大成建設 テレワーク。 大成建設、建設現場で17人が新型コロナ感染 :日本経済新聞

新型コロナで、建設業界に“テレワーク”は根付くか?ヒューマン総研が独自調査 (1/2)

大成建設 テレワーク

決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 現預金等 374,192 535,592 687,456 467,750 482,722 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 738,112 687,980 640,030 732,686 816,300 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 177,528 175,982 188,397 219,745 204,400 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 4,875 5,084 11,553 13,027 14,288 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 366,114 355,440 383,161 412,968 372,285 総資産 資産合計。 1,660,821 1,760,078 1,910,597 1,846,176 1,889,995 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 1,006,786 1,077,372 1,096,125 998,903 1,029,231 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 136,160 113,927 147,320 126,850 110,606 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 517,875 568,779 667,152 720,423 750,158 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 732,686 718,469 806,181 881,900 816,300 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 219,745 - - - 204,400 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 13,027 13,229 13,060 13,089 14,288 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 412,968 599,860 622,086 631,318 372,285 総資産 資産合計。 1,846,176 1,754,190 1,765,941 1,802,324 1,889,995 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 998,903 866,986 846,801 875,901 1,029,231 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 126,850 193,493 195,700 186,217 110,606 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 720,423 693,711 723,440 740,206 750,158 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 1,348,302 1,260,968 1,318,879 1,409,417 1,492,653 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 460,013 303,432 361,891 353,421 473,909 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 97,117 218,203 207,019 -71,030 78,212 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -25,070 6,296 -11,852 -82,288 33,260 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -35,171 -60,061 -41,682 -96,197 -66,647 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 74,633 - -89,858 - 168,070 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -51,117 - 31,947 - 1,313 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -7,954 - -55,981 - -10,666 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 154位 84位 78位 3,674位 総資産 資産合計。 187位 185位 184位 196位 現預金等 86位 76位 66位 92位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 8歳 42. 9歳 43歳 43歳 -歳 平均勤続年数(単独) 18. 8年 18. 3年 18. 3年 18. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の

新型コロナで、建設業界に“テレワーク”は根付くか?ヒューマン総研が独自調査 (1/2)

大成建設 テレワーク

大成建設株式会社と日本マイクロソフト株式会社は15日、AI・IoTを活用した施設運用・保守事業の変革に向けて協業を開始した。 大成建設では、既存建物のリニューアルやリノベーションでの企画・設計・施工や、建物維持管理の効率化などに関する提案が求められているという背景を受け、建物引き渡し後の施設運用・保守事業に着目し、不動産価値の維持や利用者満足度の最大化、建物保守業務の効率化を図るため、2019年7月に「AI・IoTビジネス推進部」を立ち上げ、用途・機能別に複数ソリューションの検討を開始した。 また、Microsoft AzureとWindows 10 IoTベースのエッジデバイスを採用し、建物や利用者の様々なデータをIoTセンサーなどで収集後、各種データを可視化し、AIによる分析結果を元に建物設備の自動制御などを行うクラウドサービス基盤を構築した。 このデジタルプラットフォームを共通基盤に、AI・IoTを活用した各種取得データの蓄積やさまざまなソリューション間での連携・運用により、付加価値の高いサービスの実施を可能とする。 デジタルプラットフォームの概要 日本マイクロソフトでは、コンサルティング部門であるサービス事業本部を中心に、大成建設が目指すソリューションの具体化と最適なテクノロジーの活用支援などを行い、大成建設のデジタルトランスフォーメーションを推進する。 大成建設と日本マイクロソフトとの協業により、2019年度後期から順次事業展開を予定する主なソリューションとしては、「地震発生直後の建物健全性把握」「施設統合運営管理」「生産施設での従業員の作業状況見える化」の3点を挙げている。 地震発生直後の建物健全性把握については、大成建設では地震発生直後に建物の健全性を迅速に評価し、建物の所有者や管理者にタイムリーに通知するためのシステムを開発しており、今後、さまざまなデータを収集・管理・運用するためのクラウド基盤としてMicrosoft AzureとWindows 10 IoTベースのエッジデバイスを活用する。 これにより、地震発生直後の突発的かつ短時間に膨大なデータ量の処理が求められる状況での正確かつ迅速な情報伝達によるBCP初期対応への支援を行う。 すでに工場を所有する製造業や自治体などからの引き合いを受けており、今後数年で1000件程度の導入を予定するとしている。 施設統合運営管理については、大成建設では建物運営管理費を最小化するため、大成有楽不動産などのグループ会社と連携し、AI・IoTを活用した建物運営管理業務の効率化のためのサービスの構築と提供を検討してる。 今回、Microsoft AzureとWindows 10 IoTをベースにした日本マイクロソフトの建物運営管理サービス「スマート・ビルディング・ソリューション」を活用し、その第一段階として、ビル管理者向けに建物運営管理業務の効率化支援サービスの実現を目指す。 さらに今後、大成建設と日本マイクロソフトで設計・施工と建物運営管理をパッケージ化したビジネスモデルの展開を進め、顧客の資産価値の維持、向上を図っていく。 生産施設での従業員の作業状況見える化については、作業の効率化や安全性向上といった課題に対し、大成建設では施設や装置の改善に加え、従業員の作業状況をモニタリングし、そこから得られるさまざまなデータを活用した新しいソリューションを開発している。 従業員の心拍、体温、姿勢などの身体の状態、所在、作業環境のデータをWindows 10 IoTベースのエッジデバイス経由で随時取得してMicrosoft Azure上に蓄積し、関連情報をモニタリングする。 同時に、AIによる分析などを行うことで、従業員の作業負荷軽減や労働環境を改善するための効率的な作業計画立案、作業状況を考慮した動線・レイアウトなどを検討し、最適な指示やアクションの提示を支援する。 今後、大成建設と日本マイクロソフトでは、さまざまな分野で進めるAI・IoTのビジネス展開において、建物の利用者、所有者、管理者はもとより、建物周辺地域も含めたさまざまな関係者に対して、AI・IoTを活用した施設運用・保守事業の変革を目指し、新たなソリューションを提供していくとしている。

次の

大成建設が開発した50gの「くるくるメジャー」、一般向け販売も

大成建設 テレワーク

「くるくるメジャー」のカラーラインアップ 出典:大成建設 建設現場では、日常的にコンベックスや巻尺などの市販メジャーを使用しているが、大型や手のひらサイズでも重量のある場合が多く、現場での持ち運びや計測作業時に扱いにくい状況が生じることから、より小型で軽量な取り扱いが容易なメジャーへのニーズがあった。 また、配筋など現場内の施工状況を撮影する際は、鉄筋に沿わせたメジャーを安定して固定できないことや目盛が確認しにくいなど、視認性が十分ではないという問題点あった。 大成建設と新潟精機が開発したくるくるメジャーは、コンベックスなどの市販メジャーに比べ小型かつ軽量で、汎用性も有する。 このメジャーは、取り扱いが容易で、本体の伸長固定方法や計測対象物への取り付け方法、目盛の視認性などの使いやすさに工夫を凝らしている。 そのため、計測に関する複数用途に利用でき、現場での採寸、墨出し時の計測や撮影の効率化につながるツールとして利用拡大が期待されている。 主な特長としては、市販メジャーに付属している収納ケースを無くして、メジャー本体と簡易なスライドパーツの手動収納を採用。 従来品が重さ約300〜400グラムだったのに対し、約3分の1以下となる約50グラムとなった。 関連記事• あるシンクタンクの調査によると、CAD/GIS向け大判プリンタの市場は、1年の中で年度末にあたる第4四半期が、最も多くの台数が出荷される時期になるという。 激しい商戦が繰り広げられるこの年度末に各プリンタメーカーは例年こぞって、シェアを獲れる新機種の投入や趣向を凝らしたキャンペーンを展開している。 3Mは、テープを貼るだけでさび止めが実現するテープを開発した。 一般的な防さび塗装と比較すると、養生などの工程が無いため、作業時間は100分の1に短縮され、作業者の熟練度にも左右されず、誰でもサビ対策が行えるようになるという。 スリーエム ジャパンは、建築内装仕上げに特化した両面テープ「3M VHB テープ Y-4800-12建築パネル仕上げ用」を発売する。 日本で初めて壁ボード用の接着剤と同等のJIS規格をクリアした両面テープで、施工時間の短縮や作業者の負担を軽減し、内装仕上げ市場が抱える人手不足や工期遅延といった課題解決を目指す。 これを受け、酷暑が続く夏場の工事現場では、フルハーネスと、暑さをしのぐ電動ファン付きワークウェアを併用する姿が多く見られるようになると予想される。

次の