ジブラルタ生命 選考。 転職活動中なんですが、今度ジブラルタ生命保険株式会社の面接に行くもので...

募集要項

ジブラルタ生命 選考

ジブラルタ生命保険株式会社のITグループは、同社システム利用部門と外部のシステム開発会社の間に立ち、経営戦略や利用部門からの要望に応じてシステム構築、運用・保守まで一貫して責任を持ち、いわば生命保険会社のビジネスを支える役目を担う部門だ。 コミュニケーション力が高く、主体的に行動できる学生を求め、18年卒からOfferBoxの利用を開始した。 ステップ OfferBox全体 OfferBoxParty経由 オファー送信数 231 23 オファーの承認数 99 17 実際に会えた学生数 75 — エントリー数 27 10 内定者数 4 2 内定承諾者数 3 1 オファー承認率 42. 生命保険会社におけるIT業務という、学生にとって一見イメージし辛い職種であること、また、昨今ますます激化する売り手市場の影響もあり、当社の新卒採用活動においても、より直接的に学生にアピールできるような、新たなアプローチが求められていました。 そのような環境の中、新たな視点を取り入れるべく、採用業務未経験である営業システム開発チームの社員が、ITグループの新卒採用窓口を担当することになりました。 私は、今まで人事の仕事をしたことがなく、新卒採用に対する知識もありませんでした。 私の時代はナビサイトもなかったので…。 もちろん、新しいことにチャレンジすることは好きですので、「いい経験だな」と思う反面、正直、担当した当初は不安も感じていました。 さらに、今年は採用人数を前年度より増やすことになったため、紹介を待っているだけでは目標人数を確保することは難しい、受け身にならず企業側から積極的にアプローチしないと時流に乗り遅れてしまうと考えていました。 そのようなときに出会ったのが、OfferBoxでした。 アンケートの結果、「入社後に育成可能な部分」ではなく「育成では伸ばし辛い部分」にフォーカスする必要があると考え、選考時の評価ポイントを 【自主性・コミュニケーション力・思考力・学習力・協調性】の5つに絞り込みました。 弊社の事業に興味がありそうな学生を見つけるため、最初は志望業界で検索をしました。 さらに、OfferBoxの適性検査を受けている学生に関してはその結果を参考にさせてもらい、求める適性を持った学生にアプローチしていきました。 リクルーター3名が学生の自己PRやエピソード、適性検査をチェックして、オファーを送る学生を抽出し、さらにマネージャー(課長)3名で評価会議を実施。 採用担当のチームリーダー(部長)が最終評価をするという3段階で、厳選してオファーを送っていました。 つまり、先述のような「弊社が求める5つの素養があるか」をチーム全体で確認したのです。 自己PRが少ない人でも、実際に会ってみると良い学生だったということもあるので、オファーする学生の選定条件をガチガチに決めないよう、評価会議の中でディスカッションしながら行いました。 それから、オファー文面は工夫して送りました。 最初は学生のタイプごとにテンプレートを作成して送信していたのですが、学生も企業から送られてくるメッセージをしっかり見ているようで、テンプレートで送信したときと、個別に考えた内容で送信したときの反応が大きく違いました。 このことを踏まえ、オファー文面については考える時間をしっかり取るようになりました。 結果として、231名に送信して、99名からオファー承認を得ることが出来ました。 ここはリクルーターメンバーが頑張ってくれました。 現在OfferBox経由で、3名内定承諾をいただいています。 タイプ別にバランスよく内定者を出せたので良かったです。 あと、登録学生と実際に会えるOfferBoxPartyというイベントにも一度参加しました。 その場で、私たちが「話してみたい」と思った学生に声をかけられますし、学生も興味を持って話を聞きに来てくれるので、とても話しやすい雰囲気でした。 パーティー終了後、弊社に興味がある学生に関しては、会社見学に来てもらいました。 パーティー会場が弊社オフィスの近くだったことも良かったです(笑)。 実際に会社に来てもらうことで、社員や会社の雰囲気を感じてもらい、会社理解を深めてもらうことができました。 近年、内定辞退率が高くなり、採用目標人数に満たないこともありました。 どうしたら内定辞退者を減らすことができるのかを考えた結果、学生とのミスマッチをなくすため、エントリー前に会社理解をしてもらう場を積極的に設けることにしました。 弊社は決算指標などを見れば生命保険会社の中でも比較的規模の大きい会社ですが、学生からの知名度は高くありません。 また、ITグループというシステム部門なので、学生からは「厳しい」「堅い」というイメージがあり、なかなか本来の姿を理解し、興味を持ってもらいにくい部分がありました。 オファー承認後、まずは個別面談を行い、学生の興味や志向をヒアリングしたのちに、会社説明をしました。 学生が興味を持ってくれた部分を重点的に話し、生命保険会社のIT部門とシステム開発会社との違いを説明した上で、 弊社選考にエントリーをするかを決めてもらいました。 最初の段階で相互理解を図ることで、ミスマッチが少なくなり、最終的に内定辞退も減りました。 エントリーまでの工数は増えましたが、会社の理解が深まり志望度や意欲が向上した学生の母集団が形成できたことで、その後の選考活動負担は軽減されて、結果的に全体で見れば効率化できたと思います。

次の

採用情報|ジブラルタ生命保険MR採用情報

ジブラルタ生命 選考

ジブラルタ生命への転職を考えている人向けに、難易度と面接傾向を解説していきます! また、求人や企業の情報についても合わせて紹介しています! 目次 ジブラルタ生命の転職難易度 ジブラルタ生命の転職難易度ですが、 職種により難易度が変わります。 以下から、ジブラルタ生命の職種ごとの転職難易度を解説します。 ライフプラン・コンサルタント・MR ライフプラン・コンサルタント・MRの3つに関してはそれほど高くありません。 ライフプラン・コンサルタント・MRは必要とされている経験が営業実務経験1年以上程度で、保険業界の経験やBtoC、BtoB営業の経験を必須とはしていません。 提案力や企画力、交渉力といったスキルのほうが求められる傾向が強いです。 とはいえ、営業経験が豊富だったり、保険業界を経験している人のほうが優遇はされます。 例えばMRの代理店営業だと、既存の代理店コンサルだけなく、新規開拓も重要な業務になります。 そのときに、営業経験が1年ほどの人と2〜3年やっている人とでは、営業の成績に大きな差が生まれるためです。 営業管理職 ジブラルタ生命の営業管理職の転職難易度は特別高くはありません。 ただ正直、転職する本人次第といった感じです。 基本的に営業管理職は、営業管理職採用プロジェクトというものが開催されている期間に求人が出ます。 求人情報には業界・職種未経験歓迎と書かれていますが、歓迎する人材としては以下の3つがあります。 自分で組織を創り、動かし、拡大していくことに情熱を注げる人• 自分の可能性に挑戦したいという成長意欲のある人• 使命感と責任感を持って職務にあたっていける人 基本的に「成長意欲が高い人」をジブラルタ生命は求めているので、そういった気持ちで働けるのが、転職しやすい人の特徴になります。 ジブラルタ生命の営業管理職は、入社後9ヶ月におよぶ研修があり、それが終了した後に営業管理職として配属されます。 ただなんとなく、条件が良い程度の気持ちでは転職するのは難しいでしょう。 成長意欲が高く、仕事に対して真剣に取り組めるということをアピールできれば、採用される可能性はあります。 ジブラルタ生命の面接の傾向・対策 ジブラルタ生命の面接は「人柄」と「過去の経歴」について深く質問される経歴があります。 面接で良く聞かれる「なぜジブラルタ生命には入りたいのか?」という志望動機はあまり質問されません。 実際に、面接では以下のようなことを質問されます。 何をしてきたのか?• 何ができるのか?• 挫折や目標達成経験はあるのか? 面接対策としては「」と「キャリアの棚卸し」を中心におこないましょう。 これらを対策することで、面接官がしてくる質問に対して、適切な回答をしやすくなります。 自己分析に関しては、自分でよくわからない人は周りの人に自分がどう見えるのかを第三者目線で聞くのもありです。 キャリアの棚卸しについては少し特殊ですが、ジブラルタ生命は転職者であっても学生時代のことを質問されることもあるようです。 キャリアの棚卸しする際は、念の為学生時代に学んだこと、どういった勉強をしていたのかまで、準備しておくのが良いです。 個人での面接対策が不安ならプロに頼ろう 面接対策は自分1人でおこなうにはどうしても限界があったりと難しくなってしまいがちです。 そういう人は、 転職エージェントなどプロのキャリアアドバイザーに頼るのも良いでしょう。 転職エージェントなら、転職者が内定獲得するために面接対策を含めた転職支援を徹底的におこなってくれます。 もし転職エージェントに興味があるなら、以下の大手3社のどれかには登録しておくのがおすすめです。 それぞれの職種について、以下から解説していきます。 ライフプラン・コンサルタント ライフプラン・コンサルタントは、顧客との面談を通して最適な保障プランを提案する仕事です。 顧客と直に面談をし、その家族ごとの生活設定や将来の展望をヒアリングした後に、必要な資金学と保障額を算出する必要があるので、コミュニケーション能力は必須な仕事です。 ライフプラン・コンサルタントに転職するには、基本的に営業の経験は不問です。 ただ電話営業になるので、先ほども伝えたようにコミュニケーション能力は必須です。 また、自分から顧客に対して積極的に質問できるかも重要になります。 営業管理職 営業管理職は、全国に704ある営業拠点の一責任者として、人材採用や育成から組織運営を担当します。 営業管理職については先ほど詳しく紹介していますので、転職に必要な条件を簡単にまとめると「成長意欲の高さ」が最重要になります。 MR 代理店営業担当 MR 代理店営業担当 は、代理店に保険・金融業界全般の情報提供と経営のアドバイスをおこない、保険販売代理店との仲介役として重要な役割になっています。 また、既存の顧客以外にも新規顧客も開拓していく仕事です。 応募の条件としては、社会人経験が2年以上、営業歴が1年以上、大卒以上の学歴が必要です。 また、営業職ということで、普通自動車免許が必須になっています。 ジブラルタ生命の企業情報 ジブラルタ生命の企業情報について「事業内容」「年収」「社風」「福利厚生」の4つにわけて紹介していきます。 事業内容 ジブラルタ生命は、生命保険を売ることをメイン事業としている会社です。 従来の保険では、数種類のプランから自分にあったものを選択する必要があり、どうしても保証が足りなかったり、無駄があるなど完璧に自分に合うプランを選ぶことが難しかったです。 ジブラルタ生命の保険は「子供を大学まで進学させたい」「定年ギリギリまで会社の最前線で働いていたい」など、人それぞれに合わせて保険のプランを作成できる、オーダーメイド生命保証を提供しています。 年収 ジブラルタ生命の年収は、職種によってかなり差があります。 ライフプラン・コンサルタントの収入は公開されていないので、営業管理職とMR 代理店営業担当 の収入を以下から紹介していきます。 営業管理職 MR 代理店営業担当 約600〜700万円 約300〜400万円 求人票では、営業管理職の月収が50万円以上で、MR 代理店営業担当 の月収が26万円以上となっています。 上記の年収は、求人票に掲載されていた月収を12ヶ月で計算し、そこにボーナス額を予想して算出した数字です。 社風 ジブラルタ生命の社風は、行動指針にもあるように「勝つこと」や「信頼に値すること」を念頭に置いています。 そのため、お客様の信頼を勝ち取るべく、契約が取ることで収入が上がる成果主義となっています。 また、個人主義の側面が強く、業務を自分のペースで進めることができるため、営業戦略など自分自身で考えて行動することが可能です。 福利厚生 ジブラルタ生命の福利厚生について、主要どころのみ以下から紹介していきます。 退職金制度• 育児支援制度• 永年勤続表彰• 結婚・出産祝金• 弔慰金 他にも、定期健康診断などもあり、社員の生活と健康を考えた福利厚生が充実しています。 ジブラルタ生命への転職を成功させる方法 ジブラルタ生命に転職したいなら、 転職エージェントを利用するのがおすすめです。 ジブラルタ生命は、経験やスキルよりも自社とマッチした人柄なのかを重要視します。 経験やスキルをそこまで重要にしない分、自己分析やキャリアの棚卸しをしっかりとおこなう必要があります。 自分で1人でも面接対策は可能ですが、より内定の確率を上げたいなら、転職のプロである転職エージェントに相談するのがもっとも効率的な手段です。 第三者目線から、自分のどういった点がジブラルタ生命とマッチしているのかをアドバイスしてくれます。 また、面接対策以外にも履歴書の添削や年収交渉を代わりにおこなってくれ、転職のあるゆる部分をサポートしてくれるといったメリットがあります。 もし 転職エージェントを利用するなら、2〜3社を登録することをおすすめします。 転職エージェントの質は担当のキャリアアドバイザーにより大きく左右されます。 自分にとって相性の良いキャリアアドバイザーと効率良く出会うためにも、複数のキャリアアドバイザーと面談をしていくのが良いです。 大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント 大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。 さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。 幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

次の

障害者雇用 - ジブラルタ生命保険株式会社(事務職) : 蒼穹 -そうきゅう-

ジブラルタ生命 選考

データやノウハウを駆使しながら、販売代理店の収益の最大化を図り、販売促進に繋げていきます。 各店舗の動向を把握しながら、商品の研修、セミナーや当社新商品の提案などを実施します。 リストをもとにしたアプローチや既存代理店からの紹介などを通して、開拓へ繋げていきます。 【入社後は】 入社後2ヶ月間は、本社にて研修を行ないます。 基礎研修や事務・営業研修などを通して、商品知識やコンサルティングのノウハウを身につけていきます。 研修後も定期的なフォローアップ研修を実施。 手厚い研修を用意し、サポートしていきます。 また、タブレットが貸与され、学習用の動画ツールも充実。 最新の金融知識や相続・贈与、公的年金や介護保険などの専門的な知識も取得可能です。 【ポイント】 商品やサービスの情報を提供するだけでなく、営業戦略や販売手法のコンサルティングも手がけていきます。 代理店ごとに、研修の内容や提供する情報を変えるなど、異なる戦略を考え実施します。 人だけでなく、数字、店舗全体を見る大変さはありますが、マーケティング、経営、法律、資産運用、会計税務、企業診断など、今後のキャリアに活きる幅広いスキルを身につけていくことができます。 保険代理店の方々に販売をして貰えるよう、戦略を立て実行することがミッションです。 関係構築力に強みを持つ方、販促戦略企画力を身につけたい方、専門性の高い仕事を実現したい方はぜひご応募ください。 募集背景 世界最大級の金融サービス機関、プルデンシャル・ファイナンシャルの一員として、お客様のライフプランに応じた様々な生命保険商品を提案している当社。 格付け機関からは業界トップクラスの評価を得ています。 その間の待遇は変わりません。 超過分に関しては別途支給します。 事業所 本社/東京都千代田区永田町2-13-10 営業本部/全国に8営業本部(北海道、東北、関東、東京、中部、関西、中四国、九州) 支社/全国各都道府県に82支社 営業所/全国各都道府県に709営業所(2018年4月1日現在) 企業ホームページ (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (• ) (•

次の