イラスト 上手く。 絵が上達するには?確実な練習法4つを紹介【イラスト初心者向け】|お絵かき図鑑

初心者の「なぜか上手く描けない」を解決!顔の描き方テクニック

イラスト 上手く

1日で絵が上手くなる方法とは 絵が上達するには技術系と知識系の2つがあります。 技術系とは何回も何回も練習してようやく身につくものです。 例えば線もその一つですね。 最初はよちよちで何回も何回も修正してようやく引けていた線ですが、慣れてくるとビシッと一発で綺麗な線が引けるようになってきます。 これが技術系の特徴です。 またデッサンも技術ですので何回も何回も練習すれば上手くなっていきます。 これは何回も描くことによって脳の見方が変化していき、正しい物を徐々に描くことが出来るようになってきます。 先に目が上達してそのあとに技術が追いついてくるのです。 これが技術系の練習です。 それに対して知識系の技術があります。 知識があればそれだけで絵が上達するというのが知識系の特徴です。 つまり学んで覚えさえすれば絵が上手くなるんですね。 なんと夢のようなものでしょうか。 ぜひそれを覚えておいた方が良いでしょうし、覚えない手はありません。 1日で絵が上手くなる方法 その1 透視図法を覚え、活用する。 例えば下の四角、これは平面と立体的な四角です。 正面から見た四角は情報量も少なくあまりパッとしません。 しかし ちょっと工夫してあげれば立体的になり上手くなったように見えます。 つまり遠近法を利用して立体感をつけてあげれば絵が上手くなったように見えるのです。 これはキャラクターでも全く同じです。 若干パースをつけてあげると絵が上手くなったように見えます。 これは利用しない手はありませんね。 現在活躍しているイラストレーターさんは、このパースを勉強しているので絵が上手く見えるといっても過言ではないでしょう。 まずは遠近法の基本である1点透視図法、2点透視図法を勉強しましょう。 これさえ覚えればほとんどの絵に対応出来ます。 そして3点透視図法も覚えると極端なカメラ位置のアオリや俯瞰も描けるようになります。 1日で絵が上手くなる方法 その2 アタリの取り方を覚える 描く前に道しるべになる「アタリ」をとる勉強をしましょう。 アタリを取れば意図的に同じバランスにしたり逆に崩したキャラクターを描いたりと自由自在に出来るようになります。 また手の関節などの知識を得るとやはり描くイラストが変化します。 顔のアタリを取る 手のアタリを取る 1日で絵が上手くなる方法 その3 ソフトを変えてみる ソフトを変えることは意外に思うところですが、自分の描き方や画風を見直す良いチャンスになる可能性があります。 例えば今までは〇〇ソフトのペンブラシを使っていたけど、今回は別のソフトのペンブラシや鉛筆ブラシを使って見るのです。 そしたら描き心地が違うことに気づくでしょう。 もしかしたら、画風に変化が生まれて別の描き方を習得できるかも知れません。 これはiPadなどのアプリではより顕著になると思います。 iPadのアプリは安いですしね。 1日で絵が上手くなる方法 その4 イラスト集など好きなイラストレーターさんの画集を買って練習してみる 自分の好きなイラストレーターさんの画集を買うとモチベーションが上がりますよね。 ワクワクします。 そして絵柄を参考にして絵を描いてみましょう。 上手いイラストレーターさんの絵柄であれば短時間で上達すると思います。 1日で絵が上手くなる方法 その5 描く環境を変える。 描く環境を変えるのも一つの方法です。 今まで一人で描いていたのなら思い切って人が多くいるところで描いて見るのです。 カフェや図書館などですね。 人に見られていると思うといつも以上に力が出ることもよくあることです。 また、絵の上手い人たちに混じって描くのも良い方法です。 1日で絵が上手くなる方法 その6 色の彩度を抑える 初心者が陥るミスとしては、着彩して仕上げた際にやたらと彩度を高くしてしまう人がいます。 たしかに彩度をあげるとゴージャスになるし、いかにもアニメやゲームっぽくなります。 しかしこれは初心者に陥りやすいミスの一つ。 何でもかんでも彩度を上げれば良いというものではありません。 彩度を上げると子供っぽくなるし、落ち着かない印象になりがちです。 上手く目的と合わせて使用しなければなりません。 試しに彩度を落としてみてください。 特に大人っぽく落ち着いた絵にしたい場合は効果的です。 彩度が高い場合より上手く見えるはずです。 1日で絵が上手くなる方法 その7 構図を勉強する 知識系で忘れてはならないのが構図ですね。 構図をまったく勉強したことが無ければ1日で上手くなるチャンス。 構図には様々なバリエーションがあり、それを覚えておくだけでもラフ作成の時におおいに役に立つことでしょう。 代表的な三分割法や三角、逆三角構図、斜め構図、対比、シンメトリー、黄金比、放射状構図などなど様々あります。 ひとつずつ覚えていき実践で使えるようになりましょう。 逆にこれをやってもすぐに上手くならない方法 マシンスペックをあげる 機材を揃えることは最低限必要なことです。 それは絵を描く人にとっては必要最低限の投資です。 しかし、すでに描く環境を整えている場合。 無駄にマシンスペックや高級機材を導入してもすぐにうまくなるわけではありません。 無理して練習する 期限があるものを仕上げるためなら別ですが、徹夜して練習しても効率が悪いでしょう。 練習するならしっかりと睡眠を取った上で練習する方が技術も知識も定着しやすいです。 無理に徹夜してまでやっても意識が朦朧として上手く覚えることが出来なくなります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 1日で上手くなる。 それは絵描きにとっては夢のようなものでしょう。 ただ、たった1日と言ってもやはり努力なしでは上手くなりません。 しかし、絵は描いてなんぼという見方を少しでも変えることが出来れば少しは工夫することに頭を使うことも考えるキッカケになるのではないかと思います。 ぜひ1日で絵が上手くなる方法。 考えてみてください。 運営者 SHIMA メインはオンラインイラスト教室の講師。 デザインの受注などをやっております。 イラストやカメラ、旅行が何よりも大好き。 出身は鹿児島県。 カテゴリー• 267•

次の

イラストを上手く見せる6つの方法【簡単にあなたの絵が上手くなる】

イラスト 上手く

絵は練習なくして上達なし 絵は練習なくして上達することはありません。 あの人気イラストレーターだって、最初から上手いのではありません。 練習を長年積み重ねてきた結果として、イラストが上達したのです。 できれば毎日絵の練習を 絵の上達のためには、1日1枚でもいいので、毎日コツコツと描き続けることが大切です。 毎日練習することによって、イラストが上達するだけでなく、完成させるために大切な忍耐力を身につけられます。 また、毎日同じ絵を描くのではなく、自分なりの小さな課題を決めて描くと、より上達します。 例えば「今日は手を描く練習をする」「今日は足を上手く描けるようになる」など、パーツごとに上手くなることを目標にしてみましょう。 途中で投げ出さない イラストを描き始めたら、最後までしっかりと描き上げましょう。 苦手なパーツなどが上手に描けないからといって途中で投げ出してしまうと、結局苦手な部分の練習ができず、ずっと苦手なままになってしまいます。 苦手な部分も「なぜ上手く描けないか」という理由を考えながら、繰り返し練習することで、上達していきます。 イラスト初心者は上手く描くことよりも、全体を最後まで描き終えることを、まず目標にするとよいでしょう。 絵の初心者でも上達しやすいオススメの練習法4つ 絵を描き始めたばかりの初心者は、まずお手本となるイラストを真似して描くことや、人体の基本的な構造を学ぶことから始めるとよいでしょう。 ここでは、初心者におすすめの練習方法を4つ紹介します。 他者の絵のトレース トレースとは、参考とするイラストの上にトレース用の紙を重ねるなどの方法で、上からなぞって描いて複写する練習方法です。 トレースによって、イラストの描き方の工程や線の引き方など、初歩的なステップを学べます。 模写 模写は、参考となるイラストをよく観察して、別の紙にそっくりに描き写すことです。 トレースのようになぞるのではなく、自力で描きます。 参考となるイラストをじっくりと観察しながら描くので、観察力や全体のバランスを把握する力をつけられます。 また、パーツごとの描き方なども学べます。 人体の構造を勉強する イラストで人物を描く際には、まず人体の構造を勉強し、理解することが大切です。 骨格・筋肉・関節を意識しながら描いたイラストは、立体感がでるだけでなく、リアルで説得力があります。 人体全てをくまなく学ぶ必要はありませんが、最低でも骨格と筋肉、関節の動き方などは勉強しておきましょう。 アプリやサイトを活用 自己流でイラストを練習するだけでなく、アプリやイラスト解説のサイトを活用して勉強するのも1つです。 3Dグラフィックの人形などを表示できるアプリを使えば、スマホなどを使って、いつでもどこでも絵の練習ができます。 イラストの描き方を解説したアプリやサイトも、いつでも参照できますので、空き時間などを活用してイラストの勉強をするのに最適です。 これら4つの絵の練習方法について、以下で詳しく紹介します。 絵のトレースは線の引き方が学べる上達方法 トレースはイラストの基本である線の引き方を学べる方法。 線を上手に描けない人は、トレースで線を引くことに慣れましょう。 ここでは、トレースのやり方と、注意点について解説します。 デジタルでのトレースの手順は、下記のとおりです。 トレーシングペーパーとは、薄い半透明のトレース専用の紙のことで、最近では100円ショップなどでも販売されています。 トレース台とはライトが付いているトレース専用の台のことで、ライトボックスとも呼ばれています。 トレーシングペーパーを使ってトレースする手順は、下記のとおりです。 トレースするイラストを用意する トレーシングペーパーをイラストの上に置いて、鉛筆などでイラストをなぞる この後さらに、鉛筆で黒く塗りつぶしたトレーシングペーパーを使って、トレースした線を別の紙に転写させる場合もあります。 しかしそれは、トレーシングペーパーではない他の紙にトレースする必要があるときのための手順なので、線を引く練習としてはこれで十分です。 トレース台を使用した手順は、下記のとおりです。 トレースするイラストをトレース台にのせる コピー用紙をイラストの上にのせて固定する トレース台のライトをつけて、鉛筆などでイラストをなぞる トレーシングペーパーを使用するよりも、トレースが簡単に行えるのが特徴です。 また、コピー用紙に直接描けるので、色を塗ることもできます。 まずトレースは、イラストの描き方の練習の基本ですが、トレースばかりしていても絵は上達しません。 トレースはあくまでも初心者がきれいな線の引き方を学ぶための練習方法です。 トレースで練習する際にも、ただ線をなぞるだけではなく、イラストのテクニックをしっかりと観察しながらなぞるように心がけましょう。 トレースしたものを公開したり、配布したりすると著作権の侵害になるので注意が必要です。 他者のイラストの一部のみをトレースしたものでも著作権の侵害になる可能性があるので、トレースをした作品の取り扱いには気をつけましょう。 模写は絵の上達に効果的 模写は、絵の上達に効果的な練習方法です。 しかし何も考えずに模写するのではなく、よく観察し、分析しながら模写しましょう。 模写練習のメリットには、観察力がつくこと、短期間で技術を身につけられることがあります。 参考にするイラストの線の描き方・パーツの比率・位置・バランスをよく観察し、頭で考えながら描くことで、観察力が身につきます。 プロの絵のバランスの取り方・線の引き方・表現力などの技術を吸収するようによく分析しながら描くようにしましょう。 自己流で練習するよりも短期間に、絵が上達します。 自分の好きな作品を選ぶと模写を楽しめる 模写をする作品は、お手本にしたい作品を自由に選ぶことができます。 特に、自分のお気に入りの作品や、目標としている作家などを選ぶと、楽しく模写することができます。 楽しく描くことで、モチベーションの維持につながり、練習を続けていくことができます。 トレースと模写は似て非なるもの トレースと模写はどちらも参考となるイラストを使う練習方法ですが、似て非なるものです。 トレースと模写の違いは下記の表のとおりです。 トレース 模写 元のイラストをなぞる 元のイラストを観察しながら自力で描く 元のイラストと同じように描くのが簡単 元のイラストと同じように描くのが難しい 線を引く練習になるだけ 観察力や技術が身につく トレースは簡単な分「線を引く練習」にしかなりませんので、絵が上手くなる効果はほとんどありません。 模写の練習は観察力が身につき、プロの技術を吸収できるので、絵の上達に効果的な練習方法です。 人体構造を知ると自然な動きを表現できる 人体構造を知ると、自然な人の動きやポーズを表現できます。 ここでは、イラストにおける人体構造のポイントと、人体構造を学べるおすすめの本を紹介します。 ポイントは「骨・関節・筋肉」 イラスト上達のために、人体構造すべてを理解する必要はありません。 ポイントは「骨・関節・筋肉」です。 骨は、イラストのバランスを考えるために重要な部分です。 骨を理解することによって、体のパーツの長さや、大きさの比率を理解できます。 人間の関節が、どこまで曲がるのかを理解することで、関節が曲がりすぎた絵や、手足が変な方向を向いた絵など、不自然な絵を描くことを避けられます。 また、筋肉のつき方を理解することで、自然なボディラインを描くことができますから、リアルな絵を描くことができるようになります。 人体構造について学べるおすすめ本 イラスト初心者にとって、人体構造は、とても複雑なので何から学べばよいのか分からない人も多くいます。 そんな時は、人体構造の解説本を参考にするのも1つです。 イラストにおける人体構造を学ぶ場合には、美術用の本がおすすめです。 ここでは、初めてイラストを描く人でも分かりやすく、人体構造を学べるおすすめの本を1冊紹介します。 やさしい美術解剖図 『やさしい美術解剖図』は、イラスト初心者が人物を描く際にどのように描けば人間らしく描けるのかということを人体構造から学べる本です。 この本は、体の部位別に「構造図「と「骨・筋肉」の項目に分けて、分かりやすく解説しています。 構造図の項目では、骨と筋肉の働き・構成比・バランスなどが学べます。 また、骨・筋肉の項目では色々なアングルからの骨と筋肉のイラストを使った解説が載っています。 この1冊で、イラストに役立つ人体構造を理解できます。 アプリやサイトはイラスト練習に役立つ 3Dグラフィックで人体構造が学べるアプリや、イラスト解説のサイトを上手に活用することによって、効率的にイラストの練習ができます。 ここでは、絵の上達に役立つ、おすすめのアプリとサイトを紹介します。 女性用・男性用と2種類のアプリがあります。 女性と男性では体型が異なるため、女性と男性の描き分けの勉強もできます。 画面上に表示された3Dモデルを自由自在に動かして、自分の練習したいポーズに設定します。 アングルアイコンをタップすることで、色々なアングルに変更できます。 また光源機能によって、3Dモデルに光を当てる角度を変更できます。 拡大縮小も簡単です。 全身のグラフィックでは分かりにくい頭部の細かい部分や、手足の指の細部などを練習できます。 指の形は自由に変更できるので、描きたい絵に合わせて設定できます。 人間だけでなく、動物の3Dグラフィックまであるので、様々な絵の参考になります。 基本から応用まで学べるおすすめ学習サイト インターネット上にあるイラスト学習サイトも、イラストの練習に役立ちます。 サイトを見れば自分の好きな時間に学習できるので、仕事をしている人や、時間が無い人でも気軽にイラストの勉強を始められます。 ここでは、基本から応用まで幅広い情報を扱っている、おすすめのイラスト学習サイトを紹介します。 オンライン講座「Palmie パルミー 」 「Palmie」は、イラストの基本から応用まで分かりやすく学べるイラスト学習サイトです。 有料と無料の講座があり、有料講座では、プロのクリエイターが講師の授業を、オンラインで受講できます。 イラストの描き方の動画もあり、何度でも分からない部分を再生できるので、苦手な部分の練習にも最適です。 有料コースは月謝制と、受講講座ごとに購入する方法の2つのパターンから選べます。 月謝制の場合は、対象となる講座のすべての受講が可能です。 無料講座では、顔や身体の描き方、構図の取り方などイラストの基本となる描き方の講座が揃っています。 練習用ドリルならもっと気軽に取り組める 初めてイラストを描く人は、イラストの練習用ドリルを使うと、気軽にイラスト練習に取り組めます。 イラストの練習用ドリルとは、子供のころ使ったひらがなや漢字の学習ドリルのようなものです。 描きこみ式タイプなので、練習方法がとても簡単です。 簡単な図形の描き方から人物の描き方まで、イラストの基本の描き方を、順序立てて学ぶことができるようになっています。 そのため、イラストの工程を知らなくても、最初のページから最後のページまで順番に描きこんでいくだけで、イラストの練習が手軽にできます。 かわいい絵が描けるようになる 練習用ドリルは、リアルなイラスト用のものではなく、ゆるキャラのような、かわいいイラスト用のものが多いのが特徴です。 ドリルをなぞって描いていくだけで、誰もがかわいいイラストを短期間で描けるようになります。 楽しみながら練習できる イラストの練習は続けることが大切なので、楽しみながらできるが一番。 イラスト練習用のドリルは、楽しみながら練習ができるのがメリット。 項目ごと、手順ごとに1ページずつ描きこんでいくだけなので、無理なく楽しく練習できます。 また、自分の描きたいジャンルのものを選べば、いっそう楽しく練習できます。 大人の女性向けおすすめドリル 手紙やカードなどにイラストが描けるようになりたい大人の女性向けに、おすすめのドリルを1冊紹介します。 大人かわいいイラスト練習帳 『大人かわいいイラスト練習帳』は、手帳やメモ・手紙などに使える、かわいいイラストを描けるようになるドリルです。 手順に沿って、なぞって描くだけで、センスがよくかわいいイラストを簡単に描けるようになります。 簡単な図形の描き方や色の塗り方、模様の描き方などの基本から始まり、イラストを完成させるための手順やイラストのデザインの仕方などを学べる内容です。 また、人物イラストの項目もあり、顔の描き方から男女の描き分けまで詳しく練習できます。

次の

イラストがうまくなる7つの練習方法

イラスト 上手く

中学生から絵を描くのは早いくらい 結論から言いますと中学生からスタートはめっちゃくちゃ早いです! 絵を描く環境が沢山そろってる現代ですし 将来性抜群。 この考えですと小学生からのほうが良いってことになってしまいますね。 では今現在で大人になっている人は遅いのでしょうか? そんなことはありません。 小学生から描いている人でも毎日かかさず描いてる人は一握りです。 大人が回数で上回るにはとにかく描く量を増やすしかないでしょう。 そして 知識で勝ってる大人は上手くなる方法を簡潔にみつけだすことができます。 これら総合的にみると、中学生も大人も上達していくのに上手く均衡が取れているんじゃないでしょうか。 いや、そう思わないと大きな壁に潰されちゃいそうなので 笑 これから先も絵を描くって行為が残っているのかは分かりません。 もしかしたら頭の中で描いている画面を、全自動で絵にしてくれるマシンとか出ているのかも。 ですが少なくとも今の中学生が成人になるまでは、そのようなドラ〇もんマシンは無いでしょう。 方法を見ていきましょう。 上手い絵の模写 すでに多くのお絵描きさんが実践していますよね。 若いうちから間違えた常識を生まないようにするためです。 上手い人の模写をしていれば自然と 絵における常識を身につけることができます。 例に挙げると、服のしわの入り方や肩の広さなどです。 時代によって絵の常識も変わりますが、基本を知った上で変化を出していかなければなりません。 いつまでも模写だけをしていかないようにしましょう。 ある程度まで模写をしたら自分で描いていくようにしましょうね。 友達に観てもらおう 自分での感性なんて一億人以上いるうちの一人だけです。 ただ趣味で描いていて自己満足で済ませるのならそれでいいでしょう。 しかし人より絵が上手くなりたいと思っているのなら、沢山の人に観てもらい評価してもらうべきですね。 上手いかどうかは人が決めるものです。 いわゆる神絵師さんと呼ばれている人も、周りから評価された結果で呼ばれています。 色んな人に自分の絵を見てもらって、意見に耳を傾け直していきましょう。 これを繰り返していれば人から好かれる絵になっていきます。 そして模写でも書いたように、今度は少しずつオリジナルに改造してきます。 これにて人から好かれる絵+オリジナル絵の完成です。 ですがそれは運が大きく影響しています。 上記のことを実践して少しでも成功する確率を上げていきましょう! 以上、ここまで読んでくださりありがとうございました。

次の