年賀状 1日に届けるには。 年賀状2019|元旦に沖縄まで届けるにはいつまでに出せばいい?

【2021年】年賀状いつまでに出せば元旦に届く!?投函はいつまで!

年賀状 1日に届けるには

1月1日に年賀状を届けたい 新年の挨拶である年賀状を1月1日に届けたいとき、いつまでに差出せばよいのでしょう。 例年、12月15日ごろから年賀状の引き受けが始まり、12月25日ごろまでに差出すと1月1日に到着するようです。 12月は忘年会やクリスマス、大掃除など行事が多く忙しくなりそうなママやパパもいるかもしれません。 12月15日を目標に年賀状の準備を進め、遅くとも25日までに差出しできるとよいですね。 25日を過ぎて差出しても1日に届くこともあるようですが、25日までに差出しをしたほうが確実でしょう。 25日に投函をしたとしても、ポストにより集荷時間が異なるため、ポストに記載してある集荷時間を確認しておくとよいかもしれません。 また、年賀状の準備が早くできたからといって引受開始前に差出してしまうと、通常の郵便と同じように配達されてしまうため注意が必要です。 年賀状を1日着で届けるための準備 日の出 年賀状が1月1日に宛先へ到着するためには、いつまでにどのような準備をするとよいのでしょうか。 年賀状作成のスケジュール例をご紹介します。 送り先のリストアップ はじめにアドレス帳や昨年の年賀状を確認するなどして、送り先のリストアップをしましょう。 喪中の連絡を受けた場合はリストから抜くことを忘れないようにします。 10月中~11月初旬までにリストアップを終わらせると余裕が持てそうです。 年賀状の購入 リストアップが終わったら年賀状を購入します。 書き損じや年賀状を送りたい相手が増えることもあるかもしれないので、多めに購入するとよさそうです。 年賀はがきは例年11月1日ごろ発売されるようです。 1月1日までに宛先に届くようにしたいときは、早めに購入して準備をしましょう。 キャラクター年賀など人気のデザインは早めに完売してしまうこともあるようです。 デザイン、写真の選定 11月中旬ごろまでに年賀状のデザインや写真を決めておくとよさそうです。 送る相手によってデザインを変えたい場合は、年賀状の枚数も振り分けておくとよいでしょう。 印刷 印刷を発注する場合も、自宅で印刷をする場合も11月中に印刷を終えておくと余裕が持てそうです。 前倒しで準備ができたときは、早めに印刷業者に申し込むと早期割引でお得に印刷できることもあるようです。 住所録をデータ管理している場合は、宛名も印刷すると手書きの手間が省けますよね。 一言書き 12月に入ってからやることをできるだけ少なくしておくと安心ですよね。 時間にゆとりを持ち、相手の顔を思い浮かべながら年賀状に一言書き添えましょう。 賀詞(がし) 賀詞は新年を祝う決まり文句です。 「賀正」「謹賀新年」「あけましておめでとうございます」や「Happy New Year」と英語の賀詞もよく使われていますよね。 賀詞を使うときは、重複して使わないようにしましょう。 「新年あけましておめでとうございます」は「新年」と「あけまして」の意味が重複しているため、「新年おめでとうございます」などと書き換えます。 その他、イラストやデザインに「迎春」や「Happy New Year」と印字されているときは、手書きで賀詞は不要となるようです。 二文字の賀詞は簡略形のため、目上の方への使用は控えましょう。 本文 賀詞に続いて、「旧年中は大変お世話になりありがとうございました」など、日頃のお付き合いへの感謝や、日頃の感謝を書きます。 その次に、「本年もよろしくお願い致します」「本年もご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます」など今後の変わらないお付き合いや指導をお願いする言葉を書きます。 結びの言葉として「皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」など、相手の幸福、健康、繁栄を願う言葉を書くことが多いようです。 日付 「元旦」「元日」を使うことが多いようです。 賀詞と同じように「一月一日元旦」など重複していないことを確認しましょう。 年賀状の基本的なマナー 年賀状を書くときに気をつけることをご紹介します。 宛名の書き方 宛名を手書きするときは毛筆など、できるだけ太い字で宛名を書くと新年のお祝いに適しているそうです。 毛筆で書くのが難しい場合は、筆ペンやサインペンなどできるだけ太い字になるペンを使いましょう。 気を付けたい表現 新年のお祝いの挨拶のための年賀状では、おめでたいシーンで避けたい忌み言葉は使わないようにします。 「去年」は「去る」という字が忌み言葉にあたるため、年賀状では「昨年」や「旧年」と書きましょう。 その他、「無」「終」「切」などの忌み言葉も年賀状では一般的に使いません。 句読点 年賀状では、正式には句読点は使わないようです。 「、」を使いたい箇所で1文字分スペースを空け、「。 」のときは改行します。 いつまでに年賀状の準備をすればよいか確認を.

次の

年賀状を1日に届けるには?コツと対策をチェックしよう!|mamagirl [ママガール]

年賀状 1日に届けるには

年賀状を出すのが25日過ぎたら、皆さんどうされていますか? 元旦に年賀状を届ける期限は12月25日。 でも、様々な理由で25日に間に合わないことがありますね。 そんなときの対処方法をお伝えします。 2019年11月1日。 今年も来年の年賀状が発売されました。 皆さんは年賀状「書く派」でしょうか? それとも「書かない派」でしょうか? 私は基本「書かない派」なのですが、どうしてもここだけは外せない! そんなところだけは「仕方なく書きます」 皆さんはそんな相手、いませんか? 例えば、口うるさい「上司」・・・気を使わなければいけない「親戚」でしょうか・・・すんごくお世話になったことのある「きちんとした方」等々・・・。 それにですね、元旦の晴れやかな朝に年賀状をいただいてしまったら無視するのもなんかね・・・。 年明け早々、自己否定してしまいそうでつらいです。 そんな思いをしないためにも、本当は期日内(12月15日から25日まで)に投函すればいいに決まっているのですが、それができないのが「書きたくない派」の私です。 そこで、とことんズボラをしてしまったときに知っておくと便利な、 究極の年賀状元旦配達の裏技を調べてみました。 レベル 1 普通に25日が過ぎた場合 同じ市内やお隣の市、県内など、近い場合はせめて「12月28日」までに出しましょう。 「日本郵政」に年賀状を出すのが遅れてしまった場合の対処方法を問い合わせしてみたのですが、回答は以下の通りでした。 「おすすめはできせんが27日、28日までに投函していただいたものでしたら、例外を除いて元旦に到着しているようです。 」 どのくらいまでの距離だったら28日でも元旦に届くという確証はありませんが、 遠いところだったら28日をタイムリミットにするよりも27日にしていたほうがよさそうですね。 ただ、ここで押さえておいてほしいのは、 出す場所です。 ご存じの方が多いかとは思いますが、例えばコンビニの郵便ポストなど、実際の郵便局の中以外で出す場合、「集荷時間」というものがあります。 例えば、我が家の近くの「ローソン」だと一日に2回の集荷があるのですが、最後の集荷は16時ぐらいです。 その時間に間に合わなかったら、せっかく28日に出した郵便物でも29日集荷になってしまうのです。 郵便局以外で投函する場合は「集荷時間」を気をつけましょう! そして、郵便局だからと言って安心していてはいけません! 郵便局にもよるかとは思いますが、当日のトラック便に乗せるタイムアウトは18時です。 28日だからと言って、18時を過ぎて郵便局に持って行っても、次の日回しになってしまうのです。 確実、安全な、元旦配達の投函方法 レベル1は お住いの町で一番大きい郵便局に、28日18時前、窓口に直接持っていく! これです。 注:大きな郵便局というのは、日本郵政が直接運営している「普通郵便局」です。 やではありません。 お気を付けくださいね。 スポンサーリンク レベル 2 28日も過ぎてしまった場合 確実性はぐっと落ちますが、同じ市内だったりお隣の市内だったら、29日30日でも間に合う可能性はあります。 (確実性を保証するものではありません) ただ、気を付けてほしいのは、29日も30日の郵便窓口の営業時間です。 今年の29日・30日は土曜日と日曜日に当たっていますので、空いている時間が平日とは違っています。 年末年始の営業時間 2007年12月 2008年1月 29日 土 30日 日 31日 月 1日 火 2日 水 3日 木 土曜日の取扱時間 ホリデー サービス取扱時間 土曜日の取扱時間 基本は、9:00~17:00ですが、終了時刻が一部異なる場合があります。 ホリデーサービス取扱時間 29日と31日は土曜日の取扱時間ですので基本17時までの対応となります。 30日はホリデーサービス取扱時間です。 私が住んでいるところの郵便局のホリデーサービス取扱時間は9:00~16:00ですが、お住いの場所の郵便局によって対応時間が違うこともありますので、お調べくださいね。 28日が過ぎたからと言って年賀状を出すこと自体をあきらめてしまわずに、できるだけ早めの時間に持って行ってみましょう! スポンサーリンク レベル3 年賀状を元旦に届ける 最終裏技! 29日、30日になってしまったら、「絶対に元旦に年賀状を届く」という確率は落ちてしまいますね。 まして、数年前から1月2日の配達はなくなってしまいました。 元旦は無理でもせめて2日には・・・・と思っていた「ズボラな私」には痛い一日です。 ですが、 最終、どんな手段を使っても、30日過ぎに投函して元旦に届けたい! そう思う方がいらっしゃったら、やるべき方法これです! 郵便には「 配達日指定(休日)」というものがあります。 210円かかりますが、この「配達日指定(休日)」というシステムを使えば、元旦に届けることは可能なのです! ですが、あまりに遠方で通常のお届け日数外だと難しいと電話で問い合わせした「日本郵政」の方が言っていましたので、その辺を加味してお考え下さいね。 それと、もう一つ。 この配達日指定は、指定日のハンコを押されてしまうのだそうです。 普通の年賀状はハンコが押されていないので、そこを気にされる場合はお勧めしません。 この方法は、210円を追加して払ってもいいとまで思う時の、究極の方法だと思います。 スポンサーリンク まとめ レベル1からレベル3までの、元旦に年賀状を届ける方法をお伝えしてきました。 いかがでしたか。 年賀状は、苦手意識を持っている身だと、出さなきゃいけないと思うだけで気が重くて、なかなか行動しにくいものですね。 まして、そんな苦手なものに敢えて果敢に挑みたくなる(ときもある) 今年こそはオリジナリティーを出そうなんて考えてしまうと、全く前に進めなくなりがちです。 得意な方は大丈夫だと思いますが、少しでも苦手意識を持っていましたら、どうぞハードルを上げないで、 「出すことに意義がある」と考えてさっさと終わらせたいものです。 追記 普通に考えたら、そんなに遠くないところだったら速達でもイケる! そう考えがちですが、これはあまりおススメできません。 理由は、速達は年賀状に「 速達」としっかり赤いハンコが押されてしまうのです。 なんだかいかにも焦って送ったと先方に思われそうじゃありませんか? 私だったら、仕事上での部下から速達の赤いハンコの年賀状をもらったら、面白いし話題性があるので、年明けにしばらく送り主をイジリそうです! コミュニケーションと割り切れれば全くOKですが、何としてでも元旦に年賀状を届けたいほど気の張る相手にはおススメしません。 一方、配達日指定郵便のほうはやはり日付のハンコが押されるのですが、赤字ではありませんし、1月1日ですから、まだおめでたいような気がするのです。 最終的に判断するのは、ご自身と状況だとは思いますが、色々なケースに合わせて考えてみてくださいね! 結論・今年こそ、25日までには年賀状を出したいものです。

次の

年賀状を1月1日に届けるには何日までに投函すべき?

年賀状 1日に届けるには

年賀状もネットで注文できる時代になり、 あらためて、年賀状ブームがきていますね。 ところがしばらく年賀状を作ってなかった人や、 そうでなくても、大概の人は 年賀状の制作はほんとうに面倒、出来ればギリギリまで引き伸ばしたい・・・ そう思ってらっしゃる人、多いのではないでしょうか。 また、そうは思ってなくても気付けば、年末・・・ まるで小さいころの夏休みの宿題のようですね^^ そこで、年賀状が1月1日に届くには、いったい12月何日までにポストに出せばいいのか調べてみました。 それさえわかれば、安心して制作予定が立てれますもんね。 さて、 郵便局によると、 できるだけ12月25日までには出してほしい とのことのようです。 また、 12月28日までの投函分までは、出来る限り配達できるようにする とのこと。 さらに、地域によって差があるので保証はできないようですね。 まとめていうと、 12月25日までにだせば確実に届くようです。 私の場合は、に毎年頼んでいるので、 面倒くさい思いもなく、納品された年賀状をポストにいれるだけなので、 全くストレスを感じていませんよ。 年賀状作成の事をかんがえるだけで、憂鬱になる人はぜひご利用されてください。 2018年は元旦早々に素敵な年賀状を相手先に届けることができますよ! いやぁ、日本人のすばらしい文化ですね。

次の