吹きの休日。 ルロイ・アンダーソンの有名な曲 解説と試聴

トランペット吹きの休日 解説と試聴

吹きの休日

「リコーダー音階ください」って書かなきゃww 本当にリコーダーで演奏するのかわからんが、曲のメロディを「ドレミ表記」で書くのを「リコーダー音階」というらしいぞ。 トランペット吹きの休日の作曲者は、ルロイ・アンダーソン ルロイ(リロイ)・アンダーソン(Leroy Anderson, 1908年6月29日 - 1975年5月18日)はアメリカの作曲家である。 日本国の著作権法では、音楽の著作権は作曲者の死後50年間有効である。 ようするに、無料で楽譜を配布することはできませんよということだ。 無料で楽譜が欲しいとか、知恵袋に「楽譜を回答してください」とか、そういう質問が出てくるから リコーダー吹きは頭が休日か?と馬鹿にされるんだよなぁ。 楽譜を探しましょう。 もちろん販売されてるやつ。 ぷりんと楽譜にはなかったので、 ドレミでここに回答してしまうのは……グレーゾーンです。 音名だけで音の長さが不明だと楽譜と見なせないそうです。 それにこれだけじゃわかんないよね。 こういうの見てリコーダー吹けるなら、そもそもこんなの不要で自分で書けるはずだ。 リコーダーでメロディ演奏するくらいならば、音源聴いて、耳コピしましょう。 吹いてみた……指が回りません。

次の

久々の日曜日レッスン

吹きの休日

日曜10時のレッスン、調べたら、2月23日ぶりでした。 日曜の朝とか、なるべくレッスンを入れたくなかったんだけど、今は生徒さんが来てくれるなら、どうぞ!どうぞ!って感じ 笑。 お会いできるのも嬉しく感じる。 特に今日は何をする予定もなく、昨日会計作業も終わり、先週助成金申請も終わり、ポカンとやる事が無くなった。 夕方、見たいテレビもなくチャンネルをパチパチやっていると、NHKの落ち着いたドラマに辿り着いた。 なんとなく居心地も良さそうだったので見ていた。 夜、寝ながらテレビを見ていた。 またパチパチやっていると、夕方やっていたのと同じ物の続きだった。 夕方は再放送だったのかな?劇的な展開もなく、派手な演出もなく落ち着いたドラマだった。 でも、何か考えさせられる。 こんなドラマ、最近少なくなっているんだね。 これがNHKか・・・。 それも終わって、まだ眠れない感じで、情熱大陸を見たりドキュメンタリーを見たり、またNHKのドラマに辿り着いた。 これも、落ち着いたドラマだった。 大胆な設定だったが、日常感も心地よかった。 日曜の夜に、こんな番組をやっていたのか…。 視聴率は稼げそうな感じはしないけどね 笑。 でも、今の私にとって心地よかった。

次の

トランペット吹きの休日 解説と試聴

吹きの休日

アーサー・フィードラーの指揮するボストン・ポップス・オーケストラからの委嘱で作曲された。 原題「ビューグラーズ・ホリデー(Bugler's Holiday)」のビューグル(bugle)とは、小型でバルブを持たないナチュラル・ホルンの一種。 いわゆる軍隊ラッパ。 とは区別されるため、曲の邦題は『ラッパ吹きの休日』とも表記される。 ただ実際の演奏ではビューグルではなくトランペットが用いられる。 ちなみに、ルロイ・アンダーソン作曲によるトランペット向けの曲としては、似たタイトルの『』も広く知られている。 クラシック音楽と大衆音楽のクロスオーバー ルロイ・アンダーソンの作品は、いわゆる「セミ・クラシック音楽」もしくは「ライト・クラシック」に位置付けられ、いくつかの曲目はファミリーコンサート等の目玉として取り上げられることが多い。 しばしば愛好者からは、クラシックでもなくポピュラー音楽でもなく、「ルロイ・アンダーソン・ミュージック」だとの言い方をされることもあった。 彼のようにクラシック音楽と大衆音楽のクロスオーバーで成功を収めた作曲家は、すでにや、などの例があるが、ルロイ・アンダーソンの場合にはもっぱら小品で人気を集めている。 関連ページ トランペットが印象的に用いられる有名なクラシック音楽の名曲まとめ バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴.

次の