白内障 手術 後 視力。 白内障手術後の見え方ってどんな感じ?

白内障手術をすると、もう視力は悪くならないんですか?|白内障治療専門サイト アイケアクリニック

白内障 手術 後 視力

遠近両方にピント合わせが可能なバイフォーカルレンズ(現在は健康保険と併用できる先進医療の扱い)や乱視を矯正するトーリックレンズなど眼内レンズの選択肢が広がり、フェムトセカンドレーザ(フェムトセカンドとは千兆分の1秒の意味で、超々短時間のパルスを発生する)を使った精度の高い手術も導入されはじめています。 いったいどこまで進歩するのでしょう。 進歩すれば、手術を受ける人々の期待度、要求度が高くなるのは当然です。 70歳代の女性は、元来強い近視でしたが、段々ぼやけが進んでいる気がしていました。 白内障手術を受けた友人たちが、「よく見える」と喜んでいるのを聞き、自分も同年代だからと日帰り手術もしている近所の眼科に相談しました。 やはり白内障の診断で、早速手術を受けました。 ところが、期待通りではありませんでした。 確かに明るくはなりましたが 眩 ( まぶ )しさがあり、遠くが二つに見えたり、左眼でみると線が 歪 ( ゆが )むのでした。 手術前は眼鏡をかけずに近付ければ見えた、画数の多い漢字やルビ(ふりがな)が読めなくなったのです。 術者の先生に訴えても、「手術は完璧だし、視力も出ているのにどうしてそんなに不満ばかり並べるのか」と取り合ってくれません。 「他の病院に行きなさい。 どこに出しても恥ずかしくない手術だということがわかりますよ。 それとも精神科に紹介しますか」と言われたと、がっかりした様子で私の外来にやってきました。 診察すると、確かに手術は完璧でしたが、不満の原因も判明しました。 専門的になるので、簡単に記しますが、全ては強度近視だったことに源があります。 この方は、目の位置異常や、左眼の黄斑という網膜中心の最も感度のよいところに 僅 ( わず )かな変性が存在していました。 大きな病変があればおのずとわかりますが、白内障が原因の見えにくさと医師が 一旦 ( いったん )判断すると、その術前には、他を細々と調べることは普通はしないのです。 もう一つの不都合は、近付ければ字が大きく映り、よく見えるという強度近視の人が持つ得意技を、眼内レンズで近視度を減らしたことで、使えなくしてしまったことです。 強度近視は成人人口の6~8%と日本人には非常に多く、白人の数倍です。 これは、単に眼鏡の問題ではなく、緑内障、白内障、網膜病変、眼の位置異常などが起こりやすい難しい眼でもあります。 だから、私たちは強度近視の方の白内障を手術する際には、よくよく慎重に検査をすすめることにしています。 眼科手術の結果に満足できず、受け入れられない状態を、私は「眼科術後不適応症候群」と称していますが、上の例のような白内障手術後不適応が最多です。 年間約100万眼と著しく多い手術だからでしょう。 白内障手術の恩恵に与る大勢の人がいる一方で、手術の失敗や医療過誤ではないけれども、不適応例があるということです。 眼は見え方の質が問題になる精緻な感覚器です。 今日の白内障手術は、昔のように見えない目を見えるようにする手術と違って、見え方の質が重要になりますから、不適応も起こりやすいのだといえましょう。 若倉雅登(わかくら まさと) 井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長 1949年東京生まれ。 北里大学医学研究科博士課程修了。 グラスゴー大学シニア研究員、北里大学助教授、井上眼科病院副院長を経て、2002年から同病院院長。 12年4月から現職。 日本神経眼科学会理事長、東京大学医学部非常勤講師、北里大学医学部客員教授などを歴任。 15年4月にNPO法人「目と心の健康相談室」を立ち上げ副理事長に就任。 「医者で苦労する人、しない人 心療眼科医が本音で伝える患者学」、「絶望からはじまる患者力」(以上春秋社)、「心療眼科医が教える その目の不調は脳が原因」(集英社)、医療小説「茅花流しの診療所」、「蓮花谷話譚」(以上青志社)など著書多数。 専門は、神経眼科、心療眼科。 予約数を制限して1人あたりの診療時間を確保する特別外来を週前半に担当し、週後半は講演・著作活動のほか、NPO法人、患者会などでのボランティア活動に取り組む。

次の

【白内障】 手術後の見え方や視力差について!! 運転はできる?

白内障 手術 後 視力

本日は白内障手術を12件行いました。 皆さん無事に終わりました。 白内障手術後の視力を予測する(網膜電図) 進行した白内障があるときに行う検査があります。 ERG(網膜電図)です。 これは、網膜(カメラで言うフィルム)の機能を測るものです。 通常は白内障手術の前に眼底検査を行って、網膜に問題が無いかどうかを評価します。 網膜に異常があれば、白内障手術をしてもうまく視力が上がらないかもしれません。 白内障があまりにも進行している場合には眼底検査ができませんので、手術をして視力が上がるかどうかが評価できない事になります。 以前手術していただいた方の眼底写真です。 まったく眼底が見えないのでこのような写真になります。 眼底の評価ができなかったため、網膜電図を行いました。 左の2つが今回手術をしない目で、右の2つが今回手術する目の波形になります。 右の2つの波形がほとんどフラットになっています。 これは、光をあびさせても網膜が反応しない事を示しています。 白内障の影響で網膜まで光が届きにくいという影響もありますが、それだけではこのような波形になりません。 そのため、患者さんには「手術しても視力が上がりにくいかもしれません」と説明して、ご納得して手術を受けていただきました。 白内障が大変進行していたので難しかったのですが、無事に手術ができました。 上は手術後の眼底写真です。 網膜の血管がほとんど見えなくて、血液があまり流れていない事が分かります。 網膜色素変性症という病気によって網膜自体がだめになってしまっています。 白内障はとてもきれいに出来たので、少しだけですが視力があがりました。 当院で手術する以上は、ご納得して手術を受けていただきたいと思っていますので、手術前の検査がとても重要です。 最新記事• 月別アーカイブ• 1 カテゴリー• 144•

次の

白内障手術後の視力はずっと変わりませんか?

白内障 手術 後 視力

「よく見えるわ」という人もいれば、 「思っていたより見えない」と言われる方もいます。 また、手術前には 「私はどれだけ見えるようになりますか?1. 0?1. 5?」みたいに具体的な視力の数値を言われる方もいます。 手術前にどのぐらいどんな風に見えるのかシミュレーションできれば一番良いのですが、残念ながらそれもできません。 例えばメガネやコンタクトレンズを使って、どんな感じかをシミュレーションしようと思っても、そもそも白内障のせいで曇ってしまっているので、「曇りが取れたらどんな風に見えるか」はどうやっても再現することはできません。 また、手術は100%の精度でできるわけではないですし、手術後何らかの合併症が起こる可能性もあります。 ですから、手術をする前に「どのぐらいの視力になるのか?」というのはどんな名医の先生でも答えることはできないのです。 手術によって見え方はどう変わるのか? 白内障が進行すると水晶体は白ではなく黄色くなってきます。 そのため視界は全体的に黄みがかって見えます。 しかし徐々に色が変化しているので自覚することはまずありません。 手術をすると急に見え方が変わるため、「今までと色味が違って見えてしまうことも少なくありません。 また、 白内障手術では眼内レンズの度数を調整することにより、遠視や近視、乱視を矯正することができます。 ですから元々ド近眼の人でも手術は普通に見えるようにすることも可能です。 ただし手術の精度は完璧ではありませんので、近視や乱視が残存してしまう可能性もありますが、基本白内障以外に問題ない方であれば、例え近視や乱視が残存したとしても元々の見え方と比較をすればかなり良い状態になっていると思います。 いずれにしても白内障は目の状態によって術後の結果や手術の適応もかなり異なりますので、気になる方は一度眼科で調べてもらうと良いでしょう。 吉田 【白内障手術・老眼治療 院内説明会のご案内】 白内障手術・老眼治療について詳しく知りたい方は、毎月おこなっている にご参加ください。 手術室の見学も可能です。 お気軽にご参加ください。

次の