ナカノ ヒトゲノム ザクロ。 ナカノヒトゲノム【実況中】 アクリルスタンド 忍霧ザクロ

ナカノヒトゲノムの2期・最後・アニメが話題

ナカノ ヒトゲノム ザクロ

Contents• 忍霧(おしぎり)ザクロは 17歳の高校生。 常に黒いマスクをつけており、 厨二病キャラのような外見をしています。 男子校に通う彼は女性がとても苦手で、女性を感じるものの一切に抵抗感を示すほど。 たとえゲームクリアのためであっても、 女装をすることには断固として反対します。 性格は生真面目で、地に足の着いた考え方をし、何事にも慎重を期すタイプ。 勢いで突っ走ろうとするアンヤとはたびたび衝突します。 けれども、感情的になると冷静さを見失い、周りが見えなくなってしまいがちに。 それでも周囲の動向をよく観察しており、 組織的な行動に重きを置いている面が散見されます。 今まで演じられた代表的なものとしては、• 「機動戦士ガンダム UC(ユニコーン)」バナージ・リンクス役。 「ピンポン」のスマイル(月本) などがありますね。 各作品の主役級を多数務めてきた実力派です。 内山さんはこれまで、 特に中高生の声を演じる役を多く経験されており、ザクロはぴったりの配役といえます。 厨二病をこじらせたような外見と、小心者で慎重派のザクロ。 今回のザクロ役もまた、内山さんの代表的な役の 1つとなることは間違いないでしょう。 いつもつけているマスクの意味とは 皮膚呼吸困難 皮膚呼吸困難男!!!! アンヤくん、いつもおこぷん表情なのに4巻で腹がつるほど笑っていた所、面白かったですね〜🥺🥺 3巻p. 63でも笑うシーンがあったけど、ザクロくんの呪い+マスクシーンもあり、かなり印象深いシーンでした😤 — すもも。 マスクを外すことはめったになく、何かを食べるとき以外は風呂でも外しません。 彼にとってのマスクは、いったいどんな意味を持っているのか、みていきます。 実はザクロは、他のメンバーとは違い、自らナカノヒトゲノムに参加しています。 彼にはある目的があり、そのために参加する必要があったのです。 実は、 ザクロにはサクラというそっくりの双子の妹がいます。 サクラは、 ナカノヒトゲノムのゲーム実況を行って失踪した者の1人でした。 ザクロは、ナカノヒトゲノムに妹を探す手掛かりがあると考え、自分から島に来たのです。 こうした目的を持ち、妹を探すために別行動をとろうとするザクロ。 同じく島からの脱出を図るカイコクとは、結果的に行動を共にすることが多いです。 第 5ステージ中、鬼の屋敷でザクロは サクラの手がかりを見つけます。 ブレスレットのようなものに、サクラの名前が刻まれていたのです。 妹がこの島にいた確証を得た兄は、いよいよ引き下がれません。 では、ザクロにとって妹サクラとはどのような存在なのでしょうか。 作中を見る限り、 ザクロとサクラの関係は悪くなかったように見えます。 とはいえ、ザクロはサクラに対して複雑な感情を抱いている印象。 ザクロは幼い頃、 サクラの悪ふざけで口元にけがを負ったことがあります。 その傷跡はテープのようなものが貼られ、隠されています。 ザクロが常にマスクをしている理由は、このあたりの事情にあるようです。 この口元の傷は、彼が抱えるコンプレックスの 1つでしょう。 他メンバーに比べ特に繊細な彼だからこそ、考えられる筋としては有力です。 でなければ、 常にマスクを着けている理由がわかりません。 ここまでして隠そうとする傷は、サクラにつけられているわけです。 ザクロとサクラの関係を勘ぐってしまうのも、無理からぬこと。 そしてサクラはナカノヒトゲノムを実況しました。 兄と妹の間には、何らかのねじれがあったと考えるべきでしょう。 それから現在に至るまでの間に、ザクロの心に動きがあったことは間違いありません。 現在はサクラを探し出すため、必死に探し回るザクロ。 一方サクラは「白の部屋」の地下にひそんでいます。 カイコク救出時、 2人はあと一歩で再会できるところまできました。 サクラはザクロの声を聞いて、うれしかったに違いありません。 ただ、ザクロがサクラと直面したとき、彼はどんな表情をするのでしょうか。 邪推ですが、 黒マスクは女性が苦手なザクロを守る役割もあるのではないでしょうか。 妹であれ、他人行儀になっている兄のイメージが、なんとなく想像できるのです。 ザクロの女性苦手意識はサクラに原因があるのでは、とさえ思ってしまいます。 ザクロとサクラ、そしてザクロの傷とマスク。 これらの関係性がこれから掘り下げられていく様子にご注目ください。 忍霧ザクロの使用する武器について ザクロもまた、 13番街メンバーにおいて戦闘スキルの高い存在です。 彼は足音を消し、気配を遮断して移動することができます。 ステルス系ゲームを得意とするザクロは、実際にも「ステルス」が可能なのです。 ザクロがメインとする武器は折りたたみナイフ。 ですが、彼はそれ以外にも様々な仕込み武器を隠しています。 まず、目くらまし等に用いる発煙弾• 左手の指輪には仕込み針が施されています• ブーツのかかと部分やベルトのバックルには、ナイフが飛び出す仕掛け このように、彼はナイフと暗器を武器としています。 ナイフはともかく、様々な暗器を備えているザクロ。 これは、ザクロがサクラを探すため、前々から周到に準備していたということです。 アカツキたちと同様にさらわれているのであれば、こんな準備はできません。 この点から、 13番街メンバーが島に来た方法に違いがある可能性は高いといえます。 と、 様々な武器を持つザクロですが、武器を用いたことはまだありません。 今は、脅すためにナイフをちらつかせる程度で済んでいます。 13番街メンバーの中では最も常識的で、慎重派のザクロ。 はたして、彼が今後ナイフを抜く場面はあるのでしょうか。 そのときこそ、 この物語が結末に近づいているときなのかもしれません。 まとめ 今回は、 忍霧ザクロの正体を中心に見ていきました。 わけもわからず集められた 13番街メンバー。 その中で、唯一明確な目的を持ち、自らこの地に赴いたのがザクロです。 ザクロは再びサクラと出会うことができるのか。 今後、この点についてしっかりと追っていく必要があります。 一方、定例会議の場で、彼らは「素質」があるために集められたという話もありました。 妹サクラも、 2年前に 11番街メンバーとして集められています。 忍霧兄妹が共通して持つ「素質」とはいったい何なのか、非常に興味深いところです。 そして、ザクロとサクラの関係と、 2人の過去。 ザクロの人格形成や、彼がマスクを着けている理由は、この点をひも解くことで見えてくることでしょう。 また、いじられ役ポジションでもあるザクロは、様々な表情を見せてくれます。 内山さんが命を吹き込んだザクロがどのように動くのか、楽しみでなりません。

次の

漫画「ナカノヒトゲノム」の魅力を全巻ネタバレ考察!アニメ化決定!

ナカノ ヒトゲノム ザクロ

Contents• ナカノヒトゲノムアカツキの正体を考察 ナカノヒトゲノムのアカツキについて、まずはどういった人物か・・・ 主人公とも言える立ち位置ながら、敵であるパカとのつながりも見せる謎多きアカツキ。 クラスでの人気は高く、誰とでも仲良くなれる性格の持ち主。 彼は オンラインでのゲーム実況の動画配信を行っていました。 得意なゲームジャンルは脱出ゲーム。 非常に多くの花粉症アレルギーを持っています。 そのため、マスクは欠かせません。 また、 忘れっぽく、ついさっきのことも忘れてしまうほどです。 自己紹介で、自然や肉球が好きであることを公言しています。 そして、自他ともに認める平和主義者というのが、アカツキという人物の正体です。 家族は母親のみで、 父親はすでに他界しています。 性格は? アカツキの性格を一言で表すと、素直というのが一番ピッタリかもしれません。 彼のとる行動原理を見れば、それは明らかです。 アカツキは非常に好奇心が強く、積極的にゲームに参加していきます。 何事にも首を突っ込みがちで、メンバーから怒られることもしばしば。 興味がわいたものには一直線です。 また、彼を包む空気はゆるく、「平和」という言葉が大変よく似合います。 彼と接した人間は、あっという間に彼のペースにのまれ、泥棒も改心させるほど。 そしてなにより、彼はもめ事をよしとしません。 血が流れるようなことを極端に嫌い、事態を平和的に収めようとします。 それゆえ、 13番街メンバーの中ではクッションのような役割を果たす存在です。 そこには彼の確固たる意志が表れています。 島に来た直後の第 1ステージ、彼は真っ先にパンダを倒す以外の方法をとりました。 こうした好奇心と、周囲のギスギスを和らげようとする姿勢。 ときに彼は、そのために自ら果敢に突っ込んでいく姿を見せます。 第 5ステージで 娘に変装したり、イエティに捕まったパカを助けに行ったりなど。 一見向こう見ずな行動に、驚かされるばかりです。 このように行動力のあるアカツキですが、 感情を激しく出すことはまずありません。 時折何を考えているのかわからないような、物憂げな表情を浮かべることも。 そんな側面が、 彼の裏の部分の正体をにおわせるのです。 魅力十分のキャラクターを持つアカツキは、まさに この物語の主人公といえます。 初対面同士の中でアカツキは、積極的にコミュニケーションをとろうとします。 いい意味で無神経な彼は、 最初こそうとましく思われますが、徐々に打ち解けていきます。 そして、苦難を超えていく 13番街メンバーたち。 一方で、 アカツキのあまりにも善人な部分や、妙な行動に疑問を持つメンバーも。 彼を全面的には信頼していない、してはいけないと冷静に見ている者たちです。 その最たるものが、常に一歩引いたところで状況を客観的に見ているカイコク。 彼はユズの部屋の写真などから、 アカツキとユズとパカの関係性を疑っています。 カイコクと行動を共にすることの多いザクロもまた、カイコクの話を聞いた 1人。 何かとユズにつきまとわれる彼女は、 ユズの底知れなさを直感的に感じていました。 アカツキとユズは本当は初対面ではないのでは?と勘ぐってもいます。 そんな中、パズル後のユズとカイコクの話を聞いてしまうのです。 以降、カリンはカイコクから資料を見せてもらい、自分たちの状況を知り始めます。 そして最後に、 ユズとアカツキの関係。 この両者の関係こそ、物語のメイン部分と言ってもよいかもしれません。 アカツキの行動を絶えず観察しているユズ。 部屋には、アカツキの写真が壁一面に貼られています。 また、 カリンに近づいては、アカツキのことを根掘り葉掘り聞いてくるのです。 こうしたユズのアカツキに対する執着は、 好意というより研究対象としての興味というべきものです。 アカツキがたまに見せる笑顔や涙を見て、不思議に思うユズ。 まるで、 アカツキはそんなことしないと言わんばかりの驚きを見せます。 そんなユズは、アカツキのことを昔から知っていました。 彼女は島の研究施設に出入りしており、当時からアカツキに関心を向けています。 アカツキとユズの関係が、島の研究に関わるものであることは間違いありません。 単に絆を深めるにとどまらない、複雑な人間模様もまた、ナカノヒトゲノムの面白さです。 アカツキの秘密 一見裏表のないアカツキですが、たまに見せる彼の知られざる姿。 ここでは明らかになったアカツキの秘密を解説していきます。 まず、 アカツキ自身は両親の本当の子供でなかったということ。 彼のかつての名はアキラといい、入出家に養子として迎え入れられました。 そして彼は、 それ以前の記憶を完全に失っているのです。 息子のアカツキを失い、ショックで心が壊れてしまった母親。 母がアキラに注ぐ愛情は、亡くなったアカツキに対してのものでした。 その後、改名申請を経て、 アキラは文字通りアカツキとなったのです。 そのアカツキはなんと、 ナカノヒトゲノムが行われている島の所有者でした。 島の初代所有者の一番弟子だったアカツキの父親。 彼は先代から島を受け継ぎ、父の死後はアカツキに権利が渡ったというものです。 すでに亡くなった父親は、島でのミミクリー研究の中心的な存在でした。 アカツキがナカノヒトゲノムと浅からぬ関係があることがわかります。 また、 アカツキとヒミコが兄弟である可能性についてもほのめかされています。 第 5ステージでのアンヤのヒミコに対する一言。 それは、 ヒミコはアカツキと雰囲気が似ているというものでした。 さらに、第 6ステージで判明するヒミコについてのシーン。 アカツキの良い部分を挙げろという質問に、彼女は 「お兄さんみたいなところ」 と答えます。 そして最後の質問で、 「自分は兄を殺した」 という衝撃の一言。 ヒミコは幼いころに兄と離れ離れになっています。 自分のために、兄が離れなければならなかったというヒミコ。 そんな兄も養子先から失踪し、死亡認定を受けているということ。 とんでもない事実がここで明らかになるのです。 こうしたヒミコの境遇とアンヤの言葉が、 アカツキとヒミコが兄弟である可能性を高めます。 13番街メンバーが意図的に集められていることは以前紹介しました。 初対面同士だった彼らの間には、本人たちも知らない秘密がまだまだ隠されています。 パカとの関係は? 【あらすじ・先行カット公開!】 「【実況中】」第2話のあらすじと先行カットが公開! 第2話「BORN THIS WAY」 パカの指示で様々なゲームのリアル実況を強いられることになったアカツキたち。 案内人パカが課したタスクは、生死をかけたリアルゲーム実況で再生数1億を達成すること。 アカツキは、パカに対して敵意を持っていません。 これは、感情の起伏が大きくない彼だからこそできることなのでしょう。 しかし、何も知らされないままゲームをやらされる 13番街メンバーたち。 抗えば力でねじ伏せられ、ときにはあおってくることもあるパカ。 これで怒りが湧かない方がどうかしています。 ただ、アカツキはそうではありませんでした。 アカツキの特殊性は、こうしたところからも見てとれます。 その他、アカツキはアンヤのために睡眠薬の調達をパカにお願いします。 第 5ステージでも、パカに 「一緒に島を脱出できないか」 と、うわ言。 第 10ステージでパカがイエティに襲われたときは、パカを救出に向かいさえします。 無意識的な部分で、 アカツキはパカとのつながりを求めているようです。 第 5ステージでは、アカツキを殺そうとするキハチを止めにきました。 カイコクが閉じ込められた際も、アカツキがゲームを拒否したとたん、第 8ステージを用意。 パカの扱いが、 他メンバーに比べてあまりにも違いすぎています。 どうやら、パカは アカツキがゲーム参加不能状態となることを恐れている様子。 パカが無理やりでもゲームを進行させようとする意図は、この点にあるのでしょう。 これらパカの態度から、 アカツキとナカノヒトゲノムに接点があることは確かです。 アカツキとパカ、そしてユズの 3者。 彼らの「裏」の動きが今後どう展開していくのか、大変楽しみです。 アニメでも、この二人の関係は緻密に再現されています。 しかし、 アカツキには謎多きマダラメに関する部分も残されています。 他方、真相を解き明かそうとするカイコクやナナミ、そしてヒノキたちの今後の展開は。 真実を知るたびに、彼らの心境にどんな変化が見られるのでしょうか。 繊細に練り上げられた伏線をめぐらし、ストーリーを描いた本作。 キャラ 1人掘り下げるだけでも、パズルが解けていくような快感を覚えます。 一筋縄ではいかない、魅力しかない登場人物たちにぜひフォーカスを当ててみてください。

次の

ナカノヒトゲノム【実況中】(テレビアニメ)

ナカノ ヒトゲノム ザクロ

Contents• 忍霧(おしぎり)ザクロは 17歳の高校生。 常に黒いマスクをつけており、 厨二病キャラのような外見をしています。 男子校に通う彼は女性がとても苦手で、女性を感じるものの一切に抵抗感を示すほど。 たとえゲームクリアのためであっても、 女装をすることには断固として反対します。 性格は生真面目で、地に足の着いた考え方をし、何事にも慎重を期すタイプ。 勢いで突っ走ろうとするアンヤとはたびたび衝突します。 けれども、感情的になると冷静さを見失い、周りが見えなくなってしまいがちに。 それでも周囲の動向をよく観察しており、 組織的な行動に重きを置いている面が散見されます。 今まで演じられた代表的なものとしては、• 「機動戦士ガンダム UC(ユニコーン)」バナージ・リンクス役。 「ピンポン」のスマイル(月本) などがありますね。 各作品の主役級を多数務めてきた実力派です。 内山さんはこれまで、 特に中高生の声を演じる役を多く経験されており、ザクロはぴったりの配役といえます。 厨二病をこじらせたような外見と、小心者で慎重派のザクロ。 今回のザクロ役もまた、内山さんの代表的な役の 1つとなることは間違いないでしょう。 いつもつけているマスクの意味とは 皮膚呼吸困難 皮膚呼吸困難男!!!! アンヤくん、いつもおこぷん表情なのに4巻で腹がつるほど笑っていた所、面白かったですね〜🥺🥺 3巻p. 63でも笑うシーンがあったけど、ザクロくんの呪い+マスクシーンもあり、かなり印象深いシーンでした😤 — すもも。 マスクを外すことはめったになく、何かを食べるとき以外は風呂でも外しません。 彼にとってのマスクは、いったいどんな意味を持っているのか、みていきます。 実はザクロは、他のメンバーとは違い、自らナカノヒトゲノムに参加しています。 彼にはある目的があり、そのために参加する必要があったのです。 実は、 ザクロにはサクラというそっくりの双子の妹がいます。 サクラは、 ナカノヒトゲノムのゲーム実況を行って失踪した者の1人でした。 ザクロは、ナカノヒトゲノムに妹を探す手掛かりがあると考え、自分から島に来たのです。 こうした目的を持ち、妹を探すために別行動をとろうとするザクロ。 同じく島からの脱出を図るカイコクとは、結果的に行動を共にすることが多いです。 第 5ステージ中、鬼の屋敷でザクロは サクラの手がかりを見つけます。 ブレスレットのようなものに、サクラの名前が刻まれていたのです。 妹がこの島にいた確証を得た兄は、いよいよ引き下がれません。 では、ザクロにとって妹サクラとはどのような存在なのでしょうか。 作中を見る限り、 ザクロとサクラの関係は悪くなかったように見えます。 とはいえ、ザクロはサクラに対して複雑な感情を抱いている印象。 ザクロは幼い頃、 サクラの悪ふざけで口元にけがを負ったことがあります。 その傷跡はテープのようなものが貼られ、隠されています。 ザクロが常にマスクをしている理由は、このあたりの事情にあるようです。 この口元の傷は、彼が抱えるコンプレックスの 1つでしょう。 他メンバーに比べ特に繊細な彼だからこそ、考えられる筋としては有力です。 でなければ、 常にマスクを着けている理由がわかりません。 ここまでして隠そうとする傷は、サクラにつけられているわけです。 ザクロとサクラの関係を勘ぐってしまうのも、無理からぬこと。 そしてサクラはナカノヒトゲノムを実況しました。 兄と妹の間には、何らかのねじれがあったと考えるべきでしょう。 それから現在に至るまでの間に、ザクロの心に動きがあったことは間違いありません。 現在はサクラを探し出すため、必死に探し回るザクロ。 一方サクラは「白の部屋」の地下にひそんでいます。 カイコク救出時、 2人はあと一歩で再会できるところまできました。 サクラはザクロの声を聞いて、うれしかったに違いありません。 ただ、ザクロがサクラと直面したとき、彼はどんな表情をするのでしょうか。 邪推ですが、 黒マスクは女性が苦手なザクロを守る役割もあるのではないでしょうか。 妹であれ、他人行儀になっている兄のイメージが、なんとなく想像できるのです。 ザクロの女性苦手意識はサクラに原因があるのでは、とさえ思ってしまいます。 ザクロとサクラ、そしてザクロの傷とマスク。 これらの関係性がこれから掘り下げられていく様子にご注目ください。 忍霧ザクロの使用する武器について ザクロもまた、 13番街メンバーにおいて戦闘スキルの高い存在です。 彼は足音を消し、気配を遮断して移動することができます。 ステルス系ゲームを得意とするザクロは、実際にも「ステルス」が可能なのです。 ザクロがメインとする武器は折りたたみナイフ。 ですが、彼はそれ以外にも様々な仕込み武器を隠しています。 まず、目くらまし等に用いる発煙弾• 左手の指輪には仕込み針が施されています• ブーツのかかと部分やベルトのバックルには、ナイフが飛び出す仕掛け このように、彼はナイフと暗器を武器としています。 ナイフはともかく、様々な暗器を備えているザクロ。 これは、ザクロがサクラを探すため、前々から周到に準備していたということです。 アカツキたちと同様にさらわれているのであれば、こんな準備はできません。 この点から、 13番街メンバーが島に来た方法に違いがある可能性は高いといえます。 と、 様々な武器を持つザクロですが、武器を用いたことはまだありません。 今は、脅すためにナイフをちらつかせる程度で済んでいます。 13番街メンバーの中では最も常識的で、慎重派のザクロ。 はたして、彼が今後ナイフを抜く場面はあるのでしょうか。 そのときこそ、 この物語が結末に近づいているときなのかもしれません。 まとめ 今回は、 忍霧ザクロの正体を中心に見ていきました。 わけもわからず集められた 13番街メンバー。 その中で、唯一明確な目的を持ち、自らこの地に赴いたのがザクロです。 ザクロは再びサクラと出会うことができるのか。 今後、この点についてしっかりと追っていく必要があります。 一方、定例会議の場で、彼らは「素質」があるために集められたという話もありました。 妹サクラも、 2年前に 11番街メンバーとして集められています。 忍霧兄妹が共通して持つ「素質」とはいったい何なのか、非常に興味深いところです。 そして、ザクロとサクラの関係と、 2人の過去。 ザクロの人格形成や、彼がマスクを着けている理由は、この点をひも解くことで見えてくることでしょう。 また、いじられ役ポジションでもあるザクロは、様々な表情を見せてくれます。 内山さんが命を吹き込んだザクロがどのように動くのか、楽しみでなりません。

次の