ソンブレロ 意味。 ソンブレロ銀河

タイの民族衣装について!男性・女性の伝統衣装は?着用シーンも

ソンブレロ 意味

202• 425• 239• 216• 349• 8,040• 8,196• 369• 758• 180• 180• 4,590• 101• 119• 114• 152• 144• 653• 1,260• 128• 1,134• 334• 1,298• 109• 219• 254• 178• 118• 849• 285• 471• 5,213• 137• 167• 386• 726• 140• 205• 122• 135• 266• 351• 632• 954• 101• 636• 363• 947• 501• 373• 155• 6,555•

次の

メキシコの民族衣装について!男性・女性の伝統衣装は?着用シーンも

ソンブレロ 意味

「ソンブレロ」 August 2006 「ソンブレロのご注文はこちらへ」 ・ メキシコでは昼食を一番大切にしており、工房もお店もお休みにして、時間をゆっくりとっていただきますが、その時に食事をいっそう楽しませてくれるのが、マリアッチによる演奏です。 マリアッチといえば、すぐ思い浮かぶのは頭にかぶる色々な飾りの入ったソンブレロです。 「ソンブレロの由来」 ソンブレロとはスペイン語で、先のとがった山高帽を意味しています。 ソンブレロは固いフェルトで濃い目の色で作られており、そのブリム(つばの部分)には金糸、銀糸など色とりどりの糸とスパンコールで華麗に装飾されています。 ソンブレロの由来はスペインの「スパニッシュ・ハット」から派生しているのではないか、あるいはアメリカの「カーボーイハット」 から派生したのではないかなど、色々と説があるようですが、はっきりしたことはわかりません。 が、2つが融合しているようにも思われます。 「スパニッシュ・ハット」 スペインのスパニッシュ・ハットの原型と思われる帽子は、17世紀のヨーロッパで使われていた、バックルの飾りやいくつかのリボンがついた大型のフェルト帽子です。 この帽子は大き目のブリム(つばの部分)のついたフェルト帽で、クラウン(実際に頭にかぶる部分)の頭頂部は平らです。 ブリムは巻き上がっているものもありますし、レコード盤のように水平なものもあります。 色目は圧倒的に黒色が多く、スペインではフラメンコを踊るときに男性ダンサーがかぶっているものです。 「カウボーイ・ハット」 カウボーイ・ハットはアメリカ産です。 テンガロン・ハットと同意義に使われていますが、厳密にはテンガロン・ハットはカウボーイハットの1種類に過ぎないそうです。 テンガロンというのはカウボーイがその帽子を使ってくみ上げた水の総量が10ガロンにも及んだという説もありますが、スペイン語の「ひも、編む」を意味するgalonに由来するという説もあるそうです。 カウボーイ・ハットも大き目のブリムで両サイドが少し反り上がっています。 そして、スパニッシュ・ハットとは違ってクラウンの頭頂部がつまんだようにへこんでいるのです、あご紐はあったりなかったりします。 色目はカーキ色やこげ茶が多いそうです。 「マリアッチの語源」 メキシコの音楽といえばすぐ思い浮かぶのが「Mariachi」(マリアッチ)ですが、このマリアッチの語源はスペイン語でもアステカの言葉でもないそうです。 100年ほど前に、メキシコに住んでいた一人のフランス人の男性が、知人の結婚式で流しの楽士たちを呼び集めて、楽しく陽気に騒いだのだそうです。 このときに、彼はフランス語で「マリアージュ、マリアージュ(婚礼だ)」と叫んだといわれています。 この「マリアージュ」が「マリアッチ」になり、以後流しの楽士のことを「マリアッチ」と呼ぶようになったいわれています。 メキシコ中部のハリスコ州、グアダラハラにその発祥の地といわれているマリアッチ広場があります。 マリアッチの楽士たちは、チャロと呼ばれる牧童貴族の衣装に身を包み、頭にはソンブレロをかぶって、お客のリクエストに答えてセレナータなどを奏でます。 使用される楽器は、バイオリン、ギター、ビオラ、ギタロン(大型ギター)、トランペットなどです。 引用文献 「帽子の物語」 河出書房新社刊 「ソンブレロのご注文はこちらへ」 ・.

次の

ソンブレロ銀河とは

ソンブレロ 意味

スペインのフラメンコのようなこちらの衣装は湾岸のコスタ・チカ地域、ポチュトラの踊り用の衣装です。 女性は男性の愛を手に入れようと積極的に男性へアプローチをする踊りで、スカートをはためかせながら踊るため、スカートのドレープが贅沢です! こちらの衣装はスペインのフラメンコの衣装のようです。 スペインの統治下に長く置かれていたため、民族衣装にもスペインの影響が反映されていたりもします。 1500年代にスペインの統治を受けた時に、スペインから布や裁縫道具などが輸入されています。 それから民族衣装の製作が盛んになっていきました。 1930年頃に正式に採用され始めたこちらの衣装は、元々は乗馬用の衣装でした。 そんな乗馬用衣装に装飾を施し、華美に仕立ててあります。 生地も厚く、装飾も付いているため、なかなか重い衣装なのです。 オアハカ地方にはたくさんの踊りがあり、それに合わせた衣装がありますが、男性の着る衣伝統衣装の中でも特に華美なのがこちらの衣装です。 ダンサーがかぶっている大きな帽子はペナチョと呼ばれる羽飾りで、昔はケツァールの羽で作られていましたが、今はほかの鳥や、フェイクの羽が使われています。 スペイン人のメキシコ征服を表現したというこの踊りは、クイラパンという村で生まれたものです。 踊り手はそれぞれアステカの王やスペイン人征服者などに扮し、総勢9人で踊ります。 オアハカの踊りの中でも特に人気のある踊りです。 この踊りに参加したい男性も多いのだそうですよ。 ゲラゲッツァはオアハカ特有のお祭りでオアハカ州各地のダンサーが集まり、それぞれの村の習慣や民族舞踊を披露します。 この日はメキシコ各地から、そして海外からも観光客が集まり大変な賑わいを見せます。 オアハカは古都で、日本でいうところの京都や奈良のような感じでしょうか。 ラ・シエラ、ラ・カニャダ、ラ・ミステカ、エル・アルト・パパロアパン、ラ・コスタ、エル・イスモ、ロス・バジェス。 こちらの7つの地域からなるオアハカでは、それぞれの村や町で独自の音楽や踊りがあり、それに合わせた伝統衣装があります。 メキシコ最大のお祭りであるゲラゲッッツァの会場はステージが組まれ、そこでオアハカ地方のいろいろな村のダンサーが踊りを披露します。 会場内は有料なのですが、すぐに完売するほどの人気ぶりです。 外でパレードも行われ、会場内や近辺では様々な地域の民族衣装を身に着けた人々を見ることができます。 11月20日のメキシコ革命記念日.

次の