ガーミン suica。 Garmin Pay Suicaを使ってみる

【待望のSuica対応】Garmin vívomove Luxe【レビュー】

ガーミン suica

スマートにジュースを買いたい もともとランニング中はSUICAを持っていたので、自販機やコンビニでは電子マネーをつかってました。 猛暑のある日、ジュースを買おうと自販機の前で腰ベルトに入れたSUICAを取り出そうとモゾモゾしてました。 すると、スッと立ち止まりサッと時計をかざしてジュースを買って去っていく女性ランナー・・・スマートすぎる。 その姿に憧れてしまい、一時アップルウォッチを使おうかと本気で考えてしまったほど。 ただ、アップルウォッチ単体でワークアウトするとGPSの精度に若干問題があるみたいだし、バッテリーが10時間しかもたないんじゃ山では使えないので却下。 どうにかしてGarminFenix5に電子マネー機能だけつけられないものか・・・。 いろいろ検討してみる e-money band イーマネーバンド まず最初に考えたのが専用ベルトを装着すること。 コイン型の電子マネーでEdyが使えます。 なんというか、そのためだけにもう一つバンドを装着するっていうのがなんかスマートじゃないなと・・・。 この円型部分を分解して内蔵されたチップを取り出す猛者もいるようですが、固定方法や防水性に難ありで断念。 やろうとしているのはEdyの小型チップを時計に固定するというシンプルなことなんですが、なかなかお目当ての商品が見つからない。 と、ついに見つけてしまったドンピシャの一品! GoBe Edy BAND GoBeという食べた物を自動でカロリー計算してくれるスマートウォッチがあるんですが、オプションでバンドにEdyの小型チップを固定することができます。 コレだ! 箱から出てきたのはシリコンバンドとEdyチップのみ。 これで5,000円弱・・・ジュースが何本買えるんだろ。。 なんてことを考えたら負けなので、こういう時は無心でいきましょう! チップをバンドに入れるのがかなりキツくて苦戦。 これぐらいの方が走っている時にチップが落ちる心配がなくて安心。 さっそくGarminFenix5に装着してみます。 バンドは伸縮性があるのでそのまま装着することもできますが、幅がやや狭いのでちぎれてしまわないか若干不安。 そこでFenix5のベルトを少しだけカット。 シリコン製なのでカッターでサクサク切れます。 腕に装着するとこんな感じ。 Edyアプリをインストールし、チャージする時はスマホにタッチして行います。 楽天ポイントからチャージできるのが何気に便利だったり。 腕の内側に装着しているので使う時は手首を返すことになります。 この時に苦しそうにひねってると台無しなので、多少痛くても顔には出さずにクイッと手首をひねってササッと支払いをすませるのがスマートw 手首の外側につければよかったなんていうのはベルトをカットしてから気づいたので、体が固い方は外側に装着するのが吉。 ベルトの幅によっては加工が必要ですが、おそらくほとんどのスポーツウォッチに対応できると思います。 ヨドバシカメラでも扱っているので、現物を見たい方は店舗で試せます。 ランニングウォッチに電子マネー機能をつけてジュースをスマートに買いたいランナーさん、よかったらお試しあれ。

次の

【レビュー】俺たちのGarminスマートウォッチがSuicaに対応。当たり前に使える!

ガーミン suica

Garmin pay Suicaの登録、使い方 Garmin pay SuicaはスマートフォンなどでGoogle payアプリを利用して管理する必要があるので、 まずはGoogle payでアカウントを作成します。 こちらのサイトにアクセスした後、画面を1番下までスクロールすると、 このようにアカウント作成の場所が出てくるので、こちらをクリックorタップしてアカウント作成ページへ移動してください。 アカウント作成後はGoogle payアプリをダウンロードして、クレジットカードを登録してチャージをするだけでOKです。 しかし! スマートフォン端末がAndroidであれば、アプリはダウンロードできるのですが、 iOS端末(iPhone)ではGoogle payアプリは現状ダウンロードできない状態です。 garmin. また、Garmin独自の決済方法で、日本では全くと言って普及していないGarmin payとは異なる物みたいなので、詳しくはこちらを参照してください。 しかし、Apple PayのSuicaとは異なり、 チャージ上限が5000円までだったり、 一部利用できない場面があるようなので、これからのアップデートに期待した方が良いのではないかと思います。 ランニングモデルであるForeAthleteシリーズでは現状、Garmin pay Suicaに対応できるモデルがないので、 新製品に期待をするしかなさそうです。 私もGarmin pay Suica対応ForeAthleteシリーズが新発売されたら、購入の方を検討をしたいと考えています。 Suica搭載により可能に なるこがと(私的目線) たかがと言っては失礼ですが、 「 GarminでSuicaが使えるようになるだけじゃん!」 と思うだけかもしれませんが、私にとってはスマートウォッチ界の革命にもなるレベルの出来事だと考えています。 個人的な感想でGarmin pay Suica搭載によって起きるメリットを紹介したいと思います。 ランニング時の決済 当たり前ですが、これが1番変わる点であると思います。 今まではスマホやApple WatchをGarminの時計とは別に持って走りに行っていましたが、 その必要が無くなります。 Garmin payでもできなくはないのですが、対応しいている店舗が非常に少ないので、ほとんど需要はありませんでした。 しかし、 Garmin pay Suicaの進出により、ほぼどこでも Suica決済ができる 現在では、ランニング後に買い物まで可能にしてくれると考えます。 また、ある程度のところまで走り、電車やバスで帰りたいという場合にも、 Garmin pay Suica対応モデルのウォッチさえあれば、それだけで乗車ができるようになります! 日用使用がより便利に Suicaが導入されることにより、コンビニ、飲食店など、 様々な場所で決済が可能となるため、 日常生活での利用範囲も大きくなります。 現在私は基本的に外出時は、 Apple Watchを着用してコンビニなどでSuica決済を行っていますが、 Garminでも同じようにできるのは非常にありがたいです。 さらにGarminの製品はApple Watchに比べて、 バッテリーの持ちが良いので外で充電が切れてしまう心配もあまり無いと思います。 必要な機能を備えつつ、1番安価に購入できるモデルです。 リンク 以上が Garmin pay Suica対応モデルの機種一覧でした。 あれ?と思った方もいるかもしれませんが、 ForeAthlete945と645には対応しないようです…. ランニングユーザーとしてはちょっと残念な部分です。 おそらく次発売されるであろう645の進化版などは、対応してくるのではないかと予想しています。 あるいは何らかのアップデート等で、945、645の2機種も対応されるかもしれません。 今945、645を所持しておらず、余裕がある方で購入検討されているのならば、私は Venuあたりをオススメします! まとめ 以上 Garmin pay Suicaとそれに対応する機種について、 今現在わかっていることをまとめました。 スマートウォッチで Suicaが使えるのは決済効率が格段と上がるので、 これからのキャッシュレス化には欠かせないアイテムになってくると思います。 現在スマートウォッチ会ではやはりApple Watchが1番だと思いますが、 これを機にGarminの知名度も上がってくるのではないかと思います。 ヘルスケアの面においては、Apple WatchよりGarminの方が上だと思うので、 スマートウォッチ購入で悩んでいる方がいれば、Garminも1つの選択肢に入れてみてください。

次の

GARMIN(ガーミン)がSuicaに対応!対象スマートウォッチ一覧

ガーミン suica

GarminのスマートウォッチがSuicaに対応 GarminがSuicaに対応した意義 Suicaに対応しているスマートウォッチというと米Appleの「Apple Watch」シリーズが挙げられるが、筆者の知る限りでは他にSuicaに対応したものはない。 ソニーの腕時計用スマートバンド「」がFeliCa規格に対応しているが、iDや楽天Edyなどのサポートにとどまっており、Suicaには対応していない。 スマートウォッチの機能として電子マネー、特にSuicaが重要と考えている人にとっては、GarminのスマートウォッチがSuicaに対応したのは、Apple Watch以外の選択肢ができたという意味で大きいだろう。 GarminのスマートウォッチはiOSとAndroidの両OSに対応しているというのも大きい。 iPhoneユーザーにとってはApple Watch以外の選択肢となるし、Androidユーザーにとっては初のSuica対応スマートウォッチとなる。 Garminの「Venu」 本体に音楽データを保存し、ワイヤレスイヤフォンと直接接続してスマホなしで音楽を聴ける機能があり、ジョギングなどフィットネス用途を意識している。 スイミングやシュノーケリング程度に耐える防水性能も持つとしている。 バッテリー駆動時間はスマートウォッチとしての使用で最大5日間、音楽再生とGPSトラッキングを使うモードで最大6時間、GPSのみのモードで最大18時間だという。 GarminのスマートウォッチはVenu以外もスポーツやフィットネス用途を強く意識しており、運動のログを詳しく見たいというユーザーに支持されていることでも知られている。 バッテリー駆動時間はまずまず? 今回は試用のため、実利用でのバッテリー駆動時間は未評価だが、公称通りのバッテリー駆動時間であればまずまずといったところだろうか。 筆者がスマートウォッチの機能の中でも重要視しているものの一つがバッテリー駆動時間で、これが短いと充電する頻度が増えて付け外しが手間に感じてしまう他、装着を忘れてしまうことも多くなる。 睡眠中は外すという人ならそれほど問題はないかもしれないが、筆者の場合は睡眠トラッキングのデータも取得したいため、稼働時間は長いことに越したことはない。 筆者がこれまで使ってきたスマートウォッチの実利用での稼働時間は、反射型のメモリ液晶ディスプレイを備える米Pebble Technology()の「Pebble Time」と中国Huamiの「Amazfit Bip」が約1週間、有機ELディスプレイを備える中国Huaweiの「HUAWEI WATCH GT(42mm)」が約1週間、米Fitbit()の「Fitbit Blaze」が約5日間。 Venuの稼働時間がほぼ公称値通りとすれば、他社の長時間稼働モデルにはやや及ばないものの、毎日充電に追われる心配はなさそうだ。 Suica対応モデルの比較という観点では、Apple Watchシリーズの稼働時間は1〜2日であるため、(公称値通りの稼働時間なら)Venuの方に優位性があると考えていいだろう。 GarminのSuica対応製品でより長時間動くモデルが欲しい場合は、ハイエンドモデルの「」シリーズ(13万円)を検討してもいいかもしれない。 ソーラー充電に対応しており、バッテリー駆動時間は公称値で24日間だ。 ただし、ゴツくて重そうではある(82g。 Venuは46. 3g)。

次の