関ジャニ∞ ブログ 大倉。 関ジャニ∞大倉忠義「そろそろ限界」やらかしファンの迷惑ストーカー行為にブログで精神を病む。2019年4月の「大きな動き」に信憑性も │ オノマトペ

関ジャニ∞大倉の告発ブログは暴走ファンへの禁断の「警察沙汰」警告だった!

関ジャニ∞ ブログ 大倉

大倉社長は1985年に25歳で1号店を東大阪市にオープン。 全品280円均一を売りに500店舗を超える一大チェーンに成長させ、2016年には東証1部に上場した。 それだけに後継者問題が注目されているが、「生え抜きから輩出したい」ときっぱり。 創業時から「会社は子供に継がせない」と決めていたという。 大倉社長には忠義をはじめ3人の息子がいるが、鳥貴族には入社させず、「みんなそれぞれの道で生きています」と明かした。 「うちは3人、息子がいるんですけど、一番下が26歳。 実は大学を卒業する前に一回、(鳥貴族に)入りたいと言ってきましたが、『ダメ』と言いました」と振り返った。 夫人にも世襲はないことを伝えていたといい、長男の忠義と二男は鳥貴族への入社について話したこともないという。 「ただ、三男には甘かったと思うんですよ。 『あんたの口から言ってみなさい』と言ったと思うんですよ」と大倉社長。 三男のその言葉には、親としてうれしくもつらかったという。 それでも、大倉社長は柔和な笑みを浮かべながら自身の歩んできた人生哲学を披露。 「厳しい?いやそうじゃなくて、自分自身でもそうだったんですが、自分の好きな道を選んで、自分で夢をつくって追いかける方が幸せですから」と、3人の息子に語りかけるように話していた。

次の

関ジャニ∞・大倉忠義への迷惑行為 人物特定も警告に留めた?

関ジャニ∞ ブログ 大倉

大倉によると一部のファンが暴走し、他の一般人への体当たりや大倉のカバンに勝手に物を入れるといった迷惑行為が行われているとか。 時には友人と食事している際に、隣のテーブルにファンがいたこともあったという。 また、ブログでは大阪の番組収録に行くことが憂鬱だとも綴っており、その迷惑ファンが関西地区在住であることも示唆している。 ジャニーズ所属のタレントがここまで具体的に被害を訴え出ることは異例だが、今回のブログはもはや不満の表明といった次元ではなく、暴走ファンに対する警告行為に当たるというのだ。 芸能記者が指摘する。 「何より注目すべきは、大倉が『ストーカー行為ではないのか』と書いている点。 つまり今後はジャニーズ事務所として、ストーカー規制法での告発がありえるという警告を発したも同然でしょう。 これまでもジャニーズ側では一部ファンによる迷惑行為について注意を喚起しており、過激な行動は往来妨害罪や業務妨害罪、場合によっては暴行罪や傷害罪にもなると指摘していました。 しかしアーティスト自身が暴行被害にでも遭わない限り、事務所側がファンを告発する可能性は低く、悪質ファンもタカを括っていたはずです。 ところが今回『ストーカー行為』という具体的な罪名をあげたことで、今後は警察沙汰も辞さないという強硬姿勢を示したものと思われます」 しかしイメージ商売のアイドル業において、いくらファンの行為が悪質だからと言って、ストーカー行為を告発することができるものだろうか。 「男性芸能人が悪質ファンを告発した例は決して皆無ではありません。 またニコニコ動画で活躍する4人組音楽グループの浦島坂田船は11月8日、メンバーに対するストーカー行為を警察に告発した経緯を発表しています。 ほかにもDAIGOの自宅に押し掛けた女が警察に連行されたり、福山雅治の自宅に忍び込んでいた元コンシェルジェの女が逮捕されたのも記憶に新しいところ。 そんな例にいずれジャニーズ所属タレントの名前も連なるのかと思うと、やるせない気持ちになりますね」(前出・芸能記者) 悪質なストーカー犯は、警察から指導されたくらいではつきまとい行為をやめないという。 今回の大倉のブログは、ジャニーズタレントの被害のごく一部を告白したに過ぎないのかもしれない。 (金田麻有).

次の

大倉忠義主義〜LOVE&関ジャニ∞〜

関ジャニ∞ ブログ 大倉

そして第二弾となる今回も、数千組のボイストレーニングを担当する安倉さやかさん、コーラスの今井マサキさんがゲスト出演し、前回の放送内容を踏まえながら、ボイストレーニングの実態や、簡単にできる発声トレーニングを解説。 番組内では、大倉さんが"ガチ通い"しているというボイトレの近況が公開され話題に。 第一弾の収録後、大倉さんは自ら安倉さんにアポを取り、ボイトレの受講を志願したのだそう。 受講の目的について大倉さんは、「高音のピークが自分で決まっていると思っていて…(前回の放送で)『あれ?出るんだ まだ』っていうところがあって、グループの曲も(高音が)出る方が幅も広がりますし。 ライブが続くと喉が潰れたりすることがあるので、なるべくそうならない様に」とコメントしました。 ネット上のファンの間では「メインボーカルが2人抜けて自身もボーカルを務めることが多くなったからこそボイトレに通い、グループの幅が広げられるように貢献しようとしている姿がただただ嬉しかった」「いつも『グループの為に』って、歌う曲の幅が広がればって、自分から進化しようとする大倉くんを尊敬する」「年齢も芸歴も重ねてもボイトレを自分から志願して努力を重ねることを辞めない大倉くんかっこよ……」と反響を呼んでいます。 メンバーによると、大倉さんはライブ前にも自主的に声の調整を行っているとのこと。 今後もボイトレを続けていき、さらなる歌唱力の向上に燃えているようです。 口でクリック(四拍子のリズム)を刻みながら、手拍子で「どんぐりころころ」のメロディを叩くことで、リズム感が鍛えられ、複雑なメロディでも正確なリズムを刻みながら歌えるようになるのだと言います。 大倉さんが挑戦した結果、前半部分はお手本に近いリズムを刻むことが出来ていました。 安倉さんは、「ドラマーなので、人よりメロディーとリズムを解離させることは上手だと思います」と解説。 地道に向き合ってきたドラムは、大倉さんの歌声にも力を与えているようです。 以前出演した『TOKIOカケル』(フジテレビ系)では、大倉さんがドラムに出会った15年以上前のエピソードを披露しています。 それによると、当時ドラムを担当していたジャニーズjr. がグループを辞めたことをきっかけに、安田章大さんがジャニー喜多川社長へ大倉さんを推薦したそう。 ただ、ドラムは全く経験がなかったそうで、目の前のチャンスにしがみつき必死に練習した結果、約1か月後のライブで演奏することを認められたとのこと。 それからデビュー後も日々練習を積み重ね、現在ではDREAMS COME TRUEの中村正人さんや、 東京スカパラダイスオーケストラなどのミュージシャンも音楽番組などを通じて、大倉さんの演奏技術を絶賛。 楽器を根気よく続けてきた忍耐力、リズム感の土台があるからこそ、驚くようなスピードでボイトレの成果が出ているのかもしれません。 」と期待の声が上がっています。 大倉さんは16日、自身の連載する有料会員向けコンテンツ「ウルトラハイパーくらすます」にて、歌に対する熱い思いや、様々なご縁への感謝の思いを更新。 さらに安倉さんも自身のブログにて、「収録からだいぶ日が経ちますが、最新の大倉さんはこの時からは見違えるほど声の機能が良くなっています。 立ち向かうチカラも、精神力も強い上に、非常に聡明で柔軟な大倉さん。 (中略)彼の中に秘める高い音楽センスと、完全に自由になった声が合わさる日を私も楽しみにしつつ、責任を持って担当させて頂きます。 」(公式ブログより一部抜粋)」と大倉さんを絶賛しています。 アイドルとして経験を積んできた大倉さんが、ここへきてさらに成長し続けようとする姿に、胸を打たれた方は多かったようです。 近頃の大倉さんはアイドルとして、人間としての輝きがより一層増していのではないでしょうか。 今後の彼の活動からますます目が離せなくなってきましたね。 【ブログ情報】 大倉忠義さん連載「ウルトラハイパーくらすます」(有料会員向けコンテンツ) 安倉さやかさんブログ「U RAISE ME UP!」 (文:アイドル担当ライター Rei).

次の