ミニチュアブルドッグ。 図鑑:フレンチブルドッグ 特徴・性格、飼う時の注意点など

フレンチブルドッグの値段の相場について

ミニチュアブルドッグ

私たちもフレンチブルドッグと生活を共にしています。 運命のフレンチブルドッグに出会うまで時間をかけ全国を探し回りました。 実際に迎えるのであれば、当然その子犬と生活し、生涯面倒を見なくてはいけません。 だからこそ、ずっと大切にしていけるフレンチブルドッグに出会いたかったのです。 これからフレンチブルドッグを迎える方にも、ずっと大切にしていける運命の子に出会って欲しいと願っています。 フレブルパークは皆様のフレンチブルドッグとの楽しい生活のお手伝いが出来ることを心より願っております。 一言でフレンチブルドッグと言っても、毛色や性格、タイプは様々です。 これから迎える方には、たくさんの子犬を見比べ、運命の子と出会って欲しいと思います。 ペットショップでは通常、多くのフレンチブルドッグを見比べることが出来ません。 そこで、フレブルパークの子犬販売では多くのフレンチブルドッグを見比べてもらえるよう全国のブリーダーさんの元で大切に育てられた優良な子犬を集め、ご紹介しています。 フレブルパークでは運命の子犬を探している方に、そして大切に可愛がってくれる方に、ブリーダーさんの愛情がこもったフレンチブルドックの子犬を直接ご紹介します。

次の

ブルドッグ レッドホワイト 女の子 子犬販売・詳細 ペットショップ ワンラブ

ミニチュアブルドッグ

ただし、悪質なブリーダーには注意してください。 基本的に悪質ブリーダーはお金儲けを目的としているため、流行によって繁殖する犬種を変える傾向にあります。 ブリーダーを見極める際は、その点をよくチェックしましょう。 良いブリーダーを見分けるポイントとしては、施設が清潔なことはもちろんのこと、子犬や母犬の健康状態を丁寧に説明してくれるブリーダーを選ぶことが何よりも1番です。 そのほか、本記事ではフレンチブルドッグをお迎えする前に知っておいてほしい情報をご紹介します。 他犬種と値段に差がある?フレンチブルドッグが高い理由 子犬の価格は、血統や子犬自身の持つポテンシャルによって大きく変動します。 しかし、フレンチブルドッグの子犬はどの個体も同じくらい高い値段が付けられています。 中には100万円近い値段で取引される子も。 どうして他の犬種に比べると子犬の平均価格が高いのでしょうか。 その理由は2つあります。 しかし、フレンチブルドッグの場合は頭部が大きすぎて自然に生まれてくることが難しいのです。 そのため、ほとんどのフレンチブルドッグが帝王切開で出産します。 ただ、帝王切開は自然分娩とは違ってリスクを伴いますし、なにより出産費用が発生します。 それゆえ、子犬の価格も高くなってしまうのです。 しかし、フレンチブルドッグの場合は2~4頭ほどが平均です。 他の犬種と比べてみると、かなり少ないことが分かります。 それに加えて、母犬が授乳を放棄してしまうことが多いため、ブリーダーが付きっきりでミルクを与えることも珍しくありません。 そのため、出産する数が少なく、なおかつ出産や産後の飼育に手間がかかることから、子犬の価格が高くなっているのです。 フレンチブルドッグに秘められた魅力と飼いやすさ 「ブサかわ」と呼ばれ、世界中で愛されているフレンチブルドッグ。 どうしてこんなにも多くの人々から愛されているのか、その理由は「性格」にありました。 また、飼育しやすいことも人気の秘密。 ここではフレンチブルドッグの性格と、飼いやすさについてご紹介します。 魅力に溢れるフレンチブルドッグの性格 フレンチブルドッグは見た目から怖そうというイメージを抱かれがちですが、実際はとても 甘えん坊で愛らしい性格をしています。 とにかく飼い主や家族が大好きで、とても人懐っこいです。 テレビを見ていると膝の上にチョコンと乗ってきたり、昼寝していると添い寝してきたり…なんてことは日常茶飯事です。 また、フレンチブルドッグは 表情豊かです。 あまりの豊さに、「ワンちゃんというよりも人間だ」と表現する人もいるほどです。 嬉しいときは口を大きく開けて笑ったような表情をしたり、悲しいときは下を向いて落ち込んだ表情をしてみたり、コロコロと変わる表情もフレンチブルドッグの大きな魅力です。 好奇心旺盛で遊ぶことが大好きなワンちゃんでもあります。 走り回ったり、ボール遊びをしたり、意外とハードな運動にもついてきてくれますよ。 フレンチブルドッグをお迎えしたら、たくさん遊んであげましょう。 フレンチブルドッグは初心者向きの犬種 フレンチブルドッグは遊ぶことが大好きですが、運動量自体は少なめで大丈夫です。 むしろ、長く運動させてしまうと体に負担をかけてしまいます。 そのため、散歩は1日1~2回、各15分前後が理想です。 また、フレンチブルドッグの被毛は短いため、お手入れが簡単です。 定期的なブラッシングやシャンプーは必要ですが、こまめなトリミングは不要ですので、初心者でも扱い易い犬種だといえます。 さらに、明るくて人懐っこい性格はペットとして最適です。 飼い主や家族と関係を作りやすいため、初心者でも問題なく飼育できるでしょう。 それに加えて無駄吠えが少ないため、集合住宅やマンションでも気兼ねなく飼うことができます。 フレンチブルドッグはアレルギーに要注意! フレンチブルドッグは遺伝的に皮膚が弱く、疾患が出やすい傾向にあります。 他の犬種の場合、皮膚疾患にかかる割合が20%前後であるのに対し、フレンチブルドッグは50%ほどです。 つまり、2頭に1頭は皮膚疾患を抱えている計算になります。 そのため、フレンチブルドッグを飼っている人の多くは「皮膚アレルギー」に頭を悩ませているのです。 皮膚アレルギーの主な原因として挙げられるのは、ダニ・ハウスダスト・カビ・ノミ・食べ物です。 もしダニやハウスダストが原因となっているのであれば、身の回りを清潔に保ち、ダニやハウスダストなどの繁殖を防ぐことが重要です。 ノミの場合は、プラスでノミの駆除と定期的な駆虫薬の投与が必要となります。 食べ物によるアレルギーの場合は、原因となる食物の摂取を控えることが望ましいでしょう。 もし一度でも皮膚アレルギーになってしまうと、長期的な通院と治療が強いられますので、注意しましょう。 とはいえ、アレルギーの原因となるもの全てを避けて生活することはなかなか難しいのが現状です。 そのため、日頃から皮膚の状態をチェックして赤い発疹などの異常があれば動物病院へ連れていきましょう。 治療が早ければ早いほど、ワンちゃんにかかる負担は小さくなります。 また、普段から洋服を着せて対策するのもおすすめです。 洋服を着せることで、アレルギーの原因となりうるノミやダニから皮膚を守ることができます。 しかしフレンチブルドッグの独特な体型に合う洋服は、ペットショップであまり取り扱っていないようです。 そのため、フレンチブルドッグ専用の洋服を販売するネットショップをおすすめします。 まとめ フレンチブルドッグは、たくさんの魅力に溢れている犬種です。 想像以上に甘えん坊でペットとしては最適ですし、無駄吠えもしないのでマンションでも気兼ねなく飼育できます。 ただ、ワンちゃんを飼育するのは楽しいことばかりでなく、大変な部分もあります。 だからこそ、フレンチブルドッグの良い面も悪い面も事前に知っておき、全てを受け入れてあげましょう。 そして、ブリーダーからお迎えした後は愛情を存分に注ぎながら育ててくださいね。

次の

【犬種】ミニチュア・プードルとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

ミニチュアブルドッグ

骨量が多く筋肉質の引き締まった体格で、被毛はなめらかで短毛。 体高と体長のバランスが良く、室内飼育に向くサイズです。 利口で気立て良く、陽気で活発、愛情深いとされています。 ブルドッグのような頑固さは見られず、ほとんど吠えない飼育しやすい犬種といえるでしょう。 フレンチ・ブルドッグの特徴は、その起源であるとされる闘犬のブルドッグとは正反対のものです。 闘犬ブルドッグの繁殖過程で生まれた小型軽量、立ち耳、温和な性格の犬は当時イギリスでは注目される事がなかったためフランスに持ち出され、まったく用途の異なる犬に仕上げられました。 フレンチ・ブルドックは、17世紀頃のパリでは闘犬として人気が高い犬種でしたが、その後、改良が重ねられて、19世紀頃には貴族たちの愛玩犬としての地位を確立しました。 イングリッシュ・ブルドッグにテリアやパグなどを交配させて作られたフレンチ・ブルドックは、こわそうな顔に似合わず明るい性格の持ち主です。 一方で見知らぬ人に警戒心を抱く傾向もあるので、番犬としても向いています。 体の割には食欲が旺盛なイヌなので、肥満には要注意。 また、暑さが苦手なので、夏場は温度管理に気を配る必要があります。 中でも有力なものが、1850年頃にイギリスからフランスに移住したレース職人が持ち込んだブルドッグが原種という説です。 その後、そのブルドッグにパグやテリアを交配し、フレンチブルドッグの基礎犬が誕生したとされています。 フレンチブルドッグを語る上で興味深いものは、ブルドッグの原産国イギリスに逆輸入され、ブルドッグの改良に貢献したということです。 ブルドッグは1835年に闘犬が禁止されると職を失いました。 犬種を存続させるためにはその闘争的な性格を改良し、ペットとして飼えるようにしなければなりません。 そこで、温和で小型なフレンチブルドッグを用いて、小型化と闘争心を排除したのです。 フレンチブルドッグは当初、パリの中央市場でネズミ捕り用に飼育されていましたが、 その愛らしい風貌から上流階級の人々に広まっていき人気を集めるようになりました。 1900年頃には、ローズ耳とコウモリ耳の2タイプとなり、ヨーロッパではローズ耳、アメリカではコウモリ耳と、その好みがはっきり分かれていました。 そしてその際のアメリカ人の努力で、コウモリ耳のタイプが標準となったという経緯を持っています。 日本には大正年間に輸入され、昭和初期にはたくさんのフレンチブルドッグが飼育されました。 その後、あまり見かけなくなりましたが、近頃また人気が高くなり、街などで見かけるようになりました。 額部には深いシワがあり、両目の間の窪みは深く、幅広の鼻吻部は短く、下顎が突き出てしゃくれています。 尾は根元が太く先細で、ストレートからせん状によじれたスクリュー・テイルになっています。 短くやわらかな被毛は光沢があります。 毛色には暗いもしくは明るい地色に、明るいもしくは暗い差し毛が混じる各種のブリンドルがありますが、暗色のほうが好ましいとされているようです。 フレンチブルドッグは、ブル・バイティング場で闘って英雄となったブルドッグの祖先犬たちのさまざまな特色を受け継いでいます。 低く重心を落とした体型、幅の広い胴体、大きな骨、発達した筋肉、大きく四角い頭部などがその特徴といえます。 頭から肩にかけた辺りの、しわがあってちょっとたるんだ柔らかな皮膚も特徴的です。 しかし、ブルドッグとは異なり、ピンと立ったコウモリ耳をしています。 いつも勇敢で用心深く、好奇心旺盛ですが、ブルドッグと違って、その動き、振る舞いは少々気まぐれで、自由な感じを与えます。 フレンチブルドッグは行動やしぐさで人々を楽しませる、正真正銘の愛玩犬といえるでしょう。 動きはブルドックと違って機敏とされており、愛好家の間ではよい番犬になるという評判もあります。 多少いびきをかきますが、普段はほとんど吠えず、むやみに走り回るタイプの犬種でもありません。 室内犬として最適な要素をもっていると言えます。 フレンチブルドッグはその甘えん坊な性格から、若い家族よりはお年寄りに向いているともいわれています。 フレンチブルドッグはどこかおどけた表情を持ち、小型の愛玩犬の中でもとりわけ愛らしい犬です。 遊んだり、家族を喜ばせたりするのが大好きで、飼い主に抱かれたり、寄り添ってうたた寝したりすることに幸せを感じます。 愛想がよく、誰とでも仲よくなれる性質の持ち主です。 しかし、ブルドックに比べて温厚とされるこの犬種も、牛追い犬とテリアの血が入っており、畜殺犬であったため固体によっては危険な犬とも言えます。 キレると見境なく咬む場合があるかと思うと、陽気でとても穏やかな友好的な犬もいます。 性格が大きく分かれる犬種の一つです。 また、バイドは白地にフォーン又はブリンドルがあるものが認められ、フォーンの色調はレッドからライト・ブラウンまでとされています。 ただ、やわらかい毛質を保つためには、獣毛ブラシを使った手入れが適しているでしょう。 特に気をつけたいのは、目や鼻にあるシワの手入れです。 やわらかな布や綿棒を使って、週に1度はシワの間を拭くなどして、清潔に保ってあげてください。 定期的な歯やツメの手入れもすると良いでしょう。 また、夏の暑さに弱く、肥満にもなりやすいので注意が必要です。 固体によって大きさがやや異なります。 フレンチブルドッグは筋肉質で強固な顎を持っていますから、いい加減なしつけをすると問題の元になります。 フレンチブルドッグは、とても遊び好きでやんちゃな犬ですが、運動は最低限で大丈夫です。 屋外を楽しそうに走り回ったりしますが、暑かったり湿気が多いと調子が悪くなってしまいます。 あまり長く屋外で過ごさせない方がよいでしょう。 リードを短く持ち、その犬の体力に合った適度な散歩をするだけで十分です。 ほとんどのフレンチ・ブルドッグは泳ぐことができません。 いびきをかいたり、ゼーゼー音を立てて息をしたり、よだれをたらしたりするのもフレンチ・ブルドッグの特徴です。 ただし、暑さ寒さには弱いので、運動は、夏は涼しく冬は暖かい時間帯を見計らって行ようにするのが良いでしょう。 また室内では玩具を利用し、一緒に遊んであげるのも喜びます。 食事は栄養のバランスに配慮して、太り過ぎに注意することが大切です。 歯の健康に効果のあるドライフードと総合栄養食と表記されたウェットフード 缶詰 の混合食を与えるのが、管理の面でも手軽でしょう。 肥満の傾向がある場合は、ダイエットフードに切り替えてください。 健康維持のためにも、体重の管理に配慮した規則正しい給餌を心がけたいところです。

次の