ニコ 生放送 滑落 動画。 ライブ配信中に富士山から滑落した男性のなりすまし動画に注意。以前にも何度も他人騙る(篠原修司)

【閲覧注意】ニコ生配信に富士山山頂から滑落する瞬間の動画がヤバイ…

ニコ 生放送 滑落 動画

動画配信サービス「ニコニコ生放送」で富士山登山の様子を配信中に滑落した男性とみられ、確認を急いでいます。 28日に動画を見た人から「富士山から滑落したような動画がアップされていて心配になった」と110番通報があり、警察が捜索していました。 富士登山の動画をライブ配信中に滑落したとみられる登山者を捜索していた静岡県警は30日午後1時40分ごろ、富士山7合目付近で遺体を発見した。 県警御殿場署によると、富士山須走口7合目にある山小屋から南に約800メートル、標高約3000メートルの地点で発見した。 遺体の損傷が激しく性別は不明。 身元が分かるものは所持しておらず、身元の特定を進めている。 やはり、遺体で発見という形になってしまった… しかも、性別不明であることから推測するに、山肌で体がすり削られ原型をかろうじてとどめている程の損傷だったことだろう。 閉山中であり、かつ軽装だったため、ネット上では擁護の声が少なかったが、それでもやっぱり人が亡くなってしまうのは悲しい。 ご冥福をお祈りします。 滑落時の映像 配信主である TEDZU さんは生放送中に滑落した。 まずはそのときの映像をみていただきたい。 滑落した跡、見つかる 雪が積もる富士山頂付近を、インターネットを通じ動画配信しながら登っていた登山者が滑落したとみられ、現在、警察が捜索しています。 警察によりますと、28日午後2時半ごろ、インターネット上に富士山頂付近を歩いていた登山者が、滑落する動画があると複数の通報がありました。 登山者はカメラを装着し、登山する様子を動画でライブ配信していたとみられ、動画には滑落する瞬間が映っていました。 その後、警察がヘリコプターで確認したところ、 山頂から人が滑落したような跡があったため、県警の山岳救助隊10人が午前5時に出発し、捜索活動をしています。 また、動画配信していたアカウントからも登山者の特定を急いでいます。 富士山の登山シーズンは先月10日までで、4つある登山道は全て閉鎖されています。 tbs. htm 付近に遺体がないことから、非常に長い距離を滑落したようだ。 登山禁止期間中だった 登山禁止期間中であったにもかかわらず、登山してしまった彼。 彼のツイートには、「バスの乗客が途中から全員いなくなった」と書かれており、登山禁止期間中だったことを皆、知っていたため途中の湖で下車したとみられる。 彼は情報収集不足であった。 滑落した場所 富士登山中に滑落したのだが、登頂後に滑落した模様 富士登山を舐めており、軽装だった ツイッターの情報によると、登山開始靴は滑り止めの金具が付いていないトレイルランニングシューズ、そしてピッケルもなし。 とてもこの時期の富士登山に挑む装備とは思えない。 滑落した生主「TEDZU」とは何者? 彼は40歳で司法書士試験に滑っている。 そこからニート生活であり、ニコ生配信を始めた模様。 放射線と抗がん剤は放射線先行 2. 抗がん剤はFOLFOXよりCAPOX(Bev推奨) 3. CAPOXは4回(3ヶ月)で十分 4. 主治医を説得するな。 とっとと転院汁! 術前療法ということはこの後手術に臨んでいた可能性も・・・ 最近ではダイエット中心の内容の配信をしていたそうな。 以下彼の顔写真 ニセモノが生還報告 まったく呆れた話ですが、tedzuさんを名乗るニセモノが生還したとYouTubeに動画をあげて、小金を稼いでるようです。

次の

ライブ配信中に富士山から滑落した男性のなりすまし動画に注意。以前にも何度も他人騙る(篠原修司)

ニコ 生放送 滑落 動画

TEDZUが生放送中に富士山滑落をする 出典:ニコ生アーカイブ ニコ生配信者のTEDZUは2019年10月28日午前に「富士山へGO」という企画で富士山山頂へ。 生配信でコメントを読みながらTEDZUは富士山へ。 しかしその番組の途中に滑落し動画はストップ。 ニコ生からは動画が削除されてしまっているものの、その瞬間の動画などが拡散されています。 キャプチャー動画あげときます 富士山滑落 — いのうえ 卵とじ ponapona979 TEDZUの生配信を見ていた人が滑落事故の恐れがあるとして通報。 静岡・山梨県警はヘリコプターを出動させ、救助隊員10人も現場へ。 現在も安否は不明であるとしています。 TEDZUと富士山 TEDZUは初めて富士山に登ったというわけではなく、過去にも何度も富士山関連のツイートを以下のようにしています。 富士山から帰って寝て起きたら味覚が戻ってたw メンタル的なもんかな? 久々に人に会ったから。 何か虫の知らせでもあったのか、この時点で素直に帰っておけば滑落もせずに…。 TEDZUの富士山登山は喋りながらで… TEDZUは動画にて富士山登山をする時にコメントの自動読み上げ機能を使い、それに返信をしながら登山をしていました。 そして話をしながら一人で登山。 TEDZUは動画内では以下のようにコメント。 コメントに返信をする場面も度々有りました。 「指やばいから日向であっためよう」 「そろそろ感覚なくなる」 「スマホを操作しなきゃいけないこの苦行」 「手袋が入らない、ちょっとまって」 「カイロあった方が良かったね」 「指が痛いっていうか感覚がない」 「人いないね」 「指…行くしか無いな」 「足跡いっぱいある」 「下り注意ね、こけないように」 「ちょっとここ滑るな、ここ」 「滑る、ホンマに滑る」 「なかなか滑るな」 「景色いいよ、こんな感じ」 「落ちないようにしよう」 「雪が積もってね…」 「貸し切り、貸し切りおじさんですよ」 「電波有るね、しかし」 「スマホホルダあったほうが良かったね」 「脇作戦だ、脇であっためよう」 「あんま変わらん」 「斜度が30度くらいあるけど…滑るな」 「危ないな」 「岩を使っていこう、ちっさい岩」 「なかなか危ないここ」 「滑って下山する? コメントへの返信 」 「岩を頼りに…」 「斜面になっちゃってるな」 「道が埋まって、半分ね」 「よしいこう、行けた」 「道あってんのこれ」 「なんか相当埋まってんだけど雪で」 「よしいこう」 「ここも危ないね」 「斜面…あっ滑る!」 TEDZUは動画内で「指やばい」を何度も繰り返していました。 TEDZUの滑落に対するネットの反応 しかしそもそも富士山は閉山期間中。 そのためTEDZUの滑落に関しては滑落自体は不幸であったものの厳しい声も…。 TEDZUの滑落に対するネットの反応はこちら。 登山禁止期間にアイゼン無し、防寒不十分の単独は…• 富士山を何度か登頂してるみたいだけど冬は初めてだったのかな• 中継してたせいで引き返せなかったのかな• 閉山してる理由がよくわかる動画だった• 救助隊の人は二次被害に気をつけて欲しい• 山の怖さと装備の大切さがよくわかる動画だった• 言いたいことは色々有るけれどまずは無事に救助されて欲しい 実はニコ生配信者のTEDZU、直腸がんステージ4だと2018年3月29日に告知されたとも明かしています。 明日(4月12日)の第41回NPO法人宮崎がん共同勉強会東京支部会の事前登録をしたのですが、都合がつかず欠席させていただきたく思います。 申し訳ありません。 2018年3月29日がん告知、直腸がんステージ4です。 無事に帰ってきてくれれば良いのですが。

次の

富士山滑落ニコ生配信動画【YouTube】(テツTEDZUさん死亡)が完全に閲覧注意レベル

ニコ 生放送 滑落 動画

登頂を断念して下山した人もいる中で、1人登る? 「ノリだけで登ってしまったような印象も」。 アルピニストの野口健さんは2019年10月31日、「雪山に登るという自覚が全く感じられない」として、男性についてツイッターでこんな感想を明かした。 7合目付近で見つかった男性の可能性もある遺体については、静岡県警が身元の確認を進めている。 その一方、登山関係者らからは、無防備すぎる登山が招いた結末ではないかとの声が上がるようになっている。 野口さんは、配信動画を見ると、冬山登山に必要なピッケル、アイゼンは映っておらず、男性の服装について、「ハイカットの登山靴ではなく軽登山靴または運動靴。 スパッツなし」と指摘した。 そして、こんな登山については、残念だと漏らしている。 また、登山学校講師でアプリ制作者の松本圭司さんは31日、「先日富士山で滑落した方は、雪のある部分に入った時点で遭難してた」との見方をツイートした。 松本さんは、軽装とみられる姿で登ったのは無知だったからとして、「遭難はなかなか自覚できず、パニックになっていても自覚できない」「視野が狭まり自分の状況を俯瞰できない。 これは誰にでも起こりうる」と警鐘を鳴らしている。 さらに、男性は、登頂を断念して下山した人もいる中で、1人登っていた可能性があることが分かった。 足を滑らせた当日の10月28日、別の富士山登山者が、登山情報サイト「ヤマケイ」で、下山中に男性らしき人が登っているのを遠くから見かけたと明かしていたのだ。 冬山で日没も早いので、17時には真っ暗に この登山者は、男性らしき人について、「現時間では登頂は厳しいのではないかと思った」と書いている。 登山者は、9合目に行く途中で13時30分を過ぎたため、この日の登頂を断念した。 5合目に到着したときに、ちょうど日が暮れたという。 男性が富士山山頂から足を滑らせたのは、14時40分ごろだ。 とすると、この時間に山頂にいれば、たとえ助かったとしても、5合目に戻るまでに日没を迎える計算になるかもしれない。 地元・富士宮山岳会の工藤誠志会長は11月1日、男性の下山について、J-CASTニュースの取材に次のような見方を示した。 「男性の方が足を滑らせた地点から下山するとすれば、標高2400メートルの富士宮口か、1450メートルの御殿場口か、のいずれかだと思います。 でも、夏山の基準で言いましても、富士宮口まで3、4時間、御殿場口まで5時間はかかります。 冬山で日没も早いですので、17時には真っ暗になります。 コースが分かっていたとしても、明るいうちには着けないでしょうね」 工藤さんは、男性がヘッドランプを持っていれば、下山を続けることはできるものの、それでもコースを熟知していることが必要だとしている。 また、下山を続けていたとしても、低体温症で動けなくなる恐れもあるという。 「風がありますと、10月でも低体温症になった事例があります。 男性が山頂にいたときは、気温がマイナス5度にまで下がっています。 指に凍傷ができても動けますが、低体温症になりますと、脳の機能が低下して動けなくなってしまいます。 また、昼に溶けた雪が夜に固まり、積もった雪が風で飛ばされ、つるつるのアイスバーンになっており、アイゼンの刃でも少ししか刺さりません。 ですから、とても滑りやすくもなっており、冬の富士山で訓練してから、ヒマラヤ登山を目指す人も多いですね」 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の