坐骨 神経痛 手術。 坐骨神経痛に手術はいらない。ストレッチと筋トレによる治し方

坐骨神経痛に手術はいらない。ストレッチと筋トレによる治し方

坐骨 神経痛 手術

今回はの原因となる脊椎疾患の中で大部分を占めている、腰部との手術についてのお話です。 2,000例以上の豊富な脊椎手術経験を持つ福井康之先生にお話をうかがいました。 腰部椎間板ヘルニアの手術 腰椎の構造 『の原因』でご説明しているように、はその名の通り、椎間板の内容物である髄核(ずいかく)が周囲の線維輪の一部を破って外に飛び出し、神経根を圧迫することによって痛みを引き起こしている状態です。 手術でこのを取り除くには、大きく2つの方法があります。 ひとつはラブ法(Love法)と呼ばれるもので、もうひとつは腰椎固定術です。 ラブ法(Love法)• 背中を切開する• 左右いずれか症状のある側の筋肉を椎弓(ついきゅう)からはがす• 黄色靭帯(おうしょくじんたい)を除去して椎間を露出する• 椎間板の線維輪を破って脱出した髄核(ずいかく)を摘出する 近年では内視鏡や顕微鏡を用いた低侵襲手術が広く行われるようになり、早期退院が可能となりました。 腰椎固定術 椎間板の線維輪から脱出した髄核だけでなく、椎間板の組織を広範囲に摘出し、骨移植して固定する術式です。 お腹側から進入して行う「前方法(ぜんぽうほう)」と、背中側から進入する「後方法(こうほうほう)」の2つの方法があります。 腰部脊柱管狭窄症の手術 腰椎には加齢によってさまざまな変形が起こり、神経が通っている脊柱管が狭くなることがあります。 また黄色靭帯(じんたい)も分厚くなって神経を圧迫することで痛みを引き起こします。 このような状態をといいます。 腰部脊柱管狭窄症の手術には大きく2つの方法があります。 ひとつは椎弓(ついきゅう)切除術といい、もうひとつは腰椎後方固定術と呼ばれます。 椎弓切除術 神経を圧迫している原因である椎弓ならびに黄色靭帯を切除して脊柱管の狭窄状態を取り除き、神経を後ろから圧迫しないようにする方法です。 腰椎後方固定術 椎弓を切除して神経の圧迫状態と解除したうえで、骨を移植して腰椎を後ろから固定する方法です。 術後の経過とリハビリテーション 入院日数は手術の種類によって、それぞれ下記のようになっています。 ラブ法(Love法):4〜7日間• 椎弓切除術:7〜14日間• 腰椎固定術:10〜21日間 寝るときの姿勢は、手術当日からあお向け・横向きなどベッドの上で自由に動いて構いません。 手術の翌日からリハビリテーションを開始します。 退院後は、過重な肉体労働以外であれば、すぐに仕事への復帰が可能です。

次の

【坐骨神経痛の手術】再発、後遺症が出たり、傷痕が残ったりするの?

坐骨 神経痛 手術

症状 お尻・足の後ろ側・脛・ふくらはぎにかけて、痛み・しびれ・まひなどを感じる。 張りや灼熱感、締めつけ感を感じるケースもある。 これらの症状は足全体に強く出ることもあれば、一部分だけに強く出ることもある。 症状をくり返すうちに痛みが強くなり、歩行や椅子から立ち上がることが困難になる可能性も。 さらに症状が悪化すると、立っているだけでつらかったり、座っていても痛んだりといった状態になり、日常生活に支障を及ぼす恐れがあるので注意が必要だ。 坐骨神経痛の原因となり得る疾患として腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアが知られているが、腰部脊柱管狭窄症は腰を後ろに反らすと腰や足が痛み、腰椎椎間板ヘルニアは前かがみになったときに痛みを感じるといわれている。 都道府県からクリニック・病院を探す 整形外科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• リハビリテーション科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の

【坐骨神経痛の期間】坐骨神経痛が治るまでの期間はどれくらい?

坐骨 神経痛 手術

坐骨神経痛の症状が重い場合には、手術をすることになる場合もあります。 しかし、直接命にかかわるような疾患ではないため、ただちに手術が 選択されることはありません。 体への負担が大きいことも、手術が直ちに選択されないことの理由のひとつです。 まず最初に保存療法が行われ、それで効果が上がらなかった場合で、 なおかつ坐骨神経痛や間欠跛行のために日常生活に支障が出るような場合は 手術が検討されます。 それ以外にも、高齢の場合に筋肉の衰えが激しいとき、筋力の衰退から歩行が 困難になった場合、坐骨神経痛の症状が重く排泄が困難となっている場合などにも 手術が選択されることがあります。 ただし、ほかの病気との合併症が出ている場合は手術ができないことがあります。 坐骨神経痛の手術には、以下のような種類があります。 内視鏡手術 主に椎間板ヘルニアのときに用いられる手法です。 施術としては、小さな穴を開けて黄色靭帯を切除し、神経根への圧迫を取り除くというものです。 体にメスを入れなくてすむので、体への負担が少なくて済むという大きなメリットがあります。 椎弓切除術 腰部の狭窄を取り除くことを目的とした手術です。 この手術は坐骨神経痛以外にも、神経の障害によって排泄に障害がある場合、間欠跛行が顕著、 脚部の痛みがひどい、足を動かしたり、力を入れたりすることが難しい場合などの病態があるときにも 用いられます。 開窓術 坐骨神経痛や腰部脊椎管狭窄症が重度のものである場合に行われるもので、頻繁に行われるタイプの 手術ではありません。 また、非常に高度な技術を要する手術でもあります。 やり方としては、椎弓切除術が椎弓全体を削り取るのに対し、坐骨神経痛などの症状を引き起こす 神経を圧迫している部分のみを削り取り、それ以外のところをできるだけ残すというものです。 私が治った体験談 【必読】 【必読】 【必読】•

次の