お 宮参り 夫婦 だけ。 夜のサインは夫婦だけの秘密!子どもに見つからない誘い方を決めよう

お金が夫婦喧嘩の原因になるとき…対応策4パターン [夫婦関係] All About

お 宮参り 夫婦 だけ

「妻を抱けない」は夫婦関係を見直すチャンス? かつては顔を見るだけで「キュン」とさせられていた妻。 しかし、近頃そんな気持ちはすっかり失せてしまった。 ストレートに表現すれば「妻を抱けない」……そんな悩みを密かに抱えている夫は少なくありません。 抱けない原因が夫婦不仲ならば話はシンプルです。 しかし、こういった悩みを抱える夫の多くが、夫婦仲は良好で、妻のことも変わらず愛している。 では、何が原因なのでしょうか?ひとつは、妻を「女」ではなく家族の一員・同士と見ているから。 「結婚、家族ってそういうものでしょ?」 のひと言で、この問題を終わらせることもできるでしょう。 一方で、この状況を一種のチャンスと見ることもできます。 夫婦がお互いを「男と女」として見直すチャンスとして。 恋愛の高揚感は3年以上持続しない、という事実 夫婦関係における、とある指標を示す「DTD」という言葉をご存知でしょうか?まるで大学の研究機関が定義したような響きですが、筆者の造語で「男女トキメキ度数」の頭文字を並べたものです。 恋愛初期はDTDがマックスなので、会うたびにキスしたり、ホテルに誘ったり、疲れていようが眠かろうがセックスができます。 言わば、「男と女」の黄金期。 しかし、このDTDマックスの状態は、そう長く続きません。 多くの脳科学者が、脳内伝達物質やホルモンの影響で恋愛の高揚感は3年以上続かないと証明しているからです。 そこに、結婚に伴う出産・子育て・共働きといった環境が加われば、DTDが急落するのは火を見るより明らか。 むしろ、DTDなんて邪魔というのが正直なところでしょう。 「妻だけED」は「この世界で妻だけが女に見えない」状態!? 一方で、アラサー、アラフォー世代であれば「セックスレス」のことも気になる。 しかし先に述べたとおり、日々の生活に奔走しているあいだに夫婦のDTDは最低値になっています。 そんななか、久しぶりにコトをいたそうとしたところ……夫の下半身が屹立しない。 しかし、それは言い訳にすぎません。 本心は「まずい、妻にムラムラしなくなった」です。 これが俗にいう「妻だけED」の状態。 「妻だけ」なのは、もちろん夫も自覚しています。 筆者が複数の「妻だけED」夫にヒアリングしたところ、「ほかの気になる女性ならしたいと思う」といった願望や、アダルト動画を見れば勃起することを明らかにしていました。 「妻だけED」は、妻からすれば失礼極まりないことです。 もし、自分の夫が「妻だけED」であることを妻が知れば、それは夫から「この世界で妻だけが女に見えない」と宣言されたのも同然のことなのですから。 「妻だけED」にはどんなタイプがある? もし夫が「妻だけED」になったら、妻はどう対応するべきなのでしょうか?解決策を探る前に、まずは「妻だけED」のパターンについて学びましょう。 ED治療に詳しい竹越昭彦先生にお話を聞いたところ、パートナー関連型のEDは大きくわけて、以下の3種類になるそうです。 1:特定の関係では興奮しない 2:特定の好みにより興奮しない 3:パートナーに対する葛藤に伴う中枢性の抑圧で興奮しない 【1】の状態は、毎日いっしょにいる妻が家族に見えて性的対象でなくなったということです。 スリムな女性が好きだったのに、最近妻が太ってタイプじゃなくなった、とかもこの中に入るでしょう。 【3】は「モンスターワイフ化」してきた妻のことを愛おしく思えない、性的魅力を感じられないという問題です。 「妻だけED」は解決できるのか? 残念ながら「妻だけED」には、「これをすればOK!」というドンピシャな解決策はないです。 だからと言って、放置すれば今後何十年と続く夫婦関係に暗い影を落とします。 短期間での解決に期待せず、地道に改善を積み重ねていくことが重要でしょう。 たとえば、夫婦でセックスに関する会話をするところから始めるのはいかがでしょうか。 セックスレスの夫婦はできるだけ、自分たちのセックスに関する話題を避けようとします。 テレビ画面にベッドシーンが流れるとソワソワして知らん顔をしたり、席を立ったりして、セックスを遠くへ追いやって、真面目に話し合うことを恐れます。 だから、切り出すときは「今後結婚生活を継続する上で、改善しておきたいことがある」と、真顔でいくのです。 そのとき話す内容は、まずは自分たちの関係が先に挙げた3タイプのどれにあてはまるかどうかについて。 つぎに、過去のセックスで傷ついた気持ちを紐解いていきましょう。 妻から誘ったら「そんなにしたいの?」「女性から誘うなんて」と傷つく言葉を投げられたとか、夫から誘ったら「子どものことと家事で手一杯なのに、これ以上疲れたくない」と突き放されたことがあるとか……セックス関連で1度でも心が折れる言葉を言われると、それは後々まで影響します。 だからこそ、そのときの気持ちを言葉にして、会話することで乗り越える必要があるのです。 また、そういった赤裸々なセックストークの中から、相手の意外な一面を知るかもしれません。 そこで得た驚きは刺激となり、DTDの上昇にも効果があるでしょう。 夫に「お!妻が色っぽい。 久しぶりに……」の気持ちが再び目覚めるのは遠い先かもしれません。 しかし、千里の道も一歩からなのです。

次の

夜のサインは夫婦だけの秘密!子どもに見つからない誘い方を決めよう

お 宮参り 夫婦 だけ

「最初のうちは二人でよく話をしていましたが、だんだん話題がなくなってきて悪口の言い合いに。 今すでに、ちょっとした夫婦の危機を迎えています」(34歳/公務員) 「一緒にいる時間が多くても、夫婦の会話はほとんどなし。 将来子どもが独立して二人だけの生活になった際に、本当にやっていけるのか不安になりました」(40歳/主婦) 「一緒にいても話すことがなく、家にいるのが苦痛でした」(45歳/学生・フリーター) 「夫は話が長いので、会話をするたびにうんざりしてしまいます」(58歳/主婦) 「夫婦の会話を楽しもうと思っても、夫は私が興味のない話ばかりをするので、面倒くさくて全然話を聞く気がしませんでした」(39歳/その他) いちばん多かったのが、「夫婦の会話がない」「会話が楽しくない」ということから、今後や老後の夫婦の生活に不安を感じたというエピソード。 二人で一緒にいても会話がないという状況は、かなり辛いものですよね。 今後の夫婦関係をより良くするためにも、この機会に夫婦の会話を増やしたり、会話を楽しくするための努力をお互いにしてみてはいかがでしょうか? 「夫は単身赴任中。 コロナ禍のゴールデンウィーク中に家に帰ってこようとしたので、私が『状況をよく考えて』と帰宅を拒否したら、怒っていじけたことに呆れてしまいました」(50歳/総務・人事・事務) 「夫の手洗いのやり方が適当だったので、感染予防のためにもちゃんと洗うように言ったら逆ギレされて腹が立ちました」(23歳/その他) 「ウイルス感染に対して警戒してほしいのに、夫は自分は感染しないと思い込んでいてすべてが適当。 マスクの着用や手洗い、消毒などをお願いしても、『そんなことをしても感染するときは感染する』という態度で心底呆れました」(59歳/主婦) 「旦那のコロナウイルス感染対策があまりに適当で、危機管理能力が低い人だったんだと幻滅しました」(33歳/主婦) 感染対策については、夫婦間で温度差があったご家庭も少なくなかったようです。 もちろん逆もあるとは思いますが、夫の感染対策が適当すぎて、イライラさせられた妻が多数いた様子。 日本はもちろん、世界中がこれだけ大変な状況になっているにも関わらず、夫の危機感があまりに低いと、「この人って……」と幻滅してしまうのもよくわかりますね。 「ワイドショーでコロナ関連のニュースなどを見ては、コメンテーターの意見にいちいち文句をつけている夫の姿を見るにつけ、なんだか呆れてしまいました」(56歳/主婦) 「外出中にマスクをしていない人を見かけては文句、夜に居酒屋が開いているのを見ては文句など、とにかく文句の多さが気になりました」(24歳/コンピュータ関連技術職) 「私には3度の食事を作ること自体が大変なのに、作った料理を見て『またこれか』みたいな顔をされたり、文句を言われたりするのがすごく嫌でした」(43歳/その他) 「夫はいちいち口うるさくて、何に対しても文句ばかり。 一緒に生活していくのが嫌になりました」(47歳/主婦) ずっと家にこもってばかりでイライラしてしまうのか、なんだかいつもより文句が増えたという夫も多かったようです。 ただ、一緒に暮らす妻としては、自分に対する文句はもちろん、ほかの人に対する文句などもあまり聞きたくはないもの。 あまりに文句が多いと、夫に対する評価も愛情ももダダ下がりしてしまいそうですね。 「家にずっといるとお互いにストレスがたまるせいか、些細なことでもケンカになってしまうことが多くて大変でした」(49歳/総務・人事・事務) 「お互いにストレスがたまって、言い合いになることが増えました。 そのときの夫の言い方がすごくきつくて、今後もこのまま結婚生活を続けていけるのか不安になりました」(27歳/学生・フリーター) 「外出自粛で一緒にいる時間が少し増えただけなのに、夫婦ゲンカが急増。 老後の二人きりの生活を考えると、なんだか不安になってきました」(33歳/総務・人事・事務) 「ずっと一緒にいることでちょっとしたケンカが増えてしまったため、このままだと夫に嫌われてしまうんじゃないかと心配になりました」(32歳/学生・フリーター) 外出自粛中に夫婦ゲンカが増えたご家庭もあったようですが、ケンカが増えると「私たちって大丈夫なの?」と心配になってしまいますよね。 でも、今回はかなり特殊な状況だったので、お互いにストレスがたまってケンカするのは仕方がない気も。 ただ今後に備えて、家の中でのストレス解消法や、夫婦ゲンカの回避法を模索しておいたほうがいいかもしれませんね。 「夫は、家にいてもずっとテレビかスマホを見てダラダラしているだけ。 毎日、本当に腹が立ちました」(38歳/公務員) 「夫はとにかく一日中、トドのように動かずひたすら横になっているだけ。 その様子を見るたびに、とにかくイライラしてしまいました」(38歳/その他) 「テレビはついているものの、ちっとも見もしないで、寝てばかりなのが本当に嫌でした」(29歳/営業・販売) 「どんなに注意しても、遅寝遅起きをやめてくれなくてイライラ」(46歳/主婦) 「食器を食洗機に入れずにシンクに置く、トイレの電気をつけっ放しにするなど、夫の行動に異常に腹が立って、外出自粛中は離婚のことばかり考えていました」(42歳/主婦) 休日とは違うので、外出自粛中も家ではきちんとした生活を送りたいもの。 テレビを見てばかり、ゴロゴロと寝てばかり、なんでもやりっ放しなど、あまりに夫がダラダラしていると、妻はイライラが募るばかりです。 ストレスをためこまないためには、家族全員で生活ルールを話し合って決めるなどして、夫に生活態度を改めてもらうしかなさそうですね。 「寝転んでばかりで家のことは何もしないのに、ごはんだけは三食きっちり食べる。 夫の定年後の生活を考えて、ゾッとしてしました」(45歳/主婦) 「家にずっといるのに、スマホやテレビを見るばかりで、家事や子育てを手伝ってくれないときは本当に嫌になりました」(38歳/主婦) 「家にいるのにゴミ出しすらしてくれず、家事の負担を増やすだけ増やして、寝てばかりいる夫にすごく不満でした」(37歳/主婦) 「共働きでお互いにテレワークでしたが、夫は私に一方的にかかる家事の負担をまったく考慮せずに仕事に没頭。 少しくらい協力してほしかったです」(24歳/営業・販売) 「私がごはんを三食作るのが当たり前のように思っていて、献立の相談をしても私に任せきり。 老後もこんな感じかと思うとうんざりしました」(47歳/総務・人事・事務) 外出自粛中は家族がずっと家にいるため、家事の量も普段より多くなります。 夫が家で仕事をしているのはわかりますが、毎日すべての家事を妻がやるのでは負担が多すぎ。 リモートワークで通勤時間がかからない分、夫はいつもよりも時間に余裕があるはずです。 「家事はすべて妻の仕事」と思わずに、自分ができることは協力するという姿勢で常にいてもらえると助かりますね。 「24時間ずっと一緒にいると、お互いの悪いところが見えてきてしまうため、この生活が続くと夫婦の危機になるかもと不安になりました」(30歳/総務・人事・事務) 「普段は穏やかな性格の夫ですが、四六時中一緒にいることで、今まで気づかなかった夫の感情の小さな起伏が見えて疲れました。 原因もわからずにだんまり、むっつりされて、こんな性格の人だったのかと夫を嫌いになりそうでした」(53歳/会社経営・役員) 「ずっと一緒にいると、生活のすべてがマンネリ化しそうで、なんだか怖い気がしました」(30歳/その他) 「毎日朝から晩まで夫と一緒にいること自体が苦痛で、すごくイライラしました。 老後の子どものいない二人きりの生活が、今からとても心配です」(47歳/主婦) 「非常事態宣言の日は私の誕生日でしたが、体調がすぐれず精神的にも辛い状態。 なのに夫は『おめでとう』のひと言もなく、スーパーで自分が飲むお酒を買ってきただけ。 相手を思いやる気持ちがかけらもない人だとわかりました」(57歳/総務・人事・事務) 「夫婦の時間が増えたので老後の話をしたところ、夫は旅行が好きで一人旅がしたいとのこと。 私は一人ぼっちにされるのではないかと、老後が不安になりました」(34歳/主婦) 今後の結婚生活や老後の二人の生活に不安を感じたエピソードは、ほかにもいろいろありました。 一緒にいる時間が長くなることで、夫の嫌な部分が見えてくるということはあると思いますが、それはきっとお互い様。 コロナ禍の特殊な状況だからこそ、より相手を思いやる気持ちを持って生活することが、夫婦にとっていちばん大切なことかもしれませんね。

次の

お宮参りは夫婦のみで両親なしでもいい?抱っこは誰がするの?|つぶやきブログ

お 宮参り 夫婦 だけ

夫婦や両家で円満にいくように決めるのが男の子の着物選びのルール 男の子のお宮参りではどのような着物がいいのか、新米ママは悩んでしまいますね。 特に現代はそれほど習わしの縛りがキツくないので正装にすべきか、普段着でいいのか、どの程度のカジュアル感なら許されるのか…選択肢が増えてしまって悩んでしまう方もいるでしょう。 お宮参りはその土地の神様に赤ちゃんの誕生を報告し、すこやかな成長を願うために行われます。 赤ちゃんの服装にはしきたりなどもありますが、現代では夫婦や両家で円満にいくようにするのが主流になっています。 そのようなことから話合って決めるのが一番だと着物店の経営者や専門家も語っていますよ。 では男の子の宮参りの着物の選び方やルールを詳しく紹介していきましょう。 男の子の着物は願いをモチーフにした柄を 強くたくましく元気に育ってほしい 夫婦や両家で一緒に話し合うのが着物選びのルール 現代ではそれほど縛りがきつくなくなったお宮参りの着物選びですが、その分自由に選べるようになった分、問題も出てきます。 夫婦で意見が食い違ったり、しきたりを重んじる祖父母と衝突したりすることも考えられます。 家柄によっては特に長男の場合は気をつけたいところでしょう。 せっかくの成長を願う儀式が身内のいざこざで台無しになってしまいかねません。 そのような事態を避けるよう前もってお宮参りの着物についてしっかり話し合っておくことが大切です。 しきたりを気にしなくなりつつある現代、男の子のお宮参りでの着物選びに必要なのは夫婦や両家の話し合いや身内内のルールを守ることです。 そのうえでその子にあったものや使い勝手、値段を参考に選ぶのがベストでしょう。

次の