ウィンター レッド ペイジ。 Caer Avallach Farm LLC

似合う色がわかる!ウィンタータイプのパーソナルカラー診断

ウィンター レッド ペイジ

「ローリングストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」(2011年版)において第3位に選出されたジミー・ペイジ。 そんな彼の演奏が一段と輝くツェッペリンの楽曲を同誌が厳選、プレイリストを作成した。 神秘的なギター学者? 地獄のリフモンスター? それとも単なる史上最高のギタリスト? ジミー・ペイジがツェッペリンのメンバーとして培ってきたものは今も全て謎に包まれているが、一つだけ言えるのは、私たちが死ぬまで彼のソロに取り憑かれているということだ。 ローリングストーン誌が選んだ15曲は以下の通り。 「アキレス最後の戦い」(『プレゼンス』) 2. 「ランブル・オン」(『レッド・ツェッペリン II』) 3. 「幻惑されて」(『レッド・ツェッペリン I』) 4. 「ハートブレイカー」(『レッド・ツェッペリン II』) 5. 「トラヴェリング・リヴァーサイド・ブルース」(『BBCライヴ』) 6. 「スノウドニアの小屋」(『レッド・ツェッペリン III』) 7. 「貴方を愛しつづけて」(『レッド・ツェッペリン III』) 8. 「フール・イン・ザ・レイン」(『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』) 9. 「テン・イヤーズ・ゴーン」(『フィジカル・グラフィティ』) 10. 「丘のむこうに」(『聖なる館』) 11. 「死にかけて」(『フィジカル・グラフィティ』) 12. 「ブリング・イット・オン・ホーム」(『レッド・ツェッペリン II』) 13. 「ブラック・ドッグ」(『レッド・ツェッペリン IV』) 14. 「ブラック・マウンテン・サイド」(『レッド・ツェッペリン I』) 15. 「天国への階段」(『レッド・ツェッペリン IV』).

次の

ジミー・ペイジ(Jimmy Page)【エレキギター博士】

ウィンター レッド ペイジ

「ローリングストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」(2011年版)において第3位に選出されたジミー・ペイジ。 そんな彼の演奏が一段と輝くツェッペリンの楽曲を同誌が厳選、プレイリストを作成した。 神秘的なギター学者? 地獄のリフモンスター? それとも単なる史上最高のギタリスト? ジミー・ペイジがツェッペリンのメンバーとして培ってきたものは今も全て謎に包まれているが、一つだけ言えるのは、私たちが死ぬまで彼のソロに取り憑かれているということだ。 ローリングストーン誌が選んだ15曲は以下の通り。 「アキレス最後の戦い」(『プレゼンス』) 2. 「ランブル・オン」(『レッド・ツェッペリン II』) 3. 「幻惑されて」(『レッド・ツェッペリン I』) 4. 「ハートブレイカー」(『レッド・ツェッペリン II』) 5. 「トラヴェリング・リヴァーサイド・ブルース」(『BBCライヴ』) 6. 「スノウドニアの小屋」(『レッド・ツェッペリン III』) 7. 「貴方を愛しつづけて」(『レッド・ツェッペリン III』) 8. 「フール・イン・ザ・レイン」(『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』) 9. 「テン・イヤーズ・ゴーン」(『フィジカル・グラフィティ』) 10. 「丘のむこうに」(『聖なる館』) 11. 「死にかけて」(『フィジカル・グラフィティ』) 12. 「ブリング・イット・オン・ホーム」(『レッド・ツェッペリン II』) 13. 「ブラック・ドッグ」(『レッド・ツェッペリン IV』) 14. 「ブラック・マウンテン・サイド」(『レッド・ツェッペリン I』) 15. 「天国への階段」(『レッド・ツェッペリン IV』).

次の

【音楽】ジミー・ペイジ、レッド・ツェッペリン時代の超絶ギターソロ15選 (ローリングストーン誌) [湛然★]

ウィンター レッド ペイジ

1969年はロックンロールの当たり年といえます。 そして、勿論、レッド・ツェッペリンによる Led Zeppelinと Led Zeppelin IIも忘れてはなりません。 ジミー・ペイジがスーパーグループの結成に動き出したのは若干 24歳の頃でしたが、そのころ既に、腕利きのヴェテラン・スタジオ・ミュージシャンであり、元ヤードバーズのギタリストという経歴の持ち主でした。 その新バンドの足跡は、ロンドンのオリンピック・スタジオで吹き込まれることになり、 1969年の 1月 12日にデビュー・アルバムがリリースされることとなりました。 そのため、メンバー達がオリンピック・スタジオに入った時には、既に楽曲のアレンジは完成されており、ミックス作業も含め、たったの36時間でデビューアルバムを録り終えるという早業だったのです。 デビューアルバムである Led Zeppelinで聴かれる、とびきりのギターサウンドを収録するために、ペイジは、容赦ないほどにオーヴァードライヴさせた小型のスープロ・アンプを用い、サイケデリック調のハンドペイントが施された1958年製のテレキャスターをかき鳴らしました。 また、彼は自然な臨場感を活かしました。 その時まで、ギターの音録りといえば、一般的には1本のマイクロフォンを用い、アンプのフロント・グリルの真正面にマイクをセットして収音することが一般的でした。 しかし、ペイジは複数のマイクロフォンの使用にこだわり、数本のマイクをアンプから6メートル程度離し、それぞれのサウンドをブレンドしテープに収めたのです。 Led Zeppelinで聴かれるギターサウンドは、当時既に偉大に響き渡っていましたが、ペイジは即座に、セカンドアルバムである Led Zeppelin II 製作へ向けた準備を開始します。 その後、ペイジは という逸品のステータスを永久的に最上級まで高め、とりわけ1959モデルの神秘性を決定付けることに、多大なる貢献をすることとなっていくのです。 その59レス・ポールを手にしたペイジの姿は、 や、サン・フランシスコのウィンターランド、サン・アントニオのローズ・パレスなどのステージで初披露となりました。 ウォルシュは、当時ギブソン・ギターをプレイしていて、ジェームス・ギャング で歌っていましたが、彼はペイジに例の 59サンバースト・レス・ポールを売る前に、そのギターのネックをもっと薄いネックプロファイルになるよう、削り込む改造を施していたのです。 ペイジはその頃既に、ビグズビー・トレモロ・アームを後付けした1960年製の黒いレス・ポール・カスタムを所有していました。 しかし、ウォルシュから購入したレス・ポールは明らかに違いました。 手に馴染む感じ、肩からかけた時の感触が完璧に感じられました。 そうして、そのレス・ポールは何百枚もの象徴的なライヴ写真に収められるようになり、魔法のように、ペイジの思い描く重厚なサウンドをいとも容易に出力していったのでした。 70年代になると、ブリッジ・ピックアップ側のトーン・コントロールはプッシュ・プル・ポットへと交換され、ピックアップをアウト・オブ・フェイズにすることが可能になり、その後ツアー中にブリッジ・ピックアップのパワーが衰えてきたため、ブリッジ・ピックアップは交換されることとなりました。 勿論、ツェッペリンのツアーでの使用痕や傷は付くことになりましたが。 バンドは1969年の1月~8月まで米国とヨーロッパでのツアーを続け、その間に、2作目のLed Zeppelin IIで収録されることになる楽曲を作曲し発展させていきました。 一作目の Led Zeppelinの時とは異なり、ツアー中に一曲一曲、米国内や英国内の別々のスタジオで録音されていきました。 そのレコーディングのプロセスは、ゆったり余裕を持ったものとは程遠かったのですが、各レコーディング時のセッションのスケジュールはコンサートの合間を縫ってぎゅうぎゅうに詰め込まれていたので、結果的に一作目のようなライヴ感のあるフィーリングを捉えた作品となりました。 2作目の Led Zeppelin IIを通して一貫して変わらなかった点は、エンジニアとしてエディ・クレイマーが携わったことです。 彼は、以前にジミ・ヘンドリックスと仕事したことがあり、現在でもジミの遺したテープに関わり、ヘンドリクスの遺した音楽的遺産に関わる人物です。 クレイマーは、ペイジがよりクリーンで歯切れが良く、方向性の明確なサウンドを出し、アルバム全体を通じて貫けるよう尽力し、ペイジに冒険心をもって実験するよう促しました。 しかし、ペイジにいたっては、へヴィー・ロックにおけるギター・サウンドの何たるかを定義づけ、レス・ポールによる天井知らずの威力を、永遠に決定付けることとなったのです。 そして、プッシュ・プル・ポットを取り付け、ハムバッカー・ピックアップをコイル・スプリットできるように改造しました。 レッド・ツェッぺリンが解散した後、ペイジは、ピックガードの下に、フェイズとシリーズの切り替えスイッチを取り付けました。 ペイジと彼が結成したスーパーグループ、レッド・ツェッペリンは、時代を超越した荘厳なアルバムを7枚もリリースし、時代を超えて全世界から愛され続ける、ロックンロールの金字塔を打ち立てたのですから。 ABOUT GIBSON ギターブランドとして世界でもっともアイコン的な存在であるギブソン・ブランズは、今まで100年以上に及びジャンルを越え、何世代にもわたるミュージシャン達や音楽愛好家達の最高のサウンドを創造してきました。 1894年に起源をもち現在はナッシュヴィルに本社を構えるギブソン・ブランズは、ワールドクラスのクラフツマンシップ、伝説的音楽の創造との密接な結び付き、そして革新的な製品開発など、これまでに脈々と受け継がれてきた伝統とレガシーを誇り、楽器メーカーの中で突出した存在感を示してきました。 ギブソン・ブランズの製品ラインには、ギターブランドとして頂点に位置するギブソンに加え、エピフォンやギブソン・プロオーディオ部門のような、製品の存在感とともにファンに愛され続けている多数のブランドも含まれています。 ギブソン・ブランズは、未来の音楽愛好家達がこれまでと同様にギブソン・ブランズの楽器によって創造された音楽を体験していただけるよう、クオリティ、革新性、卓越したサウンドの実現に全身全霊を注ぎます。 For more information on GIBSON, visit:.

次の