右 室 肥大 心電図。 右室肥大について

健康診断で心肥大や心拡大と言われたら|原因は本当に心臓病?

右 室 肥大 心電図

通りすがりの者です。 既に専門家の方から立派な御回答が寄せられていますので通り過ぎようかと思いましたが一般人の自信無しで恐縮ですが一言だけ・・・。 もし、atsuk0さんの御質問のような文章(21才、女性、自覚症状無し、不完全右脚ブロック、右軸偏位、軽度右室肥大)が医師国家試験の問題に出てくれば答えはおそらくASD(心房中隔欠損症)となるでしょう。 また逆に検診がgolgibodyさんの様なきちんとした専門家によってなされたのなら病的意義の無い不完全右脚ブロックと言う事で心配なしとなると思います。 この違いが何処からくるかと言えば一つには聴診の所見が大切で専門家がきちんと聴診していれば2音の固定性分裂、肺動脈領域の収縮期雑音、三尖弁領域の逆流性雑音の全てが聴診できないような患者さんも少ないでしょうから異常に気付くはずと言う事が言えます。 しかし現実には雑音が小さい場合、循環器の専門家でない医師が検診などで大量の聴診を一度にやっているとおざなりになってしまって聞き逃してしまう事もあり得るので注意が必要だと思います。 また二つ目は病歴で過去の学校検診などで一度も不完全右脚ブロックを指摘されていないのに最近急にブロックが起こったのならなにか新しいブロックを来す疾患(例えば若い女性ならサルコイドーシスなど)であることが稀にありえると思います(検診の胸部X線写真で両側肺門部リンパ節腫脹なんか読み取れているのもあまり見かけないですし・・・)。 逆に言えば昔から指摘されていたなら進行性のものでは無さそうなので取りあえず急にどうこうと言う事は無さそうと言えるでしょうし・・・。 更に負荷心電図の場合狭心症などの虚血性心疾患の診断には有利ですが不整脈の診断にはあまり役立ちません(運動耐性と言う意味では使えますが・・・)。 特に症状のない予備力が十分な心房中隔欠損症などの場合多少の負荷で異常が出るとは考えにくいです。 従って負荷心電図で異常が無いから絶対安心とは言えないと思います。 また、専門家golgibodyさんが御指摘になっておられるBurgada症候群に至ってはICD(植え込み型除細動器)の適応が拡大されていく中でトピックではありますが循環器専門医で不整脈を専攻している医師でないときちんと診断できない様なしろものですからやっぱり「実際診察してみないと大丈夫とは言えない」と言うのが模範的回答になるのでは無いかと思います。 僕の場合は・・・とりあえず安心料と思って循環器内科を受診なされる事をお勧めします(実際なんで検診で今まで見つからなかったのか不思議なのですが成人してから心房中隔欠損症と診断される方も結構な数いらっしゃいますから・・・)。 疑問点解消の一助になれば幸いです。 それでは。 #1でMiJunさんが紹介されていますが、「不完全右脚ブロック」に関しては、そもそも病的所見ではなく、正常所見の一種(バリアント)ではないかと考える場合も多く、ほとんどが心配ありません。 ・・・といいながら、「Burgada症候群」という、数年前からちょっと注目されてる病気の場合もないことはないので、波形をみてない限り「絶対安心」とはいえないのが辛いところ。 心電図で右室肥大と(おそらく)機械判定する場合、右軸偏位と不完全右脚ブロックなど(他にもあります)の所見があれば、そう読んでしまうようなプログラムになっているんですが、そもそも、若いときは、右軸偏位があたりまえ。 若い人は、やせ気味でお腹の脂肪で心臓が横になってないことや、皮下脂肪がないために心電図の波が弱くならないことから、「軽度右室肥大」と機械が読みすぎてしまうことが多々あります。 いままで、心臓や呼吸器系の病気の指摘をされたことがなく(健診で聴診もされているなら、心雑音の有無もチェックされているでしょうし)、負荷心電図もされて(21歳で負荷心電図までされる健康診断はレベルが高いですね)異常なしということであれば、普通でしたら、よくある所見なので、まったく問題ないと考えるかも。 健診結果の「特に問題ありません」を素直に信じていいと思います。

次の

3.心電図の読み方-(3)(4)|誰でも分かる「心電図の簡単な読み方」

右 室 肥大 心電図

心電図P波の右房拡大所見 心電図P波は心房の興奮時に生じる波形である。 もし右房の拡大や肥大があるとP波は変化する。 原因疾患としては右心系に負荷のかかる肺高血圧や肺塞栓症など。 <V1誘導でのP波> 【健常人の場合】 V1から見ると右房の電気的な興奮は近づいてきているので心電図上で陽性(上向き)となる。 一方で、左房に伝わっていく興奮はV1から遠ざかっているので心電図上で陰性(下向き)になる(上図参照)。 【右房が拡大している場合】 右房が拡大していると右房を伝わるのに時間がかかるので右房の興奮を反映している心電図の上向きの成分が大きくなる。 するとV1誘導のP波は次の図のようになる。 P波の高さが2mm以上の時を右房拡大という(=右心性P波)。 心臓の興奮は右房から始まるのでまず右房の山ができて、それに続いて左房の興奮の山ができる(下図参照)。 下のイラストでいうと青色が大きくなった右房の興奮、赤色が左房の興奮。 左房(青)の山が大きくなっているので左房の興奮と重なってP波が高い山の波形となっている。 5mm以上の時を右房拡大の所見として取る。 5mm以上でも同様に右房拡大を示唆).

次の

心電図:心室負荷心電図

右 室 肥大 心電図

心肥大では左室の心筋が分厚くなるため、心臓自体が硬くなります。 左室肥大の程度が強くなればなるほど、これら3つの所見は著明に表れます。 左室肥大を起こす病態は、• スポーツ心臓のように左室に余分な力がかかったとき、• 高血圧性左室肥大、• 肥大型心筋症 などが考えられます。 軽度の左室肥大では、R波が高くなるだけでT波が正常です。 またR波は正常でもT波だけ尖鋭化を示すことがあります。 イラスト1 画像をクリックすると拡大します イラスト1左室肥大の心電図所見 典型的な左室肥大では、肥大した心筋は血流不足になるため(心筋虚血)、ST降下やT波陰性化を伴います (イラスト2)。 イラスト2左室肥大の心電図 著明な左室肥大を起こす肥大型心筋症では、ST降下と巨大陰性T波が特徴です。 心尖部肥大型心筋症(心臓の一部分だけ肥大を起こすタイプ)ではST変化は伴わないで、大きな陰性T波を生じます。 (イラスト3、4) イラスト3肥大型心筋症の心電図 イラスト4肥大型心筋症の心エコー 強い左室肥大では、心筋虚血と同じようにST降下やT波の変化が起こるため、まとめてST-T変化といいます。 point point 強い左室肥大では心筋虚血と同じST-T変化を起こす! 左室肥大の診断にはいくつかの診断基準があります(成書をご覧下さい)。 診断基準はR波の高さなどにより少しずつ違いますが、R波の増高とST-T変化を伴う点からは同一です。

次の