タイ キューピッド。 タイのパタヤにあるみゆきカラオケとさくら、キューピット、エリコを比較

タイツリソウ キューピッド 2株1組|草花の苗|草花の苗バラエティ|TOP|種(タネ),球根,苗の通販はサカタのタネ オンラインショップ

タイ キューピッド

タイのパタヤに比較的最近オープンしたみゆきカラオケですが、そこには たまに日本人の女の子が働きにきているというウワサがあります。 パタヤのみゆきカラオケをパタヤのその他のカラオケのさくら、キューピット、エリコなどと比較してみました。 店舗の清潔さと言う点では、パタヤの店ならでは清潔感満載のキラキラしたお店と言う感じはなく 清潔感はない。 8】 パタヤのカラオケ キューピットは今回のパタヤのカラオケ評価対象4店舗の中では比較的新しく、 店舗の広さはかなり広い そのため女の子の数は多い方ではあるが、質と言う点ではやはり・・・ 店舗はまだ新しめのため清潔感はあるほうではあるが、快適に過ごせるほどきれいというわけではない。 2】 パタヤの エリコカラオケは2階に深夜食堂があり、店舗の入り口前には広大な女の子待機スペースがあるため、店舗内は必然的に狭くなるが、それでも広めのカラオケ。 しかし店舗の広さの割に客入りが閑散としているため、実際に行くとかなり寂しく感じる。 前回本サイト管理人が訪れた際は、 女の子同士の中が相当悪いのか、その子が性格が悪かっただけなのか、横についた女の子が文句ばかり言っていたため 印象が悪かったので女の子の質を最低評価とした。 あくまで本サイト管理人の個人的評価なので、あとは実際に行って確かめてみてください。 まとめ 4店舗の評価をしてみましたが、店舗の設備や清潔感ではみゆきカラオケがよかったのですが、 女の子の数や質と言う点ではパタヤのカラオケはバンコクのカラオケには勝てない印象を受けました。 気になるのは みゆきカラオケに定期的に来るという日本人の女の子の存在ですが・・・.

次の

【花キューピット】海外お届けサービス!海外の生花店ネットワークを通じ、各国の最寄のフラワーショップから新鮮なお花をお届けするサービスです。

タイ キューピッド

Why Choose ThaiCupid? Since 2002, ThaiCupid has connected thousands of Thai singles with their matches from around the world, making us one of the most trusted Thai dating sites. With a remarkable member base of over 3 million and growing , our Thai dating site connects thousands of single men and women internationally. International Thai Dating - Trusted By Over 3 Million Singles ThaiCupid is part of the well-established Cupid Media network that operates over 30 reputable niche dating sites. With a commitment to connecting singles worldwide, we bring Thailand to you. Not many other sites can offer you the chance to connect with over 3 million singles from Thailand and across the world, searching for love. We are committed to helping you find the perfect match, no matter where in the world you may be. Start Your Success Story On ThaiCupid As the leader in Thai dating, we successfully bring together singles from around the world. For over 10 years, thousands of happy men and women have met their soul mates on ThaiCupid and have shared their stories with us. Check out the many success stories. For a fun, safe and uniquely Thai dating experience,.

次の

タイのパタヤにあるみゆきカラオケとさくら、キューピット、エリコを比較

タイ キューピッド

最大の都市 バンコク 政府 総計 () 水面積率 0. (ASEAN)加盟国、通貨は、人口6,891万人(2017年、タイによる)である。 国土は、中央部と北半を占める。 南は、東は、北は、西はとを接する。 東南側はに面する。 マレー半島中部では西に及びがあり、それらを挟んでや領に向かい合う。 2014年に率いるがを起こし、従来の憲法(2007年憲法)とを廃止し実権掌握以降、が継続している。 に新憲法が公布され、同日施行された。 公式の英語表記は、 The Kingdom of Thailand、略して Thailand( 英語発音: タイランドゥ)。 国民、とも Thai。 表記は、 タイ王国、通称は タイ。 タイランドと称されるもこと多い。 で 泰(タイ)とこともある。 1939年までの正式国名は Siam( サヤーム、 英語発音: サイ アム。 歴史学者・言語学者のはその著書『タイ族の歴史』 で、この語がビルマののシャン、インドのやのアーホームのになったとしている。 また、が最初に Siam という語を用いたとされる。 この Siam が正式なとなるのは英タイ間でが締結されたときであった。 においては、かつて 暹羅と記した。 『』巻三百二十四に見える、暹(せん)という国と羅斛(らこく)という国が合併したからとされる。 なお、暹という国は、羅斛はラウォー()とするのがによる研究以来からの定説であったが 、『大徳南海誌』の「諸蕃国」に見える一文「暹国管上水速孤底」という記述があることを理由に山本達郎は暹とはではないかとする見解を発表し 、これが2002年に石井米雄によりタイのに紹介され新たな定説となった。 なお「暹羅」の読みについて、1712年刊行の『』ではこの語に しゃむろ、 シンロウという読みを与えている。 しかし、期以降 シャムの読みが定着した。 また、同時代の外交においては暹羅国と表記された。 この語はもともと、シャムを語源とするタイ北方のタイ族を呼ぶ言葉「シャン」とは別に、流域の、およびタイ南部のタイ族を指し示す言葉で、語源はタイに過去に存在した王朝の名前アヨータヤー(アユッタヤー)であると考えられている。 ただし、この言葉はタイに対する蔑称とされる。 これはシャムがチャオプラヤー川流域のタイ族を指す外国からの言葉であり、タイ族の自称である「タイ」に変更するのが適切であったと説明されるが、一方でチャオプラヤー川流域以外のタイ族をも取り込もうとしたピブーンの意図も読み取れる。 その後、内閣時の1945年9月17日にいったん国名はシャムに戻されたが、返り咲いたピブーンにより1949年5月11日、国名がタイに戻された。 時は下って政権時代に、議会で国名にタイがふさわしいかどうか議論がなされたが、結局は国名を維持することになった。 しかし現在でも、タイという名前に反対する知識人が見られる。 歴史 [ ] 詳細は「」を参照 国家成立 [ ] タイの民族国家成立以前、に住んでいたタイ民族は、を南下して現在のタイの位置に定住するようになった。 当時、タイには、、が先住していた。 スコータイ王朝 [ ] 13世紀初頭にと異教の王国が衰退した後、様々な州がその場所で繁栄した。 タイ人の領域は、現在のインドの北東部から現在のラオスの北部およびマレー半島に存在していた。 13世紀の間、タイ人の人々は既に中核となる土地に定住していた。 とラヴォ王国から南のへ。 しかし、タイの到着を詳述した記録はない。 1240年頃、地元のタイの統治者であるフォークンバンクランハオは、クメールに抗議するために人々を結集した。 その後、1238年にの最初の王となった。 タイの主流歴史家は、スコータイをタイの最初の王国と見なしている。 スコータイはの治世中(1279年頃—1299年頃)、さらに拡大した。 しかし、それは主にスコータイへの忠誠を誓った地元の領主のネットワークであり、スコータイに直接支配されていなかった。 スコータイはマハタマラチャ1世(1347〜1368年)の統治下でを採用した。 アユタヤ王国 [ ] アユタヤ(サイアム)、1686年 の起源は、最も広く受け入れられている説によると、最初の王としてウトン()を持ち、以前の近くのとから勃興した。 アユタヤは、マンダラ体制下のアユタヤ王への忠誠による自治公国と支流州のパッチワークであった。 最初の領土拡大は征服とによるものであった。 15世紀の終わりまでにアユタヤはを3回侵略し、首都を襲撃した。 その後、アユタヤはクメールの代わりに地域の大国となった。 は、絶え間ない干渉により事実上アユタヤの属国となり、ついに王国に組み込まれた。 、20世紀まで続いた官僚制改革をもたらし、サクディナと呼ばれる社会階層のシステムを構築した。 アユタヤはマレー半島に興味を持っていたが、中国の王朝によって支持されたのを征服することに失敗した。 の接触と貿易は16世紀初頭に始まり、1511年にのであるの特使が来訪して同盟国となり、一部の兵士を王に譲渡した。 17世紀には、ポルトガルに、、が続いた。 との覇権をめぐる競合関係は、アユタヤと王国()のを招いた。 この戦争はタウングー王朝の王と治世下の1540年代に始まり、最終的には1570年のアユタヤ占領で終わった。 泰緬戦争(1563—64年)でのアユタヤ包囲の間に、タウングー王朝のバインナウンはとアユタヤをとり、アユタヤをビルマの属国にした。 彼は、王の忠実さを保証するために、その息子をとしてーに送ることを要求した。 アユタヤ王国は短期ながらビルマの支配下となり、その後、 が1584年に独立回復を宣言した。 1685年、ロッブリーでを観測した王とフランスの。 アユタヤはその後、歴代の統治のためにヨーロッパの大国との関係を改善しようとした。 王国は、の治世中(1656〜1688年)、中国やインドと並んでアユタヤがアジアの大国と見なされたときに繁栄した。 しかし、彼の統治の後半にフランスの影響力が高まったことは、民族主義者の反発を招き、最終的に1688年のシャム革命につながった。 血統の激しい闘争の後、アユタヤは、黄金時代と呼ばれる時代に入った。 芸術、文学、学習が栄えた18世紀の第2四半期は、比較的平和だった。 1715年頃からカンボジアを統治するためのグエン領主との紛争は別として、外国戦争はめったになかった。 王国は最後の50年間、血統の危機に直面した。 1765年、ビルマ軍の合計4万人の強力な部隊が北部と西部から侵攻した。 ビルマは新しい王朝の下にあり、1759年までに新しい地方大国になった。 14か月の包囲の後、首都の壁が破られ、1767年4月に都市は焼失した。 ラタナコーシン王国 [ ] によりタイの近代化に努めたラーマ5世(チュラーロンコーン大王)の像。 あるいはチュラーロンコーン大王(在位1868—1910年)は即位するとすぐに欧米を視察してタイの立ち後れを実感し、チャクリー改革と呼ばれる数々の改革を行った。 当時、ビルマとマレーシアはイギリスに、はフランスに、それぞれ占領されていた。 シャムも狙われていたが、ラーマ5世はイギリスにマレー半島の一部を割譲し、フランスにはラオスとカンボジアを割譲する事で、独立を保った。 この背景には、ラーマ5世によってある程度近代化されていたシャムをあからさまに占領するのは問題があったことや、シャムをとして独立させておくことが望ましいと考えた英仏両国の事情などがあった。 19世紀の終わりに、シャムの王は、シャムにとって危険であったフランスとの紛争を解決し、との外交関係を確立してロシアの支援を得ることを目指しました。 立憲君主制、第二次世界大戦 [ ] (ワチラーウット、1910年即位~1925年11月没)が王位を継承するとへの批判が生じ始めた。 新王の個人的資質に関する王族や官僚からの批判、王権を制限するが存在しないという政治体制への批判までを含んでいた 、1912年3月初め、・を望む青年らによる計画が発覚し、100名以上が逮捕された。 青年将校らは、国の資源が国王の私的享楽に浪費されるために国家建設が遅々として進まず、諸外国(英仏)に侵略されていくと憂いた。 最初の立憲革命計画で、1932年のによるの成功へとつながった。 すなわち(弟のプラーチャーティポック)即位後の1932年、やら官吏によって結成された人民党によるクーデターが勃発し、からへと移行したのである(と呼ばれる)。 この時期にが発生しており、として参戦している。 でした後の1940年11月23日、タイはに侵攻し、を引き起こした。 1941年5月8日にの仲介によってを、フランスのと締結して領土を拡大した。 が勃発するとし()、タイは表面上日本とを結びとして戦った。 タイは東南アジア戦線(、)では日本に積極的に協力しており、現地軍の速やかな進軍を助け、、補給など重要な役割を担当している。 一方で駐米大使、らが「」などのと協力する勢力も存在し、連合国と連絡を取っていた。 こうした二重外交により、タイは1945年、1940年以降に獲得した領地を返還することでイギリスとアメリカとの間で講和することができ、降伏や占領を免れた。 こうした経緯もあってにも1946年12月16日という早い段階で加盟しており、いわゆるの対象ともされていない。 大戦終結後、1946年6月9日に 国王は王宮内で他殺体となって発見されたが、真相は究明されず、弟のが即位した。 経済成長 [ ] 第二次世界大戦後のアジアでは、の(1945年~)、(1949年~)が相次ぎ成立。 インドシナ半島では東西のにとどまらず、、とそれに連動する、と戦乱が続き、タイも化に脅かされた ものの、「共産主義の防波堤」としての大々的な支援を受けたことも影響し、共産主義化は免れた。 また、国民の高い教育水準や豊かな国土を背景に徐々にへの道を模索し、1967年には(ASEAN)に結成時から加盟。 1989年に(APEC)に結成時から参加した。 なお、この頃より日本や欧米諸国の大企業の進出を背景にした本格的な工業化へのシフトを進めるとともに、それらを背景にしたが始まり、バンコクなどの大都市を中心にの整備も急速に進むこととなる。 現在 [ ] と、APEC 2003 1997年に始まったにより、タイ経済は一時的に停滞したものの、その後は急激な回復を見せ、日本企業や中国企業の進出も増えた。 現在では再び高いを維持しており 、東南アジアにおける代表的なとしての立場を保ち続けている。 しかし、2006年頃から派と反タクシン派との政治的対立が激化するようになり、クーデターが発生するなど政情不安が続いている。 2006年にが発生し、1997年タイ王国憲法による民政が停止され、タクシン政権が崩壊した。 クーデターは国王の介入により収拾され、ただちに陸軍大将のを首班とする軍事政権が発足した。 同年、暫定憲法が公布され、が首相に着任した。 2007年8月には、2007年タイ王国憲法が公布され、民政復帰が開始された。 2007年12月23日に下院選挙が実施され、2008年1月に選挙の結果を受け、クーデターで政権を追われたタクシン元首相派の文民である元バンコク都知事が首相に就任した。 しかし、同年9月に反タクシン元首相派寄りとされる憲法裁判所は、サマック首相の民放テレビ出演を違憲として、サマック首相を失職させるという司法クーデターを起こした。 10月にはタクシン元首相の義弟であるが首相に就任したが、再び憲法裁判所は、前年からの選挙違反を表向きの理由にして、与党のに解党命令を出し、ソムチャイ首相も失職させた。 これにより同年12月、野党のが総選挙を経ずに政権を獲得し、が首相となる。 これ以降、2009年から2010年頃には、タクシン元首相派(通称「赤シャツ隊」)を中心とする市民による総選挙を求める大規模なデモが起きたが、アピシット政権はデモを徹底的に弾圧し、数百人の犠牲者が出た()。 が第36代首相に就任 では、タクシン元首相派のが大勝し、が首相に就任した。 しかし、2013年下旬からは約5年ぶりに反タクシン派の武装デモ隊によるが発生した。 そして、2014年5月、憲法裁判所はインラック政権の政府高官人事を違憲として、インラック首相を失職させる司法クーデターを起こした。 2014年5月22日、国軍はを決行し、インラック前首相や首相代行など、政府高官を相次いで拘束した。 憲法と議会を廃止して実権を掌握すると、陸軍大将のを首班とするの樹立を宣言した。 2015年、タイ王国は政治改革のためおよび関連法を改正し、腐敗行為に関与した場合は外国人でも死刑の対象となりうること、また国外逃亡した腐敗行為者に関する公訴時効を10年延長し20年とすることを定めた(2015年7月9日施行)。 なおこの時点では元首相はタイ国外におり、また元首相については処分保留とされている。 政情不安 [ ] UDD、赤服軍団 タイではでしばしば見られるや軍事クーデターによる政情不安、軍による民主化運動の弾圧などが多発していた。 冷戦後の1992年以降は一時安定し、東南アジアの「民主主義の優等生」と称されていた。 しかし、2006年に軍が政治関与を再開してが発生した。 また議会派の間でも第31代首相の処遇をめぐって(UDD、赤服軍団)と(PAD、黄服軍団)という2つの政治集団が形成され、鋭く対立するようになり、2010年以降の情勢は極めて不安定な状態にある。 2011年、総選挙で旧タクシン政権を支持する議員が所属する(新党プアタイ)が勝利し、タクシン元首相の妹が第36代首相に就任、議会派の対立に一応の決着がついたことでUDDとPADの活動も沈静化した。 インラック政権は過去の清算を図るべく敵味方双方への大規模な恩赦(国民和解法)の実施を検討したが、タクシン元首相にも恩赦を与えるかどうかで対立が再燃するという皮肉な結末を生んだ。 さらに反タクシン派議員の大物であった元副首相が、反タクシン派の野党からも離れて議会外での・を扇動するに至って混乱は頂点に達し、2013年末に行われた総選挙が正式に実施できずに終わる異常事態となった()。 軍はタクシン派と反タクシン派の対立には介入しない姿勢を見せていたが、インラック政権が親族の閣僚登用で退陣に追い込まれる一方、普通選挙の廃止やの設立など反タクシン派の要求も過激化するなど、情勢の混迷が深まる中でついに16度目のクーデターを実行した()。 クーデター後、が全土にを発令、同時に憲法を停止してを一時的に制限するとし、政府については陸軍総司令官が議長を務めるによるに移行した。 治安回復を目的とする軍政は国王の支持を得て、プラユット陸軍総司令官・評議会議長が暫定首相を経て第37代首相に任命された。 反政府運動を封じる手段としてを全面制限し、タイ国内放送局の掌握、・、、など、海外衛星放送ニュースチャンネルやサービスを切断、配信させない報道管制を敷き、のなども強化している。 さらに、無期限のを首都などタイ全土で発動し(、など一部の観光地は現在解除)、許可なく外出すれば拘束やもありうるとした。 これ以外にもの廃止をめぐる議論、のデモ活動に対する非常事態宣言の頻繁な発令、タイ南部ののゴム買い取り価格への不満、の反政府武装集団に対する抗争およびマレーシアに続く鉄道線路の破壊、である(タイ語名「プラヴィハーン」)周辺の国境線問題において、カンボジアとの両軍同士の睨み合いによるなどが起こっている。 なお、2020年6月現在、バンコク都内は夜間外出禁止令が施行されている が、これは対策であり、政情不安によるものではない。 1950年5月7日、最初の一般聴衆でプミポン国王とシリキット女王 伝統的にに対して崇敬を払うようは教えられている。 王や王妃のはとなり、国中が誕生日を祝うお祭り状態となり国王が生まれた「曜日の色」を着用する人が多い (ラーマ9世の場合は黄色、またシリキット王妃の色は青、王妃の誕生日は「母の日」として母親に感謝するイベントが開催される)。 また、国王やの誕生日の前後には、が国中に飾られる。 日常生活においても、国民の各や、やに至るまで、国王の写真、や肖像画が飾られている。 では本編上映の前に『国王賛歌』とともに国王の映像が流され、その間観客は起立し敬意を表すのが慣わしとなっている。 特に前国王であった(プーミポン・アドゥンラヤデート)は、その人柄と高い見識から国民の人気が非常に高かった。 2011年には国王が84歳になり、国王生誕から干支が7回回ったことを祝って、2015年現在においても世界的に見て類のないの切手が発行された。 2016年10月13日にが。 同年12月1日にがにした。 に入ってもが存在する数少ない君主国であり、最近も国王を侮辱する画像・動画が掲載されたことを理由にへの閲覧アクセスが長期にわたり遮断されるなどの事例もある。 日本の皇室との交流 [ ] 国の南の海 はほぼ全域にが広がる。 雨量が少なく農作物が育ちにくい環境にあり、貧困地域の代表格にもなっている。 にはが形成したチャオプラヤー・と呼ばれる豊かな平地が広がり、世界有数の地帯を作り出している。 チャオプラヤー川は、とが交差する地点、で始まる。 ピン川の水量が多い。 チャオプラヤー川流域の県は、バンコクの外、、、、とである。 でターチン川とチャオプラヤー川に二分され、ターチン川はチャオプラヤー川と平行に流れた後、から、チャオプラヤー川はからに至る。 はの一部でもあり、の畑などが広がるほか、近年までの採掘が盛んであった。 また、雨期が中央部よりも長いことでも有名である。 タイ政府は南部においてマレー半島大計画(運河開発計画)を提起しているが、いまだ検討中である。 - タイ中央部を流れる大河。 首都にも流れている。 - との国境に流れる大河川。 - タイ西部に浮かぶ国際的なリゾート地。 、、、、、など。 気候 [ ] タイの気候はでは性に分類され、の影響が大きい。 5月中旬から10月頃にかけては空気が湿り、生暖かく、などを特徴とするに見舞われる。 北部および中部では、8月から10月にかけて降雨量が多く、しばしばが引き起こされる(など)。 その後、11月から3月中旬までは雨が少なく、比較的涼しい乾季となり、12月頃に寒さのピークを迎える。 バンコクでも年によっては最低気温が20度を下回ることがある。 3月から5月にかけては暑季と呼ばれる非常に暑い気候となる。 ただし半島部東海岸は年間を通じて降水量が多く、気温も高い。 人民代表院の任期は4年で再選可、元老院は6年で1期のみである。 首相mdっmdmじぇjりええれえjdmdkpは人民代表院から選出され、元老院には法律の発案権はない。 前回選挙は、2014年2月2日に投票が行われ、タクシンケツ首相派の首相率いるタイ貢献党が圧勝した。 しかし、3月21日に反タクシン元首相派寄りとされる憲法裁判所は、この選挙結果を認めず、総選挙を無効とする判決を出して、インラック政権を転覆させた(司法クーデター)。 なお、最高裁判所のは全て国王による任命制である。 反政府勢力・差別 [ ] では一部の住民が以前から離反の動きを見せていたが、近年は状況が悪化し、などの組織がの復興を大義名分にして、反政府活動を行う動きが出ている。 南部のマレー半島へはかつてが併合を目指して侵攻したものの、と結んだによりこの企図を放棄したものである。 タイ東部・ではかつて少数民族による共産の反政府活動が活発であったが、1980年代に入りこれらの活動はほぼ沈静化している。 差別は残っているもののやなどのおよびなどに寛容であり、が多いことでも有名である。 性転換手術も合法であり、海外から性転換手術を希望する患者を多く受け入れている。 しかし、仏教国のタイでも少数民族への差別は少なくない。 タイ東北部のやは、タイ中央部の人から差別や偏見をされており、特にを話せないタイ東北部の人は差別の対象となっている。 また、タイは歴史的に英仏の緩衝地帯とされ、にされたことが一度もなく、現在でも周りのインドシナ半島の国より豊かなため、はやに対して愛国心を露わにすることがある。 しかし、このような性格と行為は現代の若者に多く見られ、年配の人にこういったことはあまり見られない。 外交 [ ] タイ王国が外交使節を派遣している諸国の一覧図 期にはとの同盟を基調とした西側戦略であったが、伝統的に柔軟な全方位外交を展開・維持しており、諸国との連携、日本や中華人民共和国、マレーシアといった近隣主要国との協調を外交の基本方針としている。 しかし、2014年にクーデターによって軍事独裁政権が樹立されて以降、タイは中国との関係を急接に深めるようになった。 タイの軍事政権に対して、日本や欧米諸国は、クーデターを非難して距離を置いているが、中国は現在の政権を支持し 、タイとの関係強化の姿勢を鮮明にしている。 タクシン首相時代は、東南アジアの近隣国との関係強化、主要各国との(FTA)締結を進める経済中心外交を行い、「アジア協力対話(Asia Cooperation Dialogue:ACD)」を提唱するなど、地域の核となる立場を目指し、2008年7月から2009年12月までASEANの議長国を務めることが決まった。 一時は地域一帯に非常事態宣言が発令された。 2010年8月、カンボジアとの国境にある(タイ語: プラヴィハーン)遺跡付近の領有をめぐって対立が再び激しくなる。 その発端となったのは、反タクシン派団体である民主主義市民連合(PAD)がバンコクで2010年8月7日に開いた集会で、政治混乱による国民の不満を外にそらすため、強烈な・に基づく、露骨な強硬外交を掲げたアピシット首相が「外交と軍事両方の手段を使う」と発言したことによると同国メディアは報じている。 アピシット首相はからの脱退を発表していた。 2011年には、カンボジアの攻撃を強行し、住民を巻き込んだを引き起こした。 この紛争により、双方の兵士や住民ら30人近くが死亡し、100人以上が負傷した。 寺院遺跡付近で国境紛争が続いたが、タクシン派のが与党となるとカンボジアとの和解が進んだ。 また、世界遺産条約からの脱退は撤回された。 もっとも、国境紛争が収束に向かっている現在も、日本の外務省はタイ・カンボジア国境付近の危険情報を出し続けている。 日本 左端 、 中央。 での調印(1942年)。 タイと日本は、どちらも国家指導者レベルで長い関係を築いているといえ、両国民間の関係も深い。 アユタヤ王国時代、 はソンタム王の治世中にアユタヤを訪れ、ナコンシータマラートの知事に任命され、後にそこで死去した。 第二次世界大戦中、タイ政府は日本を友人として発表しました。 日本との同盟関係に署名することにより、その時、多くの日本兵が首都に入りましたそして、いくつかの役所を役所として使用しましたその後、タイ当局は日本軍がミャンマーとインドに鉄道で接続することを許可しました。 現在、日本には約50,000人のタイ人が住んでおり、タイには約4万人の日本人が住んでいると推定されている。 2005年には、1,196,654人の日本人観光客がタイを訪れ、タイの外国人観光客の10. 35%を占めている。 マレーシアに次いで2位また、日本を訪れたタイ人観光客は168,456人で、17. 68%増加しており、海外旅行者の5. 53%に相当する。 6位を占めた の航空母艦 の正規兵力は30万6,600人(19万人、7万600人、4万6,000人)で、男性はによる2年間の兵役の義務を有する。 陸海空のいずれに配属(もしくは徴兵免除)されるかはくじ引き(黒票:免除、 赤票:兵役)で決まるが、徴兵を逃れるための賄賂はまだ頻繁に行われている。 この中でもっとも厳しいのが海軍であり、中には海軍のくじを引き当てただけで卒倒してしまう者もいる。 他に予備役20万人が存在する。 なお、年間の軍事予算は2003年に19億を計上した。 近年の動向 [ ] 2003年10月から1年間、アメリカに同調してにや医療部隊を中心に派兵した。 また、2008年10月に国境問題を抱えるカンボジアとの間で小規模な衝突が2回起きた()。 政治への介入 [ ] 第二次世界大戦後、2006年までに発覚した未遂を含めて16回ものを計画・実行するほど、軍上層部の政治志向は強い。 なお、2006年9月に起きたの率いる以降、2007年に民政復帰するまで、陸軍が中心となった「民主改革評議会」が指名した元陸軍司令官で枢密顧問官を務めたこともある首相率いる、事実上のによって国家運営が行われた。 そして、2014年にも を決行し、将軍率いる軍事独裁政権が樹立された。 経済 [ ] バンコクはビジネス、文化、政治などを総合評価したで41位の都市と評価された 2015年のタイのは約3,952億ドルであり 、ではに次ぐ経済規模である。 同年の1人あたりのGDPは5,742ドルであり、隣国の、、よりはるかに高い。 タイ統計局によると、2009年の世帯当たりの平均所得は月2万903バーツ。 1人あたりの平均所得は月6,319バーツ。 しかし、(1997年)によって経済は停滞した。 この危機は、特にタイの財閥の同族支配廃止や、外国資本の参入につながった。 この好景気を背景に中流階級の台頭が起こっている。 によるあおりも受けたため2008年は2. このように年ごとに経済成長にばらつきがあり、80年代後半から90年代前半に見られたようなすさまじい経済成長からはやや落ち着いている。 タイ統計局の家計調査によると、1世帯あたりの平均所得は月2万903バーツ。 バンコク首都圏の平均世帯所得は月3万7,732バーツであり、地域別で最下位のタイ東北部の平均世帯所得は月1万5,358バーツ。 全国平均の1人あたりの平均所得は月6,319バーツである。 国民の経済格差は大きいとされる。 ASEAN諸国への輸出拠点 [ ] 教育に力を入れた結果、1980年代以降は、教育程度の高さと賃金の安さ、そして中流階級の増大による国内市場の拡大に着目した日本や欧米諸国の企業の工場の進出が目立っており、あわせて関税特典があるASEAN諸国内への輸出拠点として活用している。 日本との関係 [ ] 日本はタイにとって最大の貿易額と投資額、援助額を持ち、や、、、などの関連企業の多くが進出している。 また、空調メーカーであるといった家電メーカーなども多く進出し、国内市場への供給を行っているほか、関税特典があるASEAN諸国内への輸出拠点として活用している。 2015年現在1,700社以上の日本企業が進出しており、また、2007年11月に日タイ経済連携協定(通称:JTEPA)が発効したことから、貿易のみならず、投資や政府調達など幅広い分野における経済関係の一層の強化が期待されている。 2015年現在、タイ国内で暮らす外国人のトップはアメリカ人で、次いで中国人、オーストラリア人、イギリス人、日本人は第5位でその数は6万7,000人となっている。 民族資本企業 [ ] タイ資本の大手企業として、航空会社のやバンコク・エアウェイズ、で有名なブンロート・ブリュワリーや、で有名なタイ・ブリュワリーなどがある。 農業 [ ] タイは世界最大の米の輸出国である タイ王国の (タイおうこくののうぎょう)は、競争力が高く、その輸出は国際的に高い成功を収めている。 が同国の最重要なであり、タイ王国は、世界のコメ市場における主要な国の1つに数えられている。 また比較的多く生産される他の農産物としては、、、、などが挙げられる。 タイ北部はブラック・アイボリー・コーヒー(英語版)の主要産地である。 この他などを加工した食品の輸出が増加傾向にある。 また、沿岸部ではエビ養殖()なども行われており、その加工品の輸出なども行っている。 同期間で、食品価格は半減し、植えも減少した 1988年の255万世帯から、2007年には418千世帯に。 これは、における投資の保証と、融資の利用権利、分野における民間主導の成功などの強力かつポジティブな役割の混在を通して成し遂げられた。 これはタイ王国の産業化された経済への変遷を支援した。 観光産業 [ ] タイは世界でも珍しい文化や、、、、、などのバリエーションに富んだ沢山の観光資源を持つことにより、老若男女に楽しめることからのみならず、家族連れも多く訪れる。 が東南アジアのハブ空港となっていることもあり、マレーシア、日本人などの近隣諸国のみならずや、からも多くの客を集めており、は大きな外貨獲得手段のひとつである。 タイへの観光客は、2000年代より継続して増加しており、2007年には約1500万人となっている。 この間、観光を巡る環境は良好だったわけではない。 (2002年)や(2003年)などに見舞われている。 だが、タイはなどのやなどの豊かな自然といった観光資源に恵まれていることに加え、や商業施設が開発により整ってきていることがタイのへプラスの影響を与えている。 こうした好調な観光の背景には、タイの外務省も自国民の特徴として紹介しているタイ人の穏やかな国民性や、が少ないことも背景にある。 商習慣 [ ] やバック、などの商習慣が2000年代に入っても根強く残る。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - また、以下は経済的な発展のため特殊な法律によって自治が許されている地域である。 - 交通 [ ] 道路 [ ] 日本同様である。 かつて陸上交通は鉄道中心であったが、1933年に道路建設計画が立てられ、1940年までに2,215キロの道路が建設された。 第二次世界大戦後は隣国ベトナムへの思惑もあり、アメリカ政府の無償支援および各国の協力により道路整備が進んだ。 1991年には道路延長が20万キロとなり、鉄道中心から道路中心の陸上交通体系へと変化している。 鉄道 [ ] (BTS) による網が国内の主要都市の間を結んでいる。 また隣国のマレーシアやその先のシンガポールとの間はでつながっている。 さらにラオス、カンボジア国境へも鉄道路線があり、メコン川流域圏開発構想に伴い両国への延伸計画もある。 日本で使用されなくなった客車が輸出され使用されている。 は現地でも「クラス」と呼ばれ、割増料金が必要であるにもかかわらず高い快適性から人気があったが、2016年11月11日に引退。 車両は保留されている。 バンコク首都圏内では、深刻なを解消するため、1999年12月5日に(BTS)と呼ばれる高架鉄道、2004年に(MRT)と呼ばれる地下鉄が相次いで開通した。 また、に向かうが2010年8月23日に開業し、2014年度に部分開通するなど都市交通がとても便利になってきている。 タクシー [ ] サムローとトゥクトゥク [ ] 東南アジアにおけるの典型的かつ古典的なイメージは、三輪式の自転車である。 タイ語では(三輪の意)というが、バンコクの都市部においては、交通の発達により円滑な交通の妨げになるとして乗り入れが禁止されてしまった。 しかし地方においては、いまだ現役で活躍しているのを見ることができる。 ほかに三輪のものとしては、エンジンのついた(とも)があり、これもバンコクの名物といってよい存在であったが、交通の発達により実用的な観点からは主役の座を降りたと言ってよい。 ただし、タクシーに積みきれないような大きさのものでもトゥクトゥクなら積めたり、小回りが効き渋滞や細い道をすり抜けたりできるため重宝される場合もある。 現在では、おもに観光客向けの乗り物として利用されている。 地方では三輪エンジンつきのものが現在でも主たるタクシーとして利用されているが、その形状はバンコクでみられるものとは異なり、オートバイの前部に荷台をつけた、より形状の簡易なものが多い。 メータータクシー [ ] バンコクなどの都市部におけるタクシーの主役はつきのメータータクシーとなっており、さまざまな会社のタクシーが色とりどりのカラーリングを施したタクシーを走らせている。 車種はやなどの日本車が中心である。 なお、バンコク都内のタクシーは、安全性と排気ガス規制の観点から一定年数が経つと新車へ代替しなければならないこともあり、比較的きれいな車が多い。 初乗り料金は35バーツで一般にトゥクトゥクより割安である。 なお、バンコクにおいて乗車拒否、メーターの使用拒否は違法であるが、未だ旅行者が乗車する場合や、時間帯などによってはメーターを使わず、高めの料金を提示する運転手もいる。 習慣的に乗車前に行き先を伝え、メーター使用を確認したうえで乗車するほうが望ましい。 バス [ ] 国内諸都市を結ぶ交通機関としては、よりも公共輸送公社によるの方が発達している。 長距離区間では夜行バスの運行も多い。 都市交通もバンコクを除くほとんどの都市では小型を改造して作ったバス()が一般的である。 水上交通 [ ] チャオプラヤーエクスプレスボートは。 かつてバンコクはや水路が多くが発達しており、「東洋の」と謳われたこともあったが、現在ではその多くが埋め立てられて道路となってしまった。 しかし、現在でもチャオプラヤー川や一部の運河では乗り合い船が数多く運行されており、慢性的な道路の交通渋滞を避けることのできる交通機関として、一定の需要がある。 またタイ北部の国境を流れるでは、2001年6月にタイ、ラオス、ミャンマー、中華人民共和国との間で - メコン川商船通航協定が結ばれ、流域各国間の通商路として利用されつつある。 航空 [ ] 首都のバンコクや、などの国内の主要都市の間は、半官半民のやのや、などの航空会社で結ばれているほか、これらの航空会社が諸外国の主要都市との間を結んでいる。 特にはののひとつとして、世界中の航空会社が乗り入れるほか、ヨーロッパとオーストラリアとの間を結ぶ「カンガルー・ルート」の中継地のひとつとして利用されている。 スワンナプーム国際空港の開港以前に使われていたは、一時期国内線専用空港となっていたが、向けに再び国際空港としての機能を再開させた。 また、やなどの東南アジアの主要都市からもバンコクへの乗り入れ便は多く、、、などへの便もある。 日本とタイ間は、、、、、、、、とバンコクを結ぶ定期便が就航している。 と、タイ国際航空といった両国の主要航空会社が1日1便から数便の直行便を運行しているほか、や、経由で行くこともできる。 なお、かつてはアメリカも成田とバンコクを結んでいたが、2018年現在運休となっている。 2000年代より航空自由化が行われた影響で新規の航空会社が乱立する結果となった。 多くは採算が取れず倒産や運航差し止めなどとなりわずか数年で複数社が設立し、消滅するという異常ともいえる事態が続いている。 タイの主な航空会社 [ ]• そのほかにも多数の航空会社が存在したが、その殆どが現在は運航されていない。 電力 [ ] 日本のやなどの建設によりが稼働している。 また・によっての建設が研究・検討されている。 2010年11月22日に(EGAT)がと原子力発電技術協力協定を締結。 2010年:1号機• 2014年6月1日: 1号系列• 2014年12月1日:ノンセンガス火力発電所 2号系列• 2015年6月予定:アユタヤ県ウタイ1号系列(仮)• 2015年12月予定:アユタヤ県ウタイ2号系列(仮)• 2016年1月予定:ノースバンコク複合火力発電所2号機 通信 [ ] 電話 [ ] タイでは2000年以降加入者が急増し、によると2005年の時点で携帯電話加入者数の割合は、タイの100人に対して42. 98人となっている。 また、2002年に事業参入したTrue(当初はTrue Move)も着実に加入者を獲得しており、事業者間のシェア獲得競争は激しくなっている。 方式が主流となっており、プリペイドサービス利用者数も増加傾向にある。 その一方での事情はあまりよくない。 首都バンコクではともかく、地方では一般加入電話の設置に1 - 2か月ほど待たされることが多い。 また回線も確保が困難であるうえ、雑音混入や混線が頻繁に起こる。 このことはタイでの携帯電話普及が進む背景となっている。 また日本の通信ベンチャーである社が、日本語表記の携帯電話で、日本語メールやに対応したというブランド名で携帯電話として展開しており、同国長期滞在者を中心にサービスを行っている。 インターネット [ ] については、かつてはタイ通信公社(CAT)がインターネット接続事業者の株式の提供を受けて免許を交付する形で、事実上市場を独占・支配していたが、1997年の 基本電気通信交渉における合意に基づいて、2005年にタイのインターネット市場が正式に自由化された。 現在では多くの事業者が市場に参入している。 バンコクにはが多数あり、その多くはに対応している。 また都市部のやではが充実している。 そのうえ、近年では整備が進められており、都市部ではサービスが普及しつつあるが、回線が混雑することが多く速度は遅い。 また地方でのインターネット接続環境の整備は遅れており、都市部、特に首都バンコクとの格差は大きい。 接続規制 [ ] (MICT)は 、 反逆罪に抵触する可能性のあるものや、ポルノサイトなどを遮断することがあり、タイではインターネット上のが事実上規制・制限されているといえる。 なお、ほとんどがポルノサイトである が、タイのインターネットにおける表現の自由を訴える民間機関FACTは、2006年の軍事クーデター以降、MICTの遮断したサイト数が急激に増えていることを指摘している。 2010年8月にはへのアクセス制限を開始した。 公式には非常事態令を根拠としているが詳細は不明。 国民 [ ] この節のが望まれています。 人名 [ ] 1962年以降は名字法や名称に関連したすべての法律を廃止して仏暦2505年個人名法が成立した。 名付けるときは国王の名前と類似したものや下賜されたことのないラーチャティンナナーム、意味のない単語、10音節以上を持つ語などを用いる以外、自由に名前をつけることが許されている。 姓に関しては、以前は結婚により夫の姓を名乗ることが義務づけられていたが、2004年にタイの憲法から「夫の姓を名乗るとする条項は違憲である」違憲判決がなされた。 その後、2005年に個人名法の12条が改正され、結婚した組の姓について「男性の姓を名乗る」「女性の姓を名乗る」「新たに名字を作成する」「それぞれ自らの姓を名乗る( 」の方法が認められている。 1917年に設立されたは、タイで最も古い大学です。 経済の急成長を背景に近年ではへの進学率が高まっており、2003年には大学進学率が35. なお、による高等教育も盛んである。 治安 [ ] 平和な国といわれることもあるが、タイ国家警察の「タイ国犯罪統計2010年」によると、事件(未遂含む)の発生件数が8,932件、(傷害を伴う窃盗含む)の発生件数が758件、事件の発生件数が4,255件となっており、性犯罪は米国と同等規模、アイスランドやイギリスよりは少ない。 2007年から2010年のでは、調査対象の149か国の中で124位と低い評価を受けており、平和度が低い国とされる。 観光客の犯罪被害状況は多種多様であり、集団スリ、抱きつきスリ、置き引き、長距離バスでの盗難、睡眠薬強盗などがある。 保健 [ ] タイ保健省によると、タイ国内で報告があった患者は1984年9月から2011年11月で累計37万6,690人であり、死者は9万8,721人。 感染者は推定100万人以上に上るとみられている。 これは同性愛者が避妊具をつけないことなどが問題などとも言われることがある。 文化 [ ] 教師式 Wai khru 礼儀作法の多くは国法で規定されている。 挨拶をするときには、と呼ばれるをする。 タイでは今も階級が細かく分かれており(も参照)、階級以外にも相手との関係などによって異なった種類のワイの作法が求められる。 また、色の強いさまざまな風習や礼儀作法が存在する。 に入る際、肌の露出が高い服は拝観を拒否される。 がの身体に触るのはである。 毎日、8時と18時の2回、バンコク中心部のやBTSなど公共機関などでは、国旗掲揚・降納と同時に国歌がスピーカーから流される。 国歌が流れる間は、その場にて脱帽し直立不動の体勢をとらねばならない。 そうしなかった場合、に問われ警察官にされる場合がある。 また、(タイ王室)に対する国民の尊崇の念は非常に高い。 王室批判などをすると同じく不敬罪に問われることがある(・も参照)。 また、作品の上映の前には『』が上映される。 このときも脱帽の上直立不動の姿勢を取らないと、不敬罪に問われることがある。 美術と建築 [ ] 彫像「 この国の美術は工芸を除き前期を通じて仏教美術だけであるが、その史的展開はタイ族支配の確立(頃)以前と以後とでは異なる。 諸国と同じく、初期の青銅遺品の多くは南系または系の渡来の小さな仏像であり、以後になってようやく土着民族による美術が現れる。 先住民族のの美術がそれで、を中心とした。 8~9世紀にグプタのインド様式を取り、造形的にもすぐれた作風を示しており、透けた薄い衣をまとい、目と口の表現に民族的特色を持つ石造りの仏立像があらわれた。 これより少し遅れて、の勢力下にあったにやの同時代の作りときわめて近い様式の美術が9~10世紀に行なわれた。 及びリゴール()付近から尊像が発見されており、ことに青銅ローケーシュヴァラ()像は高い造形理念になるタイの最も誇りうる遺品である。 最後にタイ族の美術は北端の地方を中心に頃から現れるの影響による仏像彫刻を初めとし、以後のタイ族による全土の統一と平行してタイの国民美術が生まれる。 サムットタイ 前述とやや時代が前後するが散文の発達は時代に、官吏のビルマ・コンバウン王朝の侵略に備えて志気を高めるためにを編集長とする翻訳グループによって書かれた『』()、『』などの忠誠の家来を描いた翻訳作品が挙げられる。 これがタイの近代的な散文文学の曙となった。 とくに『サームコック』は文体の格調の高さと、その文体の平易さから現代タイ語の書き言葉の模範となっている。 『ラーチャティーラート』は散文であるが、古語を多用している。 とくにラーマ2世に置いては世界でもっとも優れた詩人の一人とも言われることのあるが現れた。 スントーン・プーは代表作であり、一人の手による詩としては世界最長とも言われるの『』を創作。 ラーマ2世、3世とともに『』を共作した。 はの『』を元に『』などを著作。 また『』、『』などの現在でも古典的名作として取り上げられる著作を残した。 食文化 [ ] タイ料理 [ ] 詳細は「」を参照 やなどのタイ料理は、先進国を中心に世界的にポピュラーなものとなっている。 そのスパイシーかつバラエティに富む味と健康的な素材は日本や欧米諸国をはじめとする多くの国で高い人気を得て、特に北米、ヨーロッパにおいては1960年代、1970年代ごろから1990年代にかけて急速にタイ料理店の出店が進んだことが研究者により報告されている。 また、タクシン前首相により「Kitchen of the World」プロジェクトが開始され、タイ料理店の国際展開を推進されている。 日本ではブームになった1990年代以降、人気外国料理の定番となっており、都市部を中心にタイ料理レストランが多く存在するほか、「ゲウチャイ」や「ジャイタイ」、「」などのチェーン店の展開や、多くのでタイ料理の素材が販売されている。 屋台 [ ] タイ国内には都市部を中心に非常に沢山の屋台があり、どこにでも見られる1人分5バーツ程度の菓子類や麺類などの軽食から、また場所によってはツバメの巣やフカヒレスープなどの高級料理まで、さまざまな味を楽しむことができる。 タイへのリピーター観光客の中にはこの屋台での食事を楽しみにしている人が多いが、路上で営業するという事情から必ずしも衛生的と言い切れない面もあり、慣れない人は食あたりを起こす場合もあるとされる。 フードコート [ ] には必ずといっていいほどフードコート(食券式のセルフサービス食堂)が併設されている。 高級のブティックばかりが入居する非常にしゃれたデパートにもフードコートはある。 屋台よりは若干割高だがそれでも30バーツ程度から食事をすることができ、衛生的にも屋台よりは安心できる印象を与える店も多い。 タイの果物 [ ] ムエタイの有名な国際開業医、。 のはスポーツとしての勝敗だけではなくにとしての関心も高い。 もまた人気の高いスポーツのひとつである。 世界最大の団体である(WBC)の直系(ABCO)の本部が首都バンコクに置かれている。 ただしタイでは「ボクシング」といえば通常ムエタイを指し、本来のボクシングは「国際式」(ムアイ・サーコン)と呼ばれる。 の興行はムエタイのイメージを損ない、1999年ボクシング法に触れるものとして2012年3月27日以降は開催を禁止されている。 の総監督に1970年代後半にのエースとして活躍し、経験者のが就任したこともあった。 他にも、()、が盛んであり、元のらJリーガーが多く所属している。 は、アマチュア限定だった時期のやに本大会出場を果たしている(ホームグラウンドは)。 なお、夕方の公園などではやなどに興じる市民をみることができる。 また、が進みつつある近年はなどに本格的なサーキットが建設され、やレースなどのが盛んになってきている。 古くはアジア人初のドライバーであり、世界的に著名なであるの出身国でもある。 現在はARTO大阪が橋渡し役となって、日本とタイでドライバーやチームの行き来が増えている。 2014年からタイでの海外ラウンドが開かれるようになり、タイからはチームタイランドが日本ラウンドも含めてフル参戦している。 さらに、タイにルーツを持つの影響もあり、近年は男子の、 ()、、女子の、ら、タイ出身のも海外で目覚ましい活躍をしている。 祝祭日・暦法・紀年法 [ ] 祝祭日は以下の通りである。 土曜日または日曜日と祝祭日が重なった場合、翌日以降で最初の平日はとなる。 なお、タイのについても併用されているが、ラーマ6世によって1912年に導入された(仏暦)がおもに使用されている。 導入された当初はであったが、仏滅紀元2483年(1940年)にその年が9月で打ち切られ、()との誤差が修正されたため、現在は西暦との間で日にちのずれがない。 時代では5月5日(1950年のこの日に正式に戴冠したため)。 2020年では5月11日である。 『』 朝日新聞社 : p. 朝刊 1• 2018年10月. 2019年2月2日閲覧。 『朝日新聞』 朝日新聞社 : p. 朝刊 11• 151-152• 石井 [1999] p. Yamamoto [1989]• Vickery [2004] p. 14-15• 田辺寿夫 2002年11月. ビルマ情報ネットワーク(BurmaInfo)(出典:『アジア記者クラブ通信』第126号(2002年11月5日発行)). 2008年11月12日閲覧。 石井・吉川(編) [1993] p. 436• Wyatt [2003] pp. 17-29• 石井・吉川(編) [1993] p. 437• たとえば博士による "Siam not Thailand" の提言などがある。 The Nation. 2008年2月16日閲覧。。 2008年2月16日閲覧。 Wyatt [2003] pp. 17-29• Wyatt [2003] pp. 17-29• www. y-history. net. 2020年6月1日閲覧。 www. jtb. 2020年6月1日閲覧。 これには疑問符をつける学者もいる。 『』参照。 Higham, Charles 1989-05-11 英語. Cambridge University Press. www. culturalsurvival. org. 2020年6月1日閲覧。 www. weblio. 2020年6月1日閲覧。 www. asiahighlights. com. 2020年6月1日閲覧。 www. ayutthaya-history. com. 2020年6月1日閲覧。 www. uraken. net. 2020年6月1日閲覧。 Baker, Chris; Phongpaichit, Pasuk 2017-05-11 英語. Cambridge University Press. タイ国政府観光庁. www. thailandtravel. 2020年6月1日閲覧。 The Diary of Samuel Pepys. 2020年6月1日閲覧。 Encyclopedia Britannica. 2020年6月1日閲覧。 DeTailandia. com 2018年12月8日. 2020年6月2日閲覧。 thailand-specialist. com. 2020年6月2日閲覧。 Hall, D. 1981. Hall, D. ed 英語. London: Macmillan Education UK. 707—719. sekainorekisi. com 2018年8月3日. 2020年6月2日閲覧。 www. thaiembassy. 2020年6月2日閲覧。 RBTH, special to 2016年10月24日. www. rbth. com. 2020年6月2日閲覧。 村嶋 [1996]• 1941年12月11日「日・タイ攻守同盟」締結。 1942年1月25日イギリスやなどのに宣戦布告した(赤木 [1994] p. 257)。 Terwiel [2005] p. 279• たとえば1967年頃、は北部や東北部で活動的となった Wyatt [2003] p. 280。 柿崎 [2007] pp. 212-215• Wyatt [2003] pp. 304-306• "", ,2015年5月6日(2015年10月25日閲覧)• 「民主主義の優等生どこへ」『』2014年5月24日• 『』2014年5月26日• 在タイ日本国大使館 2020年5月30日• 日本経済新聞. 2017年4月7日. 2017年8月29日閲覧。 Global News Asia. 2019年11月14日閲覧。 西日本新聞記者による報告 [ ]• 細矢 治夫、宮崎 興二 編集『多角形百科』p. 7 丸善 2015年6月30日発行• www. afpbb. com. 2019年11月14日閲覧。 GIGAZINE. 2019年11月14日閲覧。 2007年5月18日, at the. 2007年9月27日, at the. 2008年12月18日, at the. 阪急交通社. 2020年5月23日閲覧。 相澤龍, 三浦創, 友寄英毅 ほか「『紀要』1964年 6巻 1号 p. 48-79, :• に実権がなく、が事実上全権を握ると似ている。 bloomberg. 2017年10月11日. 2017年11月7日閲覧。 サンケイビズ2018年2月27日• ただしお互いに政治制度の違いもあって、中国はクーデター事件そのものに対して明らかな対応や意見などは出していない。 2019年11月14日閲覧。 2013年10月27日. Sim, V. 2012年10月16日. Simandan. 2020年6月1日閲覧。 1-6-2020閲覧。 - YouTube• AT Kearney 2016年6月25日閲覧。 www. imf. org. 2019年11月14日閲覧。 2019年11月14日閲覧。 London: ()• 「「所有すれど運営せず」で成長するホテル」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月21日付配信• NNA. ASIA(2012年7月21日)同日閲覧• - 以下も出典は同じ• www. apir. 2019年11月14日閲覧。 ワイズデジタル【タイで働く人のための情報サイト】. 2019年11月14日閲覧。 www. mekongwatch. org. 2019年11月14日閲覧。 住友商事. 2019年11月14日閲覧。 電源開発株式会社, J. -POWER. www. jpower. 2019年11月14日閲覧。 Global News Asia. 2019年11月14日閲覧。 住友商事. 2019年11月14日閲覧。 www. itu. int. 2019年11月14日閲覧。 2006年2月20日時点のよりアーカイブ。 2006年7月11日閲覧。 , January 20th, 2007• 朝日新聞2010年8月18日• 朝日新聞デジタル. 2018年8月8日. 2018年8月12日閲覧。 www. anzen. mofa. 2019年11月14日閲覧。 2019年11月14日閲覧。 newsclip. 2019年11月14日閲覧。 Sirijit Sunanta 2005 Paper presented at the Canadian Council for Southeast Asian Studies Conference, York University, Toronto, October 14-16]• 2019年11月14日閲覧。 「タイの日本料理店市場、60億バーツ規模に=シンクタンク予測」『newsclip』2007年4月21日付配信• , 2007年5月現在。 newsclip. be タイ発ニュース速報. 2012年4月5日. 2012年4月5日閲覧。 ゴルフダイジェスト 2020年6月28日閲覧• 赤木 [1994] p. 256 参考文献 [ ] 日本語文献 [ ]• 『タイ政治ガイドブック』Meechai and Ars Legal Consultants CO. ,LTD、1994年。 『タイ仏教入門』めこん〈めこん選書〉、1991年。 『タイの事典』石井米雄・、同朋舎出版、1993年。 『自由タイの指導者達 日本占領下のタイの抗日運動』勁草書房、1987年。 『タイ入門』日中出版、1988年。 『タイ日大辞典』日本タイクラブ、1997年、第3版。 『現在アジアの肖像9 ピブーン 独立タイ王国の立憲革命』岩波書店、1996年。 欧文文献 [ ]• Terwiel, Barend Jan 2005. Thailand's Political History. Bangkok: River Books. Vickery, Michael June 2004. ARI Working Paper Series No. 27: pp. 1-71. 2003. Thailand: A Short History 2nd ED. New Haven and London: Yale University Press. 1989. Journal of East-West Maritime Relations The Middle Eastern Culture Center in Japan Vol. 1: pp. 47-58. タイ語文献 [ ]• 2546. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] で 「 タイ王国」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの ウィキボヤージュの ウィキデータの オープンストリートマップに があります。 のがあります。 (タイ語) (英語)• (タイ語) (英語) (日本語) 日本政府• (日本語)• (日本語) 観光• (日本語)• - (日本語)• - (日本語)• インスタグラム(日本語)• 日本語)• 旅行ガイド - (日本語)• その他• (日本語)• (日本語)• (英語)• - (英語)• (英語)• トリラッサクルチャイ・タナポーン、九州大学博士論文、2014-03-25.

次の