インスタ え。 木下優樹菜インスタ“縦読み告白”不倫疑惑に、かばい続けた吉本が「絶句」

木下優樹菜インスタ“縦読み告白”不倫疑惑に、かばい続けた吉本が「絶句」

インスタ え

今では誰もが知る有名なサービスであっても、本来作ろうとしていたものではなく、空いた時間に趣味の延長線上、いわゆる"課外活動"で生み出されたケースが意外と多いことがある。 特にスタートアップ企業などは、最初はなにをやるかがはっきり決まっていないことも多く、途中で方向転換(ピボット)することも珍しくない。 その結果、当初予定していたプロダクトとは全く別のものが大ヒットを生み出した事例も多々存在する。 メインよりヒット率が高い? Y Combinatorは必ずサイドプロジェクトを聞く。 そんなこともあり、シリコンバレーのアクセレレーターの代表的存在の、Y Combinatorでは、応募チームに対して、メインのプロダクトに加え、サイドプロジェクトの内容も聞くようにしている。 実際にサイドプロジェクトが評価され、合格したスタートアップもあるという。 我々が日本企業向けに提供しているプログラムでも、メインの事業プランとは別に参加者の一人が"勝手に"作っていたサービスが注目を集め、新規事業に結びついたケースも存在する。 今回は、実際の事例を交えながらそのプロダクトが生み出された経緯や、なぜサイドプロジェクトの方が上手く行く可能性が高いかなどを説明する。 今回紹介するサイドプロジェクトから生み出されたプロダクトは下記の通り。 Twitter/Airbnb/Instagram/Slack/GitHub/Groupon/Twitch/WeWork/Unsplash/Fond/Basecamp/Lamborghini Miura/任天堂ゲームボーイ 元々はサイドプロジェクトから始まった著名サービス では、実際にどのようなサービスやプロダクトが課外活動から生み出されたのかを紹介する。 Odeoの創立時に入社したJack Dorsey(現Twitter CEO)が社内ハッカソンで生み出したアイディアを、CEOであるEvan WilliamsとCo-FounderのBiz Stoneが気に入り正式にプロジェクトを進め、リリース。 従業員同士のつぶやきを中心に利用され始めた。 記念すべき初のツイートは2006年3月21日にJack自身による"setting up a twttr. "というもの。 その当時はtwttrと呼ばれていた。 彼はその日の午後に"Inviting coworkers"とツイートし、従業員への利用を促した。 Jack Dorseyによる記念すべき初ツイート しかし、肝心のOdeoの人気が伸びない状況下でのサイドプロジェクトリリースに対し、当時のTechCrunchには下記(和訳)のように書いている。

次の

ツイッター、インスタ、Slack、Github・・・みんな「サイドプロジェクト」から誕生した

インスタ え

テレビ朝日系バラエティ番組『家事ヤロウ!!! カズレーザー 左 とバカリズム お笑い芸人のバカリズム、アイドルグループ・KAT-TUNの中丸雄一、お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーという家事素人の3人が、家事を基礎から学んでいく同番組のインスタは、他の番組のような出演者のオフショットなどは皆無。 番組で紹介した料理のレシピが、放送と連動してリアルタイムに更新されていくのが人気で、見ていて気になったレシピはすぐにインスタに上がっているという仕組みだ。 外出自粛の「STAY HOME」も追い風となり、放送されるたびにフォロワー数を急増させてきた。 これまでのインスタフォロワー数の国内テレビ番組1位は、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』 TBS で、最盛期は100万を超えていたが、放送期間が終了し、96. 2万 18日現在 に減少。 一方、着実にフォロワー数を伸ばした『家事ヤロウ!!! 』は96. 7万 同 に達し、ついに『恋つづ』を抜いた。 フォロワー100万突破を目指す同番組では、プレゼント企画のキャンペーンを実施。 番組公式アカウントの「100. 0万人」もしくは「100万人」と表示されている画面をスクリーンショットした画像にハッシュタグ「 家事ヤロウ」を付けてインスタかTwitterに投稿すると、抽選で10人に「ささやかながら番組からプレゼントをお送りさせていただきます」としている。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

インスタ「いいね」数、非表示化で“競わない”が好評…インフルエンサービジネスが岐路

インスタ え

アダム・オルター ニューヨーク大学スターン・スクール・オブ・ビジネスのマーケティング学科准教授。 専門は行動経済学、マーケティング、判断と意思決定の心理学。 『ニューヨークタイムズ』『ニューヨーカー』『WIRED』『ハフポスト』など、多数の出版物やウェブサイトで精力的に寄稿するほか、カンヌ国際広告祭やTEDにも登壇。 2013年の著書『Drunk Tank Pink: And Other Unexpected Forces That Shape How We Think, Feel, and Behave』(邦訳『心理学が教える人生のヒント』林田陽子訳、日経BP社、2013年)は、ニューヨークタイムズのベストセラーとなり、マルコム・グラッドウェルやダン・アリエリーから絶賛されている。 薬物などの物質以外にまで広がった「新時代の依存症」と、私たちをのめり込ませる「依存症ビジネス」に、私たちはどう向き合い、対処していけばいいのか。 ダニエル・ピンク、マルコム・グラッドウェル、アダム・グラント、アリアナ・ハフィントンなど、世界中が絶賛(+警告)した話題の書、『僕らはそれに抵抗できない』から、そのエッセンスをお届けする。 上原裕美子 うえはら・ゆみこ 翻訳者。 薬物などの物質以外にまで広がった「新時代の依存症」と、私たちをのめり込ませる「依存症ビジネス」に、私たちはどう向き合い、対処していけばいいのか。 ダニエル・ピンク、マルコム・グラッドウェル、アダム・グラント、アリアナ・ハフィントンなど、世界中が絶賛(+警告)した話題の書、『僕らはそれに抵抗できない』から、そのエッセンスをお届けする。 2019年7月18日、日本を含む7か国で、SNSを特徴づける機能のひとつである「いいね!」を非表示にするテストが始まった。 背景には、「いいね!」がユーザーの精神に及ぼすプレッシャーがあるという。 SNSの代表格であるインスタグラムがそこまでするほどに、SNSにのめり込む傾向は危機的状況にあるようだ。 現在、薬物やアルコールなどの物質への依存だけではなく、こうした「いいね!」依存のような「行動」への依存も広がっている。 この「新時代の依存症」を、心の仕組みと、私たちをのめり込ませる「依存症ビジネス」の仕掛けの両面から読み解き、さらにはその対処法まで示して世界中が絶賛した。 同書から、インスタグラムで「いいね!」依存に陥ったある女性の痛々しい告白、そして「いいね!」に人がのめりこむ仕組みをご紹介しよう。 キャプションを事実に書き直します。 この自然体は完璧に作り物。 自然なところなんか何一つない。 確かに早朝にジョギングして海でひと泳ぎするのは楽しかったけど、このときは、ふとももの隙間とヒップをキレイに見せることしか頭になかった。 顔を横に向けてるのは、それが一番映えるから。 どれだけセクシーでセレブっぽく見せられるか、そのことに必死だった。 オニールの暴露には反発も集まった。 かつての友人たちからは「100%売名行為」と言う声が上がったし、「でっちあげ」だと指摘する声もあった。 だが、それ以外のネットユーザーの多くは彼女を称賛した。 「すごいと思う。 いいんじゃないかな」という書き込みもあった。 オニールは、世界中の大勢のインスタグラマーが感じていたことを口にしたのだ。 つねに完璧な1枚を撮らなければならないというプレッシャーがあること。 そして、多くの人にとって、そのプレッシャーは耐えがたいものであること……。 オニールは最近の投稿で、こう書いている。 「あたしは10代のほとんど全部を、ソーシャルメディアに依存して過ごしてた。 SNSで認められること、ステイタスを得ること、それから自分の身体的魅力のことだけが大事だった。 ソーシャルメディアっていうのは、加工画像と編集動画のランキングを他人と比べる場所だと思う。 認められて、『いいね!』がついて、評価されて、見てもらって、フォロワーが増えて……っていうシステムで回ってる。 ただ自分に酔ってるだけ」.

次の