マンガ に 編集 っ て 必要 です か。 『マンガに、編集って必要ですか?』をどう紹介していいかわからないが紹介せざるを得ない

マンガに、編集って必要ですか? 1 (BUNCH COMICS)

マンガ に 編集 っ て 必要 です か

完結 全3巻 青木U平/新潮社• まるで「もう編集者は不要」みたいなタイトルだけど……? 本作の主人公は、漫画家・佐木小次郎(さき・こじろう)45歳。 青年誌でキャリア8年の中堅、と言えば聞こえはいいけど、最近の作品はどれも2~3巻で打ち切られている、売れない作家。 かなり崖っぷちな状態です。 そんな佐木の担当編集は、女性ファッション誌から異動してきたばかりの、坂本涼(さかもと・りょう)24歳。 漫画への情熱があり明るく元気で一生懸命なのはいいけど、若い女性の感性がどうしても佐木とかみ合いません。 どうして彼女を編集担当にしたのか、編集部の意図が理解できない佐木。 同じく彼女が担当編集で、佐木のアシスタントになっている若者から、 「ぶっちゃけ 編集って いらなくないスか?」 と言われ、佐木は考え込んでしまいます。 最近よく言われる「編集者不要論」です。 本作のタイトルも、いかにもそんな感じですよね。 佐木も正直、坂本との不毛な雑談は、さっさと切り上げて早く帰りたいと思っています。 しかし佐木は、出版社に育ててもらったという恩義も感じているのです。 実は、編集者不要論に抗う物語 そう、実は本作、まるで「もう編集者は不要」みたいなタイトルですが、実は、編集者が作家の伴走者として共に悩み、苦しみ、もがき、泣く話だったりします。 ネタバレは避けますが、実のところ「編集者不要論」に抗う物語と言っていいでしょう。 序盤は、男女差とか、世代差といった「ギャップ」の描写にクスッとしますが、だんだんシビアな話になっていって胸が痛くなります。 あくまでこれは一般論ですが、出版社に勤務している編集者は、会社から給料を貰っている身分。 基本的には、会社に逆らうのが難しい立場です。 例えば「連載打ち切り」は、自営業者の作家にとってはリアルに収入が無くなる死刑宣告にも等しい話。 打ち切りにならないよう作家が頑張るのはもちろんですが、担当編集がどれだけ頑張れるか。 不真面目な編集者ならクビにならない程度にサボりますが、真面目な編集者は会社と作家の板挟みになって悩みます。 作家の利益と会社の利益、どちらを選ぶか? という選択を迫られたら、最終的には、作家を捨てて会社を選ぶか、会社を辞めて作家に付くか。 リアルで作家側に付き、出版社との交渉を代理で行う「エージェント」という立場を選ぶ人も、最近は少しずつ増えてきました。 では坂本は? というと、もちろん真面目な編集者。 真面目すぎて……この先は、実際に読んで確かめてみてください。 なんとも言えない読後感の全3巻、読み出したら止まりません。

次の

『マンガに、編集って必要ですか?』をどう紹介していいかわからないが紹介せざるを得ない

マンガ に 編集 っ て 必要 です か

19番目のカルテ 徳重晃の問診• ゼノン編集部• 博士とわたしの暗殺日誌• コミクリ!• 渡り鳥とカタツムリ• コミックガム• 院長選挙• comicブースト• ペスト• コミックバンチweb• 隔離都市• マンガボックス• あめつちだれかれそこかしこ• MAGCOMI• 左ききのエレン• 少年ジャンプ+• ちぃちゃんのおしながき 繁盛記• ストーリアダッシュ• ニュースの現場から!• Comic Walker• やったねたえちゃん!• Comic Walker• Poker Millions• スキマ 最新話更新!今日おすすめのWEB漫画 もっと見る• 無限コンティニューで目指す最強…• 裏サンデー• 捨てられた転生賢者~魔物の森で…• マガポケ• 彼女、人見知ります• マガポケ• 俺を好きなのはお前だけかよ• 少年ジャンプ+• 邪剣さんはすぐブレる• 裏サンデー• 終末のハーレム ファンタジア• 少年ジャンプ+• きるる KILL ME• 少年ジャンプ+• 生者の行進 Revenge• 少年ジャンプ+• ようかい居酒屋 のんべれケ。 マガポケ• 魔王です。 女勇者の母親と再婚し…• 裏サンデー• お願い、脱がシて。 マガポケ• アクターダンス• 裏サンデー• 幸せな恋、集めました。 裏サンデー• 恋と嘘• マンガボックス 月曜日更新!今週の人気のWEB漫画ランキング• 女の子が抱いちゃだめですか?• 裏サンデー• セックス&ダンジョン!!~我が…• Comic Walker• うしろの正面カムイさん• 裏サンデー• アカイリンゴ• コミックDAYS• 復讐の教科書• マガポケ• クラス転移で俺だけハブられたの…• がうがうモンスター• デスティニーラバーズ• マガポケ• 絶望集落• マガポケ• 乙女ゲームの破滅フラグ スピンオ…• ゼロサムオンライン• 転生貴族の異世界冒険録 〜自重を…• MAGCOMI• 私の夫は冷凍庫に眠っている• 裏サンデー• 転生してから40年。 そろそろ、お…• コミック アース・スター• 悪役令嬢、庶民に堕ちる• comicブースト• 巻き込まれて異世界転移する奴は…• マンガボックス• 暗殺者である俺のステータスが勇…• コミックガルド• 異世界建国記• ヤングエースUP• ガチ恋粘着獣 ~ネット配信者の彼…• ゼノン編集部• 不徳のギルド• ガンガンONLINE• とんでもスキルで異世界放浪メシ• コミックガルド• 冒険者をクビになったので、錬金…• ガンガンONLINE.

次の

出版不況を象徴する衝撃タイトル『マンガに、編集って必要ですか?』を読んで気がついたら泣いていた件|日刊サイゾー

マンガ に 編集 っ て 必要 です か

編集者に対するアンチテーゼ? よくあるファミレストークの1話完結型? 若い女性と漫画家…そういう展開か? アシスタントとの論議、編集は必要か?無くなっていくもの? …3話, 4話と読み進めていくと分かる、何がせいかいか?を問い立ててくる話だ、漫画だ、漫画家だ さすが青木U平さんの作品 ファッション誌から異動してきた経歴の若い編集 まぁ、所謂モテそうな感じ 「編集なんて不要なんじゃない?」最近ちらほら界隈で聞こえてくる言葉に 真っ向に悩み抜き、自分なりに答えを見出そうとする中年漫画家とその周りと、担当編集の有様 エッセイのようなフィクションのような、入り混じった話のバランスが面白いです(何かモデルがあるのかな) サブキャラも色々1話で居なくなるには惜しい面々で良かった (女性に対して心乱されるキリヤンがちょっと面白くてツボです) 漫画のお上手な作家さんだと思いますが。 引きの強いタイトルとテーマなのに比べて、内容から出版社への忖度を感じます アシスタントの彼が編集は要らないと言い切るのに対して「うーん」とフォローする、それはやはり古い感覚と感情に流されてしまっている古い世代の対応で、特に納得のいくものではありません。 編集なんていらないよね。 という世間の風潮を受けてタイトルにされてるんですから、問題提起に対する回答をもう少し歯切れの良いものにして頂けたら嬉しいと思います。 世間から揶揄されてるけど編集も頑張ってるもんね〜という内容なら、このタイトルである必然性はありませんでした。 慣れないなりに一生懸命頑張ってくれてたら良いんでしょうか?販促は受けていますか?原稿料は充分にもらってますか?打ち切りに対する説明は充分でしたか?可愛い女の子じゃなくても同じリアクションを取りましたか? 現状ではモヤモヤが蓄積されている状態です。 2巻分を一切読んでいませんが、その辺は回収されるのでしょうか。 タイトルと試し読みで、てっきり漫画家と編集者との温度差を画いた、すれ違いギャグマンガとばかりおもっていたのだが。 たしかに、全体的にコメディタッチだし、ギャグもふんだんにある。 しかしこれは、漫画家と編集者というビジネスパートナーの関係と心情を、シビアに画いた業界マンガと言った方がよいだろう。 実際帯にもあるように、読んでいて可笑しいながら、かなり切なくもある。 特にラストの1コマは、ズンッと重たい感情が溢れでている。 全体的な雰囲気やテンポもよく、読み始めると最後までページをめくる手が止まらなかった。 ただ、最後あまりに予想外の展開で終わるので、2巻でまた編集者との通常の日常に戻ればつまらなくなる可能性はあるが、ともかくこの1巻はアタリだ。

次の