百田 尚樹 ツイッター。 百田尚樹ツイッター

「百田尚樹は、あたまおかしい」前川喜平氏裏ツイッターを厳選27個のツイートで読み解く

百田 尚樹 ツイッター

どういう理屈か全然わからないが、強引に「喧嘩両成敗」にされちゃったよ😅 — 百田尚樹 hyakutanaoki なるほど、黙って殴られていろと。 私が言い返したのは一回だけですが。 向こうは山ほど悪口を言っていますが、それでも喧嘩両成敗? 残念と言われても、そもそも仲田先生って、誰ですか? 医者というのはわかりましたが、何をしている人か知りません。 — 百田尚樹 hyakutanaoki 大丈夫、ツイッターしながらも、今日は20枚書いた! — 百田尚樹 hyakutanaoki 君の子供でなくてよかった! うちのオカンからは、殴られたら殴り返したれ!と育てられたので^^; — 百田尚樹 hyakutanaoki いや「厚化粧」のジャブで致命傷を与えてしまったかもしれないので、怖くてパンチが出せないのです😅 — 百田尚樹 hyakutanaoki フォロワーの皆さん! 気分を変えましょう! 今から『バカの国』の読書感想文リプライを大募集!😄 — 百田尚樹 hyakutanaoki いや、それがそうでもないのです。 ツィッターしてなかったら、エロビデオ見て、余計にサボってた可能性もあります。 時間の使い方は難しい😅 — 百田尚樹 hyakutanaoki そやねん。 もうお気に入りのビデオが擦り切れとんねん😖 — 百田尚樹 hyakutanaoki 厚化粧の熟女モノ、って、そんなことあるかい!! — 百田尚樹 hyakutanaoki 例の女性が私が文化人放送局の紳士協定を結んだとか事実でないことを言っているらしいが、妄想で頭がいっているのか。 — 百田尚樹 hyakutanaoki なるほど。 私は医療界の参謀を敵に回したということですか^^ いやはや — 百田尚樹 hyakutanaoki デマです! — 百田尚樹 hyakutanaoki デマです! — 百田尚樹 hyakutanaoki 寝てないのかもしれませんね。 — 百田尚樹 hyakutanaoki Amazonのキンドルストアの百田尚樹です。 4月から小説もキンドルで出すことに決めました。 現在、『モンスター』、『カエルの楽園』、『永遠の0』、『海賊とよばれた男』が電子書籍で読めます。 今後も次々と電子書籍にしていきます。 — 百田尚樹 hyakutanaoki そうした発信が、一種の発散になって収束に向かうのか、あるいは自らの燃料になってさらに炎上していくのか、専門家ではない私にはわかりません^^; — 百田尚樹 hyakutanaoki そもそも生田さんに電話なんかしてないって。 — 百田尚樹 hyakutanaoki 屋代さんも苦労されたようなのが窺えるツイートですね。 ここは私も大人になって、なにも言わないでくのがいいでしょう。 — 百田尚樹 hyakutanaoki 私も通報したと言っていたらしいです。 こんなことが刑事事件になるわけもありませんが、民事で訴えてくるかもしれまん。 そうなれば、逆提訴も考えないといけませんね。 — 百田尚樹 hyakutanaoki 大学中退という学歴はないので、厳密には高卒かもしれませんね。 でも、別に高卒でもかまいません。 実は私は、どこかの会社とかに一度も入ったことがなく、履歴書も書いたことがないのです😅 — 百田尚樹 hyakutanaoki ツイートを削除されて証拠を消されても困るので、写真にとって保存しておく必要がありますね。 私はブロックされてるので、見えないのですが😅 — 百田尚樹 hyakutanaoki すいません。 さすがに小さくて文字が見えません。 本当に恐縮ですが、もう少し見えやすくしていただくことは可能でしょうか。 こんな厚かましいお願いをして、本当に申し訳ないです。 — 百田尚樹 hyakutanaoki 感謝です!! お手数かけさせて、申し訳ありませんでした。 — 百田尚樹 hyakutanaoki おおっ!! 感動…… — 百田尚樹 hyakutanaoki もうさわるな — 百田尚樹 hyakutanaoki 私は安倍総理や官邸から、1円ももらったことはない! だから、そんなことは書くわけがない。 彼女自身がウソをついているのか、彼女にウソを信じ込ませた奴がいるのか、真相はわからないが、やり口は恐ろしく汚いね。 — 百田尚樹 hyakutanaoki もし、そうなら私の目に留まっているはず。 実際に捏造画像を作ったとなれば、確実に名誉棄損と損害賠償事案です。 — 百田尚樹 hyakutanaoki 動画が大量になってきたので3つに分けました。 外国人の日本訪問動画です。 健康について日々思う事を。 絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。 一人暮らしの料理の助けに。 学習のお手伝いに。 お暇なら覗いてみてくださいね.

次の

佐藤浩市を批判する百田尚樹ら“安倍応援団”に批判殺到「バカな連中」「三流愛国者達」

百田 尚樹 ツイッター

作家の百田尚樹氏が28日、ツイッターに新規投稿。 新型コロナウイルスの感染拡大に対する政府の対応を批判している同氏は「安倍総理と対決してくるわ。 と言うても別にケンカするわけやない。 至誠天に通ずるか!」と直談判と思われる行動を予告した。 百田氏は、この投稿に先立つツイートで「イベント中止で厳しい状況に追い込まれている人が少なくない。 早めに中国観光客を止めていれば防げた事態かもしれないが、その時は観光業界が悲鳴を上げただろう。 今は過ぎたことを言っても仕方がない。 皆で乗り切るしかないが、政府には強く言いたい。 早く中国人を止めろ!」と訴えた。 百田氏は21日のツイートで「1月が分水嶺だった。 あの時に中国からの入国を全面ストップしていれば、経済的には大きな打撃を被ったが、ギリギリのところで日本を守れた」「一番腹が立つのは中国だが、無能な日本政府にも怒りがおさまらない」と怒りをぶつけ、「安倍総理はこれまでいいこともたくさんやってきた。 しかし、新型肺炎の対応で、それらの功績はすべて吹き飛んだ。 もし、私が想像する最悪の事態になれば、後年、『鳩山由紀夫・菅直人以上に無能な首相』の烙印を押されるかもしれない…厳しい言い方をするが、政治は結果」と、政府に対して厳しい姿勢を取っている。

次の

百田尚樹

百田 尚樹 ツイッター

佐藤浩市 俳優の佐藤浩市がインタビューで、安倍晋三内閣総理大臣を揶揄したとして炎上中の騒動。 批判の急先鋒に立つ作家・百田尚樹氏に芸能界から反論が相次ぐなど、騒動が沈静化する気配はまったく見えていない。 佐藤は5月24日公開の映画『空母いぶき』(キノフィルムズ)に、垂水慶一郎内閣総理大臣役で出演。 役柄をめぐり、「ビッグコミック」(小学館)のインタビューで「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。 いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」「彼はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです」と語った。 この佐藤の発言に対し、潰瘍性大腸炎を患う安倍首相を揶揄していると著名人から批判が続出。 百田氏もツイッターで、「三流役者が、えらそうに!! 何がぼくらの世代では、だ。 人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!」「『下痢する弱い首相にしてくれ』という一役者の要求に、脚本をそう変えたと聞いて、もう絶対に観ないときめた」と怒りをあらわにしている。 またジャーナリストの有本香氏は、「役を受けておいて、他人の持病(しかも難病)を揶揄し脚本書き換えさせて『反体制』した気になるなんて激しくカッコ悪い」とツイート。 幻冬舎の見城徹社長もツイッターで、「最初から首相を貶める政治的な目的で首相役を演じている映画など観たくもない」と批判を展開している。 その流れを受けて、実業家の堀江貴文氏も「佐藤浩市がひどいに決まってんだろ」とツイートしている。 だが、その後、そんな百田氏に対する批判が噴出しており、タレントのラサール石井はツイッターで「佐藤浩市氏のどこが三流なのか。 役者の何を知ってるのか。 自分の意に沿わないと三流なの?」と反論。 また太田光(爆笑問題)は、5月14日放送の『JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で冒頭から騒動に言及。 「ちょこっと言ったことを変なふうに自分なりに解釈して、なんだかんだギャーギャー騒ぐんだな」と苦言を呈し、「迷惑だろうね安倍さんも。 あんなバカな連中が自分の味方だっていうと、安倍もバカだって思われちゃうからさ」と語っている。 インターネット上でも佐藤を擁護する声は見られ、「インタビュー全文を読みましたが、真っ当かつ謙虚でさえある内容だったと思います」「百田氏にとっては、自分が気に入らない人間はみんな三流ということか」といった意見が上がっている。 漫画家の小林よしのり氏は、「わしは佐藤浩市を『三流役者』とは思わない。 権力に対する批判精神を持っているのは立派なことだ」と擁護。 元衆議院議員でコメンテイターの上西小百合氏も「今回批判している百田さん達が飛躍しすぎているんじゃないかと思う。 佐藤浩市さんのインタビューは安倍総理に全然関係ない話」として、佐藤の発言を問題視する向きの解釈が間違っているとの見解を示した。 こうした一連の騒動を受けて、ネット上でもさまざまな見解を飛び交っている。 佐藤に対しては、「おなかを壊しやすい設定にしてもらった意図がわからない」「体制側を演じたくなかったからといって首相を軟弱な人物に見せようとするところに悪意を感じる」「仮に誤解があるなら、彼自身がなんらかの説明をするべき。 彼が沈黙を貫いていることで騒動が大きくなっている」といった指摘が上がっている。 一方で「そもそも映画やお笑いで政治風刺するのは古今東西当たり前に行われてきたのに、なぜ百田らが過剰反応するのかわからない」と擁護する声もある。 百田氏ら佐藤への批判に対しては、「難病を揶揄するような発言の佐藤を批判するのはわかるけど、三流役者は言いすぎ」との声もあるが、「佐藤は首相を揶揄していないと思う。 インタビュー全文を読むと『弱さを抱えつつも日本を真剣に守っていこうとする総理』を演じようとの思いが伝わってくる」と、そもそも首相揶揄という解釈自体が間違っているとの指摘もある。 さらに、百田氏らを批判する芸能人たちに対しては、「三流役者という言葉だけに焦点が当たっているが、佐藤が批判されている一番の原因は、病気を抱えている人を茶化すような発言をしたことにある」として、佐藤を擁護する芸能人たちの論点がずれていると指摘する声が多い。 コメンテーターの玉川徹氏は「単に安倍応援団の人が、安倍をバカにしてるという風に受け取って怒ってるってだけの話ですよね。 別にそれ以上でも、それ以下でもない」と語っているが、今回の騒動は保守派vs. リベラル派といった政治的な立場での争いへと発展している感がある。 公開を間近に控え、思わぬケチがついてしまった映画『空母いぶき』。 作品が不憫でならない。 (文=編集部).

次の