江ノ島 隠れ 小屋。 知ってる?江ノ島デートで見落としがちな穴場スポット22選

【江ノ島小屋のメニュー】

江ノ島 隠れ 小屋

江ノ島の夜景を楽しむ 綺麗な夕日が落ちると、今度は灯台や港の灯りがライトアップされ、また一段とムードが出てくる江ノ島の夜の顔。 すっかり日が落ちて 港の夜景が綺麗にライトアップ こんな素敵な夜景にぴったりの場所で食事をしに行きましょう。 いつも行列がいっぱいの【江ノ島小屋】 今回紹介するのは地魚料理の人気店【江ノ島小屋】です。 TVで何度か紹介されたこともあり、いつも店内は満席で外にも行列が出来ています。 土日の食事時は1時間待ちが基本です。 なんとかこの行列も回避したいところです。 【江ノ島小屋】のメインフロアーは1階で、デッキ席とテーブル席合わせて40席ほどあります。 通常はこの1階に通されるのですが、混雑時や待ち時間に2階席を提案されることがあります。 今回はこの2階をあえて選びます。 店員さんに「2階がいい」と伝えましょう。 2階はムード満点なカウンター席 2階は10名程度の席が一列に並ぶカウンター席しかありません。 それもテラスのような形で屋外に配置されています。 2階を外から見るとこんな感じです。 海に向かって横一列にカウンター席があるだけ。 江ノ島小屋の2階席 ここがまあ薄暗くてムーディーなんです! こんな薄暗いカウンター席 テーブルの小さな照明と港灯りがとてもいい感じです。 夜景が超綺麗! なんだかオーセンティックバーにでも来ているようです。 外だから潮風も心地よくお酒も進んでしまいそう。 夜景を眺めながらお酒を料理をいただく この2階席は1階よりも若干メニュー数が減りますが、美味しい人気どころはちゃんと揃っています。 まずはビールで乾杯です。 夜景を眺めながらゆくり頂きます。 ビールで乾杯 続いて自慢の魚料理。 なめろう 秋さんまの塩焼き 見てお分かりの通り、薄暗い中で料理もほのかにライトアップされとてもムーディーに見えます。 江ノ島で「ムーディー」という言葉がこんなに出てくるなんて! お酒もビール・日本酒・カクテルなど各種あるので、バーとして使うのもありです。 こんな洒落た洋風メニューもあります。 タコのアヒージョ まとめ 人気店【江ノ島小屋】の2階に行ってみましょう。

次の

地魚が旨い【江ノ島小屋】2階は雰囲気がいい隠れ家バーみたい

江ノ島 隠れ 小屋

江ノ島デートでおすすめの穴場観光スポット 江の島アイランドスパ 平均滞在時間 2時間〜 営業時間 10:00〜22:00 料金 一日券(大人):2,750円 18時以降(大人):1,650円 住所 弁財天仲見世通りにある江の島アイランドスパは、天然温泉に入れることでも知られています。 温泉だけじゃなく水着て入るオーシャンビューのプールもあり、 デートで訪れても楽しめる最高のスパ施設です。 ひととおり江ノ島散策が終わったら汗を流しに休憩に来るのはどうでしょう? 湘南の海に沈む夕日や富士山がロマンチックに見渡せる露天プール、滝が流れ落ちる露天泉、音と光と水による幻想的なウォーターパールショー、心地いいアロマの香りに包まれながらリラックスできる洞窟サウナなど数多くのスパが飽きることなく楽しめます。 館内には食事処もあるので江ノ島デートの締めにはぴったりだと思いますよ。 江ノ島ヨットハウス 平均滞在時間 30分 営業時間 8:00〜18:00 料金 無料 住所 江ノ島のメインストリートから外れたところにある特徴的な形の建物が『ヨットハウス』です。 2014年に新しくなったばかりなのでとてもきれいで、開放的でモダンなデザインが印象的です。 このヨットハウスの屋上は展望台として開放されていますので、混雑しない空いてるデートスポットとして密かに人気です。 館内には『Cafe とびっちょ』もありますので、江ノ島デートに疲れたら寄ってみてください。 サザエ島 平均滞在時間 20分〜 営業時間 24時間 料金 無料 住所 ヨットハウスの裏側からウッドデッキを歩いていくと『さざえ島』があります。 普通に歩いてると見逃してしまいそうな場所にあるので、 人もあまりいなく、のんびり静かに海を眺められる場所です。 人工のタイドプールがあり、海の生物も間近でみることができますよ。 江ノ島デートと行ったら観光して、食べて歩き回るのも楽しいけど、こういうところで過ごすのも素敵なデートですよね。 湘南港灯台 平均滞在時間 30分〜 営業時間 24時間 料金 無料 住所 江ノ島デートで海風に吹かれながらゆっくりしたい時に行って欲しいのが湘南大堤防にある『湘南港灯台』です。 江ノ島橋を渡っている時に左手に見える白い灯台なので目にしたことがある人も多いのではないでしょうか? 江ノ島中心から少し離れた場所にあり、休日でも空いている穴場で、釣りをするファミリー層に人気の場所です。 が、しかし釣り人がいるところから一段上がった所の灯台のふもとは海から高い位置にあるので釣り人がおらず、ベンチも置いてあるので休憩するのにぴったり。 綺麗に板張りで整備されていて、遠くの海に浮かぶヨットを見てベンチで休憩するのも素敵。 そして足ツボの道もあるので盛り上がるはず! 江ノ島の入り口から少し遠いからこその穴場ですね。 西浦漁港 平均滞在時間 20分 営業時間 24時間 料金 無料 住所 『西浦漁港』は知る人ぞ知る江ノ島の穴場デートスポットです。 江ノ島島内に唯一の漁港で、ここからは 富士山、そして 湘南の海から小田原にかけての景色を見ることが出来ます。 弁財天仲見世通りの小道の先にある『西浦漁港』ですが、その通り道にある唐揚げ屋『 torico』も穴場の食べ歩きグルメスポットです。 『torico』で唐揚げを買って、『西浦漁港』で食べるのがいいかもしれません。 夕暮れ時に来るとなおロマンチックな雰囲気を楽しむことが出来ますよ。 わかりにくいのでマップで確認しながら行ってみてください。 下道 平均滞在時間 30分〜1時間 営業時間 24時間 料金 無料 住所(入り口) 弁財天仲見世通りから江島神社へ向かう階段を上がる手前を右にそれて進むと『下道』と呼ばれる裏道に続きます。 車やバイクも通れる車道でもある道ですが、 この道からしか見られない江ノ島の絶景を楽しむこともできます。 行きはメインの通りを通って上り、帰りはこの下道で帰ってくるというのもできますので、 飽きずに江ノ島デートを楽しむことが出来ます。 下道の小さな神社が点在しており、そこをお参りをしながら巡るのもまた違った楽しみ方ですね。 児玉神社 平均滞在時間 20分 営業時間 24時間 料金 無料 住所 児玉神社は境内は静まり返り、哀愁のある雰囲気が漂っています。 エスカーの入口の脇を登っていった先にある参道を進んでいくと、狭く緑があふれる道が続きます。 地元民でも知らない人が多く、これぞ穴場。 江ノ島の喧騒から離れたいときは児玉神社に向かってみても良いかもしれません。 ちなみに児玉神社にある銀杏の樹齢は200年以上だとか。 亀ヶ岡広場 平均滞在時間 30分〜 営業時間 24時間 料金 無料 住所 サムエルコッキング苑の入り口がある亀ヶ岡広場は歩き疲れたときに休憩するのにぴったり。 無料の展望台もあり、沈みゆく夕日やライトアップされたシーキャンドルを間近で楽しめるのは亀ヶ岡広場だけです。 カフェなども複数あり、 タコせんべいもありますので、まだ食べてなかったらここで食べてみてください。 江ノ島大師 平均滞在時間 20分〜 営業時間 9:00〜18:00 料金 無料 住所 え、これ入っていいの?初めて行ったときに思ったのは私だけじゃないはず。 江ノ島の高台にあるお寺で、真っ赤で大きい仁王像が入り口を見張っています。 そのせいか人は全くいません。 しかし中には立派な御本尊があるので一見の価値あり。 ちょっと変わった江ノ島デートの寄り道として、行ってみても良いかもしれません。 抜群の外観、内装と美味しい料理でデートにおすすめ!予約なしでも入れることが多いのも人気の理由です。 湘南のシラスとガーリック、色とりどりの野菜をフォカッチャにトッピングした『 江ノ島レインボーフォカッチャ』1500円や、カラフルな貝がトッピングされた生パスタの『 マーメイドスパゲッティ』1500円など、見た目も味も最高! 『江ノ島レインボーフォカッチャ』1500円 『マーメイドスパゲッティ』1500円 さらに夜にはテラス席から夜景も見られるので、インスタでも人気のお店です。 全面ガラス張りの窓際の席は夜になるとライトアップされる江ノ島シーキャンドルが一望できます。 ロケーションだけではなく、オシャレなお店なのにボリュームのある美味しい料理も魅力の一つ。 大きなハンバーグと目玉焼きが乗った『ロコモコ』1620円が人気です。 江ノ島の入り口にひっそりと構える『江ノ島小屋』 メインはやっぱり地元の魚料理が人気。 『小屋』なんて聞くとデートとは合わない気がしますが、そんなことありません。 オシャレな山小屋のような店内からは湘南の海を眺められるのも魅力。 一番人気の『まかない丼』1,480円は、新鮮な魚数種のなめろうに秘伝のゴマだれがかかった一品。 『まかない丼』1,480円 朝8時から夜22時まで営業してるので、カジュアルな朝ごはんにもぴったりです。 一階でお茶を飲むだけでも良いですし、 2階の席からは江ノ島の夜景やサンセットを眺めることもできます。 ゆるい感じの店内は気取らないデートにぴったりです。 ガッツリ肉料理『US 厚切り牛ハラミグリル』1,980円から手軽に『マグロとアボカドのポキ』690円、さらに デザートは『アサイーベリーボウル』750円と、ジャンルも豊富です。 『US 厚切り牛ハラミグリル』1,980円 『マグロとアボカドのポキ』690円 江ノ島に向かうのに夢中で見落としがちな穴場でもあります。 昼のランチからディナーまでメニューも豊富に揃えており、特にヘミングウェイのスープカレーは絶品。 昼間に休憩で訪れた時はぜひスキレットで食べる熱冷たい(?)ベーグルフレンチトーストを食べてみてください。 ここより下は江ノ島島内に入っていきます。 1! 裏路地に隠れて佇むからあげ屋『 torico-enoshima-』です。 数年前に出来たばかりのお店で、裏路地にあるので見落としてる人がほとんどではないでしょうか。 外観は古民家ですが、店内に入ると シンプルなインテリアにこだわったとてもオシャレな空間でとてもからあげ屋には見えません。 おすすめはなんといっても『せせり』のからあげ。 10種類以上のスパイスを使用した秘伝のタレに漬け込んで作る『torico』の唐揚げは、プリップリで歯ごたえがあり、一口噛むと肉汁がじゅわ~と滴ってきます。 店内はレトロなアンティークで江ノ島の喧騒から離れられる落ち着いた雰囲気でデートにピッタリ。 甘すぎない『ヨーグルトケーキ』500円と引き立ての『コーヒー』500円をファイヤーキングというレトロな食器でいただけるものとってもオシャレでインスタにも最適! 『ヨーグルトケーキ』500円 お店には看板猫もいて、それ目当てのお客さんも少なくないとか。 可愛い! 歩き疲れたら一休みはここにきまり。 トレーラーハウスを改造して作った遊び心あるカフェです。 「遊び心と創造性を刺激する空間」をコンセプトにした空間で、地元で採れた食材をメインに発酵食品を使った料理が自慢です。 江ノ島のメインストリートから離れた場所にあるので見つけにくく穴場的に知られています。 海が見えるテラス席はもちろん、温かい木の温もりに包まれた店内も一見の価値あり。 ぜひデートで使いたい場所です。 『cafe とびっちょ』もメインストリートから外れた場所にあるので、とびっちょ本店のように並ばなくてもしらす丼が食べられちゃうんです! 本店よりは品数は少なくなってしまいますが、 デート向きの店内の雰囲気になっていますので、ぜひ一度入ってみてください! 『ふわふわの釜揚げしらす丼』980円や特性イカスミソースを使った『tobicchoシーフード黒カレー』1,400円がおすすめです。 並んでる間もデートですが、同じ時間なら観光したいですよね。 テラス席もありますので天気のいい日はぜひと外出てみてください。 入り口で呼び込みをしているお兄さんに聞けばテラス席が開いてるか教えてくれますよ。 『生しらすイクラ丼(アラ汁、お新香付き)』1,430円や『マグロカツ』を食べながらの地ビールがおすすめです。 ここより下は江ノ島に登っていきます。 店頭では『かき氷』500円も販売しているので、かき氷の食べ歩きをしている人もちらほら。 『かき氷』500円 もちろん『釜揚げしらす丼』1,000円も食べられます。 今から110年前の明治42年創業の『江之島亭』は広い店内でかつ温かい雰囲気もあるので江ノ島に登った休憩にも利用する人が多いみたいです。 新鮮さが売りの『生しらす丼』1,200円はもちろん、サザエを卵で閉じた『江ノ島丼』1,100円は他ではなかなか食べられない一品です。 『江ノ島丼』1,100円 ぜひ地ビールと一緒に味わってみてください。 窓側の席、テラス席からは海を見渡すことが出来、真下を覗き込むと上から『稚児ヶ淵』がみることができます。 しらすとサザエを卵で閉じたとで『 江の島丼』も絶品。 店内はが狭いので静かに海を眺めながらの食事を楽しめるので、デートでも人気です。 おすすめなのは『バナナキャラメルパンケーキ』850円。 『バナナキャラメルパンケーキ』850円 パンケーキの上にまるごとバナナが乗っていて、さらにキャラメルソースがかかっているというなんとも豪快で贅沢なパンケーキです。 コーヒーとのセットもありますので疲れた足を休めるのに立ち寄ってみてください。 ただし、不定休なので事前に確認してから来店してくださいね。 江ノ島にはまだまだ魅力が沢山 江ノ島は穴場の絶景からグルメまで、春夏秋冬いつでも楽しめる場所が沢山。 今回紹介したのは江ノ島の一部です。 実際に歩いてみたらもっと素敵な場所が見つかるかも! ぜひ今週末は江ノ島デートで思い出づくりを楽しんでください。

次の

江ノ島小屋 メニュー:料理

江ノ島 隠れ 小屋

また写真のような、生クリームがたっぷりと使われている エッグスンシングス定番のメニューだけでなく、 江ノ島店限定のメニューも。 しらすを使ったロコモコプレートが提供されています。 おしゃれなプレートのランチは、素敵に江ノ島でのランチタイムを彩ってくれますよ。 また、他店にはない料理が楽しめるのは嬉しいポイントですよね。 人気のお店なので、お昼の時間帯は非常に混雑します。 スムーズに入店したい際は、 予約をしてから足を運ぶことをおすすめします。 また、ディナーは コースも用意されています。 ゆったりと過ごしたいのであればコースメニューを予約することをおすすめ。 くわしい内容は 下の赤いボタンからチェックしてくださいね。 テイクアウトメニューもあり!.

次の