津久井 やまゆり 園。 津久井やまゆり園・相模原障害者施設殺傷事件に対する私見 | リバータリアン心理学研究所

津久井やまゆり園・相模原障害者施設殺傷事件に対する私見 | リバータリアン心理学研究所

津久井 やまゆり 園

神奈川県は18日、2016年7月に殺傷事件が起きた相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の運営実態に関し、「一部の利用者に虐待の疑いが極めて強い行為が長期間行われていた」とする第三者委員会の報告書を公表した。 ただ新型コロナウイルスの影響で、県が運営を委託する「社会福祉法人かながわ共同会」に聞き取りできず、報告書は資料や記録を元に取りまとめた。 県は7月に検討部会を設け、やまゆり園を含む県立障害者施設に対する支援の在り方の改善に取り組む。 障害者虐待防止法で正当な理由なしに身体拘束することを虐待としているが、報告書では、見守りが困難として身体拘束したケースを確認。 また、身体拘束の際に「切迫性」「非代替性」「一時性」の全てを満たすことが条件にもかかわらず、運営法人が一つでも該当すればよいと認識していたとした。 利用者の居室を24時間施錠していたことも明らかになった。 県に対しても、運営法人へのモニタリングで「利用者の状況や支援の質を把握し、改善しようとする姿勢が乏しかった」と批判。 地域住民など外部の意見を運営に生かすべきだと提案した。 委員会は、昨年10月以降に県に対し、やまゆり園で不適切な支援が行われていたとの情報が寄せられたために設置された。 弁護士で委員長を務めた佐藤彰一氏、上智社会福祉専門学校特任教員の大塚晃氏、元毎日新聞論説委員の野沢和弘氏の計3人で構成。 今年1~2月に会議を計5回開いたが、その後は新型コロナの影響で開催していなかった。 報告書公表を受け、かながわ共同会の草光純二理事長は「利用者や家族に信頼される支援を目指す」とのコメントを発表した。 身体拘束の3要件を厳守しなかったことは認め「再発防止に取り組む」とする一方で、居室の24時間施錠については「食事、トイレ、入浴時には開錠しており、事実ではない」と反論した。 〔共同〕.

次の

「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

津久井 やまゆり 園

掲載日:2020年4月23日 津久井やまゆり園の再生に向けた取組状況 令和2年4月23日現在 令和2年4月23日 献花台の対応について 新型コロナウイルスに伴う外出自粛を踏まえ、献花台の設置を中断することとしました。 今後の献花台設置の再開につきましては、社会情勢を踏まえながら、あらためてお知らせします。 令和2年3月27日 新施設の名称決定と手話表現 津久井やまゆり園の再生に向けて、2つの施設の名称を決定し、併せて手話表現を作成しました。 令和2年1月29日 津久井やまゆり園の新築及び改修工事に着手 津久井やまゆり園の新築及び改修工事に着手しました。 令和2年1月27日 津久井やまゆり園芹が谷園舎(仮称)整備・維持管理事業に係る契約の締結 津久井やまゆり園芹が谷園舎(仮称)整備・維持管理事業に係る各契約の締結が完了しました。 なお、津久井やまゆり園千木良園舎(仮称)の整備については、津久井やまゆり園千木良園舎(仮称)新築及び改修工事(建築-第1工区)の入札公告を令和元年8月6日に行いました。 令和元年8月9日 津久井やまゆり園芹が谷園舎(仮称)整備・維持管理事業実施方針等に対する意見招請の結果の公表 津久井やまゆり園芹が谷園舎(仮称)整備・維持管理事業の実施方針等に対する意見招請の結果を公表しました。 令和元年7月25日 献花台の対応について 現在、日本の南にある熱帯低気圧が、今後、台風に発達する可能性があります。 献花台は設置する予定としておりますが、天候によっては、献花に来られる方の安全を考慮し、テントや献花台を撤去させていただく場合がありますので、御承知おきください。 令和元年7月22日 ともに生きる社会かながわ推進週間における献花台の設置について.

次の

「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

津久井 やまゆり 園

「職員は千木良に戻ることをモチベーションにしている。 施設が否定される報道を見て、自分の仕事が否定されたと思う職員が多い」「今回の事件を機に施設規模を小さくしないでほしい。 千木良を去る時、短期入所の利用者に後ろ髪を引かれる思いがした」「利用者が施設を選んでくれる以上、私たちは寄り添うだけだ」。 相模原市緑区千木良から横浜市内に移転した同園職員の山田智昭さん、北嶌大洋さん、葛西直子さんが同日の部会で、同園の再生について意見を述べた。 これまで入倉かおる園長以外の職員が公の場で発言することはほとんどなかった。 同席した入倉園長は「他施設に移った人には、しばらくしたら千木良に戻れると説明し理解してもらった。 もし、戻れなくなったら意思決定支援どころではない」と強い口調で話した。 元の場所で暮らせるよう再建を求めた上で「今日の意見は聞くだけでなく必ず文字に残してほしい」と念を押した。 入所者の家族は5人が発言した。 大月和真・家族会長は事件前の園での暮らしぶりを11分間の映像で紹介。 「津久井やまゆり園は私たちがやっとたどり着いたかけがえのない家だ」とし、元の場所での再建を求めた。 一方、5人のうち1人は大規模施設に否定的な意見を披露。 「施設をなくして良いとは思わないが、できるだけ少なくしていくべきだ。 施設での暮らしは自由がきかない。 横浜にこの先4年もいたら千木良に戻りたいとは言わないだろう」と話した。 部会は(1)入所者がどこに住みたいと考えているかの意向確認(意思決定支援)(2)同園の建て替え(定員規模、施設機能)--の在り方を6月に県に提案する。 2020年度の建て替え完了を目指すとした昨年9月の県の方針に対し、今年1月の公聴会で「大規模施設は時代に逆行している」と異論が出たため2月に設置され、議論してきた。 事件当時、同園の定員は短期入所10人を含めて160人。 入所していた知的障害者157人のうち131人が、4月に移転した「津久井やまゆり園芹が谷園舎」(横浜市、定員114人、短期入所なし)や県内の他の施設で暮らしている。 大規模施設に建て替えることを前提とせず議論する構えだった堀江部会長は終了後、報道陣に対し「議論すべき論点がかなり明確になってきたので、もう少し時間をかけて丁寧に議論していきたい」と話した。 (2017年5月29日「」より転載).

次の