消費税 10計算。 10パーセントの計算方法!電卓と暗算それぞれのベスト技【消費税】

10パーセントの計算方法!電卓と暗算それぞれのベスト技【消費税】

消費税 10計算

小数部分を切り上げか切り捨てるか四捨五入をするかは法律で明確に定められていないので、事業者が自由に決めることができます。 しかし、多くの事業者は「 切り捨て」にしています。 当然のことです!!! 切り上げた税金をお客様に負担させるとか絶対にありえません。 四捨五入や切り上げの請求書を出すとか失礼にも程があります。 レシートや請求書で確認すれば分かりますから、変な誤解を与えないように、1円未満は確実に切り捨てるべきです。 2.数値・通貨の表示形式 例えば、「12345. 6」の表示形式をカンマ桁区切りにすると、「12,346」となりますが数式バーは「12345. 6」のままです。 Excelのセルは数値データと書式の2つの情報が保存されています。 数値データが「12345. 6」であっても表示形式(書式)でカンマ桁区切り(整数表示)にすると、四捨五入の表示になります。 しかし、小数点以下のデータが消えたわけではありません。 実際に10倍してみると「123456」になります。 通貨の表示形式でも同じです。 セルの表示として小数点以下の部分を消したとしても、数値データとして小数部分が残っているので全く意味がありません。 3.税抜価格を税込価格にする方法 (1)税率が固定の場合 8%の場合は1. 08倍、10%の場合は1. 1倍にすればよいです。 10円未満の金額に1. 1を掛けると小数になります。 1 なお、1. 前述のとおり、税込み価格の小数点以下は通常切り捨てにします。 切り捨てをするにはINT関数を使います。 INT で囲みます。 これは表示形式ではなく数値データそのものを切り捨てているので誤差は発生しません。 1 (2)INTとROUNDDOWNの違い Excelには小数点以下を切り捨てる関数として、INTとROUNDDOWNがあります。 INTは桁数を指定する必要はありませんが、ROUNDDOWNは 桁数として0を指定しなければなりません。 1 ,0 基本的に計算結果は同じですが、マイナスの場合に異なります。 INT・・・小数の場合、元の値より小さい整数にする• ROUNDDOWN・・・小数の場合、小数部分を無くす 例えば、INT -555. 5 は-556になります。 -555. 5より 小さい整数を返すからです。 数学的にはINTのほうが正しいです。 しかし、ROUNDDOWNは単に-555. 5の小数部分を無くすだけなので-555になります。 消費税の計算でマイナスを使うと面倒なことになるのであまり良くないのですが、マイナスの消費税や税込価格を計算するときには、INTかROUNDDOWNかを注意しなければなりません。 (3)税率が変動する場合 税率を別のセルに入力することがあります。 この場合の倍率は、 絶対参照で(1+税率)とします。 税率がそれぞれ異なる場合、 相対参照で(1+税率)とします。 (5)グループで税率が異なる場合 <やや難> 例えば、A~Dグループの商品は8%で、それ以外は10%とする場合、税率の表を用意しておきます。 VLOOKUP関数を用いて、税率をVLOOKUP B2,税率表,2,0 とします。 1つの式にまとめると次のようになります。 8%と10%では切り捨てている小数部分が異なりますので、引き算をして2%になるわけではありません。 4.税込価格を税抜価格にする方法 (1)基本原則 税込価格を求めるときに(1+税率)をかけるので、税抜き価格は(1+税率)で割ります。 8%の場合は1. 08、10%の場合は1. 1で割ればよいです。 小数で割り算をするので、答えも原則として小数になります。 1 端数処理は重要です。 税込価格を求めるときに切り捨てをした場合、税抜き価格は必ず切り上げにします。 絶対に切り上げです(後述)。 切り上げをするにはROUNDUP で囲み、桁数として0を指定します。 08 ,0• 1 ,0 (2)8%と10%が混ざっている場合 税率がそれぞれ異なる場合、相対参照で(1+税率)とします。 5.消費税額だけを求める (1)税抜価格から消費税額を求める 税抜価格の8% 0. 1 を掛けたら、税額が出ますがこれも 切り捨てです。 INT関数です。 すでに消費税額で切り捨てをしていますので、 足し算に切り捨ては不要です。 税抜+消費税=税込 (2)税込み価格を本体価格と消費税に分離する 10%の税込価格から税抜価格を求めるには、1. 1で割って切り上げます。 税込価格から税抜価格を引けば、消費税額になります。 税込-税抜=消費税 今度は、税込価格から直接、消費税額を求めます。 この比率を税込み価格に掛けます。 この時、消費税額は 切り捨てです。 したがって、切り捨てとなります。 本体価格は切り上げ、消費税額は切り捨てです。 6.税込価格にならない金額がある (1)8%の場合 例えば、900円から920円までの税抜価格に対して、8%の消費税を加算します。 985円が抜けています。 04なので、切り捨てをすると985円が抜けます。 税抜価格を1円ずつ増やすと、税込価格は1. 08円ずつ増えるので、切り捨てたときに整数部分が飛ぶことがあるのです。 仮に税込価格を985円とした場合、税抜価格は1. 08で割って切り上げて913円となりますが、913円に消費税を加算すると1. 08倍の切り捨てで 986円です。 このようにあり得ない価格を税込価格にした場合、いったん税抜価格にして、さらにもう一度税込価格にしても元に戻りません。 ちなみに、1円~1000円の中に税込価格にならない金額は74個あります。 +13、+14、+13、+14、・・・と規則的に増えていることが分かります(後述)。 (2)10%の場合:11の倍数-1 今度は、900円から920円までの税抜価格に対して、10%の消費税を加算します。 1000円や1011円が抜けています。 仮に、税込価格を1000円とした場合、税抜価格は1. 1で割って切り上げて910円となりますが、910円の税込は 1001円です。 ありえない税込価格を設定してしまうと計算が合わなくなりますので注意が必要です。 ところで、910円は10の倍数、1001円は11の倍数です。 税抜価格が10の倍数の場合、その1. 1倍は必ず整数になり、税込価格は11の倍数になります。 ありえない税込価格である1000円は 11の倍数から1を引いた金額です。 税抜価格が1円間隔の場合、1. 1倍をすると1. 1円間隔になるので、 11の倍数から1を引いた金額は税込価格にはなりません。 簡単に言えば、 1を足して11で割り切れる金額は税込価格にならないということです。 税込6,500円、税込12,000円などもありえません。 8%の場合は、税抜価格を926円とすれば税込価格がちょうど1,000円となりますが、10%の場合、1,000円に相当する税抜価格がありません。 「1,000円均一」の場合、消費税別の可能性が高いです。 1,000円+税などと外税の表記すれば、1,000円セールと宣伝しても法的には問題ないと思われます(モラルや規約の問題でしょう)。 7.8%税込価格と10%税込価格の変換 (1)8%の税込価格を10%にする 前述のように、8%の税込価格と10%の税込価格が必ずしも2%の差になるとは限らないので、直接2%増やすことはできません。 税率を変える場合は必ず 税抜価格に戻します。 税抜きにするのは1. 08で割って、ROUNDUPにします。 1倍で、INTにします。 1つの式にする場合はINTのなかにROUNDUPを入れます。 1 (2)10%の税込価格を8%にする 税抜きにするのは1. 1で割って、ROUNDUPにします。 08倍で、INTにします。 1つの式にする場合はINTのなかにROUNDUPを入れます。 08 8.伝票合計に消費税を加算する 消費税を加算する方法には次の3つの方法があります。 どの方法にするかを、あらかじめ決めておかなければなりません。 通常は注文ごとの加算です。 通販の場合、商品ごとに消費税を加算することがあり、注文の合計を見ると消費税が合わないことがあります。 商品ごとの加算:1つ1つの商品に対して消費税を加算してから、合計する• 注文ごとの加算:商品は税抜価格にしておいて、1つの注文伝票の小計に消費税を加算する• 請求ごとの加算:1か月間の売掛金に対して消費税を加算する 注文ごとの加算や請求ごとの加算の場合は、注文伝票や請求書などの帳票を発行し、その 小計に対して消費税を加算します。 いったん税抜で小計を計算します。 値引きをするときは消費税抜きで引き算をするのが無難です(後述)。 足し算をします。 9.補足説明 (補足1)切り上げについて 税抜価格を求めるときに切り捨てにするといった解説をしているサイトがありますが、絶対に 間違いです。 数学的に考えれば明らかです。 よって、この部分を切り上げることによって、Xに戻ります。 (補足2)+13、+14の繰り返し 消費税8%のとき、13円と26円は税込価格になりません。 また、27円が整数になることから、13円と26円に27の倍数を加算した額も税込価格になりません。 したがって、+13、+14、・・・の繰り返しになります。 12円*1. 08=12. 96円• 13円*1. 08=14. 04円• 24円*1. 08=25. 92円• 25円*1. 08=27円・・・27円周期になる (補足3)税込合計から値引きをする場合は専門家に相談しよう 自店だけで使えるクーポン券は、税込合計からの値引きとして扱います。 例えば、税抜価格10,000円、消費税1,000円、税込価格11,000円の注文があったとします。 1の切り上げで税抜9091円となり、消費税は909円となります。 このように税込価格から値引きをすると消費税額が変更となる場合があります。 税込合計からの値引きをするときには、事前に税理士さんや公認会計士さんとよく相談をしておくべきです。 なお、共通の商品券やポイント払いの場合は値引きではなく、支払方法なので消費税額の変更はありません。 解説は以上です。 waenavi.

次の

消費税10%計算(税込・税抜・内税)の仕方は?日常の簡単な方法を紹介!

消費税 10計算

今年も確定申告の時期が近づいてきました。 経理の仕事をされている方は、お客さんから預かった領収書を見て経費の金額を計算することになると思いますが、以下のような領収書を目にしたことはありませんか? これを見て、イラッとされた方も多いんじゃないでしょうか? まず「お品代てなんやねん!何買ったのかわからんわ!」となります。 さらに、軽減税率制度が導入されたにもかかわらず、消費税額が10%対象なのか8%対象なのか書いてありません。 しかも宛名も「上様」です。 ビリビリに破くか、くしゃくしゃに丸めて窓からポイっと投げたくなりますよね。 ちなみに僕は今年の初詣で「消費税の内訳書かずに品代と書いて領収書渡してくるお店が絶滅しますように」とお祈りしてきました。 軽減税率がスタートした令和元年10月1日以後は、消費税の10%対象分と8%対象分を区分して記載する区分記載請求書等を交付しなければならないこととなりましたが、実態としては消費税の内訳が書かれていないことが多くあります。 しかし、 そのような場合でも消費税の10%対象品目と8%対象品目の金額の内訳を計算できる方法を考案いたしました! 今回は、領収書等に記載された購入金額の消費税率10%分と8%分の内訳を一瞬で計算する方法をご紹介したいと思います。 0740740…となる場合はすべて軽減税率8%対象 まず、消費税額を税込購入金額で割ってみて、 計算結果が「0. 074074074…」と小数点以下が「074」の循環小数になる場合は、購入品はすべて軽減税率8%対象になります。 本体価格をXとすると、消費税額は0. 08X、税込購入金額は1. 08Xとなるため、消費税額を税込購入金額で割ると 0. 08X = 0. 074074… となるため、計算結果が「0. 074074074…」となる場合は、購入品はすべて軽減税率8%対象であるとわかります。 0740740… となるため、購入品はすべて軽減税率8%対象であるとわかります。 この場合の仕訳は、次のようになります。 090909…となる場合はすべて標準税率10%対象 次に、消費税額を税込購入金額で割ってみて、 計算結果が「0. 09090909…」と小数点以下が「09」の循環小数になる場合は、購入品はすべて標準税率10%対象になります。 本体価格をYすると、消費税額は0. 1Y、税込購入金額は1. 1Yとなるため、消費税額を税込購入金額で割ると 0. 1Y = 0. 090909… となるため、計算結果が「0. 09090909…」となる場合は、購入品はすべて標準税率10%対象であるとわかります。 09090909… となるため、購入品はすべて標準税率10%対象であるとわかります。 この場合の仕訳は、次のようになります。 (購入品が「仕入」の場合) 10%対象品目と8%対象品目が混ざっている場合 さて、ここからが本題です。 消費税額を購入金額で割った計算結果が「0. 0740740…」にも「0. 08424908… となり、 「0. 0740740…」にも「0. 090909…」にもなりません。 「これじゃあ内訳はもうわからないな・・・」と思う方も多いかと思いますが、まだ諦めてはいけません! 以下の方法で計算すれば、領収書に内訳が書いてなくても自分で内訳を求めることができます。 4 ) この方法に基づいて、上記の領収書の金額の8%対象品目と10%対象品目の内訳を計算してみましょう。 4 = 4,320円 10%対象品目の購入金額は全体価格から8%対象品目の購入金額を引いて、10,920円 - 4,320円 = 6,600円と求めることができます。 4 = 6,600円) たったこれだけです。 電卓を使って一瞬で計算することができます。 電卓がなくても筆算で計算できるレベルです。 なお、記載事項が満たされていない区分記載請求書等の交付を受けた場合は、追記を行うことが認められています。 (この点について詳しくは以下の記事をご覧ください。 ) したがって、8%対象品目の購入金額は4,320円、10%対象品目の購入金額は6,600円とわかったため、領収書には以下のように追記しましょう。 この場合の仕訳は、以下のようになります。 これで、内訳の記載がなくても自分で計算することができます。 (注)この方法は、購入金額に不課税仕入れ、非課税仕入れ又は免税仕入れとなるものが含まれていないことが前提となります。 商品券の購入費用など課税仕入れにならないものが含まれている場合は、この方法で計算することはできないので注意しましょう。 ただし、課税仕入れにならない金額がいくらなのかわかる場合は、全体額からその金額を引いた残りの金額について上記の方法を用いれば8%対象と10%対象の内訳を計算することができます。 計算式の導出方法 税込購入金額をA円とし、全体のうちに8%対象品目の購入金額が占める割合をXとすると、8%対象品目の購入金額と10%対象品目の購入金額はそれぞれ次のように表すことができます。 また、8%対象品目の消費税額はAXを1. 08で割って0. 08をかけ、10%対象品目の消費税額はA 1-X を1. 1で割って0. 1をかけるため、それぞれ次のように表すことができます。 消費税額が購入金額に占める割合Pは、次のように表せます。 これをXについて解いて整理すると、次のようになります。 したがって、購入金額全体に占める8%対象品目の割合Xは(5. 4- 59. 4P)となります。 これを、Axに代入すると、8%対象品目の購入金額が求められます。 APは消費税額を意味します。 8%対象品目の購入金額が求められたら、10%対象品目の購入金額は全体の購入金額から8%対象品目の購入金額を引くだけで求めることができます。 よって、下記のような公式が成り立ちます。 10%対象品目の購入金額 = 税込購入金額 - 上記で求めた8%対象品目の購入金額 なお、10%購入品目の購入金額から先に求める方法も、上記と同様の考えで導出できます。 税込購入金額をA円とし、全体のうちに10%対象品目の購入金額が占める割合をyとすると、8%対象品目の購入金額と10%対象品目の購入金額はそれぞれ次のように表すことができます。 また、8%対象品目の消費税額はA 1-y を1. 08で割って0. 08をかけ、10%対象品目の消費税額はAyを1. 1で割って0. 1をかけるため、それぞれ次のように表すことができます。 消費税額が購入金額に占める割合Pは、次のように表せます。 これをyについて解いて整理すると、次のようになります。 したがって、購入金額全体に占める10%対象品目の割合yは(59. 4P- 4. 4)となります。 10%対象品目の購入金額が求められたら、8%対象品目の購入金額は全体の購入金額から10%対象品目の購入金額を引くだけで求めることができます。 よって、10%対象品目の購入金額から先に求める場合は、下記のような公式が成り立ちます。

次の

輸入消費税とは?計算方法や仕入税額控除について

消費税 10計算

0% 10. 0% 8. 注1 令和元年10月1日以後に行われる取引であっても、経過措置により旧税率が適用される場合があります。 消費税率及び経過措置の適用関係については、コード社会保障と税の一体改革関係をご参照ください。 注2 引上げ後の税率は、経過措置が適用されるものを除き、適用開始日以後に行われる資産の譲渡等について適用されます。 詳しくはをご覧ください。 注3 軽減税率の適用対象となる飲食料品の譲渡等は、次のとおりとされています。 詳しくは特設ページをご覧ください。 飲食料品の譲渡(食品表示法に規定する食品(酒税法に規定する酒類を除く。 )の譲渡をいい、外食を含まない。 定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞の譲渡。 (消法29、24改正法附則1、平成28改正法附則34) 参考: 関連コード 6950 (平成31年4月1日現在の法令等によっています。

次の