白鴎 大学 ウェブ クラス。 未来同窓会3 [9分14秒]

未来同窓会3 [9分14秒]

白鴎 大学 ウェブ クラス

白鴎大学は、国際的視野を持ち、各分野の学修によって得られた専門的知識を活かして社会の発展に貢献できる人材の育成を目標とし、 本学における教育を通して以下の能力を修得することをディプロマ・ポリシーとしています。 1.二十一世紀の社会の発展と地域の産業、経済、文化等の活性化に貢献できる能力• 2.激変する国際社会の中にあって、十分な異文化理解のもとに、長期的で広い視野に立って将来を展望し、行動できる能力• 3.本格的な高度情報社会において、最新の情報を的確に入手し、それを有効に活用したうえで効果的に情報を発信できる能力• 4.自らの判断、努力と責任に基づいて、社会に積極的に貢献できる豊かな教養と柔軟な思考力 ディプロマポリシーの詳細は、各学部(教育学部においては各専攻)ごとに策定されています。 詳細は、各学部の『3つのポリシー』のページをご覧ください。 白鴎大学は、ディプロマ・ポリシーに定める能力を身につけさせることができるよう、以下の方針に沿って教育課程を編成することをカリキュラム・ポリシーとしています• 1.激動する国際情勢に適切に対応し、積極的に国際貢献ができる確かな外国語運用能力と、他者と協調し相互理解を深めるためのコミュニケーション能力を養う。 2.各分野にわたる最新の講義体系の採用により、専門知識の習得を充実させるとともに、社会的要請に応え得る情報教育を実施する。 3.人間的ふれあいを重視した教員と学生の相互討論等を通じ、習得した専門知識に磨きをかけ、課題を適切に発見し、解決する力を養う。 4.リベラル・アーツを重視しつつ、知・徳・体を備えた人格の形成に資する教育を行う。 カリキュラムポリシーの詳細は、各学部(教育学部においては各専攻)ごとに策定されています。 詳細は、各学部の『3つのポリシー』のページをご覧ください。 各学部・専攻ごとに独自の初年次教育を授業科目として実施しています。 経営学部 基礎ゼミナール 導入教育として行われているもので、1年次前期全員必修。 「大学での学び方」をテーマに、少 人数クラスで行われます。 ここでの担当教員が4年間継続して学生の指導にあたります。 法学部 基礎ゼミナール 1・2年次を対象に、研究の仕方や成果の発表の仕方など、大学ならではの勉強法を伝授するための授業です。 また、少人数の対話形式で行われるゼミナールは大学ならではの授業スタイルです。 教育学部 フレッシュマンセミナー 大学生活のスタートでつまずくことなくスムーズに大学生活に慣れるために、1年次の必修科目となっています。 1クラス20人程度で編成され、担当教員が大学生活を始めるにあたっての留意点やシラバスの見方、授業の履修の仕方、キャンパスライフの過ごし方などについて指導します。 <本キャンパス> 図書館(3号館B1F・1F・2F) 17万2,000冊の蔵書数を誇る総合図書館。 パソコンルームや自習室も備えています。 マルベリーホール 白鴎のシンボル的建物。 コンピュータ教室などがあります。 スクールバス 本キャンパスと小山駅(東キャンパス)を無料で運行しています。 体育館 第一体育館と第二体育館、2009年に完成した第三体育館があります。 第三体育館は、武道場、アリーナ、トレーニングルームなど設備も充実しています。 <東キャンパス> 図書館 東キャンパスの4・5階に設けられた総合図書館。 法律専門書や法学関係の雑誌など約7万5,000冊の蔵書がそろいます。 閲覧スペースには、閲覧用机、自習用机がゆとりを持って配置され、落ち着いた雰囲気の中で勉強できます。 白鴎ホール 客席数577席の大ホール。 学内外の講演会や発表会などが催されます。 法廷教室 東京高等裁判所の裁判員制度用法廷と同じ造り。 模擬裁判が行われます。 学生がビジネスへの理解を深めるために、在学中に一定期間、企業や官公庁で就業体験を行います。 業務を通して、ビジネスの基本的なマナーをはじめ、プレゼンテーション能力、有望業界の専門的知識を身につけることにもつながります。 また、関心ある業界・業種の現場体験は、絶好の企業研究や業界研究になることから、将来を見据えたキャリアプランを考える上で、大変有意義な機会となっています。 5月にインターンシップガイダンスを実施し、主に夏休みを利用して企業に赴き、実務を経験します。 毎年多くの学生が金融、ホテル、観光業など、様々な業種で仕事を体験しています。 本学では、栃木県経営者協会の協力を得て、栃木県内の幅広い企業に学生を送り出しています。 また、インターンシップを希望する学校・学生・企業をつなぐ「インターンシップキャンパスウェブ」を活用し、全国各地でインターンシップに臨む学生もいます。 『アクティブラーニング』とは? 一方的に講義を聴くスタイルの授業ではなく、学生が積極的に学修に参加することを取り入れ、能動的(アクティブ)な学びを促すことで、知識をしっかり定着させることを目的とした学習方法。 『課題解決型学習(PBL)』とは? プロジェクト活動を通じ、学生が自主的・自律的に課題を発見・解決する過程において、それまでに得た知識を実践的に活用することや、より学びを深くすることなどを目的とした学習方法。 『少人数教育』とは? 学習効果を高めるために、1人の教員が教える学生の数を少なくして授業を行う学習方法。 『学びの組織的な支援』とは? 学校側が組織的かつ恒常的に学びに対するサポート体制を用意し、授業に対する学生の不安を解消するなどの学びに対する様々な支援をすることで、より学習効果を高める取り組み。 『初年次教育』とは? 大学や短期大学の新入生を対象に、高校までの学びから、能動的な大学・短期大学での学びにスムーズに移行するための基本的なスキルなどを身につける教育プログラム。 『中途退学防止』とは? 学びに対する意欲の減少などを理由に修業期間の途中で学校を退学しようとする学生に対して、学びのサポートを行うことで、教育の問題解決を図り、学びの環境を改善し、中途退学を防ぐ取り組み。 『TA・RA・SA・メンターの活用』とは? 大学院生による教育補助(TA)、大学院生等による研究補助(RA)、学生による教育補助(SA)、後輩を多方面で支援する先輩(メンター)を教育研究活動などに活用する取り組み。 『入学前教育』とは? 入学予定者(主にAO入試や各種推薦入試などで、早期に入学が決定した入学予定者)に対して、入学後の学びの準備や学習意欲の維持などのために、入学前に行う教育。 『特色ある教育施設・設備の整備』とは? 特別な校舎や教室、実習室などの教育施設や教室等にある機器などの設備を整備し活用することで、教育内容やプログラムの充実などに活かす取り組み。 『学生アンケートの活用』とは? 新入生や在学している学生に対し、大学の授業やカリキュラム、学修状況などについてアンケートを行い、その結果を分析・活用して、教育方法やプログラムの改善などに活かす取り組み。 『インターンシップ』とは? 自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験や社会貢献活動に参加する制度を授業やカリキュラムに取り込むことで、学生が学問や研究分野への理解をより深めるための取り組み。 『キャリア教育』とは? 大学や短期大学の学修プログラムの一環として、カリキュラムに社会人・職業人として必要な能力などを身に付けるための科目等を組み入れ、学生のキャリア形成計画や目標設定を支援する教育。 『資格取得(国家資格受験資格)』とは? カリキュラムの整備や授業内容の工夫などを行い、学生が正課の授業を受けることで国家資格試験を受験し、合格することを目的に支援する取り組み。 『外部テストの活用』とは? TOEICやTOEFLといった学校の外部で行われているテストを、大学や短期大学の入試や単位認定などに活用する取り組み。 『GPAの活用』とは? 科目の成績評価に応じてポイント(例:5段階評価A〜Eに対し4〜0点等)を付与し、その平均点(Grade Point Average)による学習成果の評価方法を大学や短期大学での教育に活用する取り組み。 『成績評価の厳格な運用』とは? 明確な成績評価の基準を定めて厳格に運用して、単位取得や進級などを判定することで、教育の「質の保証」を実現する取り組み。

次の

お知らせ

白鴎 大学 ウェブ クラス

白鴎大学は、国際的視野を持ち、各分野の学修によって得られた専門的知識を活かして社会の発展に貢献できる人材の育成を目標とし、 本学における教育を通して以下の能力を修得することをディプロマ・ポリシーとしています。 1.二十一世紀の社会の発展と地域の産業、経済、文化等の活性化に貢献できる能力• 2.激変する国際社会の中にあって、十分な異文化理解のもとに、長期的で広い視野に立って将来を展望し、行動できる能力• 3.本格的な高度情報社会において、最新の情報を的確に入手し、それを有効に活用したうえで効果的に情報を発信できる能力• 4.自らの判断、努力と責任に基づいて、社会に積極的に貢献できる豊かな教養と柔軟な思考力 ディプロマポリシーの詳細は、各学部(教育学部においては各専攻)ごとに策定されています。 詳細は、各学部の『3つのポリシー』のページをご覧ください。 白鴎大学は、ディプロマ・ポリシーに定める能力を身につけさせることができるよう、以下の方針に沿って教育課程を編成することをカリキュラム・ポリシーとしています• 1.激動する国際情勢に適切に対応し、積極的に国際貢献ができる確かな外国語運用能力と、他者と協調し相互理解を深めるためのコミュニケーション能力を養う。 2.各分野にわたる最新の講義体系の採用により、専門知識の習得を充実させるとともに、社会的要請に応え得る情報教育を実施する。 3.人間的ふれあいを重視した教員と学生の相互討論等を通じ、習得した専門知識に磨きをかけ、課題を適切に発見し、解決する力を養う。 4.リベラル・アーツを重視しつつ、知・徳・体を備えた人格の形成に資する教育を行う。 カリキュラムポリシーの詳細は、各学部(教育学部においては各専攻)ごとに策定されています。 詳細は、各学部の『3つのポリシー』のページをご覧ください。 各学部・専攻ごとに独自の初年次教育を授業科目として実施しています。 経営学部 基礎ゼミナール 導入教育として行われているもので、1年次前期全員必修。 「大学での学び方」をテーマに、少 人数クラスで行われます。 ここでの担当教員が4年間継続して学生の指導にあたります。 法学部 基礎ゼミナール 1・2年次を対象に、研究の仕方や成果の発表の仕方など、大学ならではの勉強法を伝授するための授業です。 また、少人数の対話形式で行われるゼミナールは大学ならではの授業スタイルです。 教育学部 フレッシュマンセミナー 大学生活のスタートでつまずくことなくスムーズに大学生活に慣れるために、1年次の必修科目となっています。 1クラス20人程度で編成され、担当教員が大学生活を始めるにあたっての留意点やシラバスの見方、授業の履修の仕方、キャンパスライフの過ごし方などについて指導します。 <本キャンパス> 図書館(3号館B1F・1F・2F) 17万2,000冊の蔵書数を誇る総合図書館。 パソコンルームや自習室も備えています。 マルベリーホール 白鴎のシンボル的建物。 コンピュータ教室などがあります。 スクールバス 本キャンパスと小山駅(東キャンパス)を無料で運行しています。 体育館 第一体育館と第二体育館、2009年に完成した第三体育館があります。 第三体育館は、武道場、アリーナ、トレーニングルームなど設備も充実しています。 <東キャンパス> 図書館 東キャンパスの4・5階に設けられた総合図書館。 法律専門書や法学関係の雑誌など約7万5,000冊の蔵書がそろいます。 閲覧スペースには、閲覧用机、自習用机がゆとりを持って配置され、落ち着いた雰囲気の中で勉強できます。 白鴎ホール 客席数577席の大ホール。 学内外の講演会や発表会などが催されます。 法廷教室 東京高等裁判所の裁判員制度用法廷と同じ造り。 模擬裁判が行われます。 学生がビジネスへの理解を深めるために、在学中に一定期間、企業や官公庁で就業体験を行います。 業務を通して、ビジネスの基本的なマナーをはじめ、プレゼンテーション能力、有望業界の専門的知識を身につけることにもつながります。 また、関心ある業界・業種の現場体験は、絶好の企業研究や業界研究になることから、将来を見据えたキャリアプランを考える上で、大変有意義な機会となっています。 5月にインターンシップガイダンスを実施し、主に夏休みを利用して企業に赴き、実務を経験します。 毎年多くの学生が金融、ホテル、観光業など、様々な業種で仕事を体験しています。 本学では、栃木県経営者協会の協力を得て、栃木県内の幅広い企業に学生を送り出しています。 また、インターンシップを希望する学校・学生・企業をつなぐ「インターンシップキャンパスウェブ」を活用し、全国各地でインターンシップに臨む学生もいます。 『アクティブラーニング』とは? 一方的に講義を聴くスタイルの授業ではなく、学生が積極的に学修に参加することを取り入れ、能動的(アクティブ)な学びを促すことで、知識をしっかり定着させることを目的とした学習方法。 『課題解決型学習(PBL)』とは? プロジェクト活動を通じ、学生が自主的・自律的に課題を発見・解決する過程において、それまでに得た知識を実践的に活用することや、より学びを深くすることなどを目的とした学習方法。 『少人数教育』とは? 学習効果を高めるために、1人の教員が教える学生の数を少なくして授業を行う学習方法。 『学びの組織的な支援』とは? 学校側が組織的かつ恒常的に学びに対するサポート体制を用意し、授業に対する学生の不安を解消するなどの学びに対する様々な支援をすることで、より学習効果を高める取り組み。 『初年次教育』とは? 大学や短期大学の新入生を対象に、高校までの学びから、能動的な大学・短期大学での学びにスムーズに移行するための基本的なスキルなどを身につける教育プログラム。 『中途退学防止』とは? 学びに対する意欲の減少などを理由に修業期間の途中で学校を退学しようとする学生に対して、学びのサポートを行うことで、教育の問題解決を図り、学びの環境を改善し、中途退学を防ぐ取り組み。 『TA・RA・SA・メンターの活用』とは? 大学院生による教育補助(TA)、大学院生等による研究補助(RA)、学生による教育補助(SA)、後輩を多方面で支援する先輩(メンター)を教育研究活動などに活用する取り組み。 『入学前教育』とは? 入学予定者(主にAO入試や各種推薦入試などで、早期に入学が決定した入学予定者)に対して、入学後の学びの準備や学習意欲の維持などのために、入学前に行う教育。 『特色ある教育施設・設備の整備』とは? 特別な校舎や教室、実習室などの教育施設や教室等にある機器などの設備を整備し活用することで、教育内容やプログラムの充実などに活かす取り組み。 『学生アンケートの活用』とは? 新入生や在学している学生に対し、大学の授業やカリキュラム、学修状況などについてアンケートを行い、その結果を分析・活用して、教育方法やプログラムの改善などに活かす取り組み。 『インターンシップ』とは? 自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験や社会貢献活動に参加する制度を授業やカリキュラムに取り込むことで、学生が学問や研究分野への理解をより深めるための取り組み。 『キャリア教育』とは? 大学や短期大学の学修プログラムの一環として、カリキュラムに社会人・職業人として必要な能力などを身に付けるための科目等を組み入れ、学生のキャリア形成計画や目標設定を支援する教育。 『資格取得(国家資格受験資格)』とは? カリキュラムの整備や授業内容の工夫などを行い、学生が正課の授業を受けることで国家資格試験を受験し、合格することを目的に支援する取り組み。 『外部テストの活用』とは? TOEICやTOEFLといった学校の外部で行われているテストを、大学や短期大学の入試や単位認定などに活用する取り組み。 『GPAの活用』とは? 科目の成績評価に応じてポイント(例:5段階評価A〜Eに対し4〜0点等)を付与し、その平均点(Grade Point Average)による学習成果の評価方法を大学や短期大学での教育に活用する取り組み。 『成績評価の厳格な運用』とは? 明確な成績評価の基準を定めて厳格に運用して、単位取得や進級などを判定することで、教育の「質の保証」を実現する取り組み。

次の

岡田晴恵教授のギャラはいくら?コロナウイルスで講演料が高騰か

白鴎 大学 ウェブ クラス

本来の表記は「 白鷗大学足利中学校・高等学校」です。 この記事に付けられた題名はまたは記事名の制約により不正確なものとなっています。 この項目には、:2004 で規定されている文字が含まれています()。 白鴎大学足利中学校・高等学校 本校舎 過去の名称 足利裁縫女学校 足利高等家政女学校 足利学園高等学校 国公私立の別 設置者 設立年月日 (大正4年) 創立者 上岡長四郎 共学・別学 中高一貫教育 併設型(外部混合有) 課程 単位制・学年制 設置学科 学科内専門コース 特別選抜コース 進学コース 文理進学コース 普通コース 商業コース 総合選択コース 高校コード 09511H 所在地 〒326-0054(本校舎) 〒326-4214(富田キャンパス) 伊勢南町3-2(本校舎) 栃木県足利市多木田町1067(富田キャンパス) : 外部リンク ウィキポータル 教育 テンプレートを表示 白鴎大学足利中学校・高等学校(はくおうだいがくあしかがちゅうがっこうこうとうがっこう)は伊勢南町および多田木町に所在し、を提供する・。 高等学校において、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間では、第1学年から混合してクラスを編成する。 略称は「白鴎」、「白鴎足利」、「白足(はくあし)」、「白鴎大足利」。 前身の足利学園より「足学」と呼ぶ者も地元では多い。 概要 [編集 ] ()の系列校である。 (6年)、足利学園高等学校・中学校より校名変更。 中等部校舎、本校舎、北校舎、富田キャンパス(通称:「富キャン(とみきゃん)」)がある。 白鴎大学足利中学校では従来から他高校受験の準備のためのコース「進学教育コース」を設けており、永らくを取り入れていなかった が、度よりコースとして「中高一貫コース」を設け、高等部富田キャンパスに「一貫コース」としてエスカレーター式で進学し、医歯薬・理系などを目指す課程ができた。 「進学コース」「特別選抜コース 2018年度から「特別進学コース」に改称 」「中高一貫コース」が所在する富田キャンパスには、内だけでなくや、といった近隣の県から多くの学力中〜上位の生徒が集まる。 度より SSH の指定を受けており、、、等の近隣の大学や企業と共に活動を行っている。 所在地 [編集 ]• 伊勢南町3-2(本校舎)• 栃木県足利市多田木町1067(富田キャンパス)• 栃木県足利市伊勢南町4-3(中等部校舎) 校歌 [編集 ] 作詞:、作曲:。 前身の足利学園校歌をそのまま使用している。 元の歌詞の「足利学園」を「白鴎足利」に代えている。 施設 [編集 ] 4つの校舎がある。 本校舎 - 、(現在は廃科)が所在する• 北校舎 - が所在する• 富田キャンパス - 普通科特選コースなどが所在する• 中等部校舎 - 中等部が所在する 廃校になった足利市立東小学校の校舎を使用している。 中等部校舎は、本校舎北側から、伊勢町の系列校であった上岡学園専門学校跡へ移転し、永らく校舎を構えてきたが、に現住所に引っ越した。 中等部の課程 [編集 ]• 進学教育コース - 他高校を含めた進学の準備を行うコース。 従来から設置されている。 進学先は、県内公立トップ高・都内近郊進学校など多岐に渡る。 (主に)白鴎大学足利高等学校への進学を第1志望とする場合、「学科試験免除の特別推薦入学試験制度」ならびに同高等学校の特別選抜コースおよび進学コースへの優先入学制度が導入されている。 中高一貫教育コース - 医学系および理系志望の生徒を対象に、高等部富田キャンパスまでのを目的としている。 校舎ごとの位置付け [編集 ] 本校舎 [編集 ] 部活動を頑張りたいという生徒が勉強との両立をしやすい環境になっている。 普通コース - 多岐に渡る進路選択を可能にする学習を行う。 文理進学コース - 二年次から文系・理系どちらかのクラスを選択できる。 商業コース - 商業の知識やコンピュータ技術を学ぶ。 総合選択コース - ライフエリア、芸術エリア、ものづくりエリア、情報メディアエリアの4つの類型を選択履修する。 自動車科 - 三級の資格取得のための能力、教養を身に付ける。 この学科では自動車に関連した様々な免許・資格を取ることが可能である。 2013年度より募集停止。 富田キャンパス [編集 ] (昭和59年)度に竣工した。 富田校舎では、難関大学進学に向け、土曜日までぎっしり詰まった授業を行うが、勉強と部活を両立している生徒もたくさんいる。 度は、吹奏楽部富田には部員6名、本校7名で東関東大会にまで出場することができた。 普通科特別選抜コース - 国公私立難関大学・学部への進学を目指す。 以前は「特進コース」(国公私立難関大学・学部への進学を目指す)と「SG進学コース」(文理系の高度専門職就職に向け、高い学力をつけ、難関大学への進学を目指す)が設置されていたが、度より普通科特別選抜コースへ統合された。 度からは「特別進学コース」に改称される。 進学コース - 多様なカリキュラムにより、希望する進路の実現をさせる。 2年進級時に文理選択をする。 上位の生徒の中には難関国公私立大学進学など上記の特別選抜コースの生徒以上の成績を残すものもいる。 募集停止• 英語科 - 英語を中心としたカリキュラムにより、国公私立の語学系を中心とした文系学部への進学を目指す。 中等部 [編集 ] 前述の通り現在の校舎は元小学校であるため、随所にその面影を感じることができる。 また旧校舎には校庭がなく、体育の際には本校舎や市の施設を使っていた。 通学 [編集 ] は元より、やからも進学してくる生徒がいる。 成績が優秀な者やスポーツ(など)に秀でた生徒なども在籍する。 (平成6年)度以降2クラス編成であったが、移転に際して校舎が拡大されたため現在は3クラス編成である。 上記の通り、中等部から高等部への進学率はあまり高くなく、富田キャンパスが殆どである。 過半数は周辺の公立トップ校、または都内近郊の私立高へ進学する県内有数の進学校である。 部活動 [編集 ] (平成6年)より、非キリスト教系の学校でありながら部が存在する珍しい学校であったが、現在は廃部である。 (系列校の白鴎大学にも存在するが、高等部にはない) 本校舎 [編集 ].

次の