11 月末 時候 の 挨拶。 11月の季語と手紙の挨拶文<書き出しと結びの言葉・はがき文例>

時候の挨拶 11月

11 月末 時候 の 挨拶

「小雪を迎え、いよいよ寒さが身にしみる頃となりました。 皆様におかれましては益々ご壮健のことと存じ上げます」 「子供たちが落葉で遊ぶ姿が見られるようになりましたね。 皆様におかれましては健やかにお過ごしのことと存じます」 言葉を足して 話し言葉に近づけることで、より親しみが感じられる挨拶文に仕上がりますね。 手紙を書くときに使える時候の挨拶の例文は? 早めに届いたお歳暮のお礼状や七五三の内祝いなど、改めて手紙を出したいときなども時候の挨拶を使うと手紙の書き出しがスムーズになります。 電話をかける時も、まずは近況の挨拶をしてから本題に入りますよね。 手紙での時候の挨拶も同じです。 季節を表す挨拶と 体調うかがいなどをセットにして書き始めると、本題にも入りやすくなりますよ。 変なことを書かないようにと身構えてしまうこともあるかもしれませんが、実際はそんな難しいものではありません。 11月下旬は、冬に入る直前の季節ということを意識すればいいだけです。 また、身近な生活で感じる季節を素直に表現するだけでも時候の挨拶になります。 「 ニット」「 マフラー」「 ストーブ」など、 冬に向けての準備に登場するキーワードがたくさん見つかるはずです。 親しい間柄の人に送る手紙には、あなたらしい時候の挨拶を書いてみると、ステキな手紙になりますよ。 季節の変化を改めて味わういい機会でもありますから、ぜひ楽しみながら時候の挨拶を書いてみてくださいね。

次の

時候の挨拶/季節の挨拶:11月 [十一月・霜月(しもつき)]

11 月末 時候 の 挨拶

時候の挨拶11月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文について見ていきます。 11月といえば秋も終わりが近づく頃で、気候も寒くなってくる季節です。 文化の日や勤労感謝の日などの祝日があり、文化祭や七五三などのイベントもある月ですよね。 紅葉狩りや行楽など過ごしやすい秋を満喫できる機会も終わりに近づきますが、暖かい鍋物やおでんなどが美味しくなる時期です。 そんな11月に相手とのやり取りをするお手紙では、その 時候の挨拶で11月の上旬・中旬・下旬にどういった言葉が使われるのか? 今回は、その 11月の時候の挨拶で使われる 書き出しと結びの言葉や季語となる風物詩について。 また、11月の祝日についても触れてまとめました。 時候の挨拶 11月下旬 小雪の候、向寒の候、夜寒の候 *それぞれの時候の言葉に続けて「~の候」「~の折」「~のみぎり」というように続けて表現する。 漢語調の時候の挨拶を使うと、礼儀正しくかしこまった挨拶になります。 時候の挨拶の季節感のズレ 時候の挨拶に使う言葉は旧暦に基づいているので、今の季節感とは違いを感じるところもあると思います。 例えば「厳寒の候」「酷寒の候」などは主に1月に使います。 本当なら2月が季節的に一番寒い時期なので、2月にも 「厳寒の候」とか使えそうですが、二十四節気の 「大寒」が1月にあるため2月中旬や下旬では使いません。 そして2月は「立春」があるので暦の上では「春」となります。 例えば、北海道と沖縄の気候が全く違うように、どの地域にも送る文章が同じというのはありえません。 その年によって暖冬や冷夏の年もありますし、空梅雨なのに「長雨でうっとおしい日が続きますが~」などはおかしい文になりますよね。 日々のニュースや地域の情報などもチェックしながら考え、文章を選んでいけばいいと思います。 時候の挨拶11月の上旬~中旬にかけて また二十四節気に加えて 「七十二候」と呼ばれる、気象の動きや動植物の変化を表したものも参考にできます。 時候の挨拶の11月の上旬~中旬にあたる 立冬の時期には 初候(11月7日頃) 山茶始開(つばきはじめてひらく) 山茶花(さざんか)の花が咲き始める頃を言います。 次候(11月12日頃) 地始凍(ちはじめてこおる) 地面が凍り始める頃を言います。 末候(11月17日頃) 金盞香(きんせんかさく) 水仙が咲いて香りがする頃を言います。 *「金盞」は金の盃のこと。 水仙の黄色い冠を見立ててこのように表現されています。 時候の挨拶11月の中旬~下旬にかけて そして、 時候の挨拶の11月の中旬~下旬にあたる 小雪の時期の七十二候には、 初候(11月22日頃) 虹蔵不見(にじかくれてみえず) 日差しが弱くなり、虹を見かけなくなる頃を言います。 次候(11月27日頃) 朔風払葉(きたかぜこのはをはらう) 北風が木の葉を吹き払う頃を言います。 「朔風」は北風(木枯らし)という意味です。 末候(12月2日頃) 橘始黄(たちばなはじめてきばむ) 橘の実が黄色く色づき始める頃を言います。 こういった言い回しは「和文長の時候の挨拶」の言い回しの際に使いやすいと思います。 機会があれば、ぜひ取り入れて自分だけの文章を作ってみてくださいね。 というようにつながっていきます。 例えば、 【漢語調】 深秋の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 【和文調】 秋も深まり、日も短くなってまいりました。 お元気でお過ごしのことと存じます。 などというような感じですね。 基本はこういった形を頭に置きながら、アレンジも加えたりして11月の時候の挨拶の書き出し文として使っていってもらえればと思います。 そこに、先ほどの二十四節気の時期なども考えながら、文章を作成していって下さい。 では、 時候の挨拶で11月の上旬・中旬・下旬と参考になる 書き出しの例文をまとめました。 時候の挨拶11月上旬の書き出し例文• 立冬を迎え、これから冬の到来を感じる季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 晩秋の候、皆様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 木枯しの季節となりました。 皆様お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。 菊花の候、ますますご壮健でご活躍のことと拝察申し上げます。 日中のひだまりが恋しい季節です。 お元気でお過ごしのことと存じます。 時候の挨拶11月中旬の書き出し例文• 暦の上では立冬を迎えましたが、過ごしやすい日々が続いております。 そちらはいかがですか。 初霜の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 秋も深まり、日も短くなってまいりました。 お変わりなくご活躍のこと、お喜び申し上げます。 落葉の候、ご家族様お変わりなくお過ごしのことと存じます。 行く秋が惜しまれる時節、お忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。 時候の挨拶11月下旬の書き出し例文• 吐く息も白く漂うほどに寒い日が続きます。 皆様お元気でお過ごしでしょうか。 向寒の候、皆様にはお健やかにお過ごしのことと存じます。 すっかり鍋料理が美味しい季節になりましたね。 皆様お元気ですか。 夜寒の候、ご清栄のこととお喜び申し上げます。 山茶花が咲く季節となりました。 この花を見ると「たきび」の歌を思い出しますね。 あらたまった相手に出す時は、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 ただ、親しい相手に送る場合は、身の回りのことや行事のことも言葉に選んで、親近感のある楽しい感じのお手紙にされてもいいと思います。 【11月上旬】 暦の上ではもう冬になります。 どうかお身体にお気をつけくださいませ。 【11月中旬】 日に日に寒さもつのってまいります。 くれぐれもご自愛ください。 【11月下旬】 寒さ身にしむ季節となりました。 風邪など引かれませんようくれぐれもご自愛ください。 これも結びの例文の一つですし、その年の気候や地域によっても中旬と下旬で言葉のチョイスが変わったりすることもありますが、大まかにはこのような感じだと捉えてもらえればいいと思います。 では、その 時候の挨拶で11月の上旬・中旬・下旬と参考になる 結びの例文をまとめました。 時候の挨拶11月上旬の結び例文• あざやかな紅葉の季節、お元気でご活躍下さいませ。 立冬を迎え暦の上ではもう冬です。 どうかお身体にお気をつけくださいませ。 木枯しの季節、皆様のますますのご健勝とご活躍を祈りあげます。 晩秋の候、ご自愛専一にお過ごしください。 落ち葉が秋の終わりを告げています。 くれぐれもお体をおいといください。 時候の挨拶11月中旬の結び例文• 朝夕は冷え込みも厳しくなってまいりました。 調子を崩されないようお体お気をつけ下さい。 季節の変わり目でございます。 お体大事になさってください。 天候不順の折から、風邪など引かれませんようお気をつけ下さい。 年末の冬支度で忙しくなるとは思いますが、どうかお身体にお気をつけくださいませ。 めっきり冷え込むようになりました。 くれぐれもご自愛ください。 時候の挨拶11月下旬の結び例文• 向寒の折、皆様のますますのご健勝とご活躍を祈りあげます。 寒さが身にしむ季節となりました。 皆様、体調にはお気をつけ下さい。 暖房が欠かせない毎日となりました。 健康にはぜひともご留意くださいませ。 師走に向けてお忙しくなると思いますが、くれぐれもご自愛ください。 冬将軍の到来の季節です。 風邪など引かれませんようくれぐれもご自愛ください。 こちらも書き出し分と同様に、あらたまった相手には、時候の挨拶でも丁寧な言葉を使いたいです。 スポンサードリンク 11月の時候の挨拶に入れる季語 11月の時候の挨拶の書き出しと結びに入れる言葉には、この時期の 「風物詩」や 「気候」、 「自然」などを取り入れて春夏秋冬の季節感を出します。 これから順番にいくつか紹介していきますが、文章づくりの参考にして下さい。 では、まずは11月の風物詩について紹介しますね。 時候の挨拶に11月の風物詩を入れる 時候の挨拶の中に11月の季語になる風物詩を入れて、具体的な話を手紙に書くこともできます。 そんな11月の風物詩ですが、例えばどのようなものがあるかピックアップしてみました。 【風物詩】 文化の日、文化勲章、七五三、お宮参り、千歳飴、酉の市、新嘗祭、勤労感謝の日、落ち葉、行楽、焚き火、鍋物、湯豆腐、白菜、ふぐ、銀杏、みかん、ボジョレーヌーボー、おでん、牡蠣 【気候】 小春日和、初しぐれ、木枯らし、木枯らし1号、冬将軍、初霜、初雪 【自然】 いちょう、紅葉、菊、ひいらぎ、山茶花、野菊 これらの行事や自然の植物、気候などを手紙の文章に入れると季節感もでます。 機会があれば使っていき文章を作っていきましょう。 11月の文化の日と勤労感謝の日 11月の祝日には、.

次の

11月の時候の挨拶!結びの言葉はどうする?

11 月末 時候 の 挨拶

ビジネスでも使える11月の時候の挨拶と結びの挨拶を例文付きで解説 ビジネスレターを書きなれない人にとって、特に難問なのが「時候の挨拶」でしょう。 時候の挨拶とは、それぞれの時節に応じた挨拶文のことですが、適切な言葉を選ぶのはなかなか容易ではありません。 今回は11月の時候の挨拶について詳しく解説するとともに、結びの挨拶を加えた例文も紹介していますので、ビジネスレターを書く際の参考にしてみてください。 11月の漢語調の時候の挨拶 ビジネスで使える11月の時候の挨拶、まずは漢語調の挨拶について見ていきましょう。 漢語とは、中国の漢字を元として日本で使われてきた言葉使いのことです。 相手に対する礼や格式を示す際に使われ、ビジネスレターでも多用される形式となっています。 「候」とは、「時期」や「季節」を表す語です。 晩秋の候 使用時期:10月中旬~11月上旬 「晩秋(ばんしゅう)」はよく聞く言葉ですが、時候の挨拶で使用される場合も文字通り「秋の晩(終わりごろ)」を指しています。 実際の季節感では、晩秋は11月の終わりごろですが、暦の上では10月中旬から11月の初旬ごろが晩秋に当たります。 それでは、「晩秋の候」を使ったビジネスレターの例文について、以下でご紹介しましょう。 結びの挨拶も加えてあります。 <例文> 拝啓 晩秋の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。 (本文) 今後ともよろしくご用命のほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書面にてご通知申し上げます。 敬具 立冬の候 使用時期:11月中旬 ビジネスで使える11月の時候の挨拶、続いて紹介する漢語調の挨拶は、「立冬の候」です。 「立冬(りっとう)」とは二十四節気の1つで、暦の上で冬が始まる日を指します。 具体的には陽暦の11月8日ごろが立冬に当たり、そこから11月23日ごろの「小雪(しょうせつ)」前日までは、「立冬の候」と呼ばれる期間となっています。 あくまで暦の上ですが、いよいよ冬の幕開けを告げる時期です。 では、「立冬の候」を用いたビジネスレターの例文について、以下で見てみましょう。 <例文> 謹啓 立冬の候、貴社ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。 平素はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございます。 (本文) 貴社の一層のご発展を心よりお祈り申し上げております。 まずは書中にてお知らせいたします。 謹白 向寒の候 使用時期:11月全般~12月上旬 ビジネスで使える11月の時候の挨拶、続いても漢語調の挨拶の例です。 「向寒の候」の「向寒(こうかん)」とは、文字通り「寒い季節に向かう」「次第に寒くなる」ことを意味しています。 反対の言葉としては、「向暑(こうしょ)」があります。 向寒は暦の期間を示す言葉ではないため、はっきりいつからいつまでを指すとは言えません。 しかし、一般的には11月全般から12月の初旬にかけて時候の挨拶として使えるようになっています。 それでは、「向寒の候」を用いたビジネスレターの例文を、以下に示してみましょう。 11月の口語調の時候の挨拶 ビジネスで使える11月の時候の挨拶、漢語調の挨拶に続いては、口語調の挨拶について紹介していきましょう。 前述のように、漢語調の時候の挨拶は礼儀や格式を示す上で有効ですが、比較的親しい相手に対しては、やや重すぎるきらいもあります。 そうした時には、適度な口語調の挨拶を使うのもOKとなっています。 菊薫る今日この頃 使用時期:11月上旬~中旬 「菊薫る」とは、もちろん「菊の花が匂い立つ」という意味の表現です。 ですからこのフレーズ全体では、「菊の花が香る(秋の)季節となりました」といった意味を表していることになります。 ちなみに漢語調の挨拶として、「菊花(きっか)薫る候」という使い方をすることもできます。 では、こちらのフレーズを使ったビジネスレターの例文を、以下にご紹介しましょう。 こちらも結びの挨拶を加えてあります。 <例文> 拝啓 菊薫る今日この頃、皆様にはいよいよご清栄のこととお喜び申し上げます。 いつも一方ならぬお力添えにあずかり、まことにありがとうございます。 (本文) 時節柄、どうぞご自愛くださいませ。 本日はとりあえずお知らせのみにて失礼いたします。 敬具 吐く息も白くなり、冬近しを感じております 使用時期:11月中旬 ビジネスで使える11月の時候の挨拶、続いての口語調の挨拶の例を紹介しましょう。 「吐く息も白くなり、冬近しを感じております」と言った時候の挨拶は、「冬の到来」が間近であることを告げたものです。 11月も半ばになると、いよいよ冬が近づいたことを、実感としても感じるようになります。 空気もぴりっと冷え、マフラーなども使われ始める時期です。 このような時期には、もうすぐ一年の終わりも近いことが感じられ出します。 それでは、こちらのフレーズを使ったビジネスレターの例文を、以下にご紹介しましょう。 日ごろは格別のご厚情を賜り、まことにありがとうございます。 (本文) 木枯しが吹きすさぶこの季節、どうかお体大切に。 まずは取り急ぎご通知まで。 敬具 紅葉の美しい季節となりました 使用時期:11月全般 ビジネスで使える11月の時候の挨拶、続いても口語調の挨拶についてご紹介します。 「紅葉の美しい季節となりました」と言ったのフレーズは、紅葉を話題としたものです。 紅葉は秋の代名詞と言える現象で、地域によって時期はことなりますが、大体10月から11月にかけて見られるものとなっています。 山間部はもちろん、都会でも、街路樹の葉が赤や黄色に色づくさまを目にすることができます。 そうした美しさを挨拶で表現することは、季節感や情感を出す上で効果的です。 では、こちらのフレーズを使ったビジネスレターの例文について、以下で見てみましょう。 あざやかな紅葉の季節、どうぞお健やかにお過ごしください。 落ち葉舞い散る深秋の候、体調を崩されませぬようご自愛ください。 秋晴れのすがすがしい日々、皆様のますますのご健勝と貴社のご繁栄をお祈り申しあげます。 ゆく秋の寂しさ身に染みるこの頃ですが、体調を崩されないよう十分注意し、長い冬に備えましょう。 相手の健康や繁栄を願う結びの挨拶 ビジネスレターの結びの挨拶、続いては、相手の健康や繁栄を願うものについて見ていきましょう。 こうした形の結びの言葉は、手紙の類では一般的に使われるものです。 その時々の気候を考慮し、「お体おいといください」などと表現するようになっています。 また、「ご発展をお祈り申し上げます」などの表現も、結びの言葉としてよく使われます。 それでは、相手の健康や繁栄を願う結びの挨拶の例文について、以下にいくつか示してみましょう。 何卒お身体おいといください。 健康にはくれぐれもご留意ください。 貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。 天候不順な季節ですが、体調を崩されないようご自愛ください。 天候不順の折、何卒ご自愛ください。 時節柄、ご自愛専一にてご精励くださいますようお願い申し上げます。 皆様方のご無事息災を心よりお祈り申し上げます。 寒さに関する結びの挨拶 11月の結びの挨拶、続いては、「寒さ」に関連したものについて見ていきましょう。 11月も末になると、いよいよ冬の気配も近づいてきます。 前述のようにマフラーや手袋も使われ出しますし、空気の乾燥から風邪などの心配も出てくる時期です。 そうした寒さへの配慮も、時候の挨拶とともに結びの挨拶で話題にされるようになります。 では、寒さに関するビジネスレターの結びの挨拶の例文を、以下にご紹介しましょう。

次の