さ ところ bl。 BL本を買ってみたい・・・だけど・・・

歌い手さん

さ ところ bl

販売用に袋詰めされたコシヒカリ コシヒカリという品種は1つであるが、コシヒカリという銘柄(消費者が買う段階の商品名)にはコシヒカリ(品種)と多数の品種を含むという品種群が含まれる。 現在、「新潟県産コシヒカリ」という銘柄は、9割以上がコシヒカリBLという品種群であり 、コシヒカリ(品種)とは異なる。 コシヒカリ(品種)は、以南の日本各地で栽培される品種である。 (昭和31年)、水稲農林100号「コシヒカリ」として命名登録された。 の粘りが強く食味に優れる品種であるが、栽培上は倒伏しやすい、などに弱いなどの欠点も併せ持つ。 がコシヒカリBLの一大産地として広く知られており、全国に出荷される。 魚沼産は1989年産から2016年産にかけてによるで、最上位である「特A」の格付けが維持されていた。 近年では海外での日本食ブームもあり、 でもコシヒカリの栽培が行われている。 コシヒカリと言う名前の由来は、北陸地方の国々を指す「」と「光」の字から「越の国に光かがやく」ことを願って付けられた名前である。 名付け親は元旧新潟県農業試験場長の国武正彦。 (昭和21年)、戦争終了後、事業が再開され、前述の雑種(雑種第一代)の栽培が行なわれた。 この年の11月に高橋は転出したため、この交配組合せの育成は、仮谷桂と池隆肆に引き継がれた。 (昭和22年)には、雑代第二代の栽培と選抜が行なわれた。 選ばれた雑種第三代の種子の一部(20粒とも伝えられる)は、(現:福井県農業試験場)に送られ、で育成が行なわれることとなった。 での担当者は、石墨慶一郎と岡田正憲である。 での(昭和23年)から(昭和27年)までの育種の結果、有望な2系統が育成され、「越南14号」「 越南17号」の系統名が与えられた(越南14号は後に、農林91号として登録され「ホウネンワセ」の品種名がついた)。 (昭和28年)から「越南17号」について、20府県でのが行なわれた。 結果は茎が弱く倒れやすい、に弱い、未熟粒(青米)が多い、収量も多くないなど、否定的な結果が多いものであった。 育成地のでも、採用が見送られたほどの成績であったが、越南17号を救ったのは、採用県の新潟県とそれに賛同した千葉県であった。 (昭和30年)に越南17号は、新潟県・千葉県の奨励品種となる。 新潟県が奨励品種としたのは、当時の主要品種である農林21号よりも葉いもち耐性が優れ、収量が安定しており、米質も農林21号同様非常に優れていたためである。 また、農家が肥料を与えすぎる傾向があり、そのため草丈が伸びてイネが倒れてしまいやすい事から、あえて多肥栽培に向かない、作りにくい品種を選びそれを解決しようとしたためとも言われている。 一方でを推進する立場からは、多肥栽培に向かない=に向かない、病虫害に弱い=農薬の大量散布が必要、という観点から、批判的な意見もある。 新潟・千葉の2県での奨励品種決定を受けて、では越南17号の命名登録を行なうことになった。 福井県側から、新潟県側に命名の依頼が行なわれた。 新潟県は、両県がかつて含まれていた「」(こしのくに)に因み、「越の国に光輝く米」と言う願いを込めて「コシヒカリ」と命名した。 コシヒカリは、(昭和31年)に農林登録され、農林品種としては農林100号の番号がついた。 後に、育成者の代表として石墨は、日本育種学会賞や農林大臣賞を受賞している。 ちなみにも「農林22号」と「」との交配から生まれたコメである。 「農林22号」と「」との交配から直接生まれたのはコシヒカリとがあるが、ササニシキはハツニシキの耐倒伏性を少しだけ改善したものである。 コシヒカリとササニシキは兄弟親戚品種である。 交配系譜 収穫時期のコシヒカリ() による平成20年度の「米の食味ランキング」において最高の「特A」を得たコシヒカリの産地は、の内陸、以外のの全域、の、の、の、のだった。 この内、新潟県の産が一番高値で取引されている。 すなわち、食味の良い産地は新潟県周辺の内陸部に集中しているが、これらの地域では夏季になどで昼間に高温になりながらも夜間はになりづらいという気候の特徴が共通している。 また近年では、誕生した産も最高ランクを立て続けに獲得している。 これらの「特A」産地以外では、がにコシヒカリの耐冷性に注目し、県北部での普及品種として採用した。 また、()や()では、早期栽培用の品種として採用するなど、からまでコシヒカリの栽培地は広がっている。 高温下でも外観品質が低下しないこと(但し熱帯夜により夜間の気温が30を超えたままの日が続くと出穂後の実入りが悪くなる)、および穂発芽(多雨や倒伏による浸水で穂のまま発芽してしまうこと)への抵抗性が非常に強いことが、コシヒカリが広く普及した理由である。 での採用は遅めのである。 なお、コシヒカリと掛け合わせることで、新たな品種の育成が各地で多数試みられている。 コシヒカリの生育特性 [ ] 一例として、でのコシヒカリの栽培時期を示す。 播種日 … 4月25日• 田植日 … 5月21日• 出穂期 … 8月9日• コシヒカリBL [ ] 詳細は「」を参照 とは、に抵抗性を持つように改良された新たな品種群である。 BLとは、いもち病抵抗性系統の意味であるBlast resistance Lines(ブラスト・レジスタンス・ラインズ)の略。 新潟県で育成・栽培されるコシヒカリ新潟BL1号〜12号の12品種が嚆矢である。 からで作付けされるコシヒカリのほとんどがコシヒカリBLである。 なお、でも独自のコシヒカリBLを育成している。 関連品種 [ ] 祖先品種 [ ]• 陸羽132号• ヤマセニシキ• ハツニシキ - (旧東北農業試験場)()• ホウネンワセ• 越路早生 子品種 [ ] 一覧については「コシヒカリを親にした品種一覧」 を参照。 - 愛知県農業総合試験場()• - 秋田県農業試験場()• - 宮崎県総合農業試験場()• - 農研機構(旧九州農業試験場 ()• - 宮城県古川農業試験場()• - 熊本県農業研究センター農産園芸研究所()• JA 営農・技術センター• - 滋賀県農業技術振興センター() 孫品種 [ ]• - 北海道立道南農業試験場()• - 農研機構(旧北陸農業試験場)()• 夢しずく - ひとめぼれxキヌヒカリ - 佐賀県農業試験場(2000年) ひ孫品種 [ ]• - 北海道立上川農業試験場()• さがびより - 天使の詩 xあいちのかおりSBL - 佐賀県農業試験場(2003年) その他 [ ]• - 宮城県農業試験場古川分場():コシヒカリの姉妹品種「ハツニシキ」の子品種。 コシヒカリを題材にした楽曲 [ ] 「コシヒカリ音頭」(歌:) 1979年発売。 のヒット賞を受賞した。 「私こしひかり」(歌:) 1991年発表のアルバム「」に収録の楽曲。 因みにヴォーカルはジェームス小野田(小野田安秀)。 ただし宮城県でのコンサートに限っては「私ササニシキ」として歌われた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• (新潟県)• ( 農林水産研究開発レポート)• 2018年3月8日. 2018年3月12日閲覧。 読売新聞 2017年6月13日 17面。 (新潟県)• (日本穀物検定協会)• 新潟米情報センター - 卸売価格 -• (イネ品種・特性データベース)• (イネ品種・特性データベース)• (イネ品種・特性データベース)• (イネ品種・特性データベース)• (イネ品種・特性データベース)• 農林水産省. 2019年8月23日閲覧。 (イネ品種・特性データベース)• (イネ品種・特性データベース)• www. saganet. 2019年8月5日閲覧。 (イネ品種・特性データベース)• www. saganet. 2019年8月5日閲覧。 www. saganet. 2019年8月5日閲覧。 井澤, 敏彦; 朱宮, 昭男; 工藤, 悟 2001-12. 愛知県農業総合試験場研究報告 33 : 33—40. 参考文献 [ ]• 『稲 : 品種改良の系譜』〈ものと人間の文化史86〉、1998年、14-15・60・152・202・265-268・282-283頁。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

コシヒカリ

さ ところ bl

さところ1• さとみside 「こーろん!」 そう言って俺はころんに抱きついた 「なに」 ころんはスマホに目を向けながら返事をした この通りころんはツンデレだ。 99%くらいはツンで、デレはほんとに時々しか見せない 「すきだよ」 「な、なにいきなり…」 「ころんは??」 「え?いや、…………」 ほらね?? 実は俺はころんから1回も好きと言われたことがない なんか俺の方がころん大好きみたいで嫌だな いや大好きなんだけどね?? ほんとにころんは俺の事好きなのだろうか、流されて付き合ってるんじゃないかとか、いろんな不安に悩んだこともあり、1回はころんから 好き という2文字を聞きたいのだ んー、どうするか? そうだ、誰かに相談してみよう そう思い、俺はジェルに電話をかけた 「ジェルくんさ、なーくんから好きとか言われる?」 「わりと言ってくれますよ」 そう、俺が何故ジェルに電話をかけたかと言うと、ジェルはなーくんと付き合ってるからだ ジェルなら信頼できるし、いいアドバイスがもらえそうだと思いこうして相談をしている 「どんな時?」 「んー、主にえっちするときとかですかね?」 「やっぱりそんな感じか、…甘えてくる感じ?」 「そうっすねー、あ、そうだ!いい考えありますよ!」 悪事執行。 俺は少しの罪悪感を覚えながらも、ころんが飲むお茶に3滴ほど媚薬を垂らした そう、ジェルくんが言ういいアイディアとは媚薬だ この前なーくんに使用した時はすごかったらしい。 この話の後は怖くて聞いてないけど 媚薬は前々から少し気になってたし、むしろしてみたかった 好きとも言われて一石二鳥のチャンスを逃すまいか。 そう思いながらころんのところへお茶を持っていった 「ころん〜お茶もってきたよ〜」 「え、どうしたの…こわっ!」 早速怪しまれてる。 俺がお茶入れるってそんなに珍しいっけ?? 「まあいいや…ありがと」 コップに口を付け、ごくごくっと3分の2ほど飲んでいた 媚薬は即効性らしい。 だからもうすぐ効果が現れるだろう 「……?ふ、はぁ…っ、…」 ころんの顔がじわじわと赤くなってきている それを誤魔化すためか、咳をしたりお茶を飲んだりしていた お茶は逆効果なんだけどなぁ 分かっていながらも、俺は意地悪でころんに聞いた 「ころんどうした?なんか息上がってない?」 「べつに、っ…なんでもない…」 はは、かわいい。 足をもじもじしたり、あきらかにそわそわしてるのがまるわかりだ ズボンの方に目を向けると、真ん中のあたりが膨らんでいるのに気付き、指摘をする 「ねぇころん、勃ってるよ?」 「え、…うそ、」 「かーわい、興奮してるの?そーゆーこと想像してた?」 「や、ちが…ぁ、っ…」 そう言ってソファーの脇までじりじりと迫り、ころんのモノをぐりっと膝で刺激すると、小さな嬌声が漏れる そのころんの様子に俺まで熱くなり、興奮してきた 今日はいつもよりたくさん意地悪したい気分だ 「ね、どうしたい?」 「え、…」 ころんは普段そう言うことを絶対にいわない。 きっと言いたくない。 それを分かっててこうやってころんに聞いている ころんの羞恥に染まる顔がなんとも可愛くて。 「ほら、ちゃんと言わないと分かんないよ」 「あ、…さとみくんと、…したい…」 「なにを?したいの?」 「、っ……えっち…」 普段は下ネタばんばん言うくせに、こういう時だけころんは恥ずかしがる そこがなんとも可愛くて堪らない でも今日は、もっとたくさん恥ずかしいこと言わせたいから 覚悟して ____________ 続きます•

次の

BLが苦手←なんで?

さ ところ bl

さところ1• さとみside 「こーろん!」 そう言って俺はころんに抱きついた 「なに」 ころんはスマホに目を向けながら返事をした この通りころんはツンデレだ。 99%くらいはツンで、デレはほんとに時々しか見せない 「すきだよ」 「な、なにいきなり…」 「ころんは??」 「え?いや、…………」 ほらね?? 実は俺はころんから1回も好きと言われたことがない なんか俺の方がころん大好きみたいで嫌だな いや大好きなんだけどね?? ほんとにころんは俺の事好きなのだろうか、流されて付き合ってるんじゃないかとか、いろんな不安に悩んだこともあり、1回はころんから 好き という2文字を聞きたいのだ んー、どうするか? そうだ、誰かに相談してみよう そう思い、俺はジェルに電話をかけた 「ジェルくんさ、なーくんから好きとか言われる?」 「わりと言ってくれますよ」 そう、俺が何故ジェルに電話をかけたかと言うと、ジェルはなーくんと付き合ってるからだ ジェルなら信頼できるし、いいアドバイスがもらえそうだと思いこうして相談をしている 「どんな時?」 「んー、主にえっちするときとかですかね?」 「やっぱりそんな感じか、…甘えてくる感じ?」 「そうっすねー、あ、そうだ!いい考えありますよ!」 悪事執行。 俺は少しの罪悪感を覚えながらも、ころんが飲むお茶に3滴ほど媚薬を垂らした そう、ジェルくんが言ういいアイディアとは媚薬だ この前なーくんに使用した時はすごかったらしい。 この話の後は怖くて聞いてないけど 媚薬は前々から少し気になってたし、むしろしてみたかった 好きとも言われて一石二鳥のチャンスを逃すまいか。 そう思いながらころんのところへお茶を持っていった 「ころん〜お茶もってきたよ〜」 「え、どうしたの…こわっ!」 早速怪しまれてる。 俺がお茶入れるってそんなに珍しいっけ?? 「まあいいや…ありがと」 コップに口を付け、ごくごくっと3分の2ほど飲んでいた 媚薬は即効性らしい。 だからもうすぐ効果が現れるだろう 「……?ふ、はぁ…っ、…」 ころんの顔がじわじわと赤くなってきている それを誤魔化すためか、咳をしたりお茶を飲んだりしていた お茶は逆効果なんだけどなぁ 分かっていながらも、俺は意地悪でころんに聞いた 「ころんどうした?なんか息上がってない?」 「べつに、っ…なんでもない…」 はは、かわいい。 足をもじもじしたり、あきらかにそわそわしてるのがまるわかりだ ズボンの方に目を向けると、真ん中のあたりが膨らんでいるのに気付き、指摘をする 「ねぇころん、勃ってるよ?」 「え、…うそ、」 「かーわい、興奮してるの?そーゆーこと想像してた?」 「や、ちが…ぁ、っ…」 そう言ってソファーの脇までじりじりと迫り、ころんのモノをぐりっと膝で刺激すると、小さな嬌声が漏れる そのころんの様子に俺まで熱くなり、興奮してきた 今日はいつもよりたくさん意地悪したい気分だ 「ね、どうしたい?」 「え、…」 ころんは普段そう言うことを絶対にいわない。 きっと言いたくない。 それを分かっててこうやってころんに聞いている ころんの羞恥に染まる顔がなんとも可愛くて。 「ほら、ちゃんと言わないと分かんないよ」 「あ、…さとみくんと、…したい…」 「なにを?したいの?」 「、っ……えっち…」 普段は下ネタばんばん言うくせに、こういう時だけころんは恥ずかしがる そこがなんとも可愛くて堪らない でも今日は、もっとたくさん恥ずかしいこと言わせたいから 覚悟して ____________ 続きます•

次の