選挙 結果。 2019年堺市長選挙

2019年堺市長選挙

選挙 結果

概要 [ ] 前市長の(3期連続)が、自らの問題により辞職 したことに伴う選挙である。 からは、前回市長選で竹山に敗れた元が5月7日に出馬を表明。 一方、などの政策を巡り維新と対立関係にあったでは、5月11日に新たに大阪府連会長に就任したが大阪都構想の住民投票の実施を容認する意向を示し、都構想そのものへの賛否についても「ゼロベースで議論する」と述べ、賛成に転じる可能性に含みを持たせた。 5月17日、渡嘉敷の方針に反発したの野村友昭が自民党を離党した上で堺市長選への立候補を表明。 翌18日には渡嘉敷が「物理的、時間的に私の考えに賛同する候補者で戦うのは難しい」と述べ、自民党大阪府連としての候補者擁立断念を表明。 野村への推薦や支援も否定したが、党所属議員の個人としての応援は容認する考えを示した。 選挙には他に代表でのも立候補を表明した。 選挙データ [ ]• 選挙事由:前市長の辞職• 告示日:2019年5月26日 投票日 [ ]• 2019年6月9日(即日開票) 選挙の争点 [ ]• 選挙戦では野村が堺市の都構想への参加が主な争点であるとし、都構想反対を主張したのに対し、永藤は堺の都構想への参加は時期尚早であるとし争点化を避け、前市長の政治資金問題をめぐる「政治とカネ」が争点だと主張するなど、噛み合わない論戦となった。 立候補者 [ ] 出典: 3名、立候補届け出順 候補者名(読みかた) 年齢 党派 肩書き 立候補者の公式サイト 野村友昭(のむら ともあき) 45 元 (ながふじ ひでき) 42 元 (たちばな たかし) 51 元 選挙結果 [ ] 投開票の結果、永藤が僅差で当選。 これにより、維新の会は、4月に行われた府知事と市長のダブル選挙・衆議院大阪12区補欠選挙に続けて3連勝となり、大阪府知事・大阪市長・堺市長の大阪のトップ3を初めて独占する形となった。 堺市選挙管理委員会• 産経ニュース. 産業経済新聞社. 2019年4月26日. 2019年5月26日閲覧。 日本経済新聞. 2019年5月7日. 2019年6月10日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月13日. 2019年6月10日閲覧。 産経新聞. 2019年5月14日. 2019年6月10日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月18日. 2019年6月10日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月18日. 2019年6月10日閲覧。 朝日新聞. 2019年6月2日. 2019年6月10日閲覧。 日本経済新聞. 2019年6月9日. 2019年6月9日閲覧。 NHK NEWS WEB. 2019年6月9日. の2019年6月9日時点におけるアーカイブ。 関連項目 [ ]•

次の

選挙結果|富山県選挙管理委員会

選挙 結果

概要 [ ] 前市長の(3期連続)が、自らの問題により辞職 したことに伴う選挙である。 からは、前回市長選で竹山に敗れた元が5月7日に出馬を表明。 一方、などの政策を巡り維新と対立関係にあったでは、5月11日に新たに大阪府連会長に就任したが大阪都構想の住民投票の実施を容認する意向を示し、都構想そのものへの賛否についても「ゼロベースで議論する」と述べ、賛成に転じる可能性に含みを持たせた。 5月17日、渡嘉敷の方針に反発したの野村友昭が自民党を離党した上で堺市長選への立候補を表明。 翌18日には渡嘉敷が「物理的、時間的に私の考えに賛同する候補者で戦うのは難しい」と述べ、自民党大阪府連としての候補者擁立断念を表明。 野村への推薦や支援も否定したが、党所属議員の個人としての応援は容認する考えを示した。 選挙には他に代表でのも立候補を表明した。 選挙データ [ ]• 選挙事由:前市長の辞職• 告示日:2019年5月26日 投票日 [ ]• 2019年6月9日(即日開票) 選挙の争点 [ ]• 選挙戦では野村が堺市の都構想への参加が主な争点であるとし、都構想反対を主張したのに対し、永藤は堺の都構想への参加は時期尚早であるとし争点化を避け、前市長の政治資金問題をめぐる「政治とカネ」が争点だと主張するなど、噛み合わない論戦となった。 立候補者 [ ] 出典: 3名、立候補届け出順 候補者名(読みかた) 年齢 党派 肩書き 立候補者の公式サイト 野村友昭(のむら ともあき) 45 元 (ながふじ ひでき) 42 元 (たちばな たかし) 51 元 選挙結果 [ ] 投開票の結果、永藤が僅差で当選。 これにより、維新の会は、4月に行われた府知事と市長のダブル選挙・衆議院大阪12区補欠選挙に続けて3連勝となり、大阪府知事・大阪市長・堺市長の大阪のトップ3を初めて独占する形となった。 堺市選挙管理委員会• 産経ニュース. 産業経済新聞社. 2019年4月26日. 2019年5月26日閲覧。 日本経済新聞. 2019年5月7日. 2019年6月10日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月13日. 2019年6月10日閲覧。 産経新聞. 2019年5月14日. 2019年6月10日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月18日. 2019年6月10日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月18日. 2019年6月10日閲覧。 朝日新聞. 2019年6月2日. 2019年6月10日閲覧。 日本経済新聞. 2019年6月9日. 2019年6月9日閲覧。 NHK NEWS WEB. 2019年6月9日. の2019年6月9日時点におけるアーカイブ。 関連項目 [ ]•

次の

地方選挙結果速報2019

選挙 結果

財閥は警戒感を強め、次期大統領選でも与党有利との声が早くも上がっている。 だが、選挙結果も、先行きも、新型コロナウイルスがどう収まるのか、経済への影響がどの程度かにかかっている。 選挙の結果を整理すると、300議席のうち、与党である共に民主党と、比例政党である共に市民党が合わせて180議席、野党である未来統合党と比例政党である未来自由党が103議席、左派政党の正義党6議席、中道の国民の党3議席、与党に近い開かれた民主党3議席、無所属5議席だった。 全議席の6割を占める圧勝 与党が、全議席の60%を占める圧勝だった。 今回の総選挙で注目を集めたのが投票率の高さだった。 4月10、11日に実施された事前投票ですでに有権者の26%が投票した。 選挙当日と合わせた投票率は66. 2%で、2000年以降の総選挙では最高投票率だった。 総選挙の投票率は、2016年58%、2012年54%、2008年46%だったから、今回は突出して高かった。 ちなみに16年前の2004年も60%を超えたが、この時は、廬武鉉(ノ・ムヒョン)大統領(当時)の弾劾騒動があり、一気に投票率が跳ね上がった。 今回の選挙結果に大きな影響を与えたのは、何といっても新型コロナウイルスの流行だった。 韓国では、南東部の大邱(テグ)で大規模集団感染が起き、3月以降、厳しい防疫体制が敷かれた。 移動や会合の自粛、在宅勤務、休校措置などが続き、多くの国民が感染の恐怖と不自由な生活を強いられた。 1カ月以上、トップニュースは新型コロナが独占し続けた。 こういう異常な時期に総選挙となった。 韓国民にとって最も安心できたのが、何はともあれ、総選挙が予定通り実施できたことだった。 諸外国で、都市封鎖や選挙延期が相次ぐ中で、韓国は必死の防疫を続け、大規模感染が大邱からソウルなど全国に急拡散することを何とか防いできた。 選挙を無事にやり切った 各種の行事が次々と中止や延期になる中で、総選挙という最大イベントを無事に成し遂げたことは、これ以上にない良いニュースだった。 総選挙実施は、政権与党に大きな追い風となった。 韓国の進歩系政権には、常に保守系支持層から「統治能力」への疑問や批判があった。 「進歩系政府は、公平、平等、民主などを掲げるが、実務能力がない。 北朝鮮政策以外に何があるのか?」ということだ。 だが、欧米や中国など先進国や強大国が、すべて新型コロナへの対応に苦慮する中で、比較的うまく対応した。 防疫を重ね、諸外国ができなかった選挙を実施する。 「統治能力を示す」という意味で、これほどの追い風はなかった。 事前投票の直前に、毎日100人前後だった新規感染者数が、一気に減少したことも大きく影響した。 コロナブラックホール 新型コロナという「国難」で毎日苦労し、大きな心労と不安を抱える。 こういう時こそ、貴重な一票を行使しようという気持ちが、高い投票率にもつながった。 また、多くの有権者が、「今は政権与党に力を貸して、一刻も早く新型コロナを克服したい」という気持ちになったことも確かだ。 「コロナブラックホール」 韓国の保守系メディアはこう選挙結果を表した。 世の中の関心は新型コロナに集中してしまった。 文在寅(ムン・ジェイン=1953年生)政権の発足から3年。 通常は、この時期の総選挙は「政権審判」が争点になるはずだった。 経済、外交政策など、野党には攻め立てる材料はたくさんあった。 だが、こうした争点は、新型コロナにかき消されてしまった。 「有権者は過去よりも未来を優先させた」 あるテレビ局は、総選挙結果をこう一言で総括した。 3年間の失政をあげつらうのではなく、いまからさらに新型コロナ対策に集中せよという意味だった。 さて、では、新型コロナのおかげだけで与党が勝ったのか? 選挙準備でも与党先行 選挙戦略、戦術の面でも、与党がうまく戦ったことは否定できない。 政権与党は、2017年5月の大統領選挙で勝利して以降、最大の焦点を今回の総選挙に置いていた。 せっかく政権を握っても、わずか3年で敗れては政策を実行できない。 総選挙で勝って、その勢いで次期大統領選挙でも攻める。 これがシナリオだった。 「統治能力」と並んで、進歩政党に対する保守派からのもう一つの批判が、「学生運動や市民運動出身者ばかりの集団だ」ということだった。 今回の総選挙で与党は、こういう批判を意識して、多様な候補を擁立した。 例えば、経済人出身者だ。 与党と言えば、過激な労働組合が支持基盤で、「反企業」というイメージが強い。 そんな批判をかわすためか、経営者を次々と招聘した。 サムスン電子元常務、証券会社社長も サムスン電子の半導体部門で長年勤務し、「女性高卒役員」として話題になった元常務や、金融界出身のカカオバンク元代表、さらに未来アセット大宇証券元社長などを次々と地方区で公認して当選させた。 さらに経済官僚出身者、法曹界出身者などこれまでの「市民運動家」とは肌合いの異なる実務能力に定評がある人材を国会に送り出す。 共に民主党の地方区当選議員数は163人。 このうち新人は68人を占める。 当選可能性が高い現職候補であっても果敢に入れ替え、有権者にアピールした。 女性候補擁立でも共に民主党が先行した地方区で20人の女性候補を当選させ、8人の未来統合党に大差をつけた。 ある保守系メディア役員は「廬武鉉政権当時の2004年の総選挙でも進歩系与党は勝利したが、この時、学生運動出身の候補に偏り、後で批判を浴びた。 今回は、周到に候補選びをして幅広い層から人材を集めた」と話す。 一方の、保守陣営は、激しい「政権批判」一本やりで、「代案政党」としての評価を得られなかった。 別の韓国紙デスクはこう分析する。 「朴槿恵(パク・クネ=1952年生)前大統領の弾劾をめぐって保守勢力は分裂した。 今回、一本化して党名も『未来統合党』と変えたが、統合したのは、李明博(イ・ミョンパク=1941年生)元大統領と朴槿恵前大統領に近い議員と支持層だけ。 結局、派閥単位の野合とみられた」 「新しい顔も出てこなかったし、保守は相変わらず古い体質だというイメージが残った。 中道、中間、浮動層の取り込みができなかった」 今の政権与党は、保守勢力を「守旧」「積弊」勢力とずっと批判してきた。 こうした攻勢を跳ね返すだけの力も構想も打ち出せなかった。 おまけに事前投票直前に、野党候補から「暴言」が相次ぎ、さらにイメージダウンになった。 財閥オーナーは震撼 では、選挙結果を受けてこれから何が起きるのか? 韓国の政局は、これから次期大統領選挙に向けて動き始める。 大統領選挙でも中道層、無党派層の取り込みを重視するため、極端な経済、外交政策を強引に進める可能性は高くない。 それでも、選挙結果に震撼しているのは韓国の財閥、特にオーナーたちだろう。 今の政権が進めてきた、経済民主化、分配重視の「所得主導成長論」が急に変更になることはなさそうだ。 反大企業ではないにしても、支配構造の改善などオーナー経営に対しては厳しい政策が続くはずだからだ。 与党には次期大統領候補が多いが… 大統領選挙は2022年3月。 となると、候補者選びまであと1年半しかない。 与党・新保陣営には候補者が何人かいる。 今回の選挙で、全国を駆け回り、さらにソウルの選挙区で野党代表との一騎打ちに圧勝した李洛淵(イ・ナギョン=1952年生)前首相はその1番手だ。 首相としての手堅い実務能力を示しており、今後も同氏を中心に候補者選びが動くはずだ。 ただし、同氏は、東亜日報政治記者、東京特派員出身で、今の政権の「中核勢力」である学生運動、市民運動出身ではない。 この勢力からは、任鍾翛(イム・ジョンソク=1966年生)前大統領府(青瓦台)秘書室長が浮上するだろう。 同氏は、漢陽大学総学生会長の後、1989年に全国大学生代表者協議会(全大協)の議長を歴任した。 1980年代の民主化運動の学生リーダーの一人で、その後政界に転出し、国会議員を2期務めた。 全大協出身者は、今の政権の中核メンバーを輩出している。 任鍾翛氏自身も文在寅政権発足とともに政権ナンバー2ともいわれる秘書室長になった。 今回の総選挙には出馬しなかったが、全国を選挙応援に飛び回った。 野党には誰もいない? これに対して、保守・野党陣営には、これといった名前は見えない。 未来統合党の代表は地方区で李洛淵氏に惨敗した。 他の有力議員もばたばたと落選してしまった。 韓国紙デスクはこう見る。 「保守陣営は、今回の総選挙で勝てなくても、政権末期になればいろいろな問題が起きて風向きが変わる。 だから、人事を一新して巻き返せば次の大統領選挙には間に合う」 「むしろ、少しくらい敗けて、重鎮が消えた方が出直しやすいという意見もあった。 だが、ここまで惨敗すると、1年半での立て直しは難しい」 それほどもの大敗だったのだ。 では、次の大統領選挙も進歩系の勝利なのか? そうすんなり運ぶのか? すべては、新型コロナの終息と、経済への影響がどの程度なのか見極めがつかない限り何とも言えないだろう。 新型コロナの流行がなくとも、韓国経済は新しい成長の原動力が見当たらず、苦しい状況になっていた。 すでに経営が悪化している大企業も出ている。 航空、観光など直接打撃を受けている業種だけでなく、基幹産業にも影響が及べば、金融を含め広範囲に影響が出る恐れもある。 政権与党は圧勝した。 だが、残り2年となった政権にどんな舵取りができるのか。 経済も、北朝鮮との関係も、さらに日韓関係も、すべて新型コロナがいつどういう形で終息できるのか次第だ。 このことは、韓国だけでなく、世界中、どの国も同じだ。 筆者:玉置 直司 外部サイト.

次の