年金受給者 借金。 年金受給者が借金返済をできない場合は年金差し押さえ?

【年金生活者や生活保護の闇金の取り立てがひどい!】相談先は弁護士がおすすめ。即日対策してくれます

年金受給者 借金

記事の目次• この記事はこんな人におすすめ この記事は次のような人におすすめの内容になっています。 年金受給者で借金の返済ができない人• 年金を納付しないとどうなるのか知りたい人• 差押えの対象になるものが気になる人 年金受給者が借金の返済ができない場合にどうなるのか 年金受給者と言うことは、収入の大半以上か全額を年金で生活をしている人が多いので、現役時代に貯蓄をしていた人以外はゆとりある経済状況とは言いづらいです。 しかも受け取る年金の中から借金返済をしなくてはいけないので、遅かれ早かれ無理な借金だった場合には返済不能の状態に陥ってしまいます。 それでも債権者 お金を貸した側 は債務者(お金を借りた側)が借金を完済しない限り、月々の返済がなければ督促をしてきます。 債務者が支払いできなければ、最終的には預金などの財産も差押えの対象となるのですが、差し押さえの執行前であれば、どうにか回避できる可能性が高くなってきます。 したがって、年金受給者が借金返済を滞納してしまった場合に、どのような流れで差し押さえまで話が発展していくのかを確認していきましょう。 関連記事をチェック! 口頭や手紙などの督促に応じない場合 返済日に入金が確認できなかった場合、債務者に対して電話や手紙などで督促が入ります。 しかし、債権者からの督促を無視するなど何も行動をしないと、「これ以上の話合いは債務者とはできない」と債権者から判断されてしまい、最終的には裁判所に債務者が訴えられます。 債権者が裁判所で必要な手続きを完了させると、裁判所から話合いの場として出廷するように命じる書面が債務者宛てに届きますが、さらに無視を続ける場合には、強制執行として財産の差押えが実行されます。 つまり、借入の返済ができなくなるまでの日にきちんと債権者と時間をとって話ができれば、財産が差し押さえられるまでに至らないケースが大半なのです。 債務者にとって、債権者に返済について相談することは言い出しにくいことですが、返済ができない事情も含めてまずは債権者に相談、連絡することが差押えにまで発展しない最善の方法なのです。 関連記事をチェック! 公的年金は差押えを禁じられている 公的な年金というのは、主に次の6つが該当します。 国民年金• 厚生年金• 共済年金• 老齢年金• 遺族年金• 障害年金 つまり、国から受け取れる年金であれば公的なものという位置づけになるのですが、公的年金は借金による差し押さえの対象外となっています。 しかし、同じ年金という名目でも保険会社と契約した「個人年金」は、国からではなく保険会社からの支給となりますので、公的ではなく民間の保険になります。 つまり、個人年金の分に関しては差押えが認められているので注意が必要です。 差押えまでに発展する前に債務整理を検討しておく 強制執行の判断が裁判所で下りたあとに、「どうしよう」と慌てても後の祭りになることが多いです。 債権者が裁判所に行って差し押さえを要求するまで放置していたことにも問題がありますし、一度裁判所で判決が出たものを覆すためには相当な労力を要します。 そのため、返済が難しいと判断した場合には、自己破産を含む債務整理を検討した方が楽になる場合があります。 債務整理には次の4つの種類があります。 任意整理 債務者と債権者が適切な返済方法について話し合いをする方法 特定調停 簡易裁判所で所定の手続きをして、債権者と話し合いをする方法 個人再生 裁判所に申し立てをして返済額を大きく減額する方法 自己破産 裁判所に申し立てをして返済額をゼロにする方法 債務整理の中で最も手続きが簡略なのは任意整理で、個人的に債権者と交渉をすることになります。 債権者に対して適切な交渉の仕方が分からない場合は、弁護士などの専門家に依頼するとスムーズに手続きができます。 ただし、任意整理も着手金が必要になるので、費用面を考えたうえで状況に合わせた債務整理をすることが大切です。 仮に債務整理を行ったからと言って、年金を没収されるようなことはありませんので、まずは専門家に相談してみるといいでしょう。 差押え執行後に専門家に相談へ行っても手遅れになってしまうことがありますので、早めの行動を取ることをおすすめします。 関連記事をチェック! 年金が預金になるってどういうことなの? 先に説明したとおり、「公的な年金については差押えしてはいけません」と法律で決まっていますが、短絡的に考えてはいけません。 年金が指定の口座に振り込まれた時点で、それは年金ではなく「預金」として扱われてしまうのです。 差押えが禁止されているものはあくまで「年金」で、口座に入金が完了すれば「預金」となり、預金の差押えは禁じられていません。 したがって、実質年金分の振り込みを差し押さえられてしまうこともあります。 どうにか解除できる方法はないのか 公的年金は差押えが禁じられているのに口座に入ったら預金扱いとなってしまうと言われても、簡単に納得できない人もいるでしょう。 しかし納得しようとしまいと、法律で決められているのです。 郵便局の窓口で手続きをすると年金を現金手渡しで受け取れますが、行くまでの交通機関がなかったり、思うように体を動かせなかったりする人にとっては死活問題となります。 一度差押された年金分の預金が間違いなく年金だと分かれば、あとで払戻しも検討されますが、手続きが完了するまでにはある程度の日数が必要になります。 また、差し押さえを受けた財産の払い戻しの要求は口頭だけで済まず、所定の書面で「差押え禁止範囲の変更」という手続きを踏まなくてはなりませんので労力も必要です。 この「差押え禁止範囲の変更」と言うのは、「明らかにこの預金が年金であるため差押えの対象外だ」と認めてもらうために必要なものです。 しかし、大原則として預金差押えに入る前に、「差押え禁止範囲の変更」手続きをしなくてはいけません。 差押えをされて債権者が払戻ししたあとに「これは年金の分だから」と伝えても、なかなか返還に応じてもらえない場合もあるので注意が必要になります。 公的年金でも担保にしていた分は差し押さえられる 通常、年金を担保に貸付けをする行為は禁じられていますが唯一認められているのが、「福祉医療機構が行っている年金貸付担保事業」です。 福祉医療機構の年金貸付担保事業は銀行での手続きが必要な融資となるのですが、年金貸付担保事業でお金を借り、なおかつ返済をしなかった場合には公的年金であろうと差押えの対象になってしまいます。 この制度の他の「年金を担保に融資」と謳っている貸金業者は違法行為ですので、借入をしないように気を付けておきましょう。 年金未納の場合は差し押さえられる? ここからは視点を変えて、年金未納の場合について解説していきます。 会社員であれば基本的に毎月の給料から年金保険料が差し引かれるので、未納になることはありません。 しかし厚生年金などに加入していない人は国民年金の保険料を自分で納める必要があるので、未納になる危険性があります。 そこで、国民年金を払わないとどうなるかについて詳しく見ていきましょう。 国民年金を払わないとこうなる 国民年金保険料を納めることは国民の義務で、しっかり納めていないと滞納処分として将来もらえる年金が減ってしまったり、全くもらえなくなったりします。 また、一定の条件に該当した場合に受け取れる障害基礎年金がもらえない可能性もあります。 障害年金は生まれつき障害を持っている場合ではなく、所定の病気やケガになった場合にもらえる年金で、65歳になる前に受け取れます。 平成26年から日本年金機構は未納者に対して取り締まりを強化しているので、納付率が悪いと特別催告状や最終催告状が自宅に届き、最終的に財産を差し押さえられるので注意が必要です。 なお、国民年金の支払い義務は本人にありますが、配偶者が保険料を納めていないと世帯主が連帯責任で催告される可能性があります。 たとえ別居中であっても世帯主に支払い責任が発生するので、配偶者としっかり話をすることが大切です。 国民年金保険料の未納が勤務先に発覚する可能性は低いですが、きちんと納めないとペナルティが課せられます。 保険料をどうしても支払えない状況にある場合は、減免や猶予と言った制度も利用できるので、国民年金機構や住民票がある市区町村役所に相談に行きましょう。 未納のペナルティ 国民年金を受給するには、10年間以上保険料を納付していることが条件となっています。 したがって、10年未満しか納付していない人は受給権がないことになります。 また、受給できる年金額は納付済保険料額によって決められるので、未納分が多い場合はその分受給金額が少なくなります。 先に少し触れましたが、国民年金の料金を納めないと状況によって次の3つのペナルティを受ける可能性があります。 将来もらえる年金が少なくなる、全くもらえない• 障害基礎年金や遺族年金が支給されない• 最悪の場合は財産が差し押さえられる 年金に時効は無いのか 結論から言えば、年金に時効は存在し国民年金の納付期限から2年を超えると年金事務所は加入者から保険料を徴収できなくなります。 とは言え、時効が経過するまでに先に紹介した督促状が送付されたり、財産の差し押さえがあったりします。 まったくペナルティがないわけではありません。 保険料が支払えない場合は、免除や猶予制度を利用して、そのまま放置することは絶対に避けましょう。 徴収の流れ 国民年金の保険料を払わない場合は、最終的に日本年金機構が加入者から強制徴収を実施します。 保険料の徴収までの流れは以下の通りです。 国民年金保険料の未納状態が続く• 電話や文書、訪問で保険料納付を求められる• 再度保険料の納付書が送付される• 最終催告状が送付される• 督促状が送付される• 延滞金が課せられる• 財産が差し押さえられ、保険料の強制徴収が実施される 2015年度以前は所得が400万円以上で未納期間が7か月以上の人が年金保険料の強制徴収の対象になっていましたが、2016年度と2017年度、2018年度の3回に分けて対象者が変更になりました。 2019年度の強制徴収の対象者の条件は、所得が300万円以上で未納月数が7か月以上の人になっています。 「所得が低いから年金保険料を未納にしても強制徴収されないだろう」と考えていた人も対象になる可能性が高くなっているので、取り返しがつかないことになる前に納付期限守って保険料をしっかり納めることをおすすめします。 税金が未納の場合は差し押さえられる? 続いては、年金が未納の場合の差し押さえについて解説していきます。 税金を払わないとどうなるのか、どのような財産が差し押さえの対象になるのかなど詳しく見ていきましょう。 税金を払わないとこうなる 住民税(地方税)などの税金を納めることは、国民の義務のひとつです。 日本に住んでいる限り納税義務が課せられているので、きちんと納めなければ滞納者としてペナルティを受けます。 税金の納付期限は種類や自治体によって異なりますが、いずれも期限を1日でも過ぎると滞納として扱われます。 税金を払わずに何も対応しないと次のような流れで、強制徴収されます。 税金を滞納する• 納付期限の20以内に督促状が送付される• 文書や電話などで催告される• 未納者の財産調査が実施される• 差し押さえ・操作が行われる 差し押さえられる財産一覧 納付期限を過ぎても税金をまったく納めないと差し押さえが実行されますが、対象になる財産を具体的に紹介します。 税金の未納による差し押さえの対象となる財産は、以下のとおりです。 現金預金• テレビなどの動産• 自動車やバイク• 家や土地などの不動産 日常的な生活を送るために必要な衣服や家具、寝具などは差し押さえの対象ではありません。 納税者の名義でない資産の差し押さえも禁止されています。 差し押さえ予告通知書が自宅に届いた場合は、行政処分がされる一歩手前の状態ですので、今すぐにでも未納分の税金を納めましょう。 とは言え、所得額が低く、税金が払えない場合もあるでしょう。 金銭的理由から税金を支払えない場合の対処方法を紹介します。 まずは役所に相談する 経済状況が悪くどうしても税金を支払えない場合は、支払い期限が来る前に役所に相談することが大切です。 税金の納付ができない正当な理由をもって相談すれば、ほとんどのケースで分割納付に対応してもらえます。 税金の納付期限を過ぎる前に、役所に一度連絡を入れてみましょう。 税金の滞納にかかる罰金 税金を長期的に滞納すると、罰金を支払わなければならなくなるので注意が必要です。 これを延滞税と言いますが、この税額は以下の計算式で算出されます。 クレジットカードの請求を滞納した場合は? では、クレジットカード会社からの請求を滞納した場合はどうなるのでしょうか。 料金を払わずに放置し続けたときのデメリットやお金を用意できないときの相談先を紹介します。 返済を放置するとこうなる クレジットカードの料金を延滞し続けると、滞納した期間に応じてクレジットカード会社ごとに決められた遅延損害金を支払うことになります。 また、支払っていない料金を一括請求されてクレジットカードの利用を停止されることも珍しくありません。 クレジットカードの支払いの取り立てを受けたことは信用情報機関に記録されるので、非常に大きなデメリットになります。 今後住宅ローンや銀行カードローンの審査に通らない可能性が高くなるので、クレジットカードの利用料金を払わずに放置するのは避けましょう。 相談するべきところ どうしてもクレジットカードの料金が払えない場合は、支払い期限を過ぎる前にカード会社に連絡しましょう。 数日でお金が準備できる状態なら、少し支払い期限を伸ばしてもらえる可能性があります。 また、クレジットカードのキャッシングを利用している人は過払い金請求ができるケースもありますので、司法書士や法律事務所に相談することをおすすめします。 年金を差し押さえられたら生活ができない場合はどうすればいい? 年金を差し押さえられるまでの状況であれば、生活は困窮している状態だと判断できます。 自己破産の手続きをしても税金の請求は除外されますので、借金返済はなくなっても税金を滞納している限りは、年金を差し押さえられる可能性は残っています。 年金を差し押さえられたら、生活ができないという人はどうしたらいいのでしょうか。 その場合には居住する市区町村の保護課に相談に行き、生活保護の申請も視野に入れておくといいでしょう。 税金が支払えないから生活できず、税金である生活保護を受給するという構図は一見おかしなようにも見えますが、法制度が変わらないか、収入を得る見込みがない限りは自分の身を守るためにも生活保護に頼らざるを得ません。 相談したからといって誰しも受給できる訳ではありませんが、一度話を聞いてもらうだけでも何か解決の糸口がみつかるかもしれません。 自己破産を検討しているけど、年金は払わなくてはいけない? 自己破産をしても年金の納付義務はなくなりません。 保険料を未納の状態で自己破産をしても、日本年金機構からの督促は収まりません。 どうしても年金保険料が支払えない状況である場合は、先に説明した通り、分割や免除の相談に行きましょう。 年金未納で差し押さえの後に減免はできる? 年金の減免は基本的に納付期限内のものが対象になります。 日本年金機構や役所に状況を説明して減免をして欲しい旨を伝えると、場合によっては対応してもらえるケースもあります。 ただし、確実とは言えません。 借金を払わないと逮捕される? 借金を払わなくても警察が介入しないので逮捕されることはりませんが、場合によっては借主に民事裁判を起こされる可能性があります。 裁判の判決の内容にもよりますが、最悪の場合、財産が差し押さえられて返済に充てられることもあります。 借金が払えないのであれば早い段階で借主に貸付条件の交渉をするか、弁護士などの専門家に相談することが大切です。 借金中に逮捕されたらどうなる? 借金中に逮捕されても、借金の金額自体が増えたり減ったりすることはありません。 ただし、支払期日に遅れると延滞損害金がプラスされたり、一括請求されたりする可能性があるので注意が必要です。 逮捕が決まった時点で支払先に相談するか、先に清算することをおすすめします。 返済中に借入人が亡くなった場合は? 借金の返済中に借入人が亡くなっても借金自体は無くならず、生命保険などと同様に相続人に引き継がれます。 借金額が莫大でとても払えない場合などは、相続自体を放棄すると借金を支払う必要はなくなります。 生活保護は借金があれば誰でも受けられるの? 借金ある人全員が生活保護を受けられるわけではありません。 生活保護を受けられるのは以下の条件に当てはまる人です。 車や家などの資産を持っていない人• ケガや病気などで働けない人• 求職者支援など他に利用可能な公的制度がない人• 親族など頼れる身内からの支援がない人 Q. 国民健康保険料が払えない場合は? 国民健康保険料も国民年金と同様に、保険料の免除や申請ができます。 住民票がある自治体の役所の窓口に行って、申請の手続きをして認められると保険料の負担が少なくなります。 なお、社会保険料は産休や育休など特別な場合を除いては免除の申請ができません。 まとめ 公的年金は基本的に差し押さえの対象外ではありますが、年金が預貯金に入金されれば差し押さえられてしまうので注意が必要です。 差し押さえられた年金分の払い戻しを要求する手続きもありますが、確実にお金が戻ってくるとは限りません。 高齢化の影響を受けて決して高いとは言えない金額になった年金でも、押さえられてしまうと生活をするのにどうしようもなくなります。 差し押さえを受けて最低限の生活が送れなくなる前に、必ず債権者からの督促状であったり、裁判所からの呼出し状に対応し、放置せずに債権者と話し合うことをおすすめします。

次の

【年金生活者や生活保護の闇金の取り立てがひどい!】相談先は弁護士がおすすめ。即日対策してくれます

年金受給者 借金

会社を退職して年金生活が始まり、老後が心配な人は多いのではないでしょうか。 病気の治療費や入院費、住宅のバリアフリー化など歳をとるほど高額なお金が必要になるシーンも増えてきます。 社員として働いていた時代に十分に貯金をしていなかった場合は、高額のお金が必要になっても支払えないことからキャッシングせざるを得ません。 しかし年金受給者は働いて収入を得ているわけではないため、金融機関の借入審査に通過できない実情があります。 年金を担保にする借り入れ方法や年金受給者を貸付対象としているカードローンなら、会社に所属していなくてもお金を借りられます。 ただし、いくつか満たすべき条件がありますので注意が必要です。 ここでは、 年金受給者がお金を借りる方法と 審査に通過できるカードローンについてわかりやすく解説していきます。 年金担保貸付制度(年金前借り制度)• 生活福祉資金貸付制度• カードローン 年金担保貸付制度と生活福祉資金貸付制度は、年金を担保として大変低金利に借りられる公的制度です。 しかし、公的融資は融資までに1. 5〜3ヶ月以上を要するネックがあります。 唯一、即日融資が可能なのは3つ目のカードローンです。 年金を担保にお金を借りられる年金担保融資制度って何? とは、独立行政法人の福祉医療機構がおこなっている 年金受給者向けの融資制度です。 年金以外にも収入がないとお金を借りられないと思うかもしれませんが、 国が認めた年金担保融資制度なら年金を担保にして融資を受けられます。 年金を担保にする=将来もらう年金を返済に充てることから、年金前借り制度とも言います。 ただし年金担保融資制度を受けるには条件があるため、注意してください。 次項で、この制度の特徴や審査について説明します。 (独立行政法人)福祉医療機構の年金担保融資制度について 年金担保融資制度は 介護用品の購入や医療費の支払い、冠婚葬祭、住宅の改修などの用途に使える制度です。 銀行や消費者金融よりも、 低金利で借りられます。 融資金額 10万円〜200万円(年間受給額の80%まで) 用途が生活必需品の購入であれば、80万円まで 融資利率 年2. 年金生活で、高金利によって膨れ上がった利息を返済していくのは大変です。 審査基準について解説しますので、消費者金融や銀行にいく前に年金担保融資制度の対象になるかどうかチェックしてみてください。 年金担保融資制度の審査基準とは? 年金担保融資制度の審査のひとつとして、 年金受給中であるかどうかが基準になります。 年金証書を持っており、年金をもらっていることが大前提です。 以下の年金証書を持っていないと、融資を受けることができません。 自宅に年金証書がきちんと保管されているか、確認してみてください。 生活保護を受けている人• 生活保護が終了後、5年間を経過していない場合• 特別支給の老齢厚生年金を受給していた人で、65歳時の年金決定手続期間中の人• 現状届、または定期報告書が未提出の人• 年金の支給が、全額停止されている人• 同一の年金で借入残高がある人(返済途中に追加借入はNG)• 反社会的勢力に該当している人、または関係を持っている人 当てはまっている人は、融資を受けられないため注意しましょう。 対象者がわかったあとは、年金担保融資制度の申し込み方法を説明します。 年金担保融資制度の申し込み方法は? 年金担保融資制度の申し込みは、 独立行政法人福祉医療機構代理店と表示してある金融機関でおこないます。 ゆうちょ銀行や農協、ろうきんでは取り扱っていません。 福祉医療機構で相談はできますが、申し込みの手続きは一切していないので気をつけましょう。 step 1相談 福祉医療機構年金貸付課または、対象の金融機関に相談します。 step 2申し込み手続き 取扱金融機関にて、申し込みの手続きをします。 年金を受け取る口座が取扱金融機関のものではない場合は、受け取り口座を変更する必要があります。 step 3審査 福祉医療機構で審査をおこないます。 審査は、4〜5週間程度。 step 4融資決定 審査が通ると、取扱金融機関から電話で連絡があり、融資開始日などの説明をされます。 step 5融資開始 開始日に指定口座に入金され、融資が始まります。 step 6返済 年金支給機関から、福祉医療機構に年金が支払われます。 そこから返済額分を差し引き、残額が指定口座に振り込まれます。 年金が振り込まれることで自動的に返済となり、自分で返済の手続きをする必要がないのは嬉しいですね。 途中で死亡したら連帯保証人が肩代わりすることになる 融資を受けている間に死亡してしまったら、 連帯保証人が代わりに返済します。 連帯保証人をつけていない場合は、 公益財団法人年金融資福祉サービスという信用保証機関が支払ってくれます。 この財団法人に肩代わりしてもらうには、保証料の支払いが必要です。 保証料は、年金担保融資制度の貸付利率と同じ年2. 信用保証機関への申し込み用紙は、金融機関に用意されています。 年金担保融資制度の手続きのときに、一緒におこなうとスムーズに申し込めます。。 年金担保融資制度は令和4年3月末で廃止予定 年金担保融資制度は、 令和4年3月末で申し込みを終了することが決まりました。 年金担保貸付制度は、平成22年12月の閣議決定において廃止することが決定されました。 その後、閣議決定を踏まえて、平成23年12月及び平成26年12月の2回にわたり、制度の見直しを行い、事業規模の縮減等が行われ、このたび、「平成34年3月末を目途に新規貸付を終了する」との方針を決定しました。 引用元: 令和4年3月末までは、今までどおり利用できます。 令和4年3月末時点で返済額が残っていても、繰り上げて返済する必要はないので安心してください。 年金担保融資制度の廃止が決定して今後の生活が不安になる人も多いと思いますが、代替案があります。 地域の自立相談支援機関に相談にいくと、それぞれの状況にあった支援をしてもらえます。 () より低金利で借りれるのは生活福祉資金貸付制度 生活福祉資金貸付制度は、 65歳以上の高齢者や低所得者が融資を受けられる制度です。 通常では各都道府県または市区町村の社会福祉協議会が窓口となりますが、 ハローワークでも融資の相談を受け付けています。 生活福祉資金貸付制度には、総合支援資金・福祉資金・教育支援資金・不動産担保型生活資金の4つの種類があります。 高齢者向けの福祉資金を利用すれば、緊急の医療費や介護用品の購入費用などの借り入れが可能です。 連帯保証人をつければ無利子なうえに つけられない場合でも年1. 5%とかなり低いため、無理のない返済ができます。 これほどの低金利で借りられるところは、なかなかありません。 より低金利で借りたい人は、生活福祉資金貸付制度を利用してみてはいかがでしょうか。 下記の記事では、生活福祉資金貸付制度の詳細を記載してありますので合わせてご覧ください。 生活苦に陥っている人は生活保護を利用しよう 生活保護制度とは、 生活に困窮している人に対して状況に応じた保護をすることで健康で文化的な生活ができるように支援をする制度です。 地域の福祉事務所が相談や申請を受け付けています。 現在の収入と厚生労働省が定める最低生活費を比べて、最低生活費から収入を差し引いた金額が支給されるのが生活保護費です。 年金をもらえなかったり、支給額があまりにも少なかったりする 高齢者でも生活保護を受けることができます。 高齢者の生活保護費の基準例 東京都区部等 地方群部等 高齢者単身世帯(68歳) 78,470円 64,420円 高齢者夫婦世帯(68歳と65歳) 118,880円 98,660円 年金だけでは生活が苦しい、お金を借りることもできないと悩んでいる人は福祉事務所に相談してみてください。 65歳〜70歳未満であること• 年金以外の収入がある この2つの条件を満たしていれば、利用できる金融機関の幅がグッと広がります。 年齢制限をクリアしていても、収入が年金のみだと融資は認められません。 アルバイトをしていれば、消費者金融や銀行での即日融資が可能です。 年金受給者でも、お金を借りられる金融機関を紹介していきます。 満70歳まで即日で借りられるレイクALSA レイクALSAは、年金受給者でも 満70歳まで借りられます。 限度額 500万円 金利 4. 新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみ対象となります。 初回契約の翌日から無利息期間が適用されます。 無利息期間超過後は通常金利が適用されます。 60日間無利息はWeb申し込みの方が対象となります。 無利息期間は契約額が1〜200万円の方を対象としています。 30日間、60日間、180日間の無利息サービスは併用できません。 上限が69歳までのところが多いなか、 70歳まで融資を受けられるのがレイクALSAの最大のメリットです。 即日融資に対応しており、最短60分で融資を受けられます。 初めての利用で借入額が5万円以内なら、180日間利息が0円なのも嬉しいですね。 満69歳の年金受給者がお金を借りられるのはプロミス プロミスは、年金受給者でも 70歳までなら借り入れが可能です。 限度額 500万円 金利 4. 最短即日で借りられるため、今すぐお金が必要な人に便利なカードローンです。 アイフルなら69歳まで融資可能 アイフルでは、69歳以下で年金以外にも収入があればお金を借りることができます。 限度額 800万円 金利 3. より早くお金を借りたい人は、アイフルのカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。 800万円まで借りられるのはアコム アイフルと同様に、69歳以下かつ仕事をしている人がアコムの融資の条件になります。 限度額 800万円 金利 3. 超高齢者でもOK!78歳まで借りられるベルーナノーティス 通販販売で有名なベルーナグループのカードローン「ベルーナノーティス」。 ベルーナノーティスは、 78歳まで借りられるので超高齢者でもOKです。 限度額 1〜300万円 金利 4. さらに初めてなら、14日間の無利息サービスも付いてきます。 23現在ベルーナノーティスは貸付に消極的な印象があります。 三井住友銀行は他の銀行よりも審査が早い 上記の消費者金融と同じように、三井住友銀行のカードローンも69歳までの年金受給者なら契約ができます。 年金以外の収入があることも条件です。 限度額 800万円 金利 4. 少しでも低金利で借りたい人は、三井住友銀行のカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。 ゆうちょ銀行の「自動貸付け」なら年金受給者でも借り入れOK ゆうちょ銀行には、定額貯金や国債を担保にしてお金を借りる自動貸付けという制度があります。 限度額 200〜300万円 金利 約定利率+0. 年齢制限がなく、担保さえあれば年金受給者でも融資を受けることができます。 ゆうちょ銀行の自動貸付けについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。 管理人の意見 国が認めた年金担保融資制度を使えば、 年金受給者でも低金利でお金を借りることができます。 しかし支給日に年金が振り込まれても、 返済分を自動で差し引かれた金額しか受け取れません。 せっかく借りれても後日受け取る年金が少なければ、生活に困ってしまいますよね。 そんな時 アルバイトをしていれば、消費者金融や銀行でも即日で融資を受けられます。 年金生活だからといって、諦めることはありません。 ぜひ一度、近くの金融機関に足を運んでみてはいかがでしょうか。 借入先を絞り込み条件で探す.

次の

【年金生活者や生活保護の闇金の取り立てがひどい!】相談先は弁護士がおすすめ。即日対策してくれます

年金受給者 借金

年金受給者の方でも、債務整理をする方がいらっしゃいます。 たとえば、年金生活を送っていても、旧来の友達との交際費が嵩んだり、冠婚葬祭が重なったりで、まとまったお金が必要になることがあります。 そこで、消費者金融やカードローンからお金を借りてしまいます。 その後、順調に弁済を行っていけばよいのですが、ついつい余計な出費を重ねてしまい債務を増大させてしまうケースです。 また、現役時代にある程度の収入のあった方が比較的多額の借り入れをしていたところ、退職後もその債務を引きずっているという方です。 このようなケースでは、年金生活を続けながら何十年にもわたり、少しずつ返済しているという方がいらっしゃいます。 そんな時、支給される年金の中から少しずつ返済していくのもよいですが、いっそのこと自己破産や民事再生の手続きを行うことにより、債務を大幅に減額するのも得策であるといえるでしょう。 ここでは 年金受給者の自己破産等の債務整理について説明します。 このコラムの目次• 1.どのような手続きをとるのが得策なのか 1 任意整理という手続き 債務整理の手続きの中には、弁護士が、裁判所などの機関を利用することなく、債権者と任意で交渉を行い、債務を 将来利息なしで3~5年で弁済していく任意整理という手続きがあります。 もっとも、この手続きでは、将来利息はカットできても、元本の分割弁済は必須ですし、別に和解日までの経過利息の弁済は必要となることが多いので、年金受給者にはあまりおすすめの手続きとは言えないでしょう。 2 自己破産、個人再生 他方、法的手続きとしては、自己破産と個人再生の手続きがあります。 個人再生は、基本的には、債務額を5分の1程度まで圧縮できる手続きであり、自己破産では債務額をゼロにすることができます。 この点、年金受給者の方の収入は限られていることからすると、債務額をゼロにできる 自己破産の手続きをとるのが得策であるといえるでしょう。 2.自己破産の手続きはどのように進むの? 1 委任契約により弁済をストップ まずは、弁護士と自己破産の委任契約を締結していただくことになります。 この段階で、弁護士より、債権者に 受任通知を発送いたしますので、以後、債権者への弁済はストップしていただいて大丈夫です。 その代わり、弁護士報酬の支払いを、通常1回~12回程度の分割払いで行っていくことになります。 2 報酬額の相場 弁護士に支払う報酬額は、通常25万円から35万円程度の場合が多く、 管財事件の場合は、他に、管財人に支払う管財人報酬が必要で、これが20万円になります。 3 管財事件、管財人報酬、同時廃止とは 管財事件というのは、自己破産に際して、債務者の資産状況をチェックする管財人という裁判所から選任された弁護士が付される手続きのことをいいます。 どのような場合に管財人が付されるかというと、債務者に浪費があったり、家や車両などの有価値の資産がある場合に、破産者の資産をチェックしたり、破産者の生活の改善の指導を行ったりするために付されます。 この場合には、上述したように、弁護士報酬とは別に20万円が必要となります。 他方で、上記のような管財人が付されない簡易な手続きがあり、これを 同時廃止の手続きと言います。 4 自己破産の申立て、その後の流れ 積み立てが完了した後は、自己破産の申立てを 管轄の裁判所に行います。 その後の手続きの流れは次の通りです。 免責審尋の手続きでは、裁判官から債務増大に陥った理由、そのことについて今後どのような点を見直して行くのかの点について質問があり、その1週間後くらいに免責となるのが通常です。 3.破産した場合に年金は差し押さえられることはないの? ご安心ください。 自己破産をしても受給している年金が差し押さえられたり、受給できなくなったりすることはありません。 これは、年金を受給できる権利が、法律上、 差押禁止債権とされているため、たとえ、自己破産したとしても、これを差し押さえすることができないことによります。 もっとも、気をつけておかなければならない点があります。 どういうことかというと、差し押さえが禁止されているのは、あくまでも年金の受給権だけですので、年金が 銀行口座に振り込まれた後は、一般の預金債権と同様差し押さえの対象になるということです。 よって、銀行の預金として銀行口座にお金がある場合は、差し押さえの可能性があります。 なお、年金担保融資という制度があり、これが年金に付されている場合は、自己破産とは関係なく、年金支給額から一定額が天引きされ続けることになります。 ただ、この制度を利用されている方は少数です。 4.紛争解決事例のご紹介 依頼者(仮にAさんといいます。 )は、長年、公務員として地方自治体で勤め上げ、 60歳で定年退職した後は、以後10年間、専門分野を生かした教育関係の仕事に臨時職員として従事されておりました。 Aさんの在職中は、バブル期の真最中であったこともあり、会社の付き合いや酒食の機会も増え、豪遊を重ねてしまいました。 そこで、膨らんだ債務額は数千万円に上ってしまいました。 この借金は、退職時に退職金でその多くを精算したものの、ちょうどそのころ、医療費もかさんだこともあり、数百万円の借金が残ってしまいました。 Aさんは、この借金を実に数十年にわたりコツコツ返済されておりましたが、齢80歳を超えたところで、そろそろ債務整理をと考えられ、泉総合法律事務所を訪問されました。 泉総合法律事務所では、自己破産 同時廃止 手続きで受任させていただきました。 幸い、弁護士報酬は親族の方が肩代わりしてくれましたので、速やかに、破産申し立てを行い、免責となりました。 5.年金受給者の方も泉総合法律事務所にご相談を 年金受給者の方でも債務を増大させてしまうことは稀なことではありません。 コツコツと返済されるのもよいですが、返済額が生活を圧迫している方は、自己破産を行うことにより、新しく人生を再スタートさせていくことも一つの解決策であるといえます。 年金受給者の方の債務の問題でお困りの方は、ぜひ泉総合法律事務所にお気軽にご訪問されることをお待ちしております。

次の