クリスマス ツリー いつ 出す。 クリスマスツリーはいつからいつまで飾る?そもそも飾る意味や歴史とは?

クリスマスツリーはいつから飾る2019?いつまでに片付ける?

クリスマス ツリー いつ 出す

ハロウィンが終わると、クリスマスツリーや街路樹にイルミネーションが施されたり、ショッピングモールのディスプレイがクリスマス仕様に変わるなど、街は一気にクリスマスムードに切り替わります。 そんな雰囲気に触れると「うちでもそろそろクリスマスツリーを飾らなければ!」という気持ちになりますが、そもそもクリスマスツリーやクリスマスリースなどの飾りは、いつ頃から飾り始めるかご存知ですか? クリスマスツリーはクリスマス4週前の日曜日に飾る クリスマスは、本来イエス・キリストの生誕祭です。 キリスト教では12月25日の4週前の日曜日から12月24日(クリスマスイブ)までを、キリストが降臨するまでの準備期間である「待降節(アドベント)期間」としています。 その始まりが、毎年11月30日に一番近い日曜日であることから、海外ではこの日にクリスマスツリーの飾り付けを始める家庭が多いようです。 もちろん「絶対にこの日じゃないといけない」というような厳密な決まりはありませんが、日曜日という家族が集まりやすい日を起点としているのは、家族と過ごす時間を大切にする欧米の文化ならではと言えるのではないでしょうか。 クリスマスツリー以外の飾りはいつ飾る? クリスマスツリー以外の飾りと言えば、クリスマスリースやクリスマスオーナメントなどがあります。 これらもクリスマスツリーと同様にキリスト教の慣習にならうのであれば、11月30日に一番近い日曜日から飾り付け始めましょう。 しかし、こと日本においてはイベントからイベントへの切り替えが年々早くなってきているため、ハロウィンが終わってからまずはリースやオーナメントだけ、お部屋のインテリア小物のひとつとして飾っても、クリスマスへの期待感が高まるのでオススメです。 毎日ひとつずつオーナメントを増やしていくなどの工夫をしても楽しいですね。 クリスマス飾りをLEDライトでバージョンアップ! クリスマスツリーに飾られるもののひとつとして、キラキラ輝く電飾があげられます。 近年は豆電球タイプからLEDタイプへシフトしてきているため、省エネかつ火災等事故の心配も減り、ペットや小さなお子様がいるご家庭でも、夜通し安心して使えるようになりました。 あらかじめツリーに付属している電飾にプラスして、玄関やリビングの一角などをLEDライトでデコレーションすると、これまで以上にバージョンアップしたクリスマスの雰囲気を楽しめますよ。 本格派の方は、家の外壁やベランダをLEDイルミネーションでライトアップするのもオススメです。 その場合も、クリスマスツリーの飾り付けと同じく「11月30日に一番近い日曜日」に飾り始めることをひとつの目安としてみてください。 2017年は11月26日(日)を飾り付け開始の目安に 毎年クリスマスツリーを出すタイミングをなんとなく決めていた方や、直前に慌てて出していた方も、「11月30日に一番近い日曜日から飾り始める」ということを知っているだけでも、クリスマスツリーをいつから出そう?と悩むことはなくなるのではないでしょうか。 2017年のクリスマス4週間前の日曜日は11月26日(日)。 この日からクリスマスの飾り付けを始めることをひとつの目安として、長くクリスマスのワクワク感を楽しんでみてはいかがでしょうか。

次の

クリスマスツリーはいつからいつまで飾るの?しまう場所(収納場所)も教えます

クリスマス ツリー いつ 出す

クリスマスツリーはいつから飾るの? 日本人は何となく12月に入ったらクリスマスツリーを出そうかと考える方が多い様です。 早くて11月末頃みたいな方が多いです。 でもクリスマスの本場アメリカなど欧米では、いつごろからクリスマスツリーを出しているのでしょうか。 結論から言いますと、特にいつから出すという決まりがあるわけではないようです。 イブまでにクリスマスツリーを用意すれば良く、ツリーを12月24日のイブの日に出すなんて家庭も多くあるようです。 ただ、ヨーロッパでは アドベント と呼ばれるクリスマスの準備期間がはじまると、街中にクリスマスの飾りを出されることも多いようです。 アドベントという単語自体は、「出現、降臨」を意味する単語です。 アドベントはキリストの降誕を待ち望む期間と言われています。 クリスマスの約4週前の日曜日からクリスマスイブまでの期間がアドベントです。 さらに詳しく言うと、11月30日の聖アンデレの日に最も近い日曜日がアドベントの始まりです。 Googleで「アドベント 2017」みたいに「アドベント 今年の年」を検索すると、期間が出てきますよ。 つまり、 ヨーロッパでは11月30日に最も近い日曜日からクリスマス期間になります。 ちなみにアメリカでは11月の第4木曜日のサンクスギビングデー(感謝祭)が終わると、クリスマスの飾りが出されることが多いです。 時期的にはヨーロッパもアメリカも良く似てますね。 つまり、アメリカもヨーロッパも11月後半からクリスマス期間に入るようになるということです。 (ただ、キリスト教も色んな考え方の宗派があり、各国、各地方でクリスマスの習慣も異なるようです。 11月末から、すべての地方でクリスマス期間ではないことは念のためお伝えしておきます。 ) 日本ではヨーロッパやアメリカほど他の国のようにキリスト教の文化が根付いているわけでもありせん。 クリスマスの気分を盛り上げる意味でもアドベントが始まる時期に、クリスマスツリーを出してみても良いかもしれませんね。 ちなみにアドベントの時期に入ると、欧米の方は アドベントカレンダーと言うクリスマスまでの期間を数えるカレンダーを置いたりします。 クリスマス気分を盛り上げるなら、アドベントカレンダーを飾ってみたらいかがでしょうか。 クリスマスツリーの片付けはいつする?アメリカや欧米では? クリスマスの飾りを出すのは、11月末のアドベントのあたりからと言うことがわかりました。 ではクリスマスツリーはいつまで飾って、いつ片付けるものなんでしょう。 クリスマスはキリストの降誕の前日の24日(クリスマスイブ)から始まって、降誕当日の25日、その後東方の3賢者がキリストのお祝いを持ってくるまでの12日間をクリスマスのお祝い期間とされています。 そうです。 正月!です。 別に気にしない方は正月期間中にクリスマスツリーを出されても良いかもしれません。 でも、正月には鏡モチやしめ縄など、正月の飾り物があります。 私はクリスマスツリーと鏡モチが一緒にあるのは正直「・・・」です。 一般的にデパートや商店でもクリスマスが終わると、正月の飾りつけに変更されます。 そういう街中の雰囲気の中で、クリスマスツリーを出しているのが落ち着かないように感じます。 おせちを食べながら、横にツリーがあるのも何か落ち着かないような・・・。 なので、 クリスマスの本当の期間を理解した上で、26日か27日くらいにクリスマスツリーを片付けるのが日本には合っているように思います。 日本では特にクリスマスについて決まりはないです。 アドベントの時期にクリスマスツリーを出して、クリスマス気分を盛り上げていって、26日か27日くらいに片付けて正月を楽しむというのが良いのではないでしょうか。 最後に~クリスマスを楽しもう~ クリスマスツリーをいつ飾って、いつ片付けるかってことをまとめました。 本場アメリカなど欧米ではどうかと言うことを交えながら、日本でのクリスマスツリーの飾る時期について紹介しました。 しかし、日本って仏教や神道が根付いている社会なのに、クリスマスも楽しみ、正月も楽しむってすごいですねぇ。 盆と正月が一緒にやってきたなんて言いますが、正月とクリスマスは間違いなく一緒にやってくるわけで・・・。 日本人ってすごい人種ですね。 でも、楽しめるものは楽しむって姿勢、好きです。 クリスマスツリーを飾ってクリスマス気分を盛り上げていきましょうね。 本記事ではアメリカなど欧米というふうに、ひとくくりに書きましたが、クリスマスツリーはドイツが発祥と言われています。 そんな飾りつけの由来がわかるとクリスマスがより楽しくなりますよ。 あと、子供へのクリスマスプレゼントの渡し方です。 良ければどうぞ。 スポンサーリンク•

次の

クリスマスツリーを出す時期はいつ頃?早いのはだめ?正しいのはいつ?

クリスマス ツリー いつ 出す

クリスマスツリーを飾る時期は?本場ヨーロッパのクリスマスの始まりの時期を参考に! 日本でのクリスマスの時期といえば、 ハロウィンが終わってすぐにクリスマスの飾りつけをするお店も多いですね。 早ければ 11月初旬~というところでしょうか。 はっきり決まっていない感じですが、クリスマス商戦が年々早くなっている日本ではクリスマスの飾りつけも年々早くなっているようです。 ではキリスト教徒が多い、 本場ヨーロッパのクリスマスの時期はいつでしょうか? ヨーロッパでは、 クリスマスの日の4つ前の日曜日(11月最後の日曜日くらい)からアドベント(待降節)と呼ばれるクリスマスの準備期間となり、クリスマス用品や食材を売る「クリスマスマーケット」が開催されたりします。 クリスマスツリーはそのアドベントの始まりから、飾り始めます。 でも日本では、クリスマスが終わったらすぐ片付けますね。 それもそのはず。 日本ではクリスマスが終わったらすぐに、お正月の準備が始まるからです。 というのも、 しめ縄や門松は、クリスマスが終わった12月26日頃から28日頃までに飾ると良いとされています。 なぜかというと、 29日は「苦が待つ」「苦立て」という事から避けられ、31日は「一夜飾り」と言って神様に大変失礼で縁起が悪いとされているからです。 クリスマスツリーやクリスマスリースを片づけずに「しめ縄」や「門松」をかざるというのはやはりおかしいですよね^^; 12月26日にはクリスマスツリーなどを片づけて、1年間家を守ってくれる年神様をお迎えするための 「しめ縄」や「門松」を28日までに飾るとよいですよ。 クリスマスツリーの手早い片付け方!来年すぐに出せるよう収納しよう ワクワクしながら出したクリスマスツリーですが、出したら片づけがつきもの。 上に書いた通り、 クリスマスの翌日もしくはその2日後くらいまでにはキレイに片づけたいので、スピード勝負です。 出来るだけ コンパクトに、手早く、かつ来年すぐに出せるように収納できたらいいですよね。 その 方法やコツをご紹介します。 まず、元々購入していた時の箱は紙製の箱であることがほとんどだと思いますが、これを使うのはやめましょう。 なぜなら 紙の箱は結構すぐにボロボロになってしまいますし、 強度的に上に物をのせたりすることもできないからです。 クリスマスツリーを片づける専用収納袋や収納バッグなるものも売っていますが、あれもあまりオススメできません・・・。 紙製の箱と同じ理由になりますが、 布製なので上に物をのせることがしにくいので単独収納せざるを得なくなるからです。 ただ、オーナメントをつけたままクリスマスツリー専用収納袋にスッポリ入れて片づけてしまうという強者もいらっしゃるようで、そうするととっても早く片づけれられる気もしますが・・・(笑) 私のオススメは、 ホームセンターなどで売っているプラスチックの衣装ケースに入れて収納する!です。 ホコリがつくこともないですし、 衣装ケースの上にまた別の衣装ケースをのせることもできるので、 収納性は抜群。 オーナメントは、我が家ではそれぞれ ジッパーがついた透明の袋(ジップロックなど)に入れて、ツリーを入れた衣装ケースの中に全部一緒に入れてしまいます。 傷がつくのが心配なら、元々オーナメントが入っていた箱がしっかりした箱ならそのままそこにしまって、ツリーの入った衣装ケースに入れてもいいと思いますよ。 片づける日は、公現祭である1月6日くらいということもわかりました。 我が家はそこに日本式を取り入れて、 クリスマスツリーやクリスマスリースを飾るのは11月最終週、クリスマスツリーやクリスマスリースを片づけるのは12月26日にする予定です。 まぁそうは言っても、バタバタ忙しくしている毎日ですから、クリスマスツリーを出すのは11月最終週は難しいかもしれません。 でも、片づけは12月26日にすみやかに行う予定です! 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の