アニメ はてな イリュージョン。 はてなイリュージョン 人気ラノベをアニメ化!製作はChildren’s Playground Entertainment

はてな☆イリュージョン(テレビアニメ)

アニメ はてな イリュージョン

子供の時に、星里衛・メイヴ夫妻のショーを見てから、真はずっと奇術師に憧れてきた。 夫妻の娘・果菜(あだ名:はてな)とは幼なじみ。 東京では、美貌の女怪盗が起こす事件が世間を騒がせていたが、はてなもいるし、不安はなかった。 幽霊屋敷と呼ばれる星里家で、執事のジーヴスとメイドのエマに迎えられ、はてなとの再会を果たした真。 アニメ界最大のイリュージョン、開幕!! 第1話 幼なじみである真と再び会えることを心待ちにしていた果菜。 再会を喜び会う二人だったが、微妙に会話がかみ合わない……そう、実は果菜は真のことをずっと女の子だと思っていたのだ! 奇術師になるため上京してきた真は果菜の父、衛の弟子兼使用人として星里家に住み込みで働くことになり、ハラハラドキドキの同居生活が始まる!! 第2話 星里家に住み込みで働いている真が就寝中、部屋に闖入者が現れる。 そこで星里家の秘密を知った真は、決して口外しないと果菜に誓う……。 エマの通う中学校に入学した果菜と真。 二人の新たな学園生活の幕が開ける! 第3話 使用人の仕事に慣れてきた真は、自分を送り出してくれた家族を思い出していた。 ちょうどそこへ、雨でびしょ濡れになった果菜と心美が帰宅する。 二人は部屋から出ようとしない夢未を誘い、一緒にお風呂に入ろうとするが……。 第4話 休みがちどころか、すっかり不登校になってしまった夢未。 彼女を学校に行かせようとする果菜との間で、壮絶な姉妹喧嘩が勃発!? はたして果菜は、夢未の不登校を解決することができるのか!? 第5話 不登校どころか引きこもりになってしまった夢未を、力尽くでも登校させようとする果菜。 一方、真は夢未の通う小学校で奇妙な噂話が広まっていると聞きつける。 噂話の真相を確かめるべく、真は果菜と一緒に初めての怪盗活動に意気込む! 第6話 突然、果菜の前に現れた叔母のマライア。 彼女は里から下された怪盗の任務を果菜に任せるという。 潜入先は富野沢が運営する美術館。 そこで怪盗はてなを待ち受けるものは!? 第7話 果菜にアーティファクトを使いこなすヒントを与えるマライア。 さっそく修行を開始した果菜、真、夢未の3人に、マライアは任務を下すという……。 その任務に失敗すればアーティファクトを取り上げ、屋敷から追い出すというのだ。 第8話 アーティファクトを使いこなすために引き続き、修行に励む果菜、真、夢未の3人。 そこで夢未のアーティファクトが突如暴走し、あわや大惨事に!? 発覚した夢未の意外な弱点を克服するために、3人はいざプールへ向かう! 第9話 果菜と真、怪盗はてなへのマライアからの任務の詳細がついに明かされた。 潜入場所は富野沢邸。 そこで狙うべきターゲットとは!? そして、潜入した先には怪盗はてなを待ち受けている、ある人物がいた。 第10話 メイヴを解放するためにモリガンから告げられた3つの条件。 そのひとつがオーストラリアにあることが判明し、現地へ向かう星里家一行。 しかし、アーティファクトを狙う組織の手は、オーストラリアまで伸びていたのだった。 第11話 メイヴを解放する3つの条件のうち、最後の1つが判明する。 これ以上、アーティファクトを巡って不幸になる人をなくしたい……。 決意を胸に怪盗はてなは予告状を送り、任務の達成を目指す! 第12話.

次の

「はてな☆イリュージョン」レビュー

アニメ はてな イリュージョン

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 人々に夢を与える奇術師を目指す不知火真は、両親の友人であり世界的な奇術師でもある星里衛の住み込み弟子となるべく、星里家を訪れる。 そこで出会ったのは、幼い頃に遊んだ記憶がある星里果菜、通称「はてな」だった… ドタバタした東京生活の中では、美貌の女怪盗が起こす事件が世間を騒がせていたが、はてなもいるし、不安はなかった。 幽霊屋敷と呼ばれる星里家で、執事のジーヴスとメイドのエマに迎えられ、はてなとの再会を果たした真。 はてなも大歓迎だったが、真と話がかみ合わず、ついにはーー!? スタッフ 原作: 「」刊 キャラクター原案: 監督: 「迷い猫オーバーラン」や「パパのいうことを聞きなさい」の作者によるライトノベル原作。 異能アイテム駆使する怪盗一家のお話。 【良い点】 異能を秘めたアーティファクトで悪と戦う怪盗姉妹のホームドラマ的な作風。 アーティファクトを悪党に渡さないためと、不在な母親に会いたいという目的意識あり物語の構図が分かり易い。 ヒロイン・ハテナの成長ドラマになっている。 妹のユメミとの確執を経て姉妹双方が成長し絆を深める流れも尊い。 星里家のホームドラマとして良い感じ、アーティファクトを巡る戦いを通して各キャラをしっかり掘り下げている。 後半はイジワルな敵と思われたマライヤおばさんの真意が明かされ、過去回想でのメイドとの絆が判明するなど、キャラドラマが良い。 姉妹の父やグレゴリー師匠など大人の男性陣も存在感ある。 世代間の関係性が丁寧な作品は少ない。 全般的に星里家関係者の家族的な雰囲気は良く描かれている。 作画は全般的には劣悪ながら、要所では魅力出せている。 6話のスライム責めや7話の水行、12話の拘束電気責めなどのフェチエロシーンの作画「だけ」は妙に気合が入っている。 「とみとみスライム」なネーミングは笑える。 ラストのハテナの笑顔が可愛いなど、乏しい作画リソースを一点集中出来ている点は高評価。 異能バトルでは終盤の駆け引きは中々良かった。 ラストも家族の絆や新たな決意で前向き後味良し。 放送の時間は空いたが無事完結出来たのも評価。 OPなど楽曲は中々。 【悪い点】 作画が拙い。 原作絵が矢吹健太朗イラストなだけに、比較して著しく見劣りする。 キャラデザだけでなく、静止画が崩れていたり、細かい表情変化などの感情表現が不自然な箇所多々。 監督は日本人だが中国の制作会社らしく、作画水準が日本製アニメの水準に達していない。 ハテナが序盤の頃はツンデレというよりもピリピリしている感じであまり可愛くない。 マコトとの関係もバトルを通してパートナーとなっていくが分かりづらい、ラブコメ的に平坦。 マコトは悪くはない男子ではあるが、地味。 コメディー的な楽しさも地味。 異能バトルもさほど外連味が無い。 キャラドラマ以外のストーリーが単調。 星里本家やら悪の組織やら仄めかされるが、やっている事は似たような怪盗稼業でワンパターン。 未熟なハテナの修行の為の怪盗チャレンジが続く。 終盤ようやく盛り上がってくるが遅い。 【総合評価】 怪盗少女の成長ドラマとしては悪くはない内容。 原作劣化とはいえ、乏しいリソースで精一杯やり切った、キャラも話も好感持てるので、最低限の出来はある。 評価は悪い系が妥当だとは思いつつ、好意的に「普通」 【良い点】 はてなのキャラデザ 何故か古手川 「To LOVEる -とらぶる-」のキャラ を連想してしまった。 声優さん達の役 「ヒカリイロの歌」 【悪い点】 書いて良いかどうか迷ったけど見ていて書きたくなってしまった。 怪盗なら普通は正体隠す。 ルパンのような素顔を晒しているドロボーはいるけど忍び込む時などでは変装して正体は隠していた。 これに関してはいくら見習いの設定でも派手な格好で、顔すら隠していなくて隠そうという気がゼロにしか見えない。 そんな状態で怪盗と名乗っているのは苛立ちしか感じない。 はてな はてなが女の子と勘違いしただけで真君は何も悪いことしていない。 なのに一方的に真君が悪いかのように見ていた上にお母さんのためだったとしても悪気も躊躇いもなく彼が持っていたアーティファクトを盗もうとしたのは腹が立った。 その後自分の勘違いだったことを謝って反省していたけど、いくら謝って反省してるとこを見せてもその一方的に悪いと見ていたり、盗もうとしたこと、冷たい態度を取る、訳も聞かずに理不尽に暴力振るいすぎたせいか全然反省してるとは思えなくて好感が持てない。 真君以外のキャラ達も設定が曖昧。 悪評をつけておいてなんだけど、「メルヘン・メドヘン」にしろこれにしろ作者になんか恨みでもあるのかっと思ってしまうくらい酷いよ作画崩壊。 原作読んだことないけど面白いと思えるギャグがない。 【総合評価】 評価は悪い。 これだったら、アニメ化しないほうが良かった ・・というのが、偽らざる本音です。 「アニメ化の報から3年経って、スタート」なだけに がっかり感が否めませんでした。 その理由はいくつかございます。 1 キャラ絵が壊滅的 アニメ「メルヘンメドヘン」の如し 2 真の外見および声がミスチョイス。 「女の子と間違えられる」キャラとして説得力無し。 3 一番の要因は、理不尽 暴力といった エピソードです。 しかも原作小説以上と感じられました! ・はてなのセミヌードを偶然目にする真 以下略 ・真就寝中。 真のステッキを盗もうとするはてな アーティファクトだから。 真目を覚ます。 はてな暴力ふるう。 ・雨に濡れたはてな達を気遣う真。 はてなは自分の服が濡れてることから「真のエッチ」と叫ぶ。 肌が丸見えじゃあるまいし、さすがに無理があるっしょ 原作小説で、この描写はあっただろうか? ・真が風呂掃除中のとき、女性陣が風呂に入 中略 「真が悪い」という流れには不快感 以下略。 それでも、夢未のエピソードがはじまった頃以降は・・ 1 と 2 項はそれほど気にはならなくなりましたし、 3 項はなりを潜めた・・という感じで普通に楽しめた感じです。 それでも話の急展開が、まさにいきなり、という感じでしたが。 最終話がアニメ「メルヘンメドヘン」に続き、 またしても延期になったのは少々いただけませんでした。 改めて述べさせていただきます・・ これだったら、アニメ化しないほうが良かった・・と。 評価は【とても悪い】とします。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

はてなイリュージョン 人気ラノベをアニメ化!製作はChildren’s Playground Entertainment

アニメ はてな イリュージョン

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 人々に夢を与える奇術師を目指す不知火真は、両親の友人であり世界的な奇術師でもある星里衛の住み込み弟子となるべく、星里家を訪れる。 そこで出会ったのは、幼い頃に遊んだ記憶がある星里果菜、通称「はてな」だった… ドタバタした東京生活の中では、美貌の女怪盗が起こす事件が世間を騒がせていたが、はてなもいるし、不安はなかった。 幽霊屋敷と呼ばれる星里家で、執事のジーヴスとメイドのエマに迎えられ、はてなとの再会を果たした真。 はてなも大歓迎だったが、真と話がかみ合わず、ついにはーー!? スタッフ 原作: 「」刊 キャラクター原案: 監督: 「迷い猫オーバーラン」や「パパのいうことを聞きなさい」の作者によるライトノベル原作。 異能アイテム駆使する怪盗一家のお話。 【良い点】 異能を秘めたアーティファクトで悪と戦う怪盗姉妹のホームドラマ的な作風。 アーティファクトを悪党に渡さないためと、不在な母親に会いたいという目的意識あり物語の構図が分かり易い。 ヒロイン・ハテナの成長ドラマになっている。 妹のユメミとの確執を経て姉妹双方が成長し絆を深める流れも尊い。 星里家のホームドラマとして良い感じ、アーティファクトを巡る戦いを通して各キャラをしっかり掘り下げている。 後半はイジワルな敵と思われたマライヤおばさんの真意が明かされ、過去回想でのメイドとの絆が判明するなど、キャラドラマが良い。 姉妹の父やグレゴリー師匠など大人の男性陣も存在感ある。 世代間の関係性が丁寧な作品は少ない。 全般的に星里家関係者の家族的な雰囲気は良く描かれている。 作画は全般的には劣悪ながら、要所では魅力出せている。 6話のスライム責めや7話の水行、12話の拘束電気責めなどのフェチエロシーンの作画「だけ」は妙に気合が入っている。 「とみとみスライム」なネーミングは笑える。 ラストのハテナの笑顔が可愛いなど、乏しい作画リソースを一点集中出来ている点は高評価。 異能バトルでは終盤の駆け引きは中々良かった。 ラストも家族の絆や新たな決意で前向き後味良し。 放送の時間は空いたが無事完結出来たのも評価。 OPなど楽曲は中々。 【悪い点】 作画が拙い。 原作絵が矢吹健太朗イラストなだけに、比較して著しく見劣りする。 キャラデザだけでなく、静止画が崩れていたり、細かい表情変化などの感情表現が不自然な箇所多々。 監督は日本人だが中国の制作会社らしく、作画水準が日本製アニメの水準に達していない。 ハテナが序盤の頃はツンデレというよりもピリピリしている感じであまり可愛くない。 マコトとの関係もバトルを通してパートナーとなっていくが分かりづらい、ラブコメ的に平坦。 マコトは悪くはない男子ではあるが、地味。 コメディー的な楽しさも地味。 異能バトルもさほど外連味が無い。 キャラドラマ以外のストーリーが単調。 星里本家やら悪の組織やら仄めかされるが、やっている事は似たような怪盗稼業でワンパターン。 未熟なハテナの修行の為の怪盗チャレンジが続く。 終盤ようやく盛り上がってくるが遅い。 【総合評価】 怪盗少女の成長ドラマとしては悪くはない内容。 原作劣化とはいえ、乏しいリソースで精一杯やり切った、キャラも話も好感持てるので、最低限の出来はある。 評価は悪い系が妥当だとは思いつつ、好意的に「普通」 【良い点】 はてなのキャラデザ 何故か古手川 「To LOVEる -とらぶる-」のキャラ を連想してしまった。 声優さん達の役 「ヒカリイロの歌」 【悪い点】 書いて良いかどうか迷ったけど見ていて書きたくなってしまった。 怪盗なら普通は正体隠す。 ルパンのような素顔を晒しているドロボーはいるけど忍び込む時などでは変装して正体は隠していた。 これに関してはいくら見習いの設定でも派手な格好で、顔すら隠していなくて隠そうという気がゼロにしか見えない。 そんな状態で怪盗と名乗っているのは苛立ちしか感じない。 はてな はてなが女の子と勘違いしただけで真君は何も悪いことしていない。 なのに一方的に真君が悪いかのように見ていた上にお母さんのためだったとしても悪気も躊躇いもなく彼が持っていたアーティファクトを盗もうとしたのは腹が立った。 その後自分の勘違いだったことを謝って反省していたけど、いくら謝って反省してるとこを見せてもその一方的に悪いと見ていたり、盗もうとしたこと、冷たい態度を取る、訳も聞かずに理不尽に暴力振るいすぎたせいか全然反省してるとは思えなくて好感が持てない。 真君以外のキャラ達も設定が曖昧。 悪評をつけておいてなんだけど、「メルヘン・メドヘン」にしろこれにしろ作者になんか恨みでもあるのかっと思ってしまうくらい酷いよ作画崩壊。 原作読んだことないけど面白いと思えるギャグがない。 【総合評価】 評価は悪い。 これだったら、アニメ化しないほうが良かった ・・というのが、偽らざる本音です。 「アニメ化の報から3年経って、スタート」なだけに がっかり感が否めませんでした。 その理由はいくつかございます。 1 キャラ絵が壊滅的 アニメ「メルヘンメドヘン」の如し 2 真の外見および声がミスチョイス。 「女の子と間違えられる」キャラとして説得力無し。 3 一番の要因は、理不尽 暴力といった エピソードです。 しかも原作小説以上と感じられました! ・はてなのセミヌードを偶然目にする真 以下略 ・真就寝中。 真のステッキを盗もうとするはてな アーティファクトだから。 真目を覚ます。 はてな暴力ふるう。 ・雨に濡れたはてな達を気遣う真。 はてなは自分の服が濡れてることから「真のエッチ」と叫ぶ。 肌が丸見えじゃあるまいし、さすがに無理があるっしょ 原作小説で、この描写はあっただろうか? ・真が風呂掃除中のとき、女性陣が風呂に入 中略 「真が悪い」という流れには不快感 以下略。 それでも、夢未のエピソードがはじまった頃以降は・・ 1 と 2 項はそれほど気にはならなくなりましたし、 3 項はなりを潜めた・・という感じで普通に楽しめた感じです。 それでも話の急展開が、まさにいきなり、という感じでしたが。 最終話がアニメ「メルヘンメドヘン」に続き、 またしても延期になったのは少々いただけませんでした。 改めて述べさせていただきます・・ これだったら、アニメ化しないほうが良かった・・と。 評価は【とても悪い】とします。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の