くら 寿司 コロナ。 新型コロナウイルス感染症拡大防止の取り組みとお知らせ|くら寿司 ホームページ

回転寿司で流れてきた「アマエビ」と「アマビエ」にゲシュタルト崩壊する人続出 くら寿司のポップイラストが話題に(2020年6月9日)|BIGLOBEニュース

くら 寿司 コロナ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で話題になった妖怪・アマビエ。 回転すしチェーン「くら寿司」では、甘エビをモチーフにしたアマビエがレーンを回っているという。 アマビエ...。 アマエビ...。 なんだか頭が混乱しそうになる写真がこちらである。 こちらはツイッターユーザーのまっきーさんが、2020年6月8日に鹿児島市内のくら寿司で撮影したものだ。 回転寿司のレーンを見てほしい。 手前にアマビエが描かれたPOP、その1つ奥に甘エビのPOPが流れている。 この光景に投稿者は 「アマエビの前に髪がアマエビのアマビエが流れてきて、ますますアマエビとアマビエの境をわからなくしている」 と呟く。 どちらも語感が似ているし、何よりイラストには甘エビのネタがアマビエに乗っている。 狙っているとしか思えない配置だ。 このPOPを見た他のユーザーからは、ツイッターに 「一瞬頭が混乱した」 「アマビエの髪の毛がアマエビ...... (笑)」 「シャレが効いてて面白い取り組み。 子ども達も喜びそう」 といった反応が寄せられている。 配置は「ルール」だそうで... ! Jタウンネットが6月9日、くら寿司広報担当者の辻明宏さんに詳しい話を聞くと、アマビエPOPは5月27日から順次、全国のくら寿司で流しているという。 POPの「アマビエ」に詳しいキャラ設定といったものはないそうで 「ここまでツイッターで話題になるとは思いませんでした(笑)。 キャラ設定といったものは、特にないですが甘エビを模したアマビエということですね。 名前が似ていますし、回転寿司と親和性が高いかなと思って... 」 と話す。 自社キャラクターを作っている担当者が、アマビエが世間で話題になった時に絵を書き、会議でPOP化してみようという流れになったという。 甘エビとアマビエ...。 確かに似ている。 くら寿司に提供された写真を見ても、甘エビの前にアマビエPOPが置かれている。 聞けば、なんと甘エビの前にアマビエPOPを流す「ルール」があるという。 しかし、そもそもなぜアマビエのPOPを制作することになったのだろうか。 「くら寿司では、新型コロナウイルス対策としてお寿司にカバーをつけるなどしています。 アマビエPOPもその一環として置いています」 お客さんが興味を持ってアマビエを見ると、お寿司にカバーが付いているのがわかる。 こうした目配せで、コロナ対策を行っていることをアマビエを通して感じてほしいと話していた。 「ちょっとでもお客様に楽しんで貰えたらなと思います。 また暗いムードが明るくなればなとも... !」(広報).

次の

くら寿司が「年収1000万円」で新卒募集するワケ

くら 寿司 コロナ

関連記事• 大手回転寿司チェーンのスシローとくら寿司。 標準的な寿司の重さはほぼ一緒。 しかし、価格とシャリの違いから戦略の違いが見えてきた。 大手回転すしチェーンは安くてうまいすしを迅速に提供することで成長を続けてきたが、そのビジネスを支える厨房はどのようになっているのだろうか。 くら寿司の新店オープンを次々と手掛ける若きリーダーに話を聞いた。 「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。 ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。 記者が家族を連れて遊びに行ってみた。 新型コロナウイルスの感染が広がる。 外食チェーンへの影響はどうなっているのか。 各社の最新動向を探った。 はま寿司は持ち帰り商品を強化する。 高価格帯の海鮮丼を投入する。 外出自粛要請を受けてテークアウトの需要が高まっている。

次の

【くら寿司】GW限定「お持ち帰りセット」発売中!! 手巻きにする? にぎりにする?

くら 寿司 コロナ

くら寿司の店舗(「Wikipedia」より) 新型コロナウイルスは、不振に陥っていた大手回転ずしチェーンの復活をも妨げている。 販売不振に陥っていた くら寿司は、3月の既存店売上高が前年同月比15. 5%減だった。 2%増と大幅プラスだった2月から一転、大幅マイナスとなった。 同じく販売不振の「 かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトは、2月の既存店売上高は8. 0%増だったが、3月は23. 1%減と大幅マイナスだった。 両社とも販売不振から脱却しつつあったが、新型コロナがそれを妨げている。 くら寿司は、長らく客離れに苦しんでいた。 既存店の客数は2019年10月期まで3年連続で前年を下回っていた。 既存店売上高は19年10月期が前年を下回った。 19年10月期は客数が12カ月すべてでマイナスとなり、売上高は11カ月がマイナスだった。 19年10月期の不振は19年2月に世間を賑わせた「バイトテロ」の影響が大きい。 アルバイト従業員がゴミ箱に捨てた魚をまな板に戻して調理しようとする様子が映った動画が拡散されて大問題となり、その後は客数と売上高が大きく落ち込むようになった。 それが今期に入ってからは、既存店売上高のプラスが目立つようになった。 19年11月が1. 1%増、20年1月が4. 8%増、2月が12. 2%増だった。 客数は依然としてマイナス傾向にあるが、客単価が大きく上昇し売り上げを押し上げているのだ。 客単価は19年4月~20年2月までの11カ月すべての月がプラスだ。 くら寿司は「1皿100円」という低価格を売りとしているが、19年3月から単価が高い旬の高級魚を使ったすしを期間限定で提供する「旬の極みシリーズ」を始めている。 第1弾には高級魚として知られるクエのすし「国産天然くえ」(税別200円)を発売した。 その後、同シリーズの名のもとに高単価のすしを毎月のように提供している。 最近では4月10日から「厚切り桜鯛」(同200円)と「特大生サーモン」(同200円)を販売している。 単価が高い商品の投入は、これだけではない。 19年9月から販売を始めた高級スイーツブランド「KURA ROYAL(クラ ロワイヤル)」も高単価だ。 第1弾として期間限定で発売した「たっぷり 完熟マンゴーパフェ」と「黒糖タピオカミルクティー」は518円(税込み)と、くら寿司としては高単価だ。 最近では4月10日から「まるごとマンゴーパフェ」を528円(同)で発売している。 こうした高単価のスイーツを2~3週に1度のペースで投入している。 高単価商品を積極的に投入したこともあり客単価が上昇し、売り上げを底上げしている。 また、新規出店効果もあり、くら寿司の19年11月~20年1月期の連結売上高は前年同期比7. 2%増の359億円と、大きく伸びている。 このように、くら寿司は業績が回復基調にあったわけだが、新型コロナの感染拡大で外出自粛が広がったことが影響し、3月の既存店売上高は大きく落ち込んだ。

次の