ウツ 病 症状。 うつ病 心だけでなく体の症状にも注意

うつの症状を自己チェック

ウツ 病 症状

1) 憂うつな気分 うつ病の人は、気持ちが沈み込んでいることがよくあります。 このような状態を 「抑うつ(よくうつ 」といいます。 「気分が晴れず、やる気が出ない」と思い悩んでいるのです。 こうした症状は午前中にひどく、午後から夕方にかけて改善してくることがよくあります。 憂うつな気分を感じているときに、イライラ感が強くなって怒りっぽくなったりすることもあります。 それが性格の問題と間違われてうつ病の症状であることに気付かれないことがあるので、注意しなくてはなりません。 2) 興味や喜びの喪失 これまで楽しんでできていた趣味や活動にあまり興味を感じられなくなった状態です。 何をしてもおもしろくないし、何かをしようという気持ちさえ起きなくなってきます。 友達と会って話すのが好きだったのに、会ってもおもしろくないし、かえってうっとうしくなってきます。 運動が好きだったのに熱中できませんし、テレビでスポーツ番組やドラマを見てもおもしろくありません。 音楽を聴くのが好きだった人が、好きな音楽を聴いてもちっとも感動しません。 性的な関心や欲求も著しく低下してきます。 このように何をやってもおもしろくないので、自分の世界に引きこもるようになってきます。 その変わりぶりは、まわりの人から見れば、あんなに喜んでやっていたものをなぜやらなくなったんだろうと不思議に思えるほどです。 3) 食欲の減退または増加 一般にうつ病では食欲が低下してきます。 一方、それとは逆に食欲が高まることもあり、また、甘い物など特定の食べ物ばかりほしくなることもあります。 食欲がなくなった人は「何を食べても、砂を噛んでいるようだ」「食べなくてはいけないと思うから、口の中に無理に押し込んでいる」と訴えることがよくあります。 あまりに食欲がなくなって、一ヶ月に4キロも5キロも体重が減少してしまうこともあります。

次の

うつ病とは

ウツ 病 症状

脳に異常なタンパク質が溜まり、脳の機能が急激に低下する病気• 異常な構造を取るようになったプリオン蛋白が蓄積することで、脳神経細胞の機能が障害される• 急速に症状が進み、多くは 発症後数ヶ月以内に寝たきりとなる• 病気の分類• 孤発性:家族歴がなく、プリオン蛋白遺伝子の変異もない• 遺伝性:プリオン蛋白遺伝子に変異がある• 獲得性:他のプリオン病からの感染によるもの• 年間100万人あたり1人の割合で発病する• 平成25年度末の難病登録者数は487名• 毎年100~200名の発病が確認されている• 男性よりも女性に多い• 発症年齢は50~70歳代が多い• 変異型クロイツフェルト・ヤコブ病は、牛海綿状脳症 BSE との関連性が指摘されている• BSEに感染した牛の特定部位を摂取することで、感染する可能性は否定できていない クロイツフェルト・ヤコブ病の症状• 主な検査• 脳波検査:同期性周期性放電と呼ばれる特徴的な波形が出る場合がある• 脳 MRI検査:大脳皮質の病状の進行に伴って、広汎なDWI高信号、ADCマップ低信号を呈する。 T2強調像やFLAIR画像では基底核に異常信号を呈することがある。 末期には白質にも異常信号を呈する。 髄液検査• タウ蛋白の量が増えているかどうかを確かめる• 特殊なタンパク質(14-3-3タンパク質)が出現しているかを確かめる• 遺伝が原因として疑われる際は遺伝子検査を行う• 除外診断が必要となる類似疾患• 脳血管障害• パーキンソン症候群• を伴う運動ニューロン疾患• 代謝性脳症 など クロイツフェルト・ヤコブ病の治療法.

次の

双極性障害(躁うつ病)|疾患の詳細|専門的な情報|メンタルヘルス|厚生労働省

ウツ 病 症状

むずむず病の原因は自律神経の乱れです。 むずむず病の原因と自律神経失調症 一般的にむずむず病は、ドーパミンという脳の中の神経伝達物質の合成の異常があるとか、鉄分が中枢神経(脳や脊髄)で不足しているからとか、遺伝的な関係といわれてはおりますが、 自律神経の働きを元に戻すことがとても重要なのです。 では、なぜ自律神経の働きが乱れるとむずむず病になるのでしょうか。 それは自律神経が乱れることにより神経が誤作動を起こすからです。 自律神経が乱れることを自律神経失調症といいますが、自律神経失調症には感覚異常という症状がよく起こります。 手足がしびれているのに病院で検査しても「異常がない」というのはよくありますし、背中が痛かったり足がヒリヒリ痛かったりしても、病院で「異常がない」といわれることはよくあります。 これは組織そのものは正常なのですが、 自律神経が乱れることにより神経の機能が誤作動してしまっているのです。 では、なぜ神経が誤作動を起こすのでしょうか。 それは、 自律神経が乱れることで血液の流れが悪くなるからです。 自律神経は乱れることで交感神経が過剰に働いてしまいます。 すると血管が細くなり血液の流れが悪くなります。 神経は血液が運んでくる酸素がないと正常に働きません。

次の