出会い アプリ 40 代。 【目的別】40代男性が本気で出会いを探すためのマッチングアプリ4選

40代が出会いやすいマッチングアプリの選び方とおすすめ5選

出会い アプリ 40 代

外での出会いが期待できない今、オンラインでの出会いを求める人が増えています。 LINE通話などでテレビ電話を使えば、普段よりたくさんの異性と繋がれます。 自粛期間が終わった後にデートする相手がたくさんできるよう、今の時期にオンラインで活動しておきましょう。 2020年6月特に活発になっているアプリは下記の2つです。 登録は無料ですので好みの異性がいるのか気軽に確認してみましょう。 『』:ビデオ通話もできる!毎日約5,000人の新規会員が加入するNo1マッチングアプリ• 『』:「〇〇巡り」という春特集や恋愛診断イベントが過熱中 1. 40代・50代もマッチングアプリをおすすめする3つの理由 マッチングアプリというと20代~30代の若者が使う印象が強いかと思います。 しかし、40代・50代の出会いを求める方にもマッチングアプリはおすすめできます。 その理由は次の3つです。 総会員数: 4,985,248人• 女性会員:1,550,131人• 男性会員:3,435,117人 上記の通り、マッチングアプリは他の出会いの手段と比べると、より多く人と出会えるので理想の人を見つけやすいのです。 また、40代・50代だけを見ても、アプリによっては 40代・50代の利用者は10万人以上にもなります。 そのため、40代・50代でも出会いのチャンスは十分にあるのです。 1-2. いつでもどこでも手軽に活動できる 結婚相談所や婚活パーティーなどの場合は、まとまった時間を確保する必要があります。 また、40代、50代になると仕事も忙しくなる傾向があるので、まとまった時間を作ることが難しくなってきます。 しかし、マッチングアプリでは以下のような隙間時間でも出会いを探すことができます。 バツイチの方におすすめのアプリを以下にまとめているのでぜひ参考にして下さい。 「」 以上が、40代・50代でもマッチングアプリをおすすめする理由になります。 マッチングアプリを使った方が理想のお相手と出会えることをご理解いただけたかと思いますので、次章ではマッチングアプリの選び方の注意点をお伝えします。 40代・50代のマッチングアプリの選び方の3つの注意点 マッチングアプリは婚活パーティや結婚相談所に比べ、 コスパ高く出会いの数を増やせる手段として、多くの方におすすめできる出会いの手段です。 しかし、マッチングアプリの選び方を間違えてしまうと、理想のお相手に出会うことはできません。 そこで、アプリの選び方を間違えないためにも、注意点を3つ解説していきます。 身分証を用いた年齢確認を徹底している(法律でその義務が定められている)• 24時間365日のアプリ内パトロールがある• サクラや業者、ヤリモク男性などを通報退会させる仕組みがある 上記のポイントを押さえているアプリであれば、安心して使うことができます。 ちなみに、人気のマッチングアプリであれば、上記の安全管理は当たり前のものとなっています。 2-2. 40代・50代の会員数が多いか 40代・50代の方が出会いの市場で 成功するためのポイントは、年の近い同世代の異性をターゲットにすることです。 例えば30代前半の女性は30代の男性と出会いたいと思っています。 40代・50代の男性がそこにアプローチしても、見向きもされずに終わってしまうことが多いです。 上位4つを赤字で示しています。 「Omiai」は人数表示されないため、独自の計算方法で人数を出しています。 2018年7月末時点の 登録人数です。 こうしてみると、一見それぞれのアプリに十分に人数がいるように見えますが、これはあくまで 登録人数です。 実際に活動している人は 登録人数の10%ほどで、登録しただけで放置している人、既にアプリ活動を終えたが退会手続きを忘れている人などが大半です。 つまり、1万人の登録があったとしても、実際に会えるのは全国でその内の1000人だけなのです。 そのため、同年代の登録人数が多いアプリを選ぶことをおすすめします。 2-3. 自分の目的に合っているか マッチングアプリには1つひとつ特徴があり、それらの特徴から以下の3つのタイプに分けることができます。 遊び向き• 恋活向き• 婚活向き もし、 自分の目的とアプリのタイプが合っていないない場合、素敵な相手を見つけられても付き合える可能性は低いので注意しましょう。 『』婚活真剣度No. 1!成婚実績の高いアプリ• 『』利用者数No. 1!婚活・恋活どちらもおすすめ!• 『』真剣な人が多い!婚活・恋活どちらもおすすめ!• 『』Omiai・ペアーズとの併用におすすめ! ここで紹介するアプリは全て、前章で紹介した安全基準を満たし、40代・50代の利用者が多いアプリです。 それでは順に解説致します。 3-1. 婚活真剣度No. 1!成婚実績の高いアプリ:『ユーブライド』 『』は、結婚相談所や婚活パーティなどを運営するIBJグループによって運営されるマッチングアプリで、成婚の実績を多く持っております。 というのも、婚活を意識したPRで結婚意識の高い男女が圧倒的に多く集まっているからです。 (実際に使ってみて結婚願望が強い人(言い方を変えると焦っている人)が一番多い印象でした。 ) そういったこともあり実際 2017年の1年間だけで2700名以上の人が「ユーブライド」で知り合い結婚しています。 しかも、 成婚退会した会員の6割が登録から3か月以内に結婚相手を見つけているので驚きです。 ユーブライドの会員分布図 図のように結婚を意識して活動する人が多いです。 年齢幅は広く、 20代後半から40代前半を中心に多くの世代の方が活動しています。 ユーブライドの会員構成比 『』は 40代、50代が3割を占めていて、 他のマッチングアプリと比べて多くの人が登録しています。 また、それぞれの人が結婚意識が高いので本気婚活したい人におすすめです。 ユーブライドの評判 私はユーブライドで婚活して結婚しました。 他にヤフーパートナーなども利用しましたがユーブライドが一番良かったと思います。 夫と出会えたからというわけではありませんが、サイト自体が充実してましたし、利用している人も真面目に婚活している人が多かったように思います。 (関連) 3-2. 利用者数No. 1!婚活・恋活どちらもおすすめ!:『ペアーズ』 『』はおそらく 国内で今最も利用者の多いマッチングアプリです。 そのため、 真剣に恋人探しをする人、また婚活目的で利用したい人が今でも多く集まります。 ペアーズが人気であり続ける理由はの圧倒的な総合力で、会員数はもちろん、安全性、評判どれをとっても評価が高く文句なしのアプリです。 ただ、「Omiai」よりも恋活目的の人が多いので、真剣婚活層を狙うならまずは「Omiai」を利用することをおすすめします。 ペアーズの会員分布図 『』の中心は20代後半の恋活目的で利用する人たちです。 しかし圧倒的な会員数の多さから、20代に限らず 30代、40代にも国内最大級の会員数を誇っていて、また利用目的も 遊びから婚活まで様々な人目的利用する人が存在します。 ペアーズの会員構成比 割合で見ると男女共に20代が圧倒的に多く40代・50代は少ないです。 しかし 人数で見ると、40代は男性約30万人、女性約8万人、50代は男性が約18万人、女性約2万人と他のアプリと比べても圧倒的に多いです。 そのため迷ったら『』を使うのがおすすめです。 ペアーズの評判 ペアーズレビュー記事• 3-3. 真剣な人が多い!婚活・恋活どちらもおすすめ!:『Omiai』 『』はペアーズとほぼ同時期にリリースされた、今のマッチングアプリ人気を支えてきた老舗アプリの1つで常に高い人気を誇っています。 Omiaiは「お見合い」を連想させる その名前のイメージから真剣に出会いを探す男女が多いのも特徴です。 しかし、 ペアーズの方が会員数が多く出会いのチャンスが豊富でまた料金も安いため、まずはペアーズを使ってみることをおすすめします。 Omiaiの会員分布図 30代前後が中心で会員の年齢層はペアーズと一緒ですが、結婚意識の高い人が多く集まっております。 Omiaiの会員構成比 FacebookのOmiaiで知り合った女性がいます。 三週間程LINEのやりとりをして趣味も合うし会うことにしました。 彼女の第1印象は写真と少し違う雰囲気でしたが、気だてもよくとても話しやすく話も弾みました。 僕は Omiaiで会うのは5回目ですが正直こんな女性が彼女ならいいなって思ったのは初めてでした。 3-4. Omiai・ペアーズとの併用におすすめ!:Yahooパートナー 『』は名前の通り Yahooが手掛けるマッチングアプリで、会員数の多さが特徴です。 基本的なサイトの仕組みとしては「ペアーズ」「Omiai」とほとんど一緒ですが、 実際に活動している人が少ないのが欠点です。 Yahooパートナーの口コミ ヤフパで出会い結婚しました。 そのため50代の方のアプリとしておすすめですが、 実際に活動している人数は特別多いわけではないので、併用で使うようにしましょう。 「写真」「プロフィール」「メッセージ」にこだわる• 連絡やデートは、複数人と同時並行で進める• アプリの掛け持ちも検討する 40代・50代の方は20代、30代に比べて難しいのは事実なので、これらの出会いのコツを特に徹底して活動していきましょう。 それぞれ順に説明します。 4-1. 「写真」「プロフィール」「メッセージ」にこだわる マッチングアプリで出会うためには「写真」「プロフィール」「メッセージ」についてこだわることがポイントになります。 そのため、 写真にこだわることは出会いの数にそのまま直結します。 ポイントを以下にまとめているので参考にして下さい。 「プロフィール」のコツ 写真で興味ありと思ってもらえると、プロフィールを見てもらえます。 その際に 誠実で好印象な内容が書かれていると「いいね」をもらうことができます。 ポイントは以下にまとめているので参考にして下さい。 「メッセージ」のコツ 実際に会ってもらえるかどうかはメッセージにかっかっています。 相手に誠実さをアピールして信用してもらうことが大切です。 ポイントは以下にまとめているので参考にして下さい。 とくに男性は必見です。 4-2. 連絡やデートは、複数人と同時並行で進める マッチングアプリでは 複数人の方と同時並行で進めるのがもはや一般的となっています。 というのも、以下のメリットがあるからです。 1人と連絡が途絶えも他がいるので大きく落ち込まずに済む• 1人に固執しなくて済むので余裕をもって異性に接せられる• 短期間に経験値を積むことができる 付き合う前であれば、複数人と連絡を取り合ったり、ご飯に行くことくらいは 世間一般的にも問題のないことです。 はじめのうちは抵抗がある人もいるかもしれませんが、チャンスを逃さないように複数人と同時並行で進めることをおすすめします。 4-3. アプリの掛け持ちも検討する アプリを1つ増やせば単純に出会いのチャンスは2倍です。 早くに相手を見つけたいという人はアプリの掛け持ちも検討しましょう。 2つ掛け持ちしたとしても、他の婚活手段と比べても安く済みます。 とにかく出会いのチャンスを広げていきましょう。 まとめ 40代・50代の方におすすめのマッチングアプリは以下の通りです。

次の

2020年最新の50代の出会いの場・きっかけはコレ!結婚、パートナー、友人の目的別に紹介

出会い アプリ 40 代

40代未婚で出会いがない人が結婚する方法 自分に合う出会い方で婚活すべし 40歳を過ぎると出会いが減り、婚活をしようにも「 どこで出会いを探せばよいかわからない」と悩む人が増えます。 男性・女性ともに、40代で未婚の人も諦めるのはまだ早いです。 40代で未婚の人の半数は、 40代のうちに結婚していることが統計からわかっているからです。 つまり、40代の未婚者のうち、半数近くは40代のうちに結婚しています。 近年は婚活サービスの利用者が増えているので、職場やプライベートで出会いがない人もチャンスをつかみやすい環境といえます。 40歳から出会いが減る理由 40代に出会いが減っていく主な理由は、 人脈が広がりづらくなるからです。 周囲の友人が結婚すると、合コンや遊びの誘いが減ります。 勤務先で転勤や配置換えが少ないと、職場での出会いにも期待できません。 対して、 趣味や 仕事で人脈を広げる機会が多い人は、40代以降も自然な出会いがあります。 新しい習い事や趣味を始めるだけで、出会いが生まれる人もいます。 習い事などの出会いは既婚者が多い 自然な出会いをしたい人にとっては、習い事や社会人サークルでの出会いに憧れるかもしれません。 しかし、趣味や仕事関係で広がる交友関係は、 既婚者が多い可能性大です。 未婚者との出会いが思うように広がらない可能性があります。 冒頭で触れた通り、 40代の未婚率は約20%です。 自然に出会った同世代のうち、8割は結婚しているということです。 婚活を意識しないコミュニティだと、 10人に2人の割合でしか独身者と会えないと考えると、婚活としては効率がやや悪いです。 20代の婚活なら、習い事などで出会いを広げるのもありです。 若い層は未婚率が高く、未婚者とも出会いやすいからです。 年齢が上がるほど既婚者の割合も増えていくので、アラフォー以降は「いかに未婚者と出会うか」も考える必要が出てきます。 40歳からの婚活を効率的に行うには、 婚活マーケットに意識的に出ていく必要があります。 40代向けの5つの出会い方 近年は、40代からの婚活でも出会いを見つけやすくなってきています。 晩婚化により結婚年齢が上がり、マッチングアプリなどの 婚活サービスの利用者も増加傾向にあるからです。 しかし、もし未婚者を紹介してもらえるあてがない、できれば一から出会いを探したい…という場合は、 婚活サービスも活用してみることをおすすめします。 晩婚化と波とともに婚活サービスの普及も進んでおり、40代やアラフォーで婚活サービスを活用する人も増えてきています。 主な40代からの出会い方は、下記4つです。 低コストで始められる(女性完全無料のアプリもある)• 自分で異性を探してアプローチする必要がある 40代のあいだでも、マッチングアプリや婚活サイトを利用する人が増えています。 いわゆる「出会い系」「恋活アプリ」ではなく、真面目な婚活アプリを使うと、結婚につながる出会いを求める人とマッチングできます。 メッセージでの会話が好きな人や、なるべく低コストで婚活したい人には特におすすめです。 プロフィールをしっかり作り、こまめにコミュニケーションをとれば、異性と出会える可能性はどんどん広がります。 最近のマッチングアプリは コミュニティ機能も充実しているので、同じ趣味の人と出会いたい人にも向いています。 40代からマッチングアプリを利用するなら、• 会員規模自体が大きいアプリ• 会員規模の大きさでは、マッチングアプリ最大手の Pairs(ペアーズ)が突出しています。 40代の比率はやや低いものの、全体の会員数が多いため、 40代登録者の「実数」は多いアプリです。 自分から異性会員を探すときは、年齢条件を同世代に絞り込んで検索すれば、ほかの世代の人を気にせず活動できます。 女性は無料なので、気軽に始めてよいと思います。 プロのアドバイザーに相談ができる• 料金が高い 30代後半~40代くらいの年代からは、 結婚相談所を利用する人も増えます。 短期集中で婚活し、早く結婚したい人におすすめです。 ネット婚活よりコストは高めですが、そのぶん「お金を払ってでもよい人と結婚したい」と考える、モチベーションの高い人が集まっています。 真剣に結婚を考えている人同士で出会えるので、結婚相談所は 交際から結婚までのスピードが早い傾向にあります。 たとえば パートナーエージェントでは、成婚退会した人の 6割が1年以内に結婚相手を見つけています。 第一印象を大事にした婚活ができる• 結婚意欲が低い参加者もいる 婚活パーティーのなかには、 40代限定イベントなど、参加者を絞って開催するものがあります。 希望条件がマッチするパーティーに参加すれば、効率よく異性と出会うことができまます。 たとえば婚活パーティー大手の「」などでは、アラフォー限定の少人数制パーティーなどを開催しています。 異性全員と一人ずつ話せる点が人気です。 しかし、少人数制の婚活パーティーの多くは、 マッチングが成立しないと誰とも連絡先を交換できません。 せっかく会場でたくさんの異性と話しても、収穫ゼロで帰ることになる可能性があります。 収穫のないパーティーに当たるのがいやな人は、ネット婚活で厳選した人と会うようにするほうが向いています。 ムダになる時間を最小限に抑えられます。 また、低料金の婚活パーティーには、結婚意欲が低い人や遊び目的の人がいる可能性があります。 参加費が安すぎるパーティーは、少し気をつけたほうがよいかもしれません。 コストをかけてもよいなら、本人確認や独身証明を徹底している結婚相談所がおすすめです。 冷やかしの人を排除するため、入会審査がある結婚相談所もあります。 第一印象を大事にした婚活ができる• 結婚意欲が低い参加者もいる 街コンや飲み会も出会い方の一つです。 40代になると合コンの誘いが減るかもしれませんが、のように合コンを企画してくれるサービスもあります。 合コンの企画サービスに登録すると、メンバー集めや居酒屋予約などのコンパ企画を代行してくれるというものです。 Rush(ラッシュ)は、老舗婚活サイト「ブライダルネット」や結婚相談所「IBJメンバーズ」を運営する上場企業が運営しています。 婚活ノウハウを持つ企業なので、安心して利用できます。 しかし、街コンや合コンも婚活パーティーと同じく、 結婚意識が低い人が参加できてしまうというデメリットがあります。 街コンや飲み会は、婚活パーティーより拘束時間が長くなりがちです。 最初に「今日はよさそうな人がいない」と思っても、数時間はその場にいなければなりません。 個人的には、婚活パーティーよりコスパが低いと思います。 婚活サービス利用に抵抗がない人が増えた 婚活サービス利用に抵抗のない人が増え、ネット婚活や結婚相談所のユーザーが活発になっている今日は、40代からでも出会いを広げやすい環境といえます。 まだネット婚活が一般的ではなかった頃は、「出会い系みたいで怖い」と感じる人が多く、一部の若い人のみが利用していました。 現在は幅広い年代の人がネット婚活を利用し、実際に結婚しています。 知人でも、マッチングアプリや結婚相談所から結婚する人が増えてきています。 アラサーやアラフォーで結婚した人もいます。 婚活サービスで出会いを増やす人が増えていることを実感します。 「20代の恋愛」と「40代の婚活」は、結婚に向いている出会い方が異なります。 40代の婚活は、 いかに結婚意欲が高い人との出会いを増やすかが大切です。 40代で結婚するつもりのない人と付き合うのは、 時間のロスが大きいです。 年齢が高くなるほど未婚者が減っていくことを考えると、結婚を考えている人に絞って出会いを増やせるのが理想です。 今回比較した出会い方のなかで、私が40代の人におすすめしたいのは ネット婚活と 結婚相談所です。 いずれも、結婚を前提にした交際を求める人が集まるプラットフォームです。 会員数が多い=出会いの可能性が多い• 低コストで活動できる• 料金が高い=厳選された会員と出会える• 結婚アドバイザーに相談できる• スピード婚も実現しやすい さまざまな婚活サービスの中でも、料金が高い方法ほど真剣に結婚を考えている人が集まるので、真面目な人と出会える確率が高いです。 料金が低いサービスは利用しやすい反面、冷やかし目的の人も参加できるという懸念があります。 そのような人に時間を割くのはもったいないです。 そういう意味では、最短で結婚しやすい婚活サービスは 結婚相談所です。 結婚相談所の利用を考えたい人は、結婚相談所で起こりうるトラブルについて事前に知っておくと安心です。

次の

40代はどのマッチングアプリがいいの?※失敗しないアプリ3選

出会い アプリ 40 代

年齢を重ねて40代ともなると、異性との出会いのほうも若いころと同じようにはいかなくなってきますよね。 会社内ではいいなと思う人はみんな既婚者だし、かといって友達に紹介や合コンのセッティングをお願いするようなことも年齢を考えると気が引けてしまう…。 わかります。 マッチングアプリを使ったら恋人ができた!果ては結婚することになった!などという話も周囲の人から聞こえてきますので、いやがおうにも期待感は高まってしまいますよね。 しかし自分の年齢は40代。 いったい、40代でも使えるマッチングアプリなんてあるのでしょうか?登録したのはいいものの、若い人しかいなくて全然出会うこともできず撃沈…なんて悲しいことにはならないのでしょうか? この記事では40代におすすめすることができる、人気があって信頼性も高いマッチングアプリのベスト3をご紹介していきたいと思います。 大人が出会いやすいマッチングアプリばかりになっていますので、 40代という年齢に引け目を感じることなく、運命のお相手探しができちゃいますよ! 40代の方は、合コンに行ったり友達に紹介を頼んだりするのも気が引ける年齢かもしれません。 しかしマッチングアプリならば40代の会員も多くいますし、その人たちは 全員フリーでお相手を探しているのですから、確実に出会いに結びつくのです! マッチングアプリには検索機能も充実していますので、同年代の異性に絞って探せば効率よく恋人募集中の相手が見つかります。 もちろん年下のほうがタイプだという人は、好きな年代の相手を検索してもかまいませんよ。 また40代は仕事でも責任を持たされて多忙になってくる年代ですが、マッチングアプリならば通勤途中やランチ休憩、就寝前といったすきま時間でも出会うことが可能なのです!もしも婚活パーティーに参加するとしたらスケジュール調整をして、ファッションを考えて…などとかなりの準備が必要になりますが、 マッチングアプリでしたらスマホ一台あればいつでもどこでも始められます。 再婚を希望する40代や、シングルで子供を育てているという40代もマッチングアプリにはたくさんいますので、バツイチという環境や年齢で引け目を感じることなく活動することが可能です。 marrish マリッシュ マリッシュという名前は聞いたことがないという人もいるかもしれませんが、それもそのはず。 マリッシュは 2016年11月にサービスをスタートさせたばかりの、新規のマッチングアプリだからです。 まだまだ新しいマッチングアプリだとはいうものの、雑誌「CLASSY. 」などにも広告を出していますので、今大人の女性に人気急上昇中の、今後大きな期待が持てるマッチングアプリとなってきています。 マリッシュの公式サイトを開いてみると、まず目に飛び込んでくるのが「恋活、婚活、再婚、シンママ婚、中年婚、年の差婚、地方婚など」という心強い文言。 40代とはいえ自分のことを中年と思ってしまうのは嫌なものですが、それでもたとえ中年の年齢だとしてもマッチングができるということです。 そのうえ40代ともなると人生経験を重ねて、バツイチだったりシングルマザーだったりする人も多いでしょうが、そういった出会いに積極的になれない人たちにとっても、非常に頼りにできるマッチングアプリがマリッシュだということなのです。 これはどういうことなのかと言いますと、マリッシュは「再婚マッチングサービス」とまで自称していて、 バツイチやシングルマザー、シングルファーザーを応援してくれているのです!それらの人のためにポイント増量やサイト内で目立つためのアイコンなど、様々な嬉しい特典を用意してくれているそう。 もちろんと 初婚を希望する40代の人も、とっても便利に使うことができます。 それはまず、現在はFacebookアカウント連携のマッチングアプリ全盛期なのですが、マリッシュでは Facebook認証がなくても大丈夫だというところが嬉しいポイントになります。 Facebookアカウントを持っていないという40代でも、簡単に始めることができるからです。 男性は月額2,980円から使うことができ、女性はなんと完全無料!マッチングアプリにあまりお金を使いたくなかったり、経済的に不安があったりするという40代女性にもたいへんありがたいシステムとなっています。 マリッシュ公式サイトの一番下には、「マリッシュで最後のパートナーを見つけてみませんか?」というキャッチコピーが書かれており、大人のマッチングアプリ活動を力強く応援してくれている運営側の真剣な姿勢が見て取れますよね。 ペアーズ 今もっとも勢いのあるマッチングアプリと言っていいのが、こちらのペアーズです。 ペアーズはFacebook連携型のマッチングアプリなのですが、その人気は絶大で、なんと 会員数は国内最大級の「600万人」もいるのです。 今までに延べ「4700万人」もの数がマッチングしています。 しかも、毎日のように3,000人の男女が新たにペアーズに登録をしていますので、会員数が少なくて理想の相手を見つけることができなかった…なんていう心配もありません。 恋人を見つけたい40代や婚活をしている40代は、ペアーズを始めないということは非常にもったいないことなのです! しかしペアーズのことをよく調べると、40代にとっては不利な情報も出てきますよね。 それは ペアーズの会員年齢層が、20〜30代の若い人が中心だということです。 40代は全体の8%にすぎません。 40代がやるべきマッチングアプリだと言ったくせにどういうこと?と不審に思われる人もいるでしょうが、よくよく考えてみてください。 ペアーズの会員数は600万人なのです。 600万人の8%は、48万人ですよね?男女比が5:5であると仮定しても、あなたのお相手候補になる同世代の異性はペアーズ内に24万人ほどもいるということになりますから、40代だから出会えないなんていうことはまったくありません。 もちろん年下の異性のほうがタイプだという人は、30代の会員はもっとたくさんいますので、年上を理想に掲げる相手を探すことも容易になってくるというわけなのです。 ペアーズはマリッシュとは違い、 Facebookアカウントを持っていて友達が10人以上いる人しか登録をすることができません。 これは実在する人間しか登録できないということですから、ペアーズにはマッチングアプリをする上で心配な「サクラ」や「悪徳業者」が少ないことが言えます。 Facebookアカウントを持っていなければ登録することは不可能なのですが、持っているという人はやってみる価値があるマッチングアプリなのではないでしょうか?特に 女性は、すべての機能を完全無料で使うことが可能なのも嬉しい点ですよね! マッチドットコム 日本国内最大級のマッチングアプリをペアーズだとするならば、 世界最大級のマッチングアプリは「マッチドットコム」です。 マッチドットコムは 世界24か国で1500万人の会員数を誇る、モンスター級に大きなマッチングアプリ。 日本での会員数も100万人を突破しています。 マッチドットコムの公式サイトには会員の年齢層の情報は載っていないのですが、口コミを見ると30代以上の大人の男女も多く登録しているそうですので期待大です!もちろん、40代も数多くいるということです。 こちらのマッチドットコムは、 無料会員の状態でも他の会員の検索や写真付きプロフィールの閲覧が可能です。 いざお金を払って有料会員に登録したのに、全然好みの異性がいなかったなどという危険性はありません。 無料で「ウインク」と言われるアプローチ(いいね)を送ることも可能ですから、お相手候補がいるという手ごたえを感じてから有料会員になれば、損をするようなこともないのです。 マッチドットコムの特徴は、アメリカで誕生したグローバルなサイトだけに検索機能がとっても細かいところ。 他のマッチングアプリと同じように、年齢や居住地などの基本情報から出会いたい相手を絞り込むことももちろん可能なのですが、話せる言語や人種(白人・アジア人など)などという詳細な項目まであって興味深いです。 日本人の相手を探している素敵な外国人からアプローチがあって、びっくりするようなことも起こりえるかもしれませんね。 マッチドットコムは有料のマッチングアプリで、 30日プランの料金は男女平等の3,980円、90日プランで8,380円、180日プランで14,800円となっています。 女性は無料のマリッシュやペアーズなどのマッチングアプリと比べると、ちょっと高いかなと感じる人も中にはいるかもしれません。 しかしマッチドットコムには嬉しい制度があって、その名も「恋が始まる保証」というもの。 もしも180日プランで一生懸命活動をしたのにもかかわらず特別なお相手を見つけることができなかった場合、もう180日間無料にてマッチドットコムを続けることができるという、とってもありがたい機能なのです! 「恋が始まる保証」があるメリットは、じっくりと腰を据えてマッチングアプリでの活動ができるというところにもありますが、「このマッチングアプリを使って恋人が見つけられないことなんてありえない!」という、マッチドットコム運営側の強い自信の表れとも言えますので、40代でも安心して登録することができますよね。 【番外編】 華の会メールBridal 華の会メールBridalは創業20年の華の会グループが手掛けた、 中高年向けの婚活・再婚応援サイトです。 30歳からの大人婚活をコンセプトとしているので、 男性は30歳〜75歳まで、女性は25歳〜75歳までが入会対象になります。 女性会員はすべての機能が無料というのは他のサイトと同様ですが、 他のサイトと大きく違う点は男性はポイント制の料金体系(登録は無料)という点です。 男性はポイントを購入し、そのポイントを消費して、掲示板に投稿したり、女性にメールを送ったりして関心や興味を共有する人々と情報交換などしてやりとりしていく形になります。 登録時に1,500円相当のポイントが無料でもらえるので、お試しの範囲内で初めて見るのもいいかもしれませんね。 登録費、月会費、年会費が無料で、自分が利用した分だけ費用が発生する仕組みなので コスト効率を考慮して婚活を行いたい方向けといえるかもしれません。 うまく利用すれば定額制ではないので、他のアプリよりも安くつく場合もありますよ。 中高年・シニア向けに特化しているアプリは今のところ「華の会メールBridal」だけなので、大人の婚活をしたい方にはオススメといえます。

次の