生理 前 食欲 増加。 2/5 生理前の食欲を抑えて、ダイエット成功! [食事ダイエット] All About

その爆食は栄養不足のサインかも?生理前の食欲増加を防ぐ食事法とは

生理 前 食欲 増加

ダイエット中に限らず、無性に「ああ、あれが食べたい!」という衝動に襲われた経験をもつ人は、多いのではないでしょうか。 「食べたい!」衝動の理由 人間の身体は、足りない栄養素があるとき、それを補給しようと、記憶にある食べ物に手が出るようにできているのだそうです。 だからといって、チョコレートが欲しい時は、安心してチョコレートを好きなだけ食べて...... を繰り返せば、後悔する羽目に陥るのは必至。 では、身体の要望にも耳を傾け、後悔もしないで済むには、どうすればいいのでしょうか。 そう、不足している栄養素を、別な食物から摂取すればよいのです。 例えば、「 The Healers Journal」の記事によれば、欲しくなる食品と、足りない栄養素、代替の利く食品は次の通り。 チョコレートが食べたいとき チョコレートが欲しい時、不足しているのは、マグネシウム。 チョコレートが欲しくなったら、ナッツなど種実類で代替するのが正解です。 野菜や果物も進んで口にしましょう。 酸っぱいものが欲しい時も、不足しているのはマグネシウムなので、同じことが言えます。 スナックが食べたいとき 脂っこいスナックや揚げ物が欲しいとき、身体が欲しているのはカルシウムです。 ブロッコリやケールなどのアブラナ科の野菜や、チーズ、ゴマなどを食べるといいでしょう。 炭酸飲料が飲みたい時も同様です。 塩辛いものが食べたいとき 無性に塩辛いものが欲しい時は、身体はやはり塩化物を必要としています。 塩を摂るなら、未精製の海の塩を選びましょう。 食品なら、ヤギのチーズや魚が良いそうです。 生理前の食欲の一因 女性の大半が経験したことのある、生理前の「渇望食欲」は、 亜鉛不足が原因のことが多いようです。 亜鉛を含む 牡蠣をはじめとした魚介類、葉菜、根菜をしっかり摂りましょう。 その他には、 レバー(豚、鶏)や、カシューナッツや、アーモンド、大豆製品にも含まれています。 食べ過ぎ防止にとりたい食品 他、 とにかく食べ過ぎてしまう人は、ケイ素、トリプトファン、チロシン不足が考えられます。 何にでも手を伸ばす前に、ナッツやゴマなどの種実類、チーズ、羊肉、葡萄、サツマイモ、ホウレン草、ヴィタミン C、緑黄色野菜を意識的に摂ると良いかもしれません。 甘いものが欲しくて仕方がない人は、クロム、炭素、リン、硫黄、トリプトファンなど複数の栄養素不足があり得ます。 上の食品に、さらにに、フレッシュフルーツや、卵、乳製品、乾燥豆を加えてみてください。 身体の記憶を塗り替えてダイエット 欲しくて仕方ないものを、他のもので置き換えることで、恒常的なダイエット効果も期待できます。 というのも、 Monell Centerの Marcia Pelchat教授によれば、 無性に食べたくなる衝動は、普段食べている食品に対して起こります。 ですから普段食べるものを他のもので置き換えれば、衝動対象も変わるのです。 「」より翻訳引用 とのこと。 実際、研究によれば、「 代替食品を摂り始めて 5日目には、最初に欲しいと思った食品への衝動はかなり減り、 2週間もたてば、ほとんど衝動は収まってしまう」そうです。 身体がこれらの代替食品を覚えれば、次にマグネシウムが足りなくなった時には、チョコよりもまずナッツが欲しくなるかもしれません。 身体に無理なくできる代替食品ダイエット。 衝動に駆られて特定の食物に手が伸びてしまう前に、上のリストを思い出し、ぜひ習慣にしたいものです。 [ ] image via Shutterstock•

次の

生理になると太る理由は?何キロ増える?体重が戻らないのはなぜ?

生理 前 食欲 増加

・栄養と水分を溜めこもうとする ・便秘になる ・食欲がアップする ・脂肪を溜めこみやすくなる ・運動不足になる ダイエットを頑張っていても、生理前になると体重がどうやっても落ちない、むしろ増えてしまうという悩みを持っている人は、まずは生理前になぜ太るのかを知りましょう。 実は生理前に太るのは、生理現象であり、 生理前に1~3kg太ってしまうは別に変なことではないのです。 栄養と水分を溜めこもうとする 生理前に太る原因の1つ目は、生理前になると栄養と水分を溜めこもうとすることです。 排卵後は卵巣からプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されます。 プロゲステロンは妊娠に備えて、子宮内膜を厚くする作用があります。 そして、このプロゲステロンが分泌されると、それ以外にも身体は妊娠に備えるようになるんです。 妊娠に備えるために、栄養と水分を溜めこむようになるんですね。 特に水分を溜めこむと、溜めこんだだけ体重が重くなります。 また、むくみます。 だから、生理前は太るんです。 便秘になる 生理前に太る原因のの2つ目は、便秘になることです。 プロゲステロンは胃腸の動きを鈍くする作用がありますので、生理前になると便秘になってしまうのです。 便秘になれば、それだけ体内に便が溜まるわけですから、体重は増えてしまいます。 脂肪を溜めこみやすくなる 生理前はプロゲステロンの分泌が多くなります。 プロゲステロンは、インスリンの感受性を悪くします。 つまり、生理前はインスリンの効きが悪くなるんです。 そうすると、血糖値はいつも以上に上がります。 それに対して、膵臓はさらにインスリンの分泌量を増やします。 そして、ようやく血糖値が下がり始めるのですが、糖がインスリンと結びつくと、中性脂肪として脂肪細胞の中に取り込まれます。 生理前はいつも以上に血糖値が上がりますので、いつも以上に脂肪細胞に脂肪が取り込まれて、太りやすくなるのです。 食欲がアップする 生理前になると、食欲がアップするので、どうしても食べ過ぎてしまいます。 生理前になると、甘いものを異常に欲するようになる女性は多いですよね。 この食べ過ぎるメカニズムは、先ほどの血糖値が上がる原因とつながっています。 生理前はインスリンの効き目が悪くなり、血糖値が上がり、インスリンがいつも以上に分泌されるんでしたね。 そうすると、今度は血糖値が下がりすぎてしまうのです。 これを機能性低血糖と言います。 低血糖になると、脳は危機感を覚えて、「もっと食べなければ」と思って、食欲がアップするのです。 また、生理前になると、PMS(月経前症候群)になって精神的に不安定になりますよね。 情緒不安定になってイライラしてしまうという人も多いでしょう。 イライラしてストレスが溜まると、ドカ食いして、ストレス解消をすることがあると思います。 満腹になると幸福感を感じますから、一時的にイライラしなくなるのです。 生理前に食欲がアップするので、生理前には太ってしまうのです。 運動不足になる 生理前に太る原因の5つ目は、運動不足になることです。 生理前はPMSで体がだるくなったり、体調不良になったりしますよね。 そうすると、いつもよりも動きたくなくなりますので、運動不足になりやすく、消費カロリーが低下してしまうのです。 消費カロリーが少なくなれば、太ってしまうのは当たり前のことですよね。 生理前の体重増加の5つの解消法 生理前の体重増加の解消法は5つあります。 生理前の体重増加は、生理機能の1つですので、防ぎようがないというのが本音ですが、少し工夫することで、体重増加を最小限にすること可能です。 諦める 生理前の体重増加の解消法、1つ目は諦めるです。 生理前に体重が増えるのは、生理現象の1つですので、無理に痩せようとするのは、ハッキリ言って無駄な努力です。 体重がどうやっても増える時期なのに、無理やり頑張ってダイエットをして体重を落とそうというのは、体に負担がかかり過ぎます。 また、頑張っているのに体重が増えてしまっては、ダイエットを続けるモチベーションが下がってしまいますし、ストレスになってダイエットを挫折してしまうでしょう。 それなら、いっそ諦めてしまいましょう。 この時期は太るんだから、ダイエットを一時的にやめて、自分を甘やかすんです。 もちろん、食欲に忠実にドカ食いを繰り返すのはNGですが、無理やり痩せようとせずに、少し休憩すると良いでしょう。 そして、生理後にまたダイエットを再開してください。 生理が終われば、また痩せやすい体質に戻りますので、ダイエットの努力の成果が表れやすいのです。 ダイエットを成功させるには、諦めるべきところは諦める、無駄な努力はしないことも大切です。 食物繊維を多くとる 生理前の体重増加の解消法の2つ目は、食物繊維を多く摂ることです。 食物繊維を多く摂れば、便秘を予防できますので、体重が増えにくくなります。 しかも、便秘を予防できれば、むくみにくくなりますので、体重増加を予防できます。 さらに、食物繊維は糖の吸収を穏やかにしてくれる作用があります。 血糖値の上昇スピードがゆっくりになれば、インスリンの効き目が悪くなっても、追加のインスリン分泌の必要がなくなります。 そうすると、血糖値が下がりすぎることがなくなり、血糖値の乱高下を防げますので、体重増加を予防することができるのです。 食物繊維を多く含む食品は、野菜類やきのこ類、海藻類などです。 これらは低カロリーのものですので、たくさん食べても太りにくいので、生理前でも安心して食べることができますよ! タンパク質を摂る タンパク質をしっかり摂取することでも、生理前の体重増加を解消することができます。 タンパク質は、三大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質の中で最も血糖値の上昇が緩やかになる栄養素なんです そのため、タンパク質を多めに摂取しておくと、血糖値の乱高下による機能性低血糖症が起こりにくく、ドカ食いを防ぐことができます。 ・温かいものを食べる ・体を温める生姜を食べる ・冷たい水ではなく白湯を飲む ・冷房の効いているところでは1枚羽織る ・入浴は湯船に入る ・冬の洋服はファッション性よりも機能性・保温性重視 このようにして、体を温めて、生理前の体重増加を解消しましょう。 ストレッチをする 生理前の体重増加の解消法、最後はストレッチをしましょう。 ストレッチをすると、血行を促進しますので、むくみにくくなります。 また、生理前はだるくて体を動かしたいと思いませんが、ストレッチならだるくてもできますよね。 ストレッチをすると、体がスッキリしますし、リラックス効果もあります。 リラックスるすると、自律神経のバランスが整いますので、卵巣機能がアップして、ホルモンバランスが整うので、生理前のPMSの症状が改善します。 そうすると、生理前の体重増加を最小限に抑えることができるでしょう。 生理前に太る原因と体重増加の解消法についてのまとめ.

次の

生理前の食欲、実は9割以上の人は我慢しない!

生理 前 食欲 増加

ダイエット中、甘いものやこってりしたものは控えているのに、どうしてもスイーツやジャンクフードが食べたくてたまらなくなるときがないだろうか。 女性の場合、そのようなケースは生理前に訪れていることが少なくないかもしれない。 実際、「生理前は太る」とよく言われているが、いったいなぜ生理前に太るのだろうか。 ホルモンと食欲の関係や効率的なダイエット法について、産婦人科専門医の船曳美也子医師にうかがった。 効率的にやせるにはどうしたらいい? 生理前に太る理由 生理は約4週間 25~38日 を一つのサイクルと考え、その周期は「卵子が育って排卵するまでの時期」 生理後1~2週間 と「排卵してから次の生理までの時期」 生理約2週間~3週間後 に大別できる。 生理周期の後半、すなわち、排卵から次の生理までの2週間は、卵巣から分泌されるプロゲステロン 黄体ホルモン によって太りやすくなる時期と考えられている。 その理由は2つに大別できると船曳医師は話す。 「1つは、むくみです。 プロゲステロンは身体の血管外の組織、つまり皮下の細胞に水をためやすくなります。 それにより黄体期の体重は、2~4kg増加してもおかしくありません。 2つ目は、プロゲステロンによる食欲増加です。 特に、炭水化物や脂肪を摂 と りたくなります。 また、プロゲステロンは、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わる神経伝達物質『セロトニン』を減少させるため、甘いものなどでストレス発散したくなります」 ホルモンと食欲の関係 このようにホルモンと食欲は密接な関係を持っている。 船曳医師によると、エストロゲン 女性ホルモン とプロゲステロン、さらに男性ホルモンという3つのホルモンが脳の食欲中枢に大きく関与しているという。 「エストロゲンは脳の満腹中枢を刺激するため、すぐお腹いっぱいになりますし、お腹が減ったときに出る飢餓ホルモン『グレリン』を感じにくくします。 プロゲステロンはその逆で、脳の食欲中枢を刺激するため、お腹がすきます。 特に脂肪や炭水化物を摂 と りたくなりますし、セロトニンを減らすのでストレスを感じやすくなり、さらに甘いものを欲しくなるというわけです」 なお、月経周期とは関係ないが、男性ホルモンも食欲を亢進し、頻回に少量を食べたくなる。 ストレスがかかると、それに対抗しようとしてストレスホルモン「コルチゾール」が分泌されるが、これは男性ホルモンの分泌も促してしまうとのこと。 生理前半がやせやすい理由 上述のように満腹中枢の刺激と飢餓ホルモンへの感受性の低さから、エストロゲンが分泌される時期がダイエットには適していると言える。 時期で言えば、生理周期の前半、すなわち月経から排卵までの2週間だ。 「この期間はエストロゲンだけが分泌されるため体重が落としやすいです。 食欲 代謝 水分貯留 減る 増える 減る 増える 運動をすれば 増える 増える 太りやすい時期におすすめの食べ物 太りやすい時期は、生理前2週間のプロゲステロン分泌の時期だということがわかった。 この時期はホルモンのせいで脂肪や糖質へ手が伸びやすくなるが、無理は禁物で食べ方を工夫すればいいという。 「1回あたりの食事量を少なくして、一日分の量を6回程度の食事回数に分けて摂ってください。 少量の食事を摂ることで、満腹中枢を満たす『頻回小食ダイエット法』がこの時期には適しています。 また、この時期に不足しやすいセロトニンを補うため、カカオ含有率の高いチョコレートやチーズ、ナッツを摂るように意識しましょう。 ごはんもOKですが、必ず1回分は少量にして、頻回に食べてください」 プロゲステロンはエネルギー消費を亢進するので、有酸素運動をするのもよい。 早朝の朝日を10分浴びるとセロトニン分泌が増えるため、朝の散歩かジョギングがこの時期には最適な運動と言えそうだ。 やせやすい時期におすすめのダイエット方法 「エストロゲン分泌時期は、塩分が薄くても血液のバランスが整う時期なので、味は薄味にして食事量をいつもの8割程度にしてみましょう。 ただ、カロリー制限のしすぎは注意してください。 1日600kcal以下は入院が必要です。 産婦人科専門医、生殖医療専門医。 肥満医学会会員。 医療法人オーク会勤務。 不妊治療を中心に現場で多くの女性の悩みに耳を傾け、肥満による不妊と出産のリスク回避のために考案したオーク式ダイエットは一般的なダイエット法としても人気を高める。 自らも2度目の結婚、43歳で妊娠、出産という経験を持つ。 2014年、健康な女性の凍結卵子による妊娠に成功。 出産に至ったのは国内初とされる。 En女医会にも所属している。 En女医会とは 150人以上の女性医師 医科・歯科 が参加している会。 さまざまな形でボランティア活動を行うことによって、女性の意識の向上と社会貢献の実現を目指している。 会員が持つ医療知識や経験を活かして商品開発を行い、利益の一部を社会貢献に使用。 また、健康や美容についてより良い情報を発信し、医療分野での啓発活動を積極的に行う。 予めご了承ください。 関連記事•

次の