マンチカン 特徴。 マンチカンはなぜ脚が短いの?短足な理由と値段・販売価格、性格について

マンチカンの人気色とは?黒、白、グレーの特徴や価格は?

マンチカン 特徴

マンチカンと言えば、足がとても短くてよちよち歩く姿がとても可愛らしく日本でも大人気の猫種です。 マンチカンの毛色は実に多くその中でも人気の色や特徴、そしてそれぞれの価格などを紹介します。 マンチカンの毛色の種類や人気色とは? マンチカンは、歴史上において様々な猫種との交配を行ってきたことから毛色や被毛の長さなどが実に多彩で種類は50種類を超えます。 またマンチカンには短毛の子もいれば長毛の子もいますし、マンチカンと言えば短足が特徴だと思われがちですが実は長足のマンチカンも存在しています。 そんな多種にわたるマンチカンですが、実際にどんな毛色のマンチカンがいるのか、そしてその中でも特に人気の毛色はどんな色なのか紹介していきます。 ホワイト系 白のマンチカンは、一般的に白猫は昔から幸運を招く猫として言われてきているので人気が高い種類です。 そのため、純白の単色マンチカンは希少価値が高くて大体は他の色の縞模様が少し混ざっているのが一般的にホワイトと呼ばれています。 ホワイトがいるなら当然ブラックのマンチカンもいますが、ブラックのマンチカンはホワイトよりもほとんど出回っておらず、ショップで見かけることは皆無と言っても過言ではありません。 そのため、純白のマンチカンもブラックのマンチカンも時間をかけて良いブリーダーさんを探す必要があります。 キャリコ キャリコとは、俗にいう「三毛猫」のことでホワイト、ブラック、ブラウン、レッドのうちの3種類が混ざっている色合いのことを指します。 このキャリコは、遺伝子の関係上オス猫が生まれることはほとんどありません。 本当にごく稀にオスのキャリコもいますがそれはほとんど見かけることがないうえに価格も100万を軽く超えるほどだと言われています。 また、そんな希少価値の高いキャリコに更にパステルカラーの色味も加わるダイリュートキャリコという毛色も存在しており、こちらも当然希少価値が高いことから高値で取引されているようです。 レッド系 レッド系は、マンチカンの中でもオーソドックスな毛色でショップなどでもよく見かけることが多く人気も非常に高いです。 主にクリーム色に赤みがかかったものを指し、そこに模様が入って茶トラと呼ばれたりタビーが入っているものはレッドタビーと呼ばれています。 このレッドタビーにホワイトの毛色が混ざっているものもあり、それはレッドタビー&ホワイトと呼ばれていてこの毛色がマンチカンの中でも一番メジャーな毛色です。 クリーム系 クリーム色のマンチカンも、割とメジャーで光が当たるとうっすらと白く光るのが特徴です。 それゆえ、クリームなのにショップによってはホワイトとして売り出されていることもあるそうですが光に当たらないところでよく見ると判別は可能です。 そこに縞模様が入るとクリームタビーと呼ばれており、更にクリームにホワイトが混ざった縞模様の毛色ですとクリームタビー&ホワイトいう名前の毛色になります。 ブルー系 ブルー系の毛色を持つマンチカンは、あまり出回っていないためショップで見かけることはあまりありません。 猫の世界では実際、グレーのことをブルーと呼ぶためにマンチカンのブルーの毛色は実際グレーのことを指しています。 ブルー御三家で有名なロシアンブルーやコラット、シャルトリューを思い浮かべると色のイメージはすぐにわかるかと思います。 ブルー系の毛色を持つマンチカンの中でのパターンとしては、ブルー1色に白の毛色が混ざったものはブルー&ホワイトと呼ばれ、更にそこに縞模様が入るとブルータビー&ホワイトと呼ばれています。 また、ブルーと呼ばれている色はグレーですが、グレーと呼ばれているものもあります。 それはグレーという名称にはならずシルバーと呼ばれています。 俗にいうサバトラをイメージするとわかりやすく、パターンとしてはシルバーに縞模様が入っているものがシルバータビーと呼ばれています。 カメオ系 カメオという色は、オレンジとグレーの中間色で非常に薄い色のものを指していて一見するとクリームと見間違われることもあるようでショップによっては、カメオなのにクリームとして販売されている所もあります。 厳密に言うとカメオなのですが、このカメオという色の名前は聞き馴染みがほとんどなく猫好きな人でも知っている人は少ないため、クリームと呼んでいるということも考えられます。 このカメオ系は、カメオ単色というのがほとんどなく縞模様が入っているものがほとんどでカメオタビーと呼ばれているものと、更にそこにホワイトが混ざっていたらカメオタビー&ホワイトなどがカメオ系ではメジャーです。 ブラウン系 ブラウン系と呼ばれる毛色は、実際は茶色というよりももっと焦げ茶色に近い色を指します。 このブラウンはタビーのパターンが物凄く豊富で、アメリカンショートヘアのようなブラウンタビーやベンガルのようなぶち模様のスポテッドタビーもあります。 また、ブラウン1色にタビーが入ったものはブラウンタビーと呼ばれ、そこにホワイトが混ざった場合はブラウンタビー&ホワイトと呼ばれています。 黒のマンチカンの特徴や柄の種類とは? 猫の性格は被毛の色が影響すると言われています。 黒色の被毛を持つ猫は非常に甘えん坊で人懐っこくておとなしいと言われています。 元々のマンチカンの性格も人懐っこくて陽気なのですが、黒のマンチカンは更に輪をかけて甘えん坊で人懐っこくて好奇心が旺盛なのが目立ちます。 足は短いものの運動や遊ぶ事が大好きで、飼い主さんと猫じゃらしで遊んだり飛んだり跳ねたりをよくしますが、黒色の猫は警戒心が強い一面も持っているので突発的な出来事があることを嫌います。 突然の来客のチャイムの音や、電話の音に驚いて隠れたりすることもありますので少し注意してあげてくださいね。 また、この黒のマンチカンの毛色の柄は非常に多種で、単色のブラックの他にも1本の毛の根元だけがシルバーが混ざるとブラックスモークと呼ばれており、単純にブラックにホワイトが混ざるブラック&ホワイトなどがあります。 他には、ブラックスモークにホワイトも混ざったブラックスモーク&ホワイトやブラックに赤系の模様が入った場合はトーティブラックと呼ばれています。 白のマンチカンの特徴や柄の種類とは? 一般的に白猫の特徴は、甘えん坊の一面とクールで気が強い一面を持ち合わせているいわゆるツンデレタイプが多いです。 マンチカン自体の性格が元々甘えん坊なので、白のマンチカンは更に甘えん坊の子が多いと言えます。 遊ぶのもとても大好きですが、気が強くて神経質な一面も持ち合わせているので突発的な事が起きるのが苦手で、気が強い一面から怒ったりする子もたまにいるようです。 柄の特徴は、他のカラーとミックスされたタビー&ホワイトやクリーム色が混ざっているクリーム&ホワイトが白のマンチカンでは一般的な毛色です。 混ざるカラーの種類も多彩で、同時に濃淡もそれぞれ微妙に違ったりして自分の猫だけの唯一の個性が見つかるのはとても魅力的とも言えます。 ごく稀ですが、ホワイト1色のマンチカンもいます。 真っ白な毛色のマンチカンはふわふわの白と愛くるしい顔立ちがとてもマッチしていてぬいぐるみのような可愛らしさがあります。 また、瞳の色も特徴的でブルーになるか、片目だけがブルーのオッドアイと呼ばれるもの以外は真っ白なマンチカンではありません。 もし、瞳の色がそうではなかった場合は白に似たカメオやクリームの可能性があるので判別しやすいです。 加えて、白1色になるにはアルビノという突然変異か白色遺伝子や白斑遺伝子をもって生まれて来る場合しかなり得ませんし、先天的な遺伝子疾患として聴覚障害を持っている場合が多いです。 真っ白のマンチカンを迎えるには、こういったことも覚悟しておく必要があるようです。 グレーのマンチカンの特徴や柄の種類とは? グレーのマンチカンは実際にはシルバーと呼ばれていて光沢があり、ホワイトが混ざっていることも多いのでとても上品な印象になります。 性格は神経質で警戒心が強いことが多いですが、陽気で明るく人懐っこさも兼ね備えているので真逆の性質を上手に使い分けることができることがグレーのマンチカンの魅力でもあります。 主にグレーのマンチカンの柄は、アメリカンショートヘアに類似しており、渦巻状の縞が入るクラシックのシルバータビーやヒョウのような斑点模様のスポテッドタビーなどがあります。 グレー1色のものもいますが、それはブルーに分類されるので区分けが少し難しいですがグレーはシルバーのことを指しているので、実際ブルーと呼ばれるグレーよりは明るい色を指すという認識で良いでしょう。 人気色のマンチカンの価格っていくら? マンチカンの毛色や柄は実に多彩で、今紹介したもの以外にも色々な柄や毛色がたくさん存在します。 中には希少価値の高いものも存在しており、価格の差が猫種の中でも一番激しいのがマンチカンとも言えます。 そして、マンチカンは一般的に足が短い子のことを言うわけではなく、足が長いマンチカンもいます。 実はマンチカンの価格は、足の長さで大きく変動します。 色や柄でも特別なものではない限りはそんなに価格は大きく変動しないのですが、足の長さではその価格は2倍近くも変わってくるのです。 マンチカンの場合、足が短くなればなるほど価格は跳ね上がり足が長いと逆に安価になるのが一般的です。 マンチカンの一般的な相場は平均して20万前後です。 例えば、同じ毛色と柄で短足のマンチカンが20万だとしたら長足のマンチカンはその半額の10万前後になります。 あと、親の血統でも価格は全く違ってきますし希少価値の高いマンチカンになると20万を遥かに超えることもあります。 その中でも特に高値で取引されているのはキャリコのオスで猫愛好家の中では200万前後で取引されています。 しかし、ホワイト1色のマンチカンも希少価値は高いですが価格はやはり20万前後とそんなに高値になっていません。 その理由は、先天的な疾患を持っているケースが多いためだと言われています。 他の人気色のマンチカンは大体が20万円程でそこまで大きな価格変動はありません。 ただ、一般的に出回っているメジャーなクリームやレッド系、ブラウン系よりは探さないとなかなか見つからないブラックやブルーの方が当然高値になります。 マンチカンは、他の猫種と違い昔から様々な雑種との交配が行われてきた猫なので毛色も柄も毛の長さも足の長さも多岐にわたります。 そのため探してみたら他にはいないマンチカンに出会える可能性も十分にあるのも魅力の一つと言えるでしょう。 ただ、その希少価値により価格はだいぶ大きく変動するのもマンチカンならではなのでマンチカンを迎える際には価格も十分に気を付けて見る必要があります。 探していくと、破格の値段で売り出している所も見つかるかもしれませんがその中には悪徳業者も数多く存在するので、慎重に良いブリーダーさんやショップを見つけてください。

次の

マンチカンとはどんな猫?性格や値段、価格、特徴は?

マンチカン 特徴

よく見る毛の色は? ブラック、ホワイト、チョコレート、シナモン、レッド、ブルー、ライラック、フォーン、クリーム。 猫で見る色はほとんど全部マンチカンでもいます。 よく見る毛のパターンは? 単色、タビー、シルバー&ゴールデン、スモーク&シェーデッド、パーティカラー、キャリコ&バイカラー、タビー&ホワイト、ポインテッド 猫で見るほとんどのパターンは、だいたいマンチカンでもいます。 よく見る目の色は? サファイアブルー、イエロー、ブルー、ゴールド、アクア、オレンジ、グリーン、カッパー、ヘーゼル、オッドアイ。 目の色もほとんどすべてマンチカンでいます。 身体の特徴は? 顔の特徴 まるっとした感じでかわいい。 身体とバランスが良いような、ちょっと頭が大きめなような、とにかくかわいい。 毛の特徴 シルクのようななめらかな手触り。 毛の密度も高く、超シルキーなので、触ってて心地よい。 触って心地よくない猫がそもそもいないけど、それはそれとして極上の心地よさ。 耳の特徴 耳は中くらいから少し大きめな感じ。 付け根は広くて、先っぽは若干丸みがあります。 付いている位置は頭の上らへん。 足の特徴 愛くるしいまでの足の短さ。 短い上に、足の先は丸まっこいので、かわいいったらありゃしません。 意外と運動神経は悪くなく、走るのもさほど遅くない感じ。 足が短く安定している分、コーナーは曲がりやすい…かも。 低い姿勢なので、「猫のスポーツカー」と言われたりもするとか。 後ろから見てもやっぱり短い。 らぶりー。 胴体の特徴 意外と厚みのある筋肉質なボディを持っています。 腰もしっかりめ。 しっぽの特徴 ボディとほぼ同じくらいの長さ。 少し先っぽに向かって細くなっていきます。 足が短い分、バランスを取るためにしっぽは良く動きます。 目の特徴 目の形はくるみ型です。 目と目の間隔は開き気味で、すこーしだけつり目。 この写真だとちょっと困ってる風に見えますが、普段はそんなことありません。 撮影してるときは気が付かなかったけど、このコ、オッドアイだったんですね…! 猫の撮影はちょこちょこ動くからいっぱいいっぱいなんです マンチカンの一般的な性格は? 運動が大好きで、ちょこちょこいろんなところを走りまくります。 特に小さいころは結構騒がしいかも。 鳴き声の大きさは普通ですが、甘えん坊なコの場合は少し鳴く回数は多くなります。 運動量が多いので肥満にはなりにくいのです。 しかしその分、年を取って運動量が減ったときに食事量を減らさないと、肥満になってしまうこともあるので注意してください。 マンチカンの歴史は? マンチカンの名前の由来は、「オズの魔法使い」に出てくる小人の種族「マンチキン」からとったと言われています。 1983年に、アメリカのルイジアナ州でサンドラ・ホッケネーデルという人が見つけた妊娠中の猫ブラックベリーから足の短い猫が生まれたと言われています。 その猫をケイ・ラフランスというブリーダーが繁殖させたという話…あ、意外とそんなに昔じゃないですね。 そもそも足の短い猫はそれ以前にも見つかってはいました。 1944年にイギリスで足の短い黒猫が発見され、8年間観察された記録もあります。 1956年にはアメリカのニューイングランド地方で、1970年にはやはりルイジアナ州で見つかったという記録もあるようですが、そのときは繁殖はさせなかったようです。 ちなみにこの短い足は、当初、骨に異常があるのではと言われていましたが、今では健康に問題ないことが確認されています。 飼育のポイントは? マンチカンは遊んで走り回るのが大好きなので、なるべく広いところがいいですね。 ゴミ屋敷のように足場がごちゃごちゃしてるところはあまり良くありません。 子猫のうちは、高いキャットタワーに登るのが大変なので、なるべく登りやすい配置にしてあげましょう。 甘えるのが好きなコが多く、人懐っこいので自然と飼い主はデレデレしちゃいます。 大きな音にはびっくりしてストレスになるので、大きな音はなるべくたてないよう注意しましょう。 短毛種の場合は1日1回のブラッシングで大丈夫です。 長毛種の場合は、朝夕1回ずつのブラッシングとコーミングをしてあげましょう。 マンチカンに似ているネコは? 似ているというか、仲間としてキンカローがいます。 アメリカンカールとマンチカンの子猫で、耳がくるんとカールしたマンチカンになります。 性格は遊ぶの大好き!という感じ。 ほかにもナポレオンというのもいます。 こちらはペルシャ、ヒマラヤン、エキゾチックなどとマンチカンをあわせた猫になります。 足はやっぱり短く、毛がペルシャのようにふっさふさなのが特徴です。

次の

マンチカンの飼い方。特徴や飼うときの注意点は?

マンチカン 特徴

スコティッシュフォールドとマンチカンの特徴の違いは? 折れ耳が特徴で見た目が可愛く愛され、ペットとして多くの人に飼われている猫種の中でも人気のスコティッシュフォールドは、人懐っこく賢い性格が多いため初めて猫を飼う人にもおすすめで鳴き声が小さい事も人気の理由です。 マンチカンは手足が短く小さい見た目から「オズの魔法使い」に登場する名前にちなんで「マンチカン」という名前になったと言われています。 マンチカンも人懐っこく好奇心旺盛な甘えん坊な性格が多く、ペットとして飼われている人が多く人気の品種です。 マンチカンは短足や垂れ耳がいて、スコティッシュフォールドと非常に似ている見た目をしています。 反対に、スコティッシュフォールドにも、短足や垂れ耳がいてマンチカンと見た目が似ています。 どちらも可愛く人気の品種ですが、とても見た目が似ていることから違いが分かりにくいこともあります。 そこで、マンチカンの特徴とスコティッシュフォールドの特徴や違いについてご説明致します。 スコティッシュフォールドの特徴 スコティッシュフォールドは「お顔」がとても特徴的です。 「耳」に一番特徴があり、垂れ耳といえばスコティッシュフォールドというくらい、垂れ耳というのがスコティッシュフォールドの最大の特徴と言えます。 しかし、スコティッシュフォールドは必ずしも垂れ耳だとは限らないのです。 実は、スコティッシュフォールドには立ち耳の子もいます。 残りは立ち耳のスコティッシュフォールドが生まれるため、垂れ耳のスコティッシュフォールドはとても希少とされ、ペットショップなどでは高値で販売される事が多くあります。 また、垂れ耳は3種類あり、少しだけ耳の先が折れているスコティッシュフォールドは「シングルフォールド」と言われています。 シングルフォールドよりも、もう少ししっかりとした耳の先が頭についた垂れ耳のスコティッシュフォールドは「ダブルフォールド」と言われています。 ダブルフォールドよりも更にきつく折れていて耳の形が分からない程度の垂れ耳のスコティッシュフォールドは「トリプルフォールド」と言われています。 このようにスコティッシュフォールドの特徴である耳には立ち耳と3種類の垂れ耳の子がいて、それぞれ可愛い見た目で人気があります。 しかし、折れ耳のスコティッシュフォールドはとても可愛いらしい見た目ですが、垂れ耳が生まれる原因はハッキリとは解明されておらず、原因は「遺伝疾患」と言われています。 遺伝疾患による突然変異とも言われており、成長途中で軟骨が変形してしまう病気だと言われています。 生涯的に今後、耳以外の軟骨が変形してしまう恐れがありスコティッシュフォールドの健康について懸念している考えや、至って健康的で問題無いという様々な見方があるのが実情です。 特に、スコティッシュフォールド同士の交配は耳以外にも体の他の箇所に軟骨変形が発症しやすいと考えられいるため、スコティッシュフォールド同士の交配は禁止とされています。 そういった遺伝疾患のリスクを減らすために立ち耳の品種の猫との交配を推薦されているため、より垂れ耳のスコティッシュフォールドは希少となります。 また、折れ耳が最大の特徴のスコティッシュフォールドでも立ち耳のスコティッシュフォールドが多く、折れ耳の品種の猫は他にもいるため、違いが分かりにくい事もありますが、スコティッシュフォールドには他にも特徴があります。 スコティッシュフォールドは「顔」がとても丸く「目」も丸々としているのも特徴です。 非常に柔らかく触ると癒されるような毛質も特徴的で、短毛種と長毛種と2種類います。 長毛種のスコティッシュフォールドは希少価でペットショップなどでも高値で販売され、人気があります。 短毛種も長毛種もどちらも毛質が柔らかく、毛色も様々な種類がいます。 単色の毛色や、部分的に違う色が混ざっている毛色、縞模様などの柄が入っている毛色、綺麗な真っ白の毛色など様々です。 見た目には上記のような特徴がありますが、仕草にも特徴があり「スコ座り」というのが特徴であり、その仕草が可愛く人気の理由の一つでもあります。 「スコ座り」とは腰を抜かしたような座り方をするスコティッシュフォールドの座り方で、耳の軟骨以外にも腰や関節などの骨の形成が不全のために体が柔らかくないとできないようなスコ座りができるのだと言われています。 スコティッシュフォールドの性格の特徴としては、マイペースでおとなしい子が多く、おっちょこちょいな可愛らしい一面や、甘えん坊な性格が特徴です。 とにかく飼い主さんにべったりな甘えん坊な性格が多いので、愛着も沸きやすく人気の理由でもあります。 マンチカンの特徴 マンチカンといえば他の品種の猫と比較して足が短いのが特徴的です。 犬のダックスフントのような短足で胴長で小柄な見た目が可愛く猫種の中でも人気の品種です。 しかし、スコティッシュフォールドと同様にすべてのマンチカンが短足という訳ではないのです。 そのため、短足のマンチカンはペットショップなどでも高値で販売され希少です。 マンチカンは他の品種の猫と比較して歴史がとても浅く、特徴である短足は「遺伝疾患による突然変異」とも言われています。 しかし、短足のマンチカンが生まれる原因はハッキリとは解明されていません。 至って健康的で問題が無いという結果や、歴史も浅く原因など解明がされていないからこそ、今後他の箇所に遺伝疾患が発症する危険性や、免疫が低く病気になりやすいなど健康上への懸念をするなど様々な考え方があります。 そのため、マンチカンを品種として認めているのは国際的な猫血統登録団体「TICA」のみとなり、他の猫血統書登録団体のCFA アメリカ 、GCCF イギリス 、FIFe フランス はマンチカンを猫の品種として公認していません。 また、垂れ耳の品種の猫との交配により遺伝疾患などの病気のリスクを減らすため、雄一の公認団体のTICAもスコティッシュフォールドなどの垂れ耳や、純血種の猫とマンチカンとの交配は禁止されています。 そのため、垂れ耳であるスコティッシュフォールドとマンチカンとの交配で生まれた垂れ耳のマンチカンは遺伝疾患のリスクが非常に高くなるため、公認団体には認められず、血統書が発行されないため、より区別がつきにくい事もあります。 短足のマンチカンが全体の20~30%と言われていますが、残りは足長であったり、短足と足長の中間の長さの足のマンチカンがいます。 短足が特徴のマンチカンなのに、足長のマンチカンの場合は特に区別がつきにくくなります。 マンチカンは、足の長さ以外にも特徴があり、スコティッシュフォールドは丸いお顔が特徴でしたが、それと比較してマンチカンは体に対してお顔がやや大きいのが特徴です。 マンチカンの性格は、人懐っこく穏やかな性格が特徴的で、小柄な見た目の割に意外にも活発な好奇心旺盛な性格です。 慣れていない人や音には敏感で警戒心が強い部分もありますが、大人しい性格で多頭飼いや初めて猫を飼う人にも人気の品種です。 どちらも垂れ耳や短足の見た目がいて、毛質や毛色も似ています。 見た目で区別がつきにくいですが、顔にも特徴がありますので顔を見て判断することもできます。 しかし、それぞれその子によって個体差があるため、血統書を確認するか、血統書がない場合はブリーダーに確認をすることが確実です。 飼っているスコティッシュフォールドが短足かも?どうして? スコティッシュフォールドは垂れ耳が特徴的で可愛く人気ですが、折れ耳は上記でご説明しましたように「遺伝疾患」と言われています。 原因は解明されていませんが、垂れ耳は軟骨が成長途中で変形をしてしまう「骨軟骨異常形成症」という病気が考えられています。 飼っているスコティッシュフォールドや、これから飼う予定であるスコティッシュフォールドの足が短い場合は、特徴である垂れ耳が関係していることが考えられます。 軟骨が変形してしまう病気は耳だけでなく他の体の箇所にも発症をすると言われています。 そのため、耳以外に足や関節など四肢にも発症が考えられ、足に発症し短足のスコティッシュフォールドが存在すると考えられています。 垂れ耳や短足の見た目はとても可愛いですが、垂れ耳や短足にも病気や怪我になりやすいというデメリットもあります。 足が短いが故に体を支えるのに足や関節に負担が掛かってしまって怪我をしてしまう恐れもありますので、怪我をしにくいような生活環境を整えてあげましょう。 床がフローリングの場合は注意が必要で、できればカーペットを敷き足腰や関節に負担が掛からないように対策をしてあげましょう。 垂れ耳の場合は、耳の衛生状態に注意が必要で、垂れ耳で通気性が悪く、耳掃除がしにくい事もありますので、定期的に正しい耳掃除をしてあげましょう。 垂れ耳同士の猫の交配によるスコティッシュフォールドは、特に四肢疾患で短足や垂れ耳が生まれまる確率があがります。 スコティッシュフォールドを飼っている方や、今後スコティッシュフォールドを飼う予定の方は、親猫がどういった品種の猫で、どういった病気にかかりやすく、できる病気の予防がないかを理解し、責任をもって最後まで大切に育てるようにしましょう。 四肢疾患で生まれつき短足のスコティッシュフォールドの場合は、子猫のうちからしっかりたんぱく質のキャットフードを与えることがおすすめです。 高たんぱく質を摂取することにより短足の怪我の予防ができます。 それでも完全に予防できるわけではないので、高さのあるものからジャンプをする時の衝撃を抑えるようなカーペットを敷いたり、目を離す時はなるべくケージの中に入れたり極度に高さのあるものを置かないなど工夫をしましょう。 垂れ耳や短足のスコティッシュフォールドはとても可愛いですが、危険性や理由をしっかりと理解して可愛がってくださいね。 なにか心配なことがあれば、動物を病院へ受診し、専門の獣医師に相談をしましょう。 遺伝疾患で耳や足、関節など他の箇所に発症する恐れもありますので、スコティッシュフォールドを飼っている方や飼う予定の方は、定期的に健康診断を受け、病気には特に気を付けてあげるようにしましょう。 スコティッシュフォールドとマンチカンの両方の特徴をあわせ持つ「スコマンチ」の正体とは? 垂れ耳が特徴であるスコティッシュフォールドと、短足が特徴であるマンチカンとの交配で生まれたミックスを「スコマンチ」といいます。 「スコマンチ」はスコティッシュフォールドの垂れ耳や丸い目や顔の特徴と、短足が特徴で小柄なマンチカンの両方の可愛さを持っています。 しかし、スコティッシュフォールドもマンチカンも垂れ耳や短足といった「遺伝疾患による突然変異」など心配な部分がある品種です。 その2匹の交配により生まれた「スコマンチ」について不安や、そもそも「スコマンチって?」と疑問のある方に、スコマンチについてご説明いたします。 マンチカンは全体の約20~30%程が短足で、残りは一般的な猫の足の長さと同じであったり短足と足長の中間の長さのマンチカンがいてとても不安定な品種です。 どちらも原因は解明されておらず「遺伝疾患による突然変異」が考えられているため、病気にかかりやすいなど健康上に心配があると言われています。 スコティッシュフォールドもマンチカンもどちらも、健康で長生きをした猫がいるのも事実なので、必ずしも病弱だという訳ではありませんが、遺伝の問題から他の品種の猫と比較してリスクは高いため、飼育する場合は特に注意や予防が必要とされます。 そんなスコティッシュフォールドとマンチカンとのミックスである「スコマンチ」も同じように考えられます。 マンチカンもスコティッシュフォールドも垂れ耳や短足がいて、見た目が非常に似ているため、スコマンチの特徴も区別がつきにくいと言えます。 マンチカンの見た目とスコティッシュフォールドの見た目は非常に似ており、見た目だけでは判断しにくいため、血統書を確認することが確実です。 しかし、スコマンチも品種として認定しているのは、TICA、CFAのみになります。 スコティッシュフォールドもマンチカンもどちらも見た目が可愛く人気で、その両方の可愛さを持ったスコマンチはとても希少でペットショップなどで販売される場合は高値で販売されています。 スコティッシュフォールドとマンチカンと同様にスコマンチも遺伝疾患など病気になりやすい品種になりますので、スコマンチを飼っている方や、今後飼う予定の方は十分の理解をして大切に飼ってくださいね。 スコティッシュフォールドとマンチカンの交配は問題ないの? 上記でマンチカンの特徴やとスコティッシュフォールドの特徴についてご説明いたしましたが、どちらも特徴である垂れ耳や短足は「遺伝疾患による突然変異」と考えられています。 耳が垂れることや、短い足が生まれるということは「骨軟骨形成症」という病気が考えられており、生涯体の他の箇所に奇形や、神経系、免疫疾患などの病気を懸念し、猫の品種として公認している団体もTICAのみとされています。 遺伝疾患のリスクを減らすために、スコティッシュフォールドとマンチカンは交配にもルールが決められおり、それだけ健康上に不安がある品種と言えます。 垂れ耳や短足同士の交配は遺伝疾患の可能性が高くなるため禁止とされており、猫の血統書も発行されません。 そのため、垂れ耳と短足のスコティッシュフォールドとマンチカンとの交配も同様に遺伝疾患のリスクが高くあります。 しかし、垂れ耳や短足の見た目が可愛く、スコティッシュフォールドとマンチカンは人気でペットとして飼う人も多くいるため、その両方の良さをもつスコマンチが人気となりペットショップなどでも高値で販売されています。 遺伝疾患や突然変異による奇形で垂れ耳た短足だと繁殖を良く思わない考えや、見た目がとても可愛く現時点では健康で元気だから問題ないという様々な見方があります。 しかし、他の品種の猫と比較して短足や垂れ耳によりかかりやすい病気があるのも事実です。 スコティッシュフォールドとマンチカンの特徴や、スコマンチの特徴と公認されていない事実、様々な病気のリスクを理解して、予防をできることはしっかり予防をしてあげて、最後まで大切に可愛がってくださいね。 更新日:2019年1月4日 提供元:.

次の