麒麟 が 来る 徳川 家康。 麒麟がくる:2020年大河ドラマ新キャスト発表 風間俊介が家康役 尾野真千子、向井理、伊吹吾郎も

徳川家康と駒の関係は?菊丸にライバル出現か!麒麟がくる三角関係の予感

麒麟 が 来る 徳川 家康

きょう31日に放送されるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』 毎週日曜20:00~ の第20回に、風間俊介演じる松平元康 徳川家康 が初登場する。 松平元康 徳川家康 役の風間俊介 風間演じる松平元康 徳川家康 は、徳川幕府の創始者。 幼少時より、駿河の今川と尾張の織田の間で人質となり、母と離れて孤独な子ども時代を過ごす。 桶狭間の戦いで今川方として参戦するも敗退。 のちに今川から独立し、三河の戦国大名として織田信長と同盟を結ぶ。 風間は「『麒麟がくる』の制作が決まったとき、一視聴者としてとても楽しみにしていたのですが、徳川家康役で出演が決まったと聞いて、大変驚きました。 大河ドラマ出演は、『西郷どん』以来2作目ですが、大河ドラマへの憧れが強すぎるせいか、未だにドキドキして、緊張し続けています」と心境を告白。 演じる家康について、「ひとつの固定したイメージだけで描かれるわけではなく、作品の視点によって描かれ方が全く異なりますので、とても多面的で面白い人物だと思います。 現代から見た家康は、徳川幕府を開いた人物であり、たぬきであり、すごい人というイメージですけど、これはあくまで晩年の家康のイメージです。 今演じている元康は、まだ何者でもないですし、立場が弱い武将ですから、晩年の家康からは逆算して考えないようにしています。 晩年の家康に至るまでは何十年もかかりますし、小さい頃からそのイメージのまま、ということはありませんので、みなさんの持っている家康のイメージから、ギャップが出ればいいなと思っています」と語る。 そして、「『麒麟がくる』のストーリーの中では、徳川家康は竹千代として既に登場しています。 竹千代が僕に変わるということは、他のキャラクターもそれだけ時間を積み重ねてきていますので、『こんなに時間が経ったんだ』と、時の流れを感じていただけるのではないかと思います」と述べ、「また、松平元康が登場するということは、歴史が大きく動く瞬間でもあります。 それぞれの武将の勢力図も変わっていきますので、ここからさらに面白くなると思います。 家康だけではなく、この時代の大きくうごめく流れが変わる瞬間に、みなさん是非一緒に立ち会っていただきたいと思います」とメッセージ。 「今後シーンとしてあるかどうか分かりませんが、光秀と一緒に干し柿を食べるシーンをやりたいですね 笑 」と希望した。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

【麒麟がくる】風間俊介の徳川家康、ビジュアル公開

麒麟 が 来る 徳川 家康

俳優の長谷川博己さん主演で、2020年に放送されるNHKの大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の新たな出演者が8月7日、発表された。 風間俊介さん、尾野真千子さん、向井理さん、伊吹吾郎さんが出演する。 風間さんは徳川幕府の創始者・徳川家康役、尾野さんは旅芸人の女座長の娘・伊呂波太夫(いろはだゆう)役、向井さんは室町幕府第13代将軍・足利義輝役、伊吹さんは東海最強の戦国大名である今川義元の軍師・太原雪斎(たいげん・せっさい)役で出演。 伊呂波太夫は、架空の人物となる。 「麒麟がくる」は、安土桃山時代の武将・明智光秀が主人公。 1991年放送の「太平記」を手がけた池端俊策さんによるオリジナルで、大河ドラマの原点に戻り、戦国初期の群雄割拠の戦乱のなか、各地の英傑たちが天下を狙って、命をかけ愛をかけて戦う、戦国のビギニングにして「一大叙事詩」になる。 私怨により本能寺で織田信長を討った謀反人のイメージを覆す、勇猛果敢かつ理知的な天才・明智光秀を、史料がほとんど残っていない20代の青春時代から描写。 また、革新的な「魔王」のイメージが強い光秀の主君・信長についても、最近の研究で見直されている保守的かつ中世的な側面も強調し、父の信秀から実直に受け継いだ財政面、経営面での才覚も描く。 さらに親子2代で美濃を乗っ取ったという説に基づく斎藤道三、反織田勢力を自由自在に操り、室町幕府の再興をなそうとする権謀術数に長(た)けた第15代将軍足利義昭や、若く野心にあふれる細川藤孝、松永久秀、今川義元など、一癖も二癖もある群雄たちが、戦国時代を舞台に、縦横無尽に活躍する内容になるという。 大河ドラマは現在「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が放送中で、「麒麟がくる」は2020年1月スタートを予定。 歴史上、数々の偉人がいますが、その中でも徳川家康を演じさせていただける日が来るとは。 家康は、ある作品では温厚な人格者、ある作品では狡猾(こうかつ)で残虐な男と、今も多面的にとらえられている人物なので、今回どのように描かれるのか、どのように演じられるか、今から楽しみです。 考えれば考えるほど体と心が震えますが、これは武者震いです。 大きく息を吸い、この震えが治まった時、家康のように広い目を持って撮影に挑みたいと思います。 伊呂波太夫のテーマカラーは七色。 私も元気に、色鮮やかに舞えるよう、頑張ります。 着物や所作、話し方など本当にゼロから教えていただき、とても深く覚えています。 それからドラマや映画、舞台などで時代劇に出演させていただくようになりました。 また、今回の脚本の池端先生には以前「そろばん侍」というドラマでお世話になっております。 ある意味自分にとっての時代劇の原点である大河ドラマに参加できること。 そして池端先生の脚本に参加できること。 あの時の恩返しができればという思いです。 この大河ドラマの一助となれば幸いです。 この度、賜りましたお役、太原雪斎は、今川義元の参謀と周知された人物。 スタッフの皆さんと、心を合わせ力一杯演じさせていただきます。 また、久しぶりの大河ドラマ出演に、心持ち熱く、一人でも多くの方に、ご覧いただきたいと思います。

次の

麒麟が来るを見てます

麒麟 が 来る 徳川 家康

麒麟がくる第20話あらすじネタバレ「家康への文」 十兵衛()が、越前に戻ると赤子が生まれていました。 しかし、十兵衛の耳には尾張に行かせていた左馬之助()が突然帰ってきました。 そして、尾張がもうすぐ三河の今川に攻められるといいます。 尾張の東は、今川の出城となっていていつ攻められるかわからない状況というのです。 また、三河には信秀の人質となっていた竹千代()が元服して元信(・)と改名して初陣を果たしていました。 そのころ三河では、駒()が元信はもうすぐ戦に行ってくることを知っていて帰り道偶然元信と出会います。 そして、次はまた生きてこちらに帰ってるように丸薬を元信に渡します。 駒を支えている東庵(堺正章)は、今川義元()に呼ばれ今川館に行きます。 義元は、針治療を受けたいといってるのです。 しかし、目的は違い元信はどのような動きをしているか?裏切られたら困るので一諸にいる 東庵に聞いたのでした。 同年五月今川軍は、義元を大将とする25000の大軍で尾張を攻めに行きます。 信長()は、その話を聞いており帰蝶()がいる部屋に行きます。 すると、帰蝶は熱田宮に行くといい仕度をします。 刈谷城にいる竹千代の母・於大の方(松本若菜)と叔父・水野信元()を呼 んでいるといいました。

次の