ジェネレーションズ メンバー 名前。 GENERATIONSのメンバー7人の人気順とプロフィールまとめ【最新2020年版】

GENERATIONS人気メンバー名前付きプロフィール画像!タオルグッズ

ジェネレーションズ メンバー 名前

GenerationsはどんなExileグループ? ジェネレーションズは、2011年4月に結成された7人組のダンス&ボーカルグループです。 EXILE、三代目J Soul Brothersに続く、LDHの三男坊という立ち位置ですね。 今はジェネレーションズの下にTHE RAMPAGEというグループがいますが、三代目以降のグループは「Jr. EXILE世代」とも呼ばれています。 ジャニーズでいう「ジャニーズJr」的な感じですね。 ですが、初期の頃に曲の制作に関わっていた方はキスマイも手掛けていたので、 世代的にはちょうど2011年デビューのキスマイと同期と言えますね。 ジェネレーションズが現在の7人になるまでには、かなりの回り道がありました。 そもそもの始まりは、2010年の三代目JSBのボーカルを決める『VOCAL BATTLE AUDITION 2』でした。 ファイナリストに残ったものの落選した数原龍友くんと片寄涼太くんを中心に新しいグループを作りたいと、当時EXILEのリーダーだったHIROさんが提案しました。 その後、2011年4月のオーディションで小森隼くん・佐野玲於くん・関口メンディーくんの3人が選ばれます。 そして、7月にボーカル組の数原くん・片寄くんと、劇団EXILEの白濱亜嵐くん・町田啓太くんの計7人が候補メンバーになりました。 ですが、町田くんは2012年2月14日に役者になることを決意し、劇団EXILEに戻りました。 その穴埋めに、9月11日にサポートメンバーだった中務裕太くんが正式メンバーになりました。 現在の7人で11月21日に『BRAVE IT OUT』でCDデビューしました。 結成からデビューまでの期間は短いですが、なかなか中身は濃いですね。 デビュー前といえば、EXILEファミリーの伝統として、メンバーの絆を深める「夢者修行」というツアーがあるそうです。 この期間中には、メンディーくんが遅刻しすぎて活動停止処分を受けるというヘビーなエピソードもありました。 そんな迷走期間もありながら、現在は白濱くんとメンディーくんはEXILEにも入り、三つのグループが合体したという、三代目と似た構成になったのです。 複数のグループを合体させたというところもキスマイと似ていますね。 ですが、ジャニーズとの大きな違いは、 歌手やダンサーと俳優をはっきり分けているところです。 町田くんも白濱くんもジェネレーションズに入るために劇団EXILEをやめています。 EXILEファミリーがジャニーズよりストイックな感じがするのは、こういう理由かもしれませんね。 ちなみに、ジェネレーションズは2013年1月に「GENERATIONS from EXILE TRIBE」に改名しています。 三代目JSBも同じ「from EXILE TRIBE」をつけていますが、これはEXILEが母体になっているからだと言われています。 ここから少し複雑になりますが、EXILE自体が2001年にJ Soul Brothersから改名しているという歴史があるんですね。 EXILEは英語で 「追放者、亡命者、放浪者」という意味があります。 そして、TRIBEは英語で 「一族」という意味です。 つまり、EXILE TRIBEとは「EXILE一族」という意味になります。 「逃亡者一族」という意味になりますね。 いったいどこから逃亡してきたのか???笑 ニュアンス的にはジャニーズファミリーや小室ファミリーと同じようなイメージですね。 でも、わざわざグループ名につけるということは、相当EXILEをリスペクトしている証拠だと思います。 社名がLDHの前は有限会社EXILEだったことも少しは関係あるかもしれません。 ですが、その根っこには 「誰にも縛られず自分達の思うままに自由に生きる」というHIROさんの熱い思いがあります。 EXILEファミリーには「GENERATION」という伝統曲があります。 曲名と同じ名前からして、ジェネレーションズがいかに期待されていたかがわかりますね。 Generationsメンバーカラーは? ジャニーズではおなじみのメンバーカラーですが、ジェネレーションズにもあるようですね。 ただし、公式に発表されているものではなく、グッズなどで使用されているイメージカラーです。 ナイジェリア人の父親と日本人の母親のハーフで、それっぽい顔立ちなのに、英語が全くしゃべれなくて周りにがっかりされるそうです。 ですが、そんな自分を「肉の入っていない肉まん」と表現してしまう、笑いのセンスも持っています。 でも、その根っこの部分は、ピュアで真面目で努力家です。 EXPG時代は講義を最前列で聞く真面目な生徒だったし、謹慎処分を受けた時にはボランティア活動で巻き返しを図るけなげさがありました。 今夜はMステ2時間SP!! 是非観てください!! さぞかし運動神経抜群なのかと思いきや、バスケは苦手なんだそう。 ですが、大学から始めたダンスは、今ではグループを掛け持ちできるくらいのスキルを持っています。 さらに、小学生の時、英会話スクールの先生とけんかしてやめたという武勇伝もあります。 こういう、ちょっといかつい感じと中身のギャップが魅力なのかもしれませんね。 そんな関口くんは、グループではいじられキャラで、ムードメーカーです。 でも、時には人が疲れているのにアニソンを流して大騒ぎするという、めんどくさい空気も作り出してしまいます。 パフォーマーとしては完璧だけど、時間にルーズという隙があるところが、どこか憎めないという気分になってしまいます。 関口くんがみんなに愛されるのは、欠点を素直に認める誠実さを持っているからかもしれませんね。 ずっと歌手になりたくて、EXPG大阪校に通うために高校を中退してしまったほどの気合の入れようです。 その学費と交通費をアルバイトをして稼いでいたというから、さらに驚きですね。 この数原くんのストイックさの原点は、小2から始めた野球にあります。 読売ジャイアンツの阿部慎之助選手に憧れて、自分も同じキャッチャーポジションを選んだそうです。 将来はプロ野球選手になりたいほど熱中していましたが、EXILEのファンだった両親の影響で、小5からは歌手に方向転換します。 2010年のオーディションでは惜しくも落選しましたが、無事ジェネレーションズのボーカルというポジションを勝ち取りました。 数原くんは夢に一途で真面目な性格という印象を受けますが、メンバーからは「気分屋」と言われています。 その理由は、子供の頃から落ち着きがなく、お調子者だった部分を未だにひきずっているからです。 「二十歳になったらふざけない」という約束が守れていないとメンバーが愚痴るくらいだし、相当今でもやんちゃなんでしょうね。 ですが、それはいい意味で明るい性格で、ムードメーカーの役割も果たしています。 ボーカル仲間の片寄くんと「数寄」コンビとして、関西人独特のお笑いセンスで場を和ませています。 筋肉ムキムキで一見怖そうな見た目ですが、実はイケボの持ち主でもある数原くんに、ファンはギャップ萌えしているようですね。 ちなみに、数原くんには、 4歳下の美しすぎる妹・あかねさんがいて、学生時代は歌手を目指して『週刊EXILE』で共演していたそうです。 現在は、三上よしかという芸名で芸能活動をしていて、看護師、モデル、舞台女優として幅広く活躍されているそうですよ。 ダンス経験は小1からとキャリアが長く、高1の時、EXPGにスカウトされて大阪校に入ったという実力の持ち主です。 デビュー前にはインストラクターも務めていて、2011年末からジェネレーションズのサポートメンバーに抜擢されました。 途中加入でしが、今ではメンバーを引っ張る存在の中務くん。 ここまでのし上がるストイックさは、やはり「何事もやり出すと止まらない」というハマリ性のおかげかもしれませんね。 ダンスだけではなく、サッカーも幼稚園の年長から小5まで続けていたそうだし、真面目で一途な性格がよくわかりますね。 』優基役 白濱くんはグループのリーダー兼パフォーマーで、EXILEと掛け持ちをしています。 父親が日本人、母親がスペイン系フィリピン人のハーフですが、彼の家族がまたすごい! 姉は元JJモデルのラブリさん。 本名は白濱愛(いずみ)さんですが、芸名はクリスチャンネーム「蘭舞莉(ラブリ)」から名づけたそうです。 ラブリさんは、2019年11月27日、映像作家の米倉強太氏と結婚されました。 そして、10歳下の弟・颯(りゅう)くんは、現在EXPG松山校に通っています。 『モニタリング』に出演したことがあり、セーラー服女装姿が評判になったそうです。 彼もEXILEファミリーになったら、姉弟全員芸能人とか、すごい家族になりそうですね。 ちなみに、お父さんは北海道小樽市出身で、公務員の英昭(ひであき)さんで、お母さんは専業主婦のメアリージェインさんです。 お母さんは天然な性格で、突然「たこ焼き屋になりたい」と言い出し、アルバイトを始めたそう(笑) ふたりとも一般人ですが、テレビに出演したことがあるので名前なども判明しています。 一家全員オープンって珍しいですね。 ですが、ドラマ『3年A組』の印象が強かったので、俳優としての認知度のほうが高いかもしれません。 ドラマ『兄に愛されすぎて困ってます』は中国でも人気があり、ソロでファンミーティングをしたり、雑誌の表紙を飾ったこともあります。 そんな片寄くんは、祖母がピアニスト、祖父と父親が音楽教師、母親が英語教師という、教師だらけの家庭で育ちました。 お母さんの影響で英語がペラペラだし、幼い頃からピアノを習っていてアーティストになるという音楽の極め方もすごいですよね。 祖父母から続くDNAはしっかりと受け継がれているんですね。 ちなみにお父さんは大阪府立夕陽丘高校に務めていて、合唱部の顧問をされています。 音楽研究室にジェネレーションズのポスターを貼りまくっていて、生徒から「息子大好きなお父さん」と評判なんだとか 笑。 on Aug 22, 2019 at 4:03pm PDT 家族に似て成績優秀だった片寄くんは、名門の大阪教育大学附属平野校舎に通っていましたが、途中で通信制の高校に転校しました。 その理由は、2010年のオーディションに落ちてから、次回に向けて万全な体制を取る為だったそうです。 当時付き合っていた彼女とも別れたそうですから、真面目でストイックさは相当ですね。 さらに、かなり意外ですが、片寄くんはもともとダンスは得意じゃなかったそうです。 『3年A組』では華麗なダンスを披露していましたが、それは必死の努力の成果だったんですね。 もともとセンスはあったんだと思いますが、努力家という性格がよく現れていますね。 日本人の母親と韓国人の父親のハーフで、両国の言葉がしゃべれるそうです。 ジェネレーションズはハーフのメンバーがわりと多いですね。 そして、中学入学と同時にひとりで上京するという行動派でもあります。 当時からかなりダンススキルが高く、『めちゃイケ』のオカザイルの企画で、岡村さんと一緒にキッズダンサーとしてEXILEのライブに出演していました。 9歳の頃、公園で見たブレイクダンスに衝撃を受け、親に頼んでダンススタジオに通い始めました。 そこで、ロス発祥の激しい動きを相手と競い合うスタイルの「KRUMPダンス」を習います。 そして、わずか10歳でEXPGに入り、キッズダンサーとして活躍していました。 — 佐野 玲於 sanoreofficial 芸能界でのキャリアが長いためか、メンバーいち責任感が強いです。 ですが、かなりやんちゃな性格で、LDHの先輩から「生意気だ」と言われるほど怖いもの知らずなところもありました。 未だにいたずら好きでツンデレな気分屋ですが、その生意気なところがファンにウケているようです。 そして、カードマジックはプロ級の腕前という意外な一面も持っています。 Generationsメンバーの身長順は? 次に、メンバーを身長順に並べてみました。 このデータは、公式サイトで発表されているデータを参考にしています。 1位:片寄涼太 183cm 2位:関口メンディー 182cm 3位:白濱亜嵐 173cm 3位:小森隼 173cm 5位:中務裕太 171cm 6位:数原龍友 170cm 6位:佐野玲於 170cm 片寄くんは公式では180cmですが、10代の頃のデータだったため、身長が伸びたようですね。 他のメンバーもネット上では若干誤差があるようですが、全体的に高身長のメンバーが多いですね。 Generationsメンバーの人気順は? メンバーの人気順についても調べてみました。 このデータは2018年の1年間の検索数や、最近のツイート数、ファンの方の意見も参考にランク付けしています。 1位:白濱亜嵐 2位:片寄涼太 3位:佐野玲於 4位:関口メンディー 5位:数原龍友 6位:小森隼 7位:中務裕太 白濱くんと片寄くんがやはり知名度も露出度も高く、人気がすごいようです。 関口くんはSNSなどでは注目度が高いですが、ファンの方は評価の差がわりと激しいです。 最近は順位変動が激しいようですし、ファンの方はやはり箱推しの意見も沢山ありました。 紅白出場で知名度がさらに上がって、今後大きく変動があるかもしれませんね。 on Nov 10, 2019 at 8:37pm PST 町田くんは学生時代ダンスに熱中していたため、大好きなダンスをしたくてジェネレーションズに入ったそうです。 ですが、わずか2ヵ月後、また町田くんを不幸が襲います。 右足のふくらはぎを痛め、踊ることができなくなってしまったのです。 数週間の療養を強いられた町田くんは、その後、ジェネレーションズに復帰することはありませんでした。 そして、2012年2月14日にジェネレーションズの脱退を発表し、劇団EXILEに再加入したのです。 ケガでの療養中に、町田くんはダンサーと俳優の間でかなり迷いがあったようですね。 ファンの方は復帰を望む声が多かったようですが、最終的には町田くんは俳優の道を選びました。 』 主演の杉野遥祐くん、そのいとこ役の横浜流星くんと。 町田啓太くんは杉野遥祐くんの兄役。

次の

EXILE TRIBEのメンバーと写真をわかりやすくご紹介!

ジェネレーションズ メンバー 名前

三代目J Soul Brothersのボーカル2人(今市隆二・登坂広臣)を選出した「VOCAL BATTLE AUDITION2」というオーディションでファイナリストまで残っていた片寄涼太くんと数原龍友くんがボーカルを務めています。 また、2016年には初のアリーナツアーを開催しています。 そんなGENERATIONSの魅力は何と言ってもダイナミックなダンスパフォーマンス。 パフォーマーのダンススキルはEXILEや三代目JSBのメンバーを凌ぐとも言われています。 また、ダンスの振り付けも特徴的で、2016年に発売した「AGEHA」という楽曲がMTVの最優秀振り付け賞を獲得しました。 それでは、そんなブレイク必至のGENERATIONSメンバーの人気ランキングを紹介していきたいと思います。 GENERATIONS人気ランキング 7位:小森隼 第7位はパフォーマーの小森隼(こもりはやと)くん。 1995年生まれの21歳。 身長173㎝。 日本人の母親と韓国人の父親をもつ日韓ハーフで、出身地は三重県。 幼い頃からEXILEに憧れており、小学4年生からEXPGというLDH(所属事務所)が経営するダンススクールに通うようになったと言われています。 そして、2011年にEXPGで行われたオーディションに合格し、GENERATIONSのメンバーに選出されました。 そんな小森隼くんはダンスの上手さは勿論のこと性格が良いことでも知られています。 遭遇した方の情報によると気さくに握手をしたりサインをしてくれるそうで、ファンサービスが神対応と言われています。 ただ、他のメンバーと違って個人仕事がほとんどないため人気ランキングでは下位になることが多いようです。 一般的な知名度も低いみたいですね。 私も今回のランキング作成で初めて顔と名前を知りました。 ・日韓ハーフ ・ファンサービスが神対応 ・人気は下位グループ 6位:中務裕太 第6位はパフォーマーの中務裕太(なかつかゆうた)くん。 1993年生まれの24歳。 身長171㎝。 出身地は大阪府茨木市。 EXPG大阪校の出身でインストラクターも務めていたそうです。 三代目JSBの山下健二郎さんと同じですね。 GENERATIONS結成当初はサポートメンバーとして活動していましたが、デビュー直前の2012年9月に正式メンバーとなりました。 そんな中務裕太くんも神対応で知られています。 小森くんに負けず劣らずのファンサービスだと言われていますね。 また、見た目はコワモテですが性格は寂しがり屋のようで、そのギャップにやられる女性も多いそうです。 ただ、小森くんと同様に個人仕事がほとんどないため人気ランキングでは下位になってしまうことが多いようです。 そして、デビュー当時は一重だったのにデビュー後にパッチリ二重になったことで整形疑惑が取り沙汰されていますね。 本人がラジオで「疲れて二重になった」と説明していましたが、ガッツリ一重が疲れただけでパッチリ二重になるのかしら? まあ、私は整形否定派ではないのでどうでもいいですけど。 どうやら整形ではないようです。 コメント頂いたので訂正します。 すみません。 ちなみに、中務裕太くんも一般的な知名度は低いと思いますが、立ち位置というか踊っているときのポジションがセンターなのでなんとなく印象に残っています。 ボーカル2人の間でキレッキレで踊っている三代目JSBの小林直己さんと同じ位置ですね。 ・コワモテだけど寂しがり屋 ・ダンスがキレッキレ ・三代目の直己さんポジ 5位:関口メンディー 第5位はパフォーマーの関口メンディーさん。 1991年生まれの25歳。 身長182㎝。 日本人の母親とナイジェリア人の父親をもつハーフで、出身地はアメリカのニュージャージー州です。 EXPG東京校の出身で、小森くんと同じく2011年に行われたオーディションに合格してGENERATIONSのメンバーに選出されました。 また、2014年にはEXILEのパフォーマーを決める「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」に合格してEXILEに加入しています。 そんな関口メンディーさんはお昼の情報バラエティ番組『バイキング』に2014~2016年まで出演していたのでメンバーの中での知名度は断トツです。 TBS系で不定期に放送されている『最強スポーツ男子頂上決戦』でも驚異の身体能力を披露して注目を集めていますね。 ただ、知名度は高いものの、それが人気に結び付いているかと言われると、実はそうでもないようです。 「キャラはいいけど…」とか「面白いけど…」みたいなコメントが多いですね。 キャラクターとしては魅力を感じるけれど男としては微妙みたいな感じでしょうか。 ちなみに、私の中でメンディーさんはポテトヘッドです。 トイストーリーのキャラクターのMr. ポテトヘッドにめちゃくちゃ似てますよね。 もうね、ポテトヘッドにしか見えません。 ・身体能力が高い ・知名度は断トツだが人気はそこそこ ・ポテトヘッド 4位:数原龍友 第4位はボーカルの数原龍友(かずはらりゅうと)くん。 1992年生まれの24歳。 身長170㎝。 出身地は兵庫県尼崎市。 三代目JSBのボーカル2人(今市隆二・登坂広臣)を選出するためのオーディション「VOCAL BATTLE AUDITION2」でファイナリストまで残ったメンバーですね。 惜しくも落選してしまいましたが、その実力を買われてGENERATIONSのボーカルに抜擢されました。 そんな数原龍友くんは芯のある透き通った歌声が注目を集めていますね。 オーディションの時から歌唱力は評価されていましたが、ダンスしながらでもブレない安定感があります。 実は三代目JSBのボーカル2人は人気こそ高いですが、歌声に安定感がないと言われています。 ほとんど踊っていませんが、歌番組では音程がズレることが結構あるみたいです。 そのため、割と激しめのダンスをしながらでも音程がブレない数原くんはスゴイと言われていますね。 ただ、数原くんも個人仕事がほとんどないため、グループの顔であるボーカルでありながらも人気ランキングでは常に中盤。 可もなく不可もなくみたいな位置です。

次の

GENERATIONS(ジェネレーションズ)メンバーの名前と顔写真付きプロフィール!【5分でジェネ通】

ジェネレーションズ メンバー 名前

三代目J Soul Brothersのボーカル2人(今市隆二・登坂広臣)を選出した「VOCAL BATTLE AUDITION2」というオーディションでファイナリストまで残っていた片寄涼太くんと数原龍友くんがボーカルを務めています。 また、2016年には初のアリーナツアーを開催しています。 そんなGENERATIONSの魅力は何と言ってもダイナミックなダンスパフォーマンス。 パフォーマーのダンススキルはEXILEや三代目JSBのメンバーを凌ぐとも言われています。 また、ダンスの振り付けも特徴的で、2016年に発売した「AGEHA」という楽曲がMTVの最優秀振り付け賞を獲得しました。 それでは、そんなブレイク必至のGENERATIONSメンバーの人気ランキングを紹介していきたいと思います。 GENERATIONS人気ランキング 7位:小森隼 第7位はパフォーマーの小森隼(こもりはやと)くん。 1995年生まれの21歳。 身長173㎝。 日本人の母親と韓国人の父親をもつ日韓ハーフで、出身地は三重県。 幼い頃からEXILEに憧れており、小学4年生からEXPGというLDH(所属事務所)が経営するダンススクールに通うようになったと言われています。 そして、2011年にEXPGで行われたオーディションに合格し、GENERATIONSのメンバーに選出されました。 そんな小森隼くんはダンスの上手さは勿論のこと性格が良いことでも知られています。 遭遇した方の情報によると気さくに握手をしたりサインをしてくれるそうで、ファンサービスが神対応と言われています。 ただ、他のメンバーと違って個人仕事がほとんどないため人気ランキングでは下位になることが多いようです。 一般的な知名度も低いみたいですね。 私も今回のランキング作成で初めて顔と名前を知りました。 ・日韓ハーフ ・ファンサービスが神対応 ・人気は下位グループ 6位:中務裕太 第6位はパフォーマーの中務裕太(なかつかゆうた)くん。 1993年生まれの24歳。 身長171㎝。 出身地は大阪府茨木市。 EXPG大阪校の出身でインストラクターも務めていたそうです。 三代目JSBの山下健二郎さんと同じですね。 GENERATIONS結成当初はサポートメンバーとして活動していましたが、デビュー直前の2012年9月に正式メンバーとなりました。 そんな中務裕太くんも神対応で知られています。 小森くんに負けず劣らずのファンサービスだと言われていますね。 また、見た目はコワモテですが性格は寂しがり屋のようで、そのギャップにやられる女性も多いそうです。 ただ、小森くんと同様に個人仕事がほとんどないため人気ランキングでは下位になってしまうことが多いようです。 そして、デビュー当時は一重だったのにデビュー後にパッチリ二重になったことで整形疑惑が取り沙汰されていますね。 本人がラジオで「疲れて二重になった」と説明していましたが、ガッツリ一重が疲れただけでパッチリ二重になるのかしら? まあ、私は整形否定派ではないのでどうでもいいですけど。 どうやら整形ではないようです。 コメント頂いたので訂正します。 すみません。 ちなみに、中務裕太くんも一般的な知名度は低いと思いますが、立ち位置というか踊っているときのポジションがセンターなのでなんとなく印象に残っています。 ボーカル2人の間でキレッキレで踊っている三代目JSBの小林直己さんと同じ位置ですね。 ・コワモテだけど寂しがり屋 ・ダンスがキレッキレ ・三代目の直己さんポジ 5位:関口メンディー 第5位はパフォーマーの関口メンディーさん。 1991年生まれの25歳。 身長182㎝。 日本人の母親とナイジェリア人の父親をもつハーフで、出身地はアメリカのニュージャージー州です。 EXPG東京校の出身で、小森くんと同じく2011年に行われたオーディションに合格してGENERATIONSのメンバーに選出されました。 また、2014年にはEXILEのパフォーマーを決める「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」に合格してEXILEに加入しています。 そんな関口メンディーさんはお昼の情報バラエティ番組『バイキング』に2014~2016年まで出演していたのでメンバーの中での知名度は断トツです。 TBS系で不定期に放送されている『最強スポーツ男子頂上決戦』でも驚異の身体能力を披露して注目を集めていますね。 ただ、知名度は高いものの、それが人気に結び付いているかと言われると、実はそうでもないようです。 「キャラはいいけど…」とか「面白いけど…」みたいなコメントが多いですね。 キャラクターとしては魅力を感じるけれど男としては微妙みたいな感じでしょうか。 ちなみに、私の中でメンディーさんはポテトヘッドです。 トイストーリーのキャラクターのMr. ポテトヘッドにめちゃくちゃ似てますよね。 もうね、ポテトヘッドにしか見えません。 ・身体能力が高い ・知名度は断トツだが人気はそこそこ ・ポテトヘッド 4位:数原龍友 第4位はボーカルの数原龍友(かずはらりゅうと)くん。 1992年生まれの24歳。 身長170㎝。 出身地は兵庫県尼崎市。 三代目JSBのボーカル2人(今市隆二・登坂広臣)を選出するためのオーディション「VOCAL BATTLE AUDITION2」でファイナリストまで残ったメンバーですね。 惜しくも落選してしまいましたが、その実力を買われてGENERATIONSのボーカルに抜擢されました。 そんな数原龍友くんは芯のある透き通った歌声が注目を集めていますね。 オーディションの時から歌唱力は評価されていましたが、ダンスしながらでもブレない安定感があります。 実は三代目JSBのボーカル2人は人気こそ高いですが、歌声に安定感がないと言われています。 ほとんど踊っていませんが、歌番組では音程がズレることが結構あるみたいです。 そのため、割と激しめのダンスをしながらでも音程がブレない数原くんはスゴイと言われていますね。 ただ、数原くんも個人仕事がほとんどないため、グループの顔であるボーカルでありながらも人気ランキングでは常に中盤。 可もなく不可もなくみたいな位置です。

次の