キムコ 電動 バイク。 キムコ、EICMA 2018で 電動スーパースポーツバイク「SuperNEX」を発表|KYMCOのプレスリリース

【電動】KYMCOが台湾向けにEVスクーター2種を発表!電動化の波は日本にも来てる?!

キムコ 電動 バイク

この記事は2018年3月22日当時の情報に基づいて制作されています。 取材・写真・文=バイクブロス・マガジンズ編集部 取材協力/キムコジャパン 2018年3月22日、KYMCO(キムコ)は東京マリオットホテルにて、『Ionex ワールドプレミア in 東京』を開催し、新たな電動バイクプラットフォーム「Ionex(アイオネックス)」を初公開した。 この電動バイクプラットフォーム「Ionex」は従来からメインで行われている自宅での脱着式バッテリーの充電をさらに簡単に行えるようにしたほか、充電ステーションのネットワークや、公共電源ネットワークの構築、予備バッテリーのレンタルシステム、さらに電動バイク「Ionexスクーター」自体に内部コアバッテリーを装備することによって、今まで電動スクーターを購入する際に悩みとなっていた「充電」や「航続距離」の問題を解決し、電動バイクをもっと日常生活に取り入れやすくしていくというもの。 これ以外にも、上記のネットワークをKYMCO以外のメーカーが使用できるようオープンネットワークとするなど、実現されれば電動バイクの利便性が飛躍的に向上することになる。 ワールドプレミアの最後に、KYMCOの会長、アレン・コウ氏は「今後3年間で10種類の電動二輪車モデルを発表し、20か国で電動ネットワークを構築、世界で50万台以上の電動二輪車を販売する」と構想を発表。 Ionexのサービスやスクーターの販売は2018年の後半に台湾でスタートする予定で、時期は未定だが日本でも「Ionexスクーター」の発売が検討されている。 「Ionex ワールドプレミア in 東京」には台湾やヨーロッパのメディアも来場した。 IonexについてプレゼンテーションするKYMCOの会長アレン・コウ氏。 この様子はライブ・ストリーミングで全世界に中継も行われた。 電動バイクの「Ionexスクーター」。 アンダーシートボックスにはKYMCOが開発した、コンパクトなIonexバッテリーが3個入るサイズ。 長距離のツーリングに行く時など、レンタルした予備バッテリーを持っていける。 また、バッテリーボックスはスクーターのステップ部分にあり、ボタンを押すだけでボックスが開く。 脱着式バッテリーの重さは1個5kg未満という軽さ。 自販機のようなIonexの充電ステーション。 この形状にすることで、様々な場所に設置でき、充電が可能に。 また、この充電ステーションではバッテリーの交換サービスなども行う予定。 本日も美しかったKYMCOのコンパニオンの皆さん。 Ionexはまず台湾でサービスや車両の販売を開始する予定。 今後どのように活用されていくのか楽しみだ。 (バイクブロス・マガジンズ編集部).

次の

【キムコ】電動バイクの充電や航続距離で悩まない!! 電動バイクプラットフォームIonexを公開

キムコ 電動 バイク

台湾最大のスクーターメーカーKYMCO GROUP 本社:台湾・高雄市、会長:アレン・コウ、以下キムコ は、今年11月6日から11日にかけてミラノで開催されたEICMA 2018(ミラノ国際モーターサイクルショー)において、現代のスーパースポーツライダーの夢を実現する、「スーパースポーツ」と「電動」を融合させたKYMCO SuperNEX(キムコ スーパーネックス)の発売を発表しました。 キムコ会長のアレン・コウは次のように述べました。 「パーソナル輸送手段の次の時代の主役が電動であることは皆さんご周知のとおりです。 しかし、スーパースポーツバイクの世界における電動化については、まだ多くの方々が躊躇しています。 まず、電動モーターが静かで馴染みのある轟音が出ないことに、スポーツバイク愛好家は物足りなさを感じます。 簡単なツイスト・アンド・ゴー式の操作はより実用的ですが、おもちゃのように感じてしまい、ギアシフトのような満足感は得られません。 また、現在のほとんどの電動バイクでは、最初のラッシュ後、トップスピードに加速するときの持続的なスリルもありません。 その結果、多くのスポーツバイク愛好家は、新しい電動化時代の到来がスーパースポーツの魅力を損なうのではないかと危惧しているのです。 」 スーパースポーツライダーの夢を実現 キムコは、ライダーが真に求めていることを深く洞察し、電動スーパースポーツバイク時代に向け、最も魅力的な方向性を打ち出しました。 この設計哲学は、以下の5つの具体的なアプローチで具現化されています。 ギアシフトは、バイクに乗る技巧の真髄である• 最高の加速は、思考の完成のように感じられる• 自信を持って限界を探ることから興奮が感じられる• 音はマシンの声である• 優れた乗り物は、あらゆるシーンでライダーを盛り上げる 電動モーターとスポーツトランスミッションの融合 第一に、SuperNEXは、ギアシフトがバイクに乗る技巧の真髄であるという信念に基づいて設計されています。 そのため、テクニックを駆使するライダーがいつでも楽しめるよう、スーパーネックスには最新の6速トランスミッションを搭載し、クラッチレス・シフトアップとシフトダウン機能が備わっています。 スリッパー・クラッチにより、通常のシフトダウン時の乗り心地はさらに快適になります。 バイクのライダーが他者から一目置かれる点は、車両の潜在能力を十分に引き出すそのテクニックです。 モーターの様々なパワーバンドを利用するために、ギアシフトのタイミングをマスターしているのです。 ライダーにとっては、自己のスキル向上と、自己実現の追求がまさにモチベーションであり、完璧なギアシフトは、ステータス、特別感、そしてプライドの現れです。 ギアはライダーにとって永遠の魅力なのです。 SuperNEXは、ギアを使用することで、すべてのスポーツバイクライダーにとって必要不可欠な、人とマシンの繋がりをもたらします。 すべての速度で無限の加速 今までの電動バイクの問題は加速力でした。 電動モーターの本質的な特性として、ミッドレンジで最大馬力に達し、その後出力カーブが減少するのです。 その結果、単一ギアの電動バイクでは、所定の速度に達すると、加速力が顕著に落ちてしまいます。 さらに、このパワーの欠如は、スーパーライダーが重視する高速走行で最も頻繁に感じてしまいます。 しかし、SuperNEXはその課題を解決しました。 6速トランスミッションでは、ライダーがバイクから最大の能力を引き出すために、モーターのパワーバンドを有効に使用できます。 ギアは効率と応答性だけでなく、加速と最高速度を改善しました。 その結果、SuperNEXは、時速0キロから100キロに2. 9秒、時速0キロから200キロに7. 5秒、時速0キロから250キロに10. 9秒で到達することができる驚異的なパフォーマンスを発揮します。 加速が思考の完成のように感じられるとすると、SuperNEXの体験はライダーにとってまさに魅力的なものとなります。 完全なエンゲージメント・パフォーマンス 現在のスーパースポーツバイクの能力は、ほとんどのライダーのスキルを上回っていると言えます。 そのため、すべてのスポーツバイク愛好者が次のレベルのスキルに自信を持って挑戦できるよう、キムコは、ライダーがバイクの能力をすべて活用できるような先進パフォーマンス制御システム、キムコFEP KYMCO FEP: KYMCOフル・エンゲージメント・パフォーマンス)を開発しました。 ハードな加速中には、FEPがウィーリーやホイールスリップを防止し、ハードブレーキ中には、後輪の持ち上がりを防ぎます。 荒れた路面や湿った路面を走行するときは、FEPが最大の牽引力を発揮します。 さらに、FEPエンゲージメントのレベルはライダーの好みに合わせて調整することができます。 キムコでは、スーパースポーツという究極のスリルを追求する楽しみを、より多くのバイク愛好家に広めたいと考えています。 FEPを活用することにより、すべてのスポーツバイクライダーはSuperNEXの能力を最大限に引き出すことができます。 アクティブ・アコースティック・モーター マシンのキャラクター、感覚、情熱が求められるスーパースポーツバイクでは、電動モーターの静けさは課題となります。 情熱的な願望の対象ではなく、パーソナルな輸送手段に過ぎなくなってしまうからです。 この課題に対応するため、SuperNEXでは、マシンの鼓動を伝えるように設計された、世界初のアクティブ・アコースティック・モーターを搭載しています。 このモーターには、ダイナミックなモーター・サウンドを忠実に再現するマルチ周波数音響発生器が搭載されており、すべてのスポーツバイクライダーが望む、スーパースポーツの象徴的なスリルやメッセージを届けることができます。 また、音の個性や音量は、ライダーの好みに合わせて、さらに調整することもできます。 スーパースポーツバイクでは、音は人とマシンの接点として最も重要な媒体の一つであり、モーターの回転数レベルと負荷条件を伝えるものです。 ライダーが常に状況を認識し、ギアをシフトしたりスロットルを開いたりするタイミングの判断に役立つのです。 そして、回転数とスピードの上昇に伴い、怒濤のような音の盛り上がりが聞こえることは、スポーツバイクのライダーにとって最も強烈なスリルの一つなのです。 音は、マシンの個性です。 ブーンという音、吠えるような轟音、ゴロゴロという音、叫んでいるような音など、どのスーパースポーツバイクも、トーン、強さ、テクスチャー、デリバリーの点で、異なる、独自の音を持っています。 これは、各バイクの個性というだけでなく、外の世界に向けたオーナーの主張でもあります。 スーパースポーツバイクへの愛着という点で、音は最も重要な要素となります。 音は、バイクの声であり、アクティブ・アコースティック・モーターは、バイクの鼓動を伝えるだけはなく、ライダーの魂を伝えていきます。 SuperNEXは従来型の電動バイクとは異なり、以下の4つのモードを備えています。 「ポイズド Poised 」は、落ち着いて近隣を滑るように走行し、周囲の世界を忘れ、あなたの内面の強さを静かに強調します。 「アサーティブ Assertive 」は、態度を変化させます。 パワーと礼節の完璧なバランスを保ちます。 「ボールド Bold 」は、あなたの握る強靭なパワーを、心臓の鼓動と同期していつでも解き放ちます。 「エクストリーム Extreme 」は、獣のようなパワーを発揮し、欲望に燃え、他はバックミラーでしか見えない、極限のパフォーマンスとなります。 スポーツバイクのライダーは、あらゆるライディングの機会を最大限に楽しむことを切望しています。 時にはワイルドに、また時には洗練された行動をとります。 時にはすべてのパワーを発揮したくなり、また、時には控えめになります。 いつもは、完全にコントロールされた規範の中にいながら、極限までプッシュする選択肢も備えていたい、と思うのです。 音は、バイクの声であり、アクティブ・アコースティック・モーターは、バイクの鼓動を伝えるだけはなく、ライダーの魂を伝えていきます。 ライダーがスーパースポーツバイクのモードを調整し、バイクの様々なパーソナリティを生み出す自由を持つことができるのは、SuperNEXが初めてです。 スポーツバイクのライダーは、自分の人生の多様性を反映するSuperNEXを、あらゆる方法で楽しむことができるのです。 会長のアレン・コウは次のように述べています。 「SuperNEXと共に、キムコはスーパースポーツの次の時代の始まりを告げました。 当社は、電動バイクが世界中のライダーの皆様の心を勝ち取る大きなチャンスとなる新時代を切り開くと確信しています」 ABOUT KYMCO KYMCOは、世界をリードするパワースポーツブランドの1つです。 KYMCOの使命は、世界中の消費者の心を掴むパーソナルビークルを作り出すことです。 KYMCOは、常に日常生活の中で最も思慮深い乗り心地を顧客にもたらしてくれることを常に意識しています。 KYMCOの現在の製品には、スクーター、オートバイ、モビリティスクーター、ATV、ユーティリティービークルなどがあります。

次の

価格.com

キムコ 電動 バイク

イタリア・ミラノで開催されたEICMA2018で電動バイク界にビックニュース! 何かとスクーターやレーシングマシンなど、普通のバイク好きにとってはイマイチ印象が薄い電動バイクですが、それは今回の発表で打ち砕かれました。 激っ速電動SSの登場です! こちらが今回発表された電動スーパースポーツ「 SUPERNEX」。 一見普通のスポーツバイクですが、中身は 最新鋭の電動です! デザインもかなり攻めてます。 最近は電動、ってだけで青いライン入れたりしますが、SUPERNEXは 未来感あるスタイルで表現しています。 リアビューからの迫力も強烈! SSのデザインはこうでなくちゃ!というポイントをしっかり押さえています。 オーリンズの倒立フォークに OZのホイール、 ブレンボキャリパーなど、豪華すぎるくらいのパーツが惜しみなく盛り込まれているんです。 そしてもう一つ凄いのは 6速ミッション付きというところ。 今までの電動は競技用や特殊なものじゃないとミッション無しでしたが、モーターのパワーバンドを最大限活用できるように搭載されたそうです。 100kmまで3秒 Super NEXはスタートから 2. しかもそのパワーをしっかりコントロールできるようにウイリー抑制やトラクションコントロール、4種のモード制御など、 誰が乗っても激っ速仕様なんです。 日本の規制ではどうなる? ぶっ飛んだ高性能の電動バイクですが、実は今の日本で登録しようとするとなんと 軽二輪、つまり 250ccと同クラスの区分になります…。 ただ、ここまでハイパワーな電動バイクが出てきてしまった以上 国も対応してくるはずなので今後なにか改定されるかもしれません。 他の国では馬力数で区分を決めたり、バイク全般全部一緒だったり、日本ほど問題が起こりそうな感じではありません。 おそらく 市販されるとすれば超高額なので誰でも買えるバイクではないと思いますが、この性能を持って250登録は明らかにヤバイですよね…。 万が一の場合でもコケる、どころの話じゃ済まなくなっちゃいますよ…。 販売予定などは発表されていないためまだ不明ですが、公道でも扱えるようにかなり現実味ある形で発表されたので 期待していいんじゃないでしょうか。 日本ではいろいろと対応を求められますが、電動でこういうテイストのバイクがデカデカと出てきたのは嬉しいニュース! ガソリンを使わず燃費がいいとか、エコとかそういうイメージが強いのが電動バイクでしたが、SUPERNEXの登場によって 世界の電動事情が変わってきそうな予感です! (ライター:佐藤 快/) 【関連記事】 by カテゴリー : タグ : ,.

次の