加熱式タバコ グロー。 アイコス、グロー、プルーム、パルズ を比較! 加熱式タバコの現状まとめ《2020年最新》

加熱式タバコ『glo(グロー)』の本体の種類とそれぞれの特徴を紹介!|毎日セブン店長

加熱式タバコ グロー

メンソール特化型の実力!• プルームテックプラスの本音に迫る!• メガヒット商品の理由を徹底検証• 全フレーバーを吸い比べ!• 新しい生活様式は喫煙ライフも変える? こんばんは、モクログのげんちゃんです。 本日のサバゲーが天候不良の為中止となってしまった為、ダラダラと執筆中でございます。 2連チャン忘年会のあとのサバゲーだったので、体調的にはホッとしたのですが、デビュー予定の息子はだいぶガッカリした様子だったので、今日の我が家はゲーム解禁中です。 子どもたちがゲームをしている間に、今日は令和時代にオススメしたい【最強】低温加熱式タバコをご紹介したいと思います。 お時間のある方はどうぞお付き合いください。 令和時代とタバコ 時代とともにタバコのイメージや在り方は変わってきましたが、2019年から始まった「令和時代」はこれまでとは全然違って、喫煙者にとっては非常に厳しい時代といえます。 喫煙者が人口の8割と言われていた昭和、禁煙ブームが広がりはじめた平成、令和はタバコ規制が本格化してくる時代。 タバコの価格は増税による値上げが続き、喫煙所はどんどん無くなり、今や居酒屋や喫茶店でも吸えないお店が増えています。 そんな中、救世主的な存在なのが加熱式タバコと呼ばれるもので、 紙巻タバコはNGでも加熱式ならOKというお店や場所が急増中。 中でも、低温加熱式タバコは、ニオイも少なく有害物質も大幅に削減されていることから、今もっとも注目の次世代たばこなんですよ。 この記事の目次• 最強の低温加熱式たばこ 2018年にリリースされたハイブリッド低温加熱式タバコ「ターレス」をご存知ですか? その注目度はとんでもなくて、今流行りのクラウドファンディングでは、調達金額1位、支持者数1位、支持率1位。 更に、価格. comのランキングでも1位、楽天ランキングでも1位、大手ランキングサイトのmybestでも1位と、 めちゃくちゃ話題になった低温加熱式タバコです。 そのターレスがパワーアップしたのが「ターレス・プラス」でして、本日の主役「最強」低温加熱式タバコさんです。 ターレス・プラスがオススメの理由 低温加熱式タバコと言えば、プルームテックにプルームテック・プラス、グローセンスがメジャーどころから発売されていますが、これらのデバイスよりもターレス・プラスをオススメするのには理由があります。 詳細は後ほど説明していきますが、一言で言うなら 「ターレスはいいとこ取りしたデバイス」というのがピッタリ。 ですので、プルームテック・プラスとグローセンス、どっちにしようか悩んでいる人は、ぶっちゃけ見ないほうがいいかもしれません。 プルームテック・プラスの良さをいいとこ取り 以前、プルームテック・プラスとグローセンスの比較記事でも書きましたが、プルームテック・プラスは 低温加熱式とは思えないほどのキックが最大の特徴です。 キックっていうのは、ニコチンのガツッと喉にくる感じを表す言葉なんですが、グローセンスにプルームテック・プラスが勝っている点はこのタバコ感。 ですが、プルームテック・プラスのキックの秘密ってなんだかわかりますか? ズバリ、「たばこカプセル」にあります。 グローセンスのたばこカプセルに比べて、プルームテック・シリーズのたばこカプセルは精度が高いんですよ。 もうお解りですよね、 ターレス・プラスは低温加熱式として使う場合、プルームテック・シリーズの「たばこカプセル」と互換性があるので、プルームテック・プラスと同じように使うことが出来るんです。 グローセンスの良さをいいとこ取り グローセンスはキックこそプルームテック・プラスに劣りますが、フレーバーの味わいはグローセンスのほうが上です。 というのも、プルームテック・シリーズと違って、グローセンスはカートリッジポッドに入っているリキッドそのものに味をつけている為、 VAPEみたいに味がしっかりしているんです。 それだけではなく、 人気のポッド型電子タバコの構造を採用しているので、使いやすさでもプルームテック・プラスを上回ります。 ここでターレス・プラスに話しを戻しますが、ターレス・プラスのカートリッジはリキッド充填型なので、グローセンスのように味のついたリキッドを入れて運用することが出来ます。 グローセンスのように味もしっかり出すことが出来て、且つプルームテック・シリーズのたばこカプセルでキックも味わえる、まさにいいとこ取りのデバイスがターレス・プラスなんです。 プルームテック・プラスにもグローセンスにもない特徴 ターレス・プラスの凄さは、いいとこ取りしているだけではありません。 プルームテック・プラスとグローセンスにもない優れた特徴が2つあります。 ちょっとイケてるくらいだったら「最強」なんて言葉は使いません。 いいとこ取りだけでなく、更に凄い特徴があるから、ターレス・プラスがオススメなんです。 その特徴をまとめましたのでご覧ください。 カートリッジ充填型なので味を選ばない プルームテック・プラスもグローセンスも、どちらも リキッド・カートリッジは使い捨てなので決まった味しか楽しめません。 もちろん、それでもいいんですが、世の中には数千種類もの味がVAPE専用リキッドとして販売されています。 王道のタバコ味やメンソールだけでなく、メロン味やスイカ味、烏龍茶味にカルピス味、コーラ味にレッドブル味などなど、既存フレーバーにはない味が山程あるんです。 ターレス・プラスはカートリッジ充填型なので、好きなリキッドを入れることが出来るということ。 プルームテック・プラスやグローセンスでは絶対に吸えない味も楽しめる、これがターレス・プラスの特徴の1つめです。 ターレス・プラスにはモード切り替えという機能がついており、低温加熱式タバコとして使う際の「Lモード」、電子タバコとして使う用の「Sモード」が選べるので、用途に応じてパワーを変えることが出来るんです。 低温加熱式タバコとして使う際はパワーを抑えて目詰まり防止、電子タバコとして使うときは蒸気量をアップさせるためにハイパワーで。 低温加熱式タバコとしても使える、電子タバコとして使える、ターレス・プラスは最強のハイブリッド・デバイスなんです。 ターレス・プラスが凄いワケ 他にもターレス・プラスにはこだわりがいっぱい詰まっていて、よくこんなトコロまで気づいたなー、と思ってしまうくらい細部までこだわって作られています。 なぜだかわかりますか? ターレス・プラスの販売元さんはベプログという、国内最大のVAPE系口コミサイトを運営している会社さんなんですが、実は ターレスってユーザーさんの口コミから作られたデバイスなんですよ。 きっと色々なリクエストがあったんでしょう、 「こんなデバイスがあったらいいのになー」をカタチにしたのがターレス・プラスというワケです。 だから、いいとこ取りだけでなく、使いやすさにも、楽しみ方の幅の広さにも、デザインにもこだわりが詰まっているということなんです。 クラウドファンディングや各ラインキングでも1位なのはこういう理由なんですね。 最強の低温加熱式タバコ「ターレス・プラス」• キックの強いたばこカプセルが使える• しっかりしたフレーバーを楽しめるリキッド・カートリッジ• 使い方は超簡単、こだわりの詰まったシンプル構造• 充填型なので好きなリキッドを好きなだけ楽しめる• モード切り替え機能搭載で2度楽しめるハイブリッドデバイス 低温加熱式タバコとしては、プルームテックにプルームテック・プラス、グローセンスの3種類がリリースされていますが、ターレス・プラスはこだわりやスペック面では完全にワンランク上。

次の

【2020年最新】加熱式タバコの比較!アイコス、プルーム、グロー、パルズの価格や特徴を紹介

加熱式タバコ グロー

「」も参照 フィリップモリス社の同様、タバコ葉を高温で加熱する製品で、高温では紙巻きたばこに近い風味だとされる。 一般的な使い捨ての cigarette と異なり、紙巻きたばこ状のスティックを、専用の喫煙具である glo を用いて加熱することで蒸気を発生させ、やその他の成分を吸引する。 日本国内用のネオスティック銘柄は、ブランドとなっている。 韓国においてはブランドになっており、煙草のテイストも異なる。 また、iQOSと比べてメンテナンスが簡単である。 iQOSと同様に機器内部にヤニが付着するため、付属の専用ブラシで一箱吸うごとにクリーニングすることをメーカーは推奨している。 ただし、専用ブラシと綿棒だけではヤニ汚れや臭いを完全に取り除くことができないため、iQOSのクリーニングなどで使用されている電子たばこ専用クリーナーを使用している場合もある。 シリウスタバコのホームページによるとgloの専用タバコは全て大韓民国製となっている。 は、電子たばこや加熱式たばこは健康上のリスクを減らすわけではなく有害であるとする報告書を発表し、紙巻きたばこと同様に規制を行うべきとの見解を示している。 特徴 [ ]• グローはシンプル操作をテーマに掲げており、バッテリーと加熱システムが一体となったデバイスとなっている。 アイコスとは加熱方式が違い、360度加熱という仕組みを採用しており、ネオスティックを周囲から加熱することで、ムラなく加熱、よりタバコらしい味わいを実現している。 モデル [ ] 共通項目 [ ]• バッテリータイプ:内蔵リチウムイオン充電池• 寸法:H85xW44xD22mm Model:G001 [ ]• 定格電圧:5V・定格電流:1. バッテリー容量:2900mAh• 時間:3分• その他: Model:G002 [ ]• 定格電圧:・定格電流:• バッテリー容量:• 時間:• その他: Model:G003 [ ]• 定格電圧:5V・定格電流:2. バッテリー容量:2900mAh• 時間:3分30秒• その他:ネオスティックの抜けやすさの改善 Model:G004 [ ]• 定格電圧:5V・定格電流:2. バッテリー容量:3000mAh• 時間:3分30秒• その他:ロゴデザイン変更 カラーバリエーション [ ] プレミアム・シルバー [ ]• Model:G001・G003・G004• グローのスタンダードモデル• グロー取扱店ならどこでも購入できるカラー (グローストア、グローオンラインストア、グロー取り扱い店、コンビニ) シャンパン・ゴールド [ ]• Model:G003• グローのストア限定モデル• グロー公式ストアでないと購入出来ない (グローストア、グローオンラインストア) モーヴ・ピンク [ ]• Model:G003• グローのストア限定モデル• グロー公式ストアでないと購入出来ない (グローストア、グローオンラインストア) ミスト・ブルー [ ]• Model:G003• グローのストア限定モデル• グロー公式ストアでないと購入出来ない (グローストア、グローオンラインストア) ストーン・ブラック [ ]• Model:G003• グローのストア限定モデル• グロー公式ストアでないと購入出来ない (グローストア、グローオンラインストア) カーボン(Carbon)・グロー [ ]• Model:G003• グローの1000台限定モデル• プレミアムコレクション・シリーズの第一弾• 唯一の抽選販売だった為、高値で転売されているレア・グローの1つ• シリアルナンバーや刻印、スライド、ボディなど細部まで造り込まれている クロム(Chrome)・グロー [ ]• Model:G003• グローの1000台限定モデル• プレミアムコレクション・シリーズの第二弾• 開始1分で売り切れた、人気のレア・グローの1つ• シリアルナンバーや刻印、スライド、ボディなど細部まで造り込まれている オーラム・グロー [ ]• Model:G003• グローの1000台限定モデル• プレミアムコレクション・シリーズの第三弾• 開始1分で売り切れた、人気のレア・グローの1つ• シリアルナンバーや刻印、スライド、ボディなど細部まで造り込まれている グロー ポーラー・エディション [ ]• Model:G003• グローの3500台限定モデル• プレミアムコレクション・シリーズの冬季限定コレクション• 累計出荷台数200万台を記念して発売された純白のグロー• 刻印あり、スライド、ボディなど細部まで造り込まれている ミッドナイトブラック [ ]• Model:G004• グローのコンビニ限定モデルの1つ• でしか販売されない数量限定カラー• 限定数は公表されていない シャンパンレッド [ ]• Model:G004• グローのコンビニ限定モデルの1つ• でしか販売されない数量限定カラー• 限定数は公表されていない スカイブルー [ ]• Model:G004• グローのコンビニ限定モデルの1つ• でしか販売されない数量限定カラー• 限定数は公表されていない ディスカバリー・ブラック [ ]• Model:• ポイントキャンペーン賞品• 限定数は公表されていない ディスカバリー・グリーン [ ]• Model:• ポイントキャンペーン賞品• 『ケント・ネオスティック・ブライト・タバコ(香ばしいレギュラー)』• 『ケント・ネオスティック・フレッシュ・ミックス(さわやかメンソール)』• 『ケント・ネオスティック・インテスリー・フレッシュ(強メンソール)』• 『ケント・ネオスティック・スムース・フレッシュ(なめらかメンソール)』 - 2017年10月2日全国発売• 『ケント・ネオスティック・リッチタバコ(深みのレギュラー)』• 『ケント・ネオスティック・ダークフレッシュ(贅沢に香るメンソール)』• 『ケント・ネオスティック・スパーク・フレッシュ(爽快に香るメンソール)』• 『ケント・ネオスティック・シトラス・フレッシュ(すっきり香るメンソール)』• 『ケント・ネオスティック・ベリー・ブースト(ベリーのようなアロマのカプセルメンソール)』 - 2018年6月18日全国発売• 『ネオ・フレッシュ・プラス・スティック(爽快満足メンソール)』 - 2018年7月9日全国発売• 『ネオ・ダークフレッシュ・プラス・スティック(グレープのように香る満足メンソール)』 - 2018年7月9日全国発売• 『ネオ・ロースト・プラス・スティック(香ばしい満足レギュラー)』 - 2018年7月9日全国発売• 『クール・ネオスティック・ブースト・ミント(冷たいカプセルメンソール)』- 2018年3月5日 宮城県でのみ発売 注釈 [ ].

次の

glo (加熱式タバコ)

加熱式タバコ グロー

コンビニで買える電子タバコ・べイプ まずは電子タバコ。 人気のあるものばかりです。 とくにblu ブルー は大手が出していることもあり認知度は高いほうです。 美味しいリキッドが多いのが特徴のひとつになります。 SMOOTH V! コスパが良いのとフレーバーも充実しているのが特徴。 たとえばSMOOTH V! LAWSON ローソン ・Family Mart ファミリーマート• ミニストップなど他の店も置いている場合あり• 価格1,980円~• シリーズ X2・EZ・TRYMEPLUS 興味のある方は、写真の下にある公式サイトをのぞいてみてください。 myblu マイブルー |ローソン・ファミリーマート・セブンイレブン ニコチンとタールはゼロ。 これはブルーに限らずべイプにほぼ共通。 例外もあり 本体 デバイス はカラーがいろいろありますが、 コンビニではブラックが売っていました。 コンパクトなので持ち運びが便利ですし、替えのリキッドがコンビニで買えます。 充電が速い 約20分 のも特徴で充電完了したら一日中吸えますね。 世界的たばこメーカーのインペリアルタバコグループがリリース。 後述の加熱式である『パルズ』も出しています。 ほとんどのコンビニで取り扱いあり• 価格は機種による• 最新の「IQOS3」 1万千円 や「IQOS3 MULTI」 約9千円 がリリース• 月額プランにも注目! IQOS3 DUOが分割可能。 月額900円より。 現状はマットな質感のブラックにゴールドのラインが入ったproもデザインがかっこいいですね。 アイコスもそうですがグローショップもあり、おしゃれな雰囲気です。 吸えるフレーバーが豊富で、しっかりとした味わいです。 紙巻たばこから移行された方には物足りなく感じるかもしれません。 ただ慣れもありますね。 しばらく吸っているとグローだけで満足という声を実際に周りで聞きました。 蒸気の匂いが苦手な方もいるようです。 セブンイレブン・ファミリーマート 他のコンビニにも販路拡大されると思います• アイディーは上記コンビニほかデイリーヤマザキ等でも購入可能• 本体価格は割引価格だと3880円程度~ まとめ こう見てくると、上記以外にもべイプがコンビニには売っているので、 結構流行しています。 紙巻たばこを吸っている人がだんだんと減っているのは実感できますからね。 吸いごたえ重視やフレーバーの充実度などユーザーの幅広いニーズに応えてあって、 本当にいろいろなものがリリースされています。 コンビニで手軽に買えるので試しに吸ってみて自分に合ったものを探すのも手ですね。

次の