不死身 の アンダイン。 UNDERTALE Undyne(アンダイン)推し日記 その3

Scratch

不死身 の アンダイン

Undyne()とは、者 氏が開発した『』に登場するである。 Gのであり、であるを執拗に追い回す。 これからをしようと思ってる人は読まずにする事を推奨する。 概要 直属の王団「 G」のを務めるの。 に住居を構える。 で産み出すを巧みに使いこなし、大量のを放ちをる。 また、外れなの持ちでもある。 の頃はに憧れる悪だった。 腕っぷし自慢のに成長したUndyneは腕試しとしてに挑み、一も喰らわせる事もわず敗、逆に「私を倒す方法を知りたくないか?」と子にウトされる。 の末ににしたが、負けた事を逆に喜び成長っぷりを称賛するの姿に感し、以降もを続け Gのにまで登り詰めた。 この立身出世っぷりから、地元や近場の町dinではご当地として知られており、など達からは憧れのを向けられていた。 本人も人々の期待とのを向けられている事を理解し、であろうと心掛けている。 凄まじいを誇る。 に「岩にを」というが表示されたり、TPのEDでコンートを片手で砕いてばら撒くなど、を示すは多い。 のに強いを示し、貪欲に知識を蓄えている。 しかし、それはが収拾した いちおう今まで地下に落ちて来たのも を元に構築された観で、人じみたやが飛び交うなを想像している。 展開次第ではその間違いを正す機会もある。 名前「Undyne」()の由来は、系ということでの「Undine」( 、またはーン)かと思われる。 なお、「の臭いがする」らしい。 そんな訳で付いたあだ名は「ネキ」。 外見 の体色をしたのような見たの。 体には鱗で覆われているらしく、頭には大きなヒレが見える。 付きは鋭く、いドウを引いている。 の部分はでは縦に細長く、ののような形をしている。 左はしているようで、通常はで隠している。 口内には鋭い牙が生えており、暴な雰囲気を漂わせている。 はで、状にめている。 全身時は兜からだけ出している。 中で表情は変わり、放な性格である事がよく分かる。 性格やの持ちであるがそれに似合わずンダーな体。 時はゴツいで身を固めているが、時は・ズ・のラフな装を見せてくれる。 ではを羽織り・ーフを巻き・前を垂らしてをした新しいUndyneを見る事が出来る ただしやってる事はいつもと変わらない。 性格 好戦的で快快活な性格で己を飾る事はしない。 追い駆けっこしている最中でもに出たに対し通話が終わるまで待つ妙な義さを持つ面も。 を尊敬しており、王が進めている7人ののを集めそので地下を出る計画にも賛同している。 そのため、に対しては一切の容赦をせず、地下の人々のためにを差し出す事が一出来る善行だと思っている。 和解した場合はとの触れ合いの後ににもいいヤツはいると考えるに至っており、状況次第では考えをめる柔軟さも持ち合わせている。 に対しては優しく度量が広い。 自らがとして見られている事を自覚しその責務を果たそうとする感を持つ。 ただし、地位や名に対してははい様子。 芸人という分類にもあまり快く思っておらず、地下のであるの事も良く感じていない。 の通しの直談判に根負けしをつけている。 ただし、のお人好しの性格はとしては致命的 Undyneく「笑いながら殺されるのがだ」 と考えたため、なるべく戦わせないようにしており、内容はである。 となるUndyneのの方も、は砕け散り・は粉微になり・は潰れ・が燃え盛るとても恐ろしいモノである。 とは知り合って以降お互い敬意を持ち特別な存在と感じ合っている。 Undyneは的なモノにははいと言っている は大好きだが本人はのだと思っている が、の好きなモノに対してに向き合いとことん極めようとする熱意に惹かれている。 Undyneのにある飲料はのために用意したモノであり Undyneは系が嫌い 、「は立ち入り禁止」な自室に「入っていい」はであろうの事。 条件を満たすと直筆を用意し、 ct Route 通称P のEDではにをしてをしている。 もまたDeteron 決意 のを持つ人物である。 ただし、の持つがなのに対して、Undyneのはどんなにになっても立ち上がる不屈の精である。 決して諦めない心の結果なのはどちらも同じである。 戦闘 Undyne s! がおそってきた! 前に前口上とのかっこいいがあるが、本人く上手く決まるようにしたらしい。 また、途中で前口上をたのはを忘れたから。 は" of "。 Undyneのとしての面を表現した勇ましさとよさ溢れるである。 幼少期Undyneはそんなに憧れ、彼の後についてだいぶな感じの活動をしていた。 の名は彼、を意識しているのかもしれない。 でを作り出し、それをとして戦う。 手に巨大なを持つが、ではもっぱら数のをに撃ち出して攻撃してくる。 Undyneの攻撃における最大の特徴は手に持つを振るう事でをに変える所にある。 になったは動けなくなり、迫りくる攻撃には付属するで防がなくてはならない。 撃ち出されるにはとの二種類があり、のは着弾直前に正反対の位置へ移動してをさせてくる。 和解するためにはがの時に逃走を選択してHandの給所までなければならない。 Undyneの攻撃が最後まで至ってない場合は追い付かれて再突入直後にをにしてられなくする。 たをUndyneは追うが、を着込んだ状態でのHandの暑さは過酷で、給所でついに倒れ込んでしまう。 ここでUndyneにを掛けて助けるとしく引き下がってくれる。 さらにを一人も倒していない場合、Undyneのを訪問するとが発生し、紆余曲折と という名の破壊 の末にを結ぶ事になる Pをす場合は必須。 以降はのに押しかけ から走って来た 、のの欄にUndyneが追加され、を掛ければ毎のよりになった会話を楽しめる。 当然ながら倒す事も可。 ただし、攻撃し続けてを0にしても体を回復して理やり復活してくる。 何度も倒し続ければやがてが、とても嫌な気分になる結末である。 Undyne the Undying(ふじみのアンダイン) The e. ゆうしゃがあらわれた。 を一以上殺し続ける事で成し遂げられる Route 通称G において、地下の脅威に対して立ち塞がったUndyneの新たなる姿。 Undyiとは不滅・不朽という意味で、通り死の淵から復活した事を示す。 殺意溢れるの魔の手からをい致命傷を負ったUndyne。 を逃がした後に体がと化し崩壊していくが、類稀なる決意によって崩れる体を繋ぎ留め、新たな姿となってに戦いを挑む。 のような模様が刻まれた、の最終形態の形状によく似たで身を包む。 は逆立ち気迫った表情を見せており威圧感溢れている。 は外れ、があったと思われるっな部分からは鋭いが漏れ出している。 攻守共に恐ろしいほど強化されており、は恐ろしく高い。 攻撃手段はほとんど同じで、の緩急が入り混じった攻撃・外からの攻撃・下からの突き上げ・直前で逆方向へ移動する攻撃・新技のを円形に囲むように配置される攻撃の5。 大量に来たり攻撃に混ざって来る攻撃が最も危険か。 Undyneの自体が大幅強化されているので、殺戮の末にLVが上がった状態でもかなりキツい戦いになる。 は""。 悪に立ち向かうUndyneの姿をよくも切なく表現している。 まさに、 Undyneが。 とGのとなるの二人はGと総称され難所として恐れられている。 Undyneをえられずに諦めたも多いとか。 関連静画 ではは後頭部から伸びているもののみだが、においては、なぜかが頭頂部にまでかかり、よりののに近い容姿であるものが多い。 関連項目•

次の

【アンダーテール】ふじみのアンダイン攻略(Gルート)

不死身 の アンダイン

コンテンツ [] プロフィール 容姿 初めて登場したときのアンダインは全身鎧に身を包んでいるため、どのような姿なのかはわからない。 しかし、決戦時には兜を脱ぎ捨て、ようやく鎧の下に隠された姿を見ることができる。 青い肌を持つ人型のモンスターで、口には鋭い牙が並び、左目に眼帯をつけている。 また耳は魚のヒレの形をしている。 普段は鎧に身を包み、槍を得意な武器としている。 また自在に光の槍を魔法で作り出して攻撃することもできる。 かなり人間に近いスタイルを持つため、一見してわからないが魚(魚人)型のモンスターである。 これはこれまでのモンスターたちの会話で示唆されているほか、戦闘中にもそれを思わせるメッセージがある。 一見スキンヘッドに近い頭に後頭部にだけポニーテールがあるように見えるが、Pルートで発生するアルフィーのイベント中では 前髪を下ろしている姿を見ることができるので、彼女の髪型については謎が多い。 性格 強い意志を持つが気性が荒く、敵とみなしたものに対しては容赦をしない。 しかし同時に非常に仲間思いで責任感も強い。 また、その非常に男勝りな性格と口調からわかりにくいが、アンダインは女性である。 これも彼女に出会う前のモンスターたちの会話でこっそり提示されている。 非常に好戦的な彼女ではあるが、仲間とみなしている者に対してはとても親しく接する。 特にアズゴア王には強い尊敬を抱き、やに対しては非常に面倒見のよい面を持っている。 また、に対しても密な関係がある。 王であると、地下世界からの脱出という目的の下に行われている彼の計画を強く信仰しており、人間を捕えてタマシイを収集することに熱心になっている。 主人公を打ち負かしたいと考えているが、同時に彼女は正々堂々であろうとする。 その姿勢から多くのモンスターからヒーローだと称えられている。 その正々堂々とした態度は、戦闘時においても彼女の攻撃を受け緑色に変わったタマシイがどのような状態でどうすれば攻撃をしのげるかを説明することからもわかる。 主人公と彼女が最初に会った時、彼女は7つ目となる人間の魂を集めるために主人公を殺そうとする。 強いケツイを持つアンダインとは単純な話し合いでは通じ合うことはできない。 の下で戦闘の訓練を受けている一方、彼女もまた別の者を教える立場にいる。 シャイレーンには主に音楽を、パピルスには主に料理を(本来は戦闘の訓練をつけるはずであったが)教えている。 アルフィーによって人間世界の歴史についてもある程度は知っているものの、アンダインは人間についてアルフィーの趣味である「アニメ」や「マンガ」によって得た情報をもとにしており、アンダインもそれらを歴史書と教えられているため、アンダインの知識は相当飛躍したものになっているようである。 なお、彼女の家はのの家の近所にある。 魚の顔の形をした特徴的な家がそれである。 アンダインと友達になるために訪れなくてはならない。 それまでパピルスは帰宅せずにアンダインの自宅の前にいる。 ナプスタブルークには、友好的なレスリングを持ち掛けては避けられている。 ストーリー に入って間もなく、パピルスはアンダインに人間捕獲任務の結果を伝えに来る。 彼は人間を捕まえることを止めるべきであると提言したものの、アンダインには逆らえず従う外になかった。 草むらの茂みに主人公が隠れていることに気付いた彼女は、主人公に向かって槍を構えるものの身を引き、そのままどこかへと去っていく。 ウォーターフェルの道中では、主人公に対して何度も槍による攻撃を仕掛けてくるようになる。 そしてついには捕まる、というところでによる邪魔が入ってしまい、主人公は間一髪で事なきを得る。 ウォーターフェルの橋においてモンスターの子と同行している最中、モンスターの子が足を滑らせて橋から落ちかける。 そのときに再びアンダインが出現するが、ここで主人公がKidを助ける行動をとった場合、彼は橋の上に戻った後にアンダインの前に立ちはだかり、主人公を攻撃させまいとする。 一方で主人公が何かしらの助けない行動をとった場合、アンダインは落ちゆくモンスターの子を助けるべく自ら橋の下へと飛ぶ。 この場合、彼女はいくらかのダメージを負った状態となる。 I wanted this to be a fair fight. I thought if I If I beat you like this... It'd truly show how strong monsters can be. BUT NOW??? I DON'T CARE! I'M NOT YOUR FREAKING KINDERGARTEN TEACHER! Unless your kindergarten teacher... DOES THIS! …この たたかいでは てかげんする つもりだった… てかげんして なお きさまを たおせば… モンスターの ほんとうの つよさを おもいしらせることが できると おもったのだ… だが! もはや どうでもいい! あかんぼうを きょういくしている わけではないからな! …もっとも… これが あかんぼうの きょういくに なるなら はなしは べつだがッ! そこからさらに進むと、アンダインがウォーターフェルの出口となる、洞窟の入り口の上部に待ち構えている。 主人公に対して彼女は名乗り口上を始める(が、彼女自身面倒になって途中で切り上げてしまう)。 口上を終えたのちに主人公が歩み寄ると、アンダインとの戦闘となる。 主人公は彼女を殺すか、彼女から逃げるか、どちらかを選ぶこととなる。 このルートでは親しい者たちや部下たちを主人公に奪われていくため、アンダインはケツイを力に変え ふじみのアンダインとなって、自らの手を血で汚す主人公の前に立ちはだかる。 詳細はを参照。 戦闘 アンダインとの戦闘では主人公のタマシイは一時的に緑色になり、方向キーで盾を構えて4方向からの槍を防ぐパターンになる。 この状態の時は主人公のタマシイは移動できず、逃げるコマンドも消える(タマシイの色が赤に戻ればコマンドも復活する)。 また、一定ターンが経過すると黄色の槍を出したり、槍を振り主人公のタマシイを赤に戻し、槍を使った様々な攻撃をしてくる。 強いケツイを持つアンダインとの戦いではいくら訴えかけても効果はなく、彼女を殺さずに戦いを終わらせるには、 彼女の攻撃をしのぎつつも逃げることが必要になる。 人物関係 ロイヤル・ガードの隊長であるアンダインの仕える主君にあたる。 それだけでなく、特別な尊敬の念を抱いている。 幼い彼女に特訓をつけ、ロイヤル・ガードの隊長になるまでに鍛え上げたのはアズゴアである。 幼かった彼女に挑まれても決して反撃することなく、逆に特訓をしてあげるなど、アズゴアの優しい性格がうかがえる。 ロイヤル・ガードの一員になることを夢見る心優しいスケルトン。 アンダインは彼の優しさと純粋さは戦いにむいておらず、そのことから一度は彼の頼みを断ったが、家の前で朝までずっと待ち続けた彼の決心に心を打たれ、特訓をつけることにした。 普段の彼には戦闘訓練ではなく料理の特訓をつけている。 ただし彼の戦いにおける強さは高く評価している。 また彼の優しさについて、戦闘になっても笑いながら敵に殺されるだけだと、いたく心配している。 作ったパスタは🍝は、人の、食べれるものの線から、越えている アンダインに強い憧れを抱き、追っかけをしている子供。 トリビア• Undyneの名前は水の精霊である「ウンディーネ」からとられている。 「Undyne」の綴りでウンディーネと読むことは無い(正しくはUndineである)が、ウンディーネの英語読みがアンダインである。 アンダインが女性であり魚であるのも、ここからとられているのだと思われる。 名乗り口上を始めるシーンでは主人公の行動によってセリフが変わる。 ワンボーなどイヌ型のロイヤル・ガードのメンバーを殺害した場合や、シャイレーンを殺害した場合にこれらの変化を見ることができる。 特に親しく目をかけていたパピルスを殺害した場合にはほとんどの文章が変わるようになる。 によれば、アンダインが小さかった頃は、現在のアンダインに対するモンスターの子のようにガーソンの後をよくついて行っており、共に悪者を蹴散らしていた。 だがガーソンを助けようと、彼に近づく者に積極的に攻撃するあまり、郵便局員や関係のない人々に対してまで攻撃をすることが多かったとのことである。 アンダインは一貫して右利きで表される。 アンダインは、Genocideルートにおける一撃で死なない唯一のボスキャラクターである。 True Pacifistルートの最後にアズゴアと主人公の元に友達となったモンスターたちが駆けつけるシーンで、ほとんどのモンスターがトリエルがアズゴアの元妻であることを知らない中、アンダインはトリエルをアズゴアの前妻であると言及する唯一のキャラクターである。 アンダインがモンスターの子を助けるために崖からジャンプすると、後の戦闘時にHPが減った状態となっている。 作者Toby Foxによると、彼女の鎧に割れ目が入った状態にしたかったものの、その修正を忘れたとのこと。 Gルートにおける戦闘中、彼女の身体は死の間際に溶けはじめ、それは肉体が彼女のもつ"ケツイ"の力に耐えることが出来なくなったことを示唆している。 原作である英語版のトリビア• 英語版では主人公との戦闘を開始する際"En guarde! "と発言するが、これはスペルが間違っており、正しくは(フランス語で)"en garde"である。 フランス語の綴り「Garde」と英語の綴り「Guard」が混ざって「Guarde」となったと思われる。

次の

Scratch

不死身 の アンダイン

ふじみのアンダイン攻略 Gルートでは通常のアンダインではなく「ふじみのアンダイン」と戦うことになります。 通常の時に近い攻撃パターンが多いですが、どれも攻撃力や攻撃速度が大幅に強化されています。 また「ふじみのアンダイン」特有の攻撃パターンがいくつも存在します。 Gルートの第一の難所と言われており、何度もリトライして試行錯誤を繰り返すことは必至です。 攻略のコツ• 攻撃パターン覚える• 「ふじみのアンダイン」のほとんどの攻撃がパターンで固定されています。 最初は速すぎて操作が追いつかなくてもパターンを頭と指で覚えることで、そのうち避けられるようになっていきます。 クリティカルヒットを狙う• 勝負が長引くほどジリ貧になりやすいです。 バレエシューズのクリティカル成功回数が増えれば、それだけ早いターンで決着させることができます。 攻撃のリズムを感覚で覚えましょう。 事前準備• 「バレエシューズ」と「おふるのチュチュ」が無難です。 事前に必ず拾っておきましょう。 ガーソンのショップで買える「くもったメガネ」や「やぶれたノート」を装備する場合、攻撃力や防御力は落ちますが被弾後の無敵時間が伸びます。 一度の攻撃で何度も被弾してしまう場合は「やぶれたノート」がおすすめです。 回復アイテム• シナモンキー(HP22回復)と、ゆきだるまのかけら(HP45回復)を持てるだけ持っていきましょう。 どちらもウォーターフェル大橋から落下後〜アンダイン撃破までの期間は入手不可能なので注意。 入手できない場合は「うちゅうしょく」や「ふじりんご」で代用。 ガーソンのショップで買える「ビチャビちゃ」を使うと移動速度がアップしますが、この戦闘では必須ではありません。 速くなることで逆に操作しにくくなる場合もあるのでお好みで。 低速で槍が迫ってきます。 パターンがランダムで、簡単に避けられる場合もあれば難しい場合もあります。 槍が来る方向と色を注視しましょう。 次に接近する槍は赤色になります。 4ターン目(赤)• ボックス内に無数の槍が次々に出現して飛んできます。 常に動き回って避けましょう。 5ターン目(赤)• 下の三箇所から槍が突き出てきます。 突き出てくるテンポに合わせて動きましょう。 基本は真ん中の位置をキープして、真ん中から突き出てきた時だけ左右に避けると楽です。 6ターン目(緑)• 上から初撃が来ると見せかけて、左から槍が猛スピードで飛んできます。 その後も緩急の激しい攻撃が続きますが、最初の不意打ちを防いでいればあとは避けやすいです。 この攻撃では、次に来る槍の色が赤とは限らないので色は無視しましょう。

次の