大変 ご 迷惑 を おかけ しま した。 【ご迷惑をおかけ】の例文集・使い方辞典

おわびの文章

大変 ご 迷惑 を おかけ しま した

「ご迷惑を~」という言葉は、迷惑に「ご」という丁寧語を加えた言葉です。 迷惑とは、他の人の気分を不快にさせたり、不利益となることをすることを意味します。 丁寧語である「ご迷惑を~」はビジネスシーンやフォーマルなシーンで謝罪する際に使われる言葉です。 では「ご迷惑を~」をどのように使うか具体的に見ていきましょう。 「ご迷惑」を使うシーン 「ご迷惑」を使うシーンは2つあります。 1つ目は、起こってしまった不利益な事実に対して謝罪するときに使用します。 2つ目は、前もって迷惑をかけることを伝える際に使用します。 いずれの場合もビジネスシーンではよく使われる言葉です。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」と謝罪を伝えたり、「ご迷惑おかけいたします」というフレーズで使用します。 「ご迷惑」の謝罪例文9コ 例文1:ご迷惑をおかけして申し訳ございません 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」はビジネスシーンで頻繁に使われるフレーズの1つです。 自分の会社や担当者が相手に対して不利益なことをしてしまった場合に使用します。 意図せずとも、相手先に不利益などを与えてしまった場合、丁寧に謝罪の気持ちを伝えましょう。 例 この度は弊社の商品に不具合が生じ、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 例文2:ご迷惑をおかけしました 「ご迷惑をおかけしました」という言葉は、自分側の過失を認めた上で使用するフレーズです。 ビジネスシーンでは大きな過失ではなかったとしても、先方に丁寧に謝罪するのがルールです。 「おかけしました」というのは過去形ですのですでに起きたことへの謝罪文となります。 例 色々とご迷惑をおかけいたしました。 返信が遅くなりご迷惑おかけいたしました。 例文3:ご迷惑をおかけします 「ご迷惑をおかけします」は、これから起きるであろうでき事に対してあらかじめ断りを伝える場合に使用します。 たとえば、自分の会社の担当者が先方の工場で教育訓練を行う際「お世話になります」という言葉も含めて「ご迷惑をおかけします」と使用する場合もあります。 例 弊社スタッフがご迷惑をおかけします。 ホテルの予約手配など、色々な面でご迷惑をおかけします。 例文4:大変ご迷惑をおかけして 「大変ご迷惑をおかけして」という言葉は、謝罪の中でも深く謝罪の気持ちを伝えたい場合に使用します。 「大変」という言葉には、とても、特に、並々ならぬ際に使用する言葉です。 「大変」という言葉の代わりに「誠に」という言葉を使用する場合もあります。 例 急な変こうにより大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 昨日より弊社スタッフが大変ご迷惑をおかけしております。 例文5:このたびはご迷惑をおかけしまして 「このたびはご迷惑おかけして」と使用する場合は、メールや手紙などでよく使われるフレーズです。 仕事の取引で何かトラブルが発生した場合や事故や事件などが起きた場合などに使用します。 例 このたびはご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。 このたびはご迷惑をおかけしまして深くお詫び申し上げます。 例文6:ご迷惑をおかけしますが 「ご迷惑をおかけしますが」は、謝罪の気持ちがやや弱い表現方法になります。 このフレーズで気をつけたい部分は「します」という部分です。 「します」をさらに丁寧な表現にすると謙譲語で「いたします」となります。 相手に対して「お手間をかけます」という意味を込めて使用されることが多く、文章の最後などによく使用される言葉です。 例 ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。 例文7:ご迷惑をおかけしてしまい 「ご迷惑をおかけしてしまい」は「ご迷惑をおかけして」とどちらを選ぶか悩む方も多いフレーズの1つです。 「おかけしてしまい」という表現は、自分側の過失を認め謝罪する気持ちを伝えるフレーズです。 1つ気をつけたいことは、文章があまり長くならないよう前後の文章のバランスを考えながら表現方法を選ぶことをおすすめします。 例 私の不行き届きでご迷惑をおかけしてしまい誠に申し訳ございません。 例文8:ご迷惑をおかけしてすみません 「ご迷惑をおかけしてすみません」は、同僚や同じ立場の方に謝罪をする際に使用するフレーズです。 目上の人や取引先などに対しては「すみません」ではなく「申し訳ございません」というフレーズを使用しましょう。 このフレーズは社内において業務上でしてしまった小さなミスを相手に謝る際などに使用しましょう。 例 送付先を間違えました。 ご迷惑をおかけしてすみません。 例文9:ご迷惑をおかけしまして 「ご迷惑をおかけしまして」という言葉は、自分の会社に属する誰かが相手に対して何かしてしまった場合に使用する言葉です。 たとえば、自分の部下が取引先に対してミスをしてしまった場合などに使用します。 例 この度は弊社スタッフがご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。 ビジネスシーンでは丁寧な言葉で表現しなければならないことが多くあります。 相手に対して失礼のないよう事前に学習することをおすすめします。 敬語を学びたい方におすすめなのが「大人なた知っておきたいモノの言い方ノート」です。 頻繁に使用するフレーズを覚えて、社会人として恥ずかしくない対応を心がけましょう。

次の

【楽天市場】Birdie hunt

大変 ご 迷惑 を おかけ しま した

『この度はご心配とご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません』 アイドルが丸刈りにしたとかぺ二オクで嘘のブログ記事を買いただとか で芸能人が謝罪するときによく使われる言葉ですが、 この言葉を聞くといつも違和感を感じます。 「迷惑だったか?」と言われれば確かに迷惑かもしれないが 「心配したか?」と言われても別に心配はしてはいないから。 それに誰に対して心配や迷惑かけたと思ってるのかよく分からない。 例えばアイドルの丸刈りに関して言えば、 『ファンの方を裏切るような行為をして申し訳ありませんでした』 とか自分の言葉で謝罪するべき。 とりあえず『ご心配とご迷惑を・・・』という 謝罪の決まり文句使っとけばいいだろ、という安易な考えが 頭悪いしむしろファンをバカにしてるようで誠意が感じられない。 どう思われますか? 》とりあえず『ご心配とご迷惑を・・・』という 謝罪の決まり文句使っとけばいいだろ、という安易な考えが 頭悪いしむしろファンをバカにしてるようで誠意が感じられない。 おっしゃるとおりです。 ご質問に便乗させていただくと、 全日本柔道連盟の上村会長の「お詫び」も同じような文言で謝罪していますね。 (引用開始)この度の柔道女子ナショナルチームにおける暴力ならびにパワーハラスメント問題につきまして、国民の皆様に大変なご心配をおかけしていますことを心よりお詫び申し上げます。 (以下略。 全柔連サイトより引用) また、先日、上村会長はパリに行きましたが、そこでも同様の謝罪をしています。 (引用開始)上村会長はこの日、国際柔道連盟(IJF)のビゼール会長と会談し、「世界の皆さんに心配と迷惑をかけた」と謝罪。 (朝日新聞サイトより引用) 余談ですが、通訳の人が「世界の皆さんに心配と迷惑をかけた」をどのように訳して相手に伝えたのか興味があります。 ご質問者さんがそのアイドルのファンでなければ関係ない話ですね。 謝罪は「メンバーやファンの皆さん、スタッフさん、家族、たくさんの皆様にご心配をおかけしまして本当に申し訳ありません。 」と本人が言っているとおり、メンバーやファンの皆さん、スタッフさん、家族、たくさんの皆様に宛てたものであり、日本国民全員宛でも、ご質問者さん宛でも、私宛でもありません。 バカにされているかどうか判断するのも文句を言えるのも、メンバーやファンの皆さん、スタッフさん、家族、たくさんの皆様ですね。 >『ファンの方を裏切るような行為をして申し訳ありませんでした』 >『たくさんの皆様にご心配をおかけしまして本当に申し訳ありません』 自分がした『行為』について謝るのか、他人に『心配をかけたこと』を謝るのかは意見が分かれるところだと思いますが、正直なところ私にはどっちもどっちの謝罪の決まり文句だと感じました。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー >敬語、謙譲語などでも違うと思いますが… 敬語というのは日本語の用法の一つです。 敬語は、普通、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分けられます。 人によっては、丁寧語に加えて美化語・荘重語という分類を使うこともあります。 「いただく」は、「もらう」や「飲む」「食う」の謙譲語ですね。 ただし、「朝はいつもパンをいただいております」のように丁寧語として使う場合もあります。 「いただく」には、「お ご ~いただく」「~ていただく」「~せていただく」の3つの形があります。 さらに「~せていただく」には「知らせていただく」のように相手の動作につける場合と、「確認させていただく」のように自分の動作につける場合があります。 今回のメインは、自分の動作につける「~せていただく」の形ですね。 「~せて」の部分は、動詞のうしろにくっつく助動詞「せる・させる」です。 (「せさせる」という語もありますが、あまり使われませんので省略します) もうわかりますよね。 そうです、「せる」がつくものは「~せていただく」、「させる」がつくものが「~させていただく」なのです。 ということは「せる」と「させる」がどう使い分けられるかを知っていればいいわけです。 「せる」は五段とサ変の動詞につきます。 それ以外は「させる」になります。 「使う」は「使わない」「使います」となりますからワ行五段活用です。 つまり、「使わせていただきます」が正解!です。 面倒でしたらサ変も「させる」と覚えたほうがいいかもしれません。 以下、参考までにすべて正解を列挙してみます。 座らせていただきます (五段) 休ませていただきます (五段) 休業させていただきます(サ変) 対決させていただきます(サ変) 相談させていただきます(サ変) 着させていただきます (上一段) 捨てさせていただきます(下一段) 来させていただきます (カ変) 禁じさせていただきます(ザ変) 簡単でしょ? 五段活用のものだけ「さ」をつけないように注意すればいいのですね。 >敬語、謙譲語などでも違うと思いますが… 敬語というのは日本語の用法の一つです。 敬語は、普通、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分けられます。 人によっては、丁寧語に加えて美化語・荘重語という分類を使うこともあります。 「いただく」は、「もらう」や「飲む」「食う」の謙譲語ですね。 ただし、「朝はいつもパンをいただいております」のように丁寧語として使う場合もあります。 「いただく」には、「お ご ~いただく」「~ていただく」「~せていただく」の3つの形があります。 さらに「~せていただ... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

次の

失礼のないお詫びメールの文例集(社外向けメール)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

大変 ご 迷惑 を おかけ しま した

さて、ここまで「ご迷惑をおかけします」について説明してきましたが、ここからはいよいよ「ご迷惑をおかけしますが」の使い方を具体的に例文を交えて解説していきます。 「ご迷惑をおかけします」はここで完結しています。 そこに「が」を付けて展開していくわけですが、先程ご説明した通り、「ご迷惑をおかけします」は「基本的に謝罪」ということはご理解いただけてることでしょう。 また、「ご迷惑をおかけします」は英語の文法でいう「未来形」であることもご説明しました。 さて、「が」を付けての展開ですが、冒頭で説明したように「ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します」は間違いですが、「ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます」は大丈夫です。 「ご迷惑おかけします」と「ご迷惑をおかけします」の違いは「を」があるかないかの違いだけです。 「を」は必要なのか必要じゃないのか。 結論から申し上げますと必要です。 正しい日本語に戻りますが、日本語の基本は「主語」と「述語」そしてそれをつなぐ「接続語」で成り立っています。 「ご迷惑おかけします」には「接続語」がありません。 ですから「ご迷惑おかけします」は日本語として間違っているということになります。 正しくは「ご迷惑をおかけします」です。 日本語には多国語にはない色々な表現、わびさびといった日本語ならではの美しさがあります。 日本人に生まれたからには正しい日本語を使いたいものです。 「ご迷惑をおかけします」を使いましょう。 相手はどう思って「ご迷惑をおかけします」と言ってるのかを考えるために「ご迷惑をおかけします」の意味を復習してみましょう。 「ご迷惑をおかけします」の「迷惑」とは「ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快を感じたりすること。 また、そのさま。 」「かける」は「望ましくないこと、不都合なことなどを他に与える。 こうむらせる。 負わせる。 」「迷惑をかける」は、「ある行為で他人に不利益や不快感を与える。 負わせる。 」という意味でした。 「ご迷惑をおかけします」つまり相手は「あなたに対して不利益を与えてしまうことを謝罪している」ということになります。 「迷惑ではないです。 不利益でも不快でもないです。 」ということが伝わる返信を考えれば良い訳です。

次の