オリ変 査定。 パワプロ10 裏技・小技

【パワプロアプリ】オリジナル変化球(オリ変)一覧と査定解説【パワプロ】

オリ変 査定

変化球の査定組み合わせ一覧 すべてタイプ1の変化球で計測しています。 671 オリ変あり 取得するオリ変と別方向の球種を4伸ばして取得した場合を基準にしています。 729 変化球の査定の上がり方と分類 変化球の査定効率 特殊能力よりも高い査定がある 投手における変化球の査定は高く、 一般的な青特能よりも高い査定効率がある。 ランクの高い投手を育成する場合は変化球を取得していくことが欠かせない。 特殊能力との比較例 参考値 能力 必要経験点 査定 251 約96 125 約52 スライダー変化量4 362 約396 総変化量で査定が決定 変化球の査定は主に総変化量で決まる。 総変化量とは 第2ストレートを含めたすべての変化量の合計のことを指す。 変化球の分類 球種によって必要経験点について 変化球は以下のタイプに分類されており、タイプが上がるほど必要経験点が多くなる。 タイプ別に査定差あり わずかではあるが変化球の種類でも査定差がある。 タイプ1・2はほぼ同じだが、タイプ1・2と3以上は総変化量が大きくなるにつれ、後者のほうが少し査定が高くなっていく。 タイプ1の変化球のみを取得するのがオススメ。 2球種・3球種の選択基準 総変化量14以内なら2球種 総変化量14以内なら2球種の方が査定効率はよい。 大量に変化球ptを入手できない場合は2球種に絞って変化量を伸ばすのがオススメ。 十分に変化球を稼げるなら3球種 デッキに変化球キャラが多く、変化球ptを大量に入手出来る場合は3球種を取得しよう。 特にアヘ変デッキの場合は変化球ptを使い切れないことが多いため、3球種を先に視野に入れておこう。 3球種のオススメ取得ルート 3球種は1種伸ばして他は均等が理想 3球種の場合、査定効率を考えればすべて均等に上げるとよいのだが 1種類の変化量を最大にした方が査定は多く上がる。 1球種を最大まで伸ばし、残りを均等に伸ばすのがオススメ。 オリ変取得の場合は出来るだけ2方向を伸ばす オリ変で3球種目を取得する場合は、総変化量が高いほどメリットが大きくなる。 2種均等で構わないので、できるだけ変化量を上げておこう。 パワプロアプリ他の攻略記事 キャラ評価一覧• 金特確定キャラ一覧• 特殊能力一覧•

次の

パワプロ10 裏技・小技

オリ変 査定

お菓子氏のお話 リンク: ミサカさんがついにS8投手をお作りになられたそうで、これはマジで凄い。 何が凄いって4球種で達してしまっているところな。 それと余が思うのは全員打倒するのが上手すぎるということね。 もちろん毎回上手くいくわけではないだろうけど、それにしてもこれだけ成功させているのは凄い。 あと、デッキを見ていて思うのは成宮を復刻してほしいということである。 成宮はあかつきでかなり有能という話がちらほら出ているね。 個人的には技術ボナの球速キャラでドクターK確定というのが連動向けの選手を作りやすそうで喉から手が出るほど欲しいのである。 排出停止からもう半年くらい経っているし、そろそろ復刻ガチャ、してほしい人が多いと思うぞコナミさん。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ で、お菓子氏の総合力のお話。 ミサカ氏のS8投手を見て思うところがあったのでついでに書いておく。 結論から言えばこれは正しいというか当たり前というか、まあそんな感じであるな。 しかし冷静に観察すると、オリ変自体の査定はさほど高くなく、あくまで大きな経験点消費なしに4球種目を取得出来て、かつ14まで伸ばしやすいということがオリ変のメリットなのである。 だから初期から現在に至るまで重宝されてきたのだが、この頃どうも事情が変わってきた。 高校のインフレとイベキャラのインフレとがあって、オリ変を使わずとも4球種の総変14に持っていくことが難しくなくなったのだな。 もはや総合力は変化以外でいかに伸ばすかを考えなければならない時代になっているということである。 これはお菓子氏が一ヶ月ほど前に言っていたが  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 物を続けて書くのが苦手なので一度切る。 この間書いたアプリ特能の記事と被るところがあるが、インフレすると、経験点で取れるものは全部取れて当たり前になってくる。 4球種で総変14というのは、経験点で取れるよね。 これはまあ言い方を変えれば青特みたいなものなのである。 もしそれが苦もなく取れるようになると、価値が出てくるのはオリ変ではなく 金特のほうなのである。 オリ変の単独査定と、金特の単独査定を比較したとき、査定的には2倍~3倍程度は違ってくるらしい。 単独査定は金特のほうが優れているのだな。 だから、 もはやオリ変はデッキに入れず、金特キャラで固めよう、というのが、総合力マスターのお菓子氏の提唱である。 それを容易にするのがオリ変の強さなのである。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ アプリでもオリ変に査定がついてからオリ変キャラが見直されたけれども、ちょっと前に査定班の者がスタドラとパームを比較して、「もう星井は使いません」と言っていたのを覚えている。 代わりに金特を取ります、それくらい査定的に弱いということ まあアプリだと取るにしても2、3球種目であるから使えないと判断するラインが低いと思うが、結局これと同じことにサクスペもなってきているということであるな。 アプリでオリ変が輝いたのはSA育成最盛期である、覇堂配信ちょっと前。 ただあれも思えば目的は総変13に持っていく必要経験点を大幅に軽減出来たということなのだよな。 ちなみに前から言っているがサクスペはアプリより変化球に必要な経験点がずっと低い。 全然違う話に見えるが、根っこの部分には似たようなものがあるね。 ランク査定だとこうなってはいないのだよな。 ただ総合力ではそうなっていて、だとすると査定が高い奪三振や球持ちの上位能力は総合力的には弱い部類に入ることになる。 450丸々の査定がある、それだけ査定が伸ばせるというのは、SRイベキャラとしての最大の強みと言っていいかもしれない。 この間のあかつき守の紹介でも同じようなことを書いたね。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 何の話をしていたか忘れてしまった。 オリ変無しで4球種総変14まで持っていき、単独査定の高い金特を複数つけることが、総合力の理想である。 また、それを意識したデッキ作りの理想である。 こういうことであろうな。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ で、なぜミサカ氏の投手を見てこれを書こうと思ったかというと、あの選手なんとスタドラ失敗しているのである。 それでも4球種総変15まで持っていけてしまっているのだな。 むろんね、デッキの組み方が悪いとかキャラの選び方を間違っているとか上から目線のことを言っているわけではないよ。 星井はコンコツがあるし試合経験点もあるから、かなり貢献しているのは分かるし、前変化で他に代わりがいるのかと言ったらいない。 ミサカ氏が何度もやるうちに行き着いたデッキに雑魚の余が口出し出来るわけがない。 しかし事実としては、 星井の失敗は査定的にゼロ、この選手の場合成功しても大して伸びない。 経験点が浮くぶん査定が伸びるという主張もあるであろうが、総変14以上は査定は伸びないし、浮いたぶんの変化点の捌け口が一体どこにあるというのか? むしろ、どこかの能力を削ってでも、金特1つ増えたほうが査定的には伸びる。 お菓子氏の言いたいことはつまるところこういうことだと思われる。 なんとなく気が向いたので書いておいた。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 以上適当に書いてきたが、現状大半のサクスペユーザーには関係のない話だと思われる。 4球種の総変14に持っていくのはイベキャラが揃っていないと簡単なことではない。 オリ変の手を借りてそこを目指すほうが効率的である。 そもそも、そこまで突き詰めて総合力を考えなくともクラス維持は容易であり、関心を持つ必要がないことでもあると思う。 余は最近3球種ばかり作っているけれども、特に困らんしな。 断っておくが、余は誰を批判するつもりでもないので誤解なきように頼むぞ。 総合力を追い求めるのもサクスペのおもしろさだし、総合力を必要以上に上げず好みの選手を作るのもサクスペのおもしろさである。 スポンサーリンク.

次の

【パワプロ】全力スペクトル(オリ変)の取得条件や成功率

オリ変 査定

お菓子氏のお話 リンク: ミサカさんがついにS8投手をお作りになられたそうで、これはマジで凄い。 何が凄いって4球種で達してしまっているところな。 それと余が思うのは全員打倒するのが上手すぎるということね。 もちろん毎回上手くいくわけではないだろうけど、それにしてもこれだけ成功させているのは凄い。 あと、デッキを見ていて思うのは成宮を復刻してほしいということである。 成宮はあかつきでかなり有能という話がちらほら出ているね。 個人的には技術ボナの球速キャラでドクターK確定というのが連動向けの選手を作りやすそうで喉から手が出るほど欲しいのである。 排出停止からもう半年くらい経っているし、そろそろ復刻ガチャ、してほしい人が多いと思うぞコナミさん。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ で、お菓子氏の総合力のお話。 ミサカ氏のS8投手を見て思うところがあったのでついでに書いておく。 結論から言えばこれは正しいというか当たり前というか、まあそんな感じであるな。 しかし冷静に観察すると、オリ変自体の査定はさほど高くなく、あくまで大きな経験点消費なしに4球種目を取得出来て、かつ14まで伸ばしやすいということがオリ変のメリットなのである。 だから初期から現在に至るまで重宝されてきたのだが、この頃どうも事情が変わってきた。 高校のインフレとイベキャラのインフレとがあって、オリ変を使わずとも4球種の総変14に持っていくことが難しくなくなったのだな。 もはや総合力は変化以外でいかに伸ばすかを考えなければならない時代になっているということである。 これはお菓子氏が一ヶ月ほど前に言っていたが  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 物を続けて書くのが苦手なので一度切る。 この間書いたアプリ特能の記事と被るところがあるが、インフレすると、経験点で取れるものは全部取れて当たり前になってくる。 4球種で総変14というのは、経験点で取れるよね。 これはまあ言い方を変えれば青特みたいなものなのである。 もしそれが苦もなく取れるようになると、価値が出てくるのはオリ変ではなく 金特のほうなのである。 オリ変の単独査定と、金特の単独査定を比較したとき、査定的には2倍~3倍程度は違ってくるらしい。 単独査定は金特のほうが優れているのだな。 だから、 もはやオリ変はデッキに入れず、金特キャラで固めよう、というのが、総合力マスターのお菓子氏の提唱である。 それを容易にするのがオリ変の強さなのである。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ アプリでもオリ変に査定がついてからオリ変キャラが見直されたけれども、ちょっと前に査定班の者がスタドラとパームを比較して、「もう星井は使いません」と言っていたのを覚えている。 代わりに金特を取ります、それくらい査定的に弱いということ まあアプリだと取るにしても2、3球種目であるから使えないと判断するラインが低いと思うが、結局これと同じことにサクスペもなってきているということであるな。 アプリでオリ変が輝いたのはSA育成最盛期である、覇堂配信ちょっと前。 ただあれも思えば目的は総変13に持っていく必要経験点を大幅に軽減出来たということなのだよな。 ちなみに前から言っているがサクスペはアプリより変化球に必要な経験点がずっと低い。 全然違う話に見えるが、根っこの部分には似たようなものがあるね。 ランク査定だとこうなってはいないのだよな。 ただ総合力ではそうなっていて、だとすると査定が高い奪三振や球持ちの上位能力は総合力的には弱い部類に入ることになる。 450丸々の査定がある、それだけ査定が伸ばせるというのは、SRイベキャラとしての最大の強みと言っていいかもしれない。 この間のあかつき守の紹介でも同じようなことを書いたね。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 何の話をしていたか忘れてしまった。 オリ変無しで4球種総変14まで持っていき、単独査定の高い金特を複数つけることが、総合力の理想である。 また、それを意識したデッキ作りの理想である。 こういうことであろうな。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ で、なぜミサカ氏の投手を見てこれを書こうと思ったかというと、あの選手なんとスタドラ失敗しているのである。 それでも4球種総変15まで持っていけてしまっているのだな。 むろんね、デッキの組み方が悪いとかキャラの選び方を間違っているとか上から目線のことを言っているわけではないよ。 星井はコンコツがあるし試合経験点もあるから、かなり貢献しているのは分かるし、前変化で他に代わりがいるのかと言ったらいない。 ミサカ氏が何度もやるうちに行き着いたデッキに雑魚の余が口出し出来るわけがない。 しかし事実としては、 星井の失敗は査定的にゼロ、この選手の場合成功しても大して伸びない。 経験点が浮くぶん査定が伸びるという主張もあるであろうが、総変14以上は査定は伸びないし、浮いたぶんの変化点の捌け口が一体どこにあるというのか? むしろ、どこかの能力を削ってでも、金特1つ増えたほうが査定的には伸びる。 お菓子氏の言いたいことはつまるところこういうことだと思われる。 なんとなく気が向いたので書いておいた。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 以上適当に書いてきたが、現状大半のサクスペユーザーには関係のない話だと思われる。 4球種の総変14に持っていくのはイベキャラが揃っていないと簡単なことではない。 オリ変の手を借りてそこを目指すほうが効率的である。 そもそも、そこまで突き詰めて総合力を考えなくともクラス維持は容易であり、関心を持つ必要がないことでもあると思う。 余は最近3球種ばかり作っているけれども、特に困らんしな。 断っておくが、余は誰を批判するつもりでもないので誤解なきように頼むぞ。 総合力を追い求めるのもサクスペのおもしろさだし、総合力を必要以上に上げず好みの選手を作るのもサクスペのおもしろさである。 スポンサーリンク.

次の