の場合は6,000円。 マシンポリッシュ 15,000 コーティングの場合は10,000円。 オーバーホール 整備 スペシャルチューン・オーバーホール 20,000 点検整備 2,000 当店にてご購入または、スペシャルチューンを受けた自転車は無料となります。 点検整備・簡単洗浄 5,000 当店にてご購入または、スペシャルチューンを受けた自転車は2,000円となります。 ホイール タイヤ、チューブ、フラップの交換 1,000 車輪1本分です。 3点同時に交換しても1,000円です。 チューブラタイヤの交換 2,000 車輪1本分です。 テープ、セメント代を含む。 ホイール組立 フロント 5,000 ホイール組立 リア 6,000 振れ取り 500〜 タイヤをはずし、振れ取り台に乗せた場合、1,000円アップとなります。 ブレーキ ブレーキシュー交換 800〜 前後片方の価格です。 調整を要する場合は1,000円です ブレーキワイヤー交換 1,000〜 ブレーキバー交換 1,000 DISCブレーキ取付 油圧 片方 3,000 メカニカル 片方の場合2,000円となります。 DISCブレーキオイル交換 2,000 DISCブレーキパッド交換 1,000 DISCブレーキローター交換 1,000 変速系 デュアルコントロールレバー交換 5,000 取付のほか、ブレーキ変速調整、バーテープ巻き替え工賃を含む ディレイラー交換 2,000 シフト交換 1,500 変速ワイヤー交換 1,000 カセット、スプロケット交換 1,000 チェーン交換 1,000 フレーム フレーム交換 20,000 BBヘッドの面取り、タップ切込 エンド修正 2,000 駆動系 クランクセット交換 1,000〜 チェーンリング交換 1,000 BB交換1ヶ所 2,000 グリスアップ グリスアップ 1,200〜 フロントハブ、リアハブ、BB、ヘッド ヘッド ヘッド、小物交換 3,000 メン取りをした場合は5,000円です。 ハンドル回り ドロップハンドル交換 2,000 ハンドル・ステム同時交換の場合、合わせて1,000円。 バーテープ交換含む。 ステム交換 1,000 ハンドル・ステム同時交換の場合、合わせて1,000円。 グリップ交換 500 バーテープ巻き変え(MTB・クロス) 1,000 バーエンド取り付け 1,000 ペダル ペダル交換 500〜 フロントフォーク フォーク交換 3,000 コラムカット料金も含む。 サスペンションオーバーホール 要見積 オイル代含む。

次の

自転車がパンクしてしまった!修理代はいくらかかる?

自転車 パンク 修理 相場

お店での自転車のパンクなどの修理代は?平均でどれくらい? 近年、 10,000円以下の自転車も増えてきました。 それに対して、パンク修理代が 1,000円なのは、高く感じてしまう方も少なくないと思います。 そこで、修理代の相場がいくらなのかをご紹介していきます。 基本的には、 パンク修理でも手間がかかるものは、下記の相場より少し高くなるところもあります。 また、 電動アシストの場合も修理代が少し高くなることがあります。 修理代は、基本的に 工賃と部品代を含んだものになります。 部品代は、パーツの種類、メーカー、グレードにより値段が違いますので、 下記の相場は工賃のみの相場になります。 修理代の工賃の相場は、下記の通りです。 ・パンク修理: 約1,200円 ・パンク水調べやチューブ点検: 約750円 ・空気調整や空気入れ: 無料、又は約100円 ・タイヤとチューブ交換: 前輪 約1,300円、後輪 約1,900円 ・チューブのみ交換: 前輪 約1,700円、約2,100円 ・タイヤ交換: 前輪 約2,400円、後輪 約2,900円 ・自転車のパンク修理の相場: 約700円から約1,500円 作業時間は だいたい30分程度が多いです。 また、自転車の引き取りと配達を含めて約700円でパンク修理をしてくれるところもあります。 この相場は、あくまで相場です。 自転車屋さんによっても違いますので、依頼する前に確認しておくことをおすすめします。 自転車がパンクしていないのに修理代が発生する? 自転車のパンク修理を頼んで、パンクしていないのに修理代を請求された、という経験はありませんか。 なぜ修理代が発生したのかと言いますと、パンクしていなくても 検査代が発生しているからです。 修理と検査は、パッチを貼ることを除いて作業が同じになります。 そのため、タイヤをホイールから外し、タイヤの裏側の異物の検査も行っているのです。 そう考えると作業代がかかってしまうことは必然的ですね。 また、タイヤ交換はなぜ前輪と後輪で値段が違うのかご存知ですか。 その理由は、 タイヤ交換にかかる手間が違うためです。 後輪の方が部品も多いので、料金が 後輪の方が高くなります。 後輪は、固定しているネジや部品が多く、ナットだけでなく、ブレーキやチェーンも外す必要があり、交換する際に手間が多くなるので工賃も高くなります。 逆に考えると、ブレーキ調整やチェーンの調整代も含まれているということです。 また、パンクが頻繁になるという場合は、 タイヤやチューブが劣化していることが考えられます。 買って一年しか経っていなくても、 ひび割れ、 磨耗、 劣化、 亀裂などが起こることがあります。 使い方や保管方法によって状態が変わるということです。 その場合は、修理をお願いした自転車屋さんにもすすめられると思いますが、タイヤ交換をおすすめします。 自分でパンク修理をすると修理代はいくら? 自転車がパンクしたときに、自転車屋さんに持って行く人が大半だと思いますが、修理を依頼すると修理代が発生します。 そこに工賃が含まれているので、自分で修理した方が短時間で済み、工賃分節約できます。 自転車屋さんに持っていくと、パンクの修理で約1,000円前後かかってしまいます。 ですが、自分で修理をすると、パンク修理用のゴムパッチ代で 約100円~300円程度で済んでしまいますので、半分以下で済んでしまうのです。 修理は、工具さえあればある程度簡単にパンク修理できます。 修理の時間は、 30分~45分程度でできてしまいます。 慣れてくるともっと早くできます。 自転車屋さんのパンク修理が高いと感じる人は、自分で修理するのもおすすめです。 特に、釘等のとがっているものを踏んでしまったなど、パンクの原因が明確になっているときには、パンク箇所を探すのも簡単です。 パンク修理のキットは、 ホームセンターや 百円ショップでも購入できてしまいます。 自転車をよく使う人であれば、幾つか買い置きしてあると良いでしょう。 空気を入れてもすぐに抜けてしまい、虫ゴムをチェックして問題がないときには、パンクしていることがほとんどです。 パンクは、タイヤの中のチューブに穴が開き、空気が漏れている状態です。 そのため、この穴を見つけ、穴をふさがなければいけません。 パンクの修理方法は、まず、バルブについている ゴムのキャップを外します。 次に ナットを外し、 バルブ本体も外します。 各部品とても小さいので、無くさないように注意しましょう。 バルブを リムに固定しているナットも外します。 タイヤをリムから外します。 タイヤとリムの間に タイヤレバーを入れ、隙間を作り、 少し離れたところにもう一本のタイヤレバーを入れ、 タイヤの片側を外します。 片方のタイヤレバーをぐるっと一周させ、外していきます。 中からチューブを出し、タイヤに 石や釘が刺さっていないか確認しましょう。 外したチューブにバルブをつけ、空気を入れます。 洗面器等の深めな容器に水を入れ、チューブをつけます。 そのままチューブを回し、 泡が出てこないかを確認しながら一周させていきます。 穴の開いたところから、泡が出るので、泡が出ているところがパンクをした箇所です。 チューブからバルブを外して空気を抜きます。 穴の開いているところをよく拭き、 紙やすりで穴の周りをこすり、ざらざらにします。 こする範囲は、パッチよりも大きめにしてください。 紙やすりで出たカスを拭き、 ゴムのりをパッチよりも広めに塗ります。 塗り終わったら、数分乾燥させます。 パッチのアルミ箔をはがし、貼ります。 貼ったら、 ハンマー等で叩いて圧着します。 最後に表面の保護シートをはがします。 そして、チューブをタイヤの中に戻します。 バルブをリムの穴に戻して、チューブをタイヤの中に入れていきます。 このときに、 ねじれたり、タイヤとリムの間に挟まったりしていないか注意してください。 タイヤをリムにはめて、最後に空気を入れて終了です。 なぜ自転車のタイヤはパンクするの? 自転車がパンクする理由の一つは、 自然劣化です。 普通の自転車の場合は、 虫ゴムが原因で空気が抜けることが多いです。 スポーツ自転車の場合は、タイヤが劣化してパンクすることが多いです。 また、製品の性能の違いだけではなく、 走行距離の違いも大きいです。 チューブも長距離乗っていると、タイヤの内部でこすれます。 このこすれていることが原因で、劣化しパンクすることもあるのです。 ロードバイク等に使われる スリックタイヤは、凹凸が少ないので、異物を踏むとパンクしやすいです。 その点、ママチャリのタイヤは、凹凸があるので、スリックタイヤよりもパンクしづらいのです。 そう考えると 自動車しか通らないような車道は、 ゴミが溜まりやすい場所なので、ロードバイクで走行するとパンクの危険性が高くなります。 また、路面の凸凹や、隙間や穴等に自転車を当ててしまうとパンクしてしまいます。 人間の体重が50kg以上で、自転車が時速20kmで走り、段差等にぶつかるとタイヤはある程度ショックを吸収しますが、ホイールが地面にぶつかってしまいます。 地面にホイールが当たり、そのときに挟まれたチューブに穴が空くと、パンクします。 できるだけ段差を乗り越えないようにしましょう。 ガラス等を踏んだら、すぐにタイヤをチェックしましょう。 タイヤの表面でガラスが止まればチューブに穴が開きません。 そのため、チェックすればパンクを未然に防げることがあります。 パンクも未然に防げれば、修理代の心配もありません。 自転車のパンク修理は以外にも簡単! 専門店などに持っていくよりも、自分でパンク修理が出来てしまえば、とても経済的ですね。 100円ショップでもパンク修理キットは売っていますので、ぜひ今回の記事を参考に挑戦してみてはいかがでしょうか。 また、タイヤは消耗品ですので、安全のため点検も行うようにしましょう。

次の