パソナ キャリア。 グループ会社一覧

パソナキャリアを利用してみた(転職エージェントプロが語る)

パソナ キャリア

対応地域 全国 探せる職種 営業、管理・事務、IT・Webエンジニア、技術職(電気・電子・機械・化学)、クリエイティブ、マーケティング・企画、コンサルタント・士業、販売員・サービススタッフ、研究・開発、専門職(Web・IT・ゲーム)、専門職(金融)、専門職(不動産・建設) 求人数 3万件以上 特徴 ・転職サポートの質が高い ・顧客満足度が高い ・25万人分の転職ノウハウを保有 ・転職後年収アップ率が67. 1% パソナキャリアの特徴 パソナキャリアの特徴は、大きく3つあります。 なかでも「転職サポートの質が高い」ことは、転職エージェント業界でも有名です。 転職サポートの質が高い• 求人の質が高い• 中小企業の転職エージェントでは、ここまでのサポートを受けることは難しいです。 「初めて転職される方」や「丁寧に転職活動を進めたいという方」には、パソナキャリアはおすすめです。 転職エージェントのなかには、無理に求人を紹介してくるところがありますが、パソナキャリアではそういったことはないので、安心して利用できる転職エージェントです。 初めての転職で不安でしたが、担当してくださったキャリアアドバイザーさんが丁寧に対応してくださり、無事転職することができました。 求人内容についてもしっかりと説明してくださり、無理に応募させることもなく、非常に好感の持てる対応でした。 これから転職される方には、ぜひ利用して頂きたい転職エージェントです。 これらの転職エージェントは、求人の質・量が圧倒的です。 一方で、 パソナキャリアは、求人の量では劣っていますが、他に引けを取らないほど求人の質が高いです。 その理由は、人材派遣業界で第2位のポジションを確立しているため、大手企業や有名企業とのパイプがあるからです。 他転職エージェントでは扱っていない求人をパソナキャリアが保有しているケースもあるため、幅広く求人を探したい方は、パソナキャリアをチェックしてみてください。 私は、人材系企業に勤めているので、各転職サービスの特色については理解しています。 パソナキャリアさんは、 大手企業から中小企業、ベンチャー企業まで、質の高い求人を保有しているので、求人を広く探している方であれば、登録をおすすめします。 ただ、やはり大手の転職エージェントには求人の量では負けるので、リクナビネクストやリクルートエージェントにも合わせて登録しておくことは必須だと思います。 女性の転職をサポートしてきたプロのキャリアアドバイザーが集まっており、安心して任せることができます。 「女性社員が活躍している事例」「産休・育休から復帰した女性の数」など、女性特有の転職事情に精通したキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれるのは、女性にとっては非常にありがたいと思います。 「ワーママさん向けの求人特集」や「女性が活躍するIT企業の求人特集」などの情報が掲載されているので、公式HPをチェックしてみてください。 30代中盤での転職だったので、本当に転職できるか不安でしたが、キャリアアドバイザーさんが丁寧に相談に乗ってくださり、スムーズに転職活動を進めることができました。 パソナキャリアは、女性の転職に強い、というよりは 女性の転職に特化したキャリアアドバイザーさんがいるので、利用しやすかったです。 パソナキャリアはこんな方におすすめ は、• 初めて転職される方• 幅広く求人を探している方• 女性の転職者 におすすめです。 特に、初めて転職される方にとっては、「手厚い転職サポート」は嬉しいはずです。 ただ、やはり求人数が他転職エージェントと比べると少ないので、転職エージェント業界で求人数No. 1の 『』や 『』と 『』を併用することをおすすめします。 自分のペースで転職活動をされたい方は、転職サイトをメインに使い、転職エージェントは面接対策などの事前準備に使うのも良いでしょう。 パソナキャリアの利用の流れ なぜ転職エージェントは無料なの? 転職エージェントは、求職者には料金が発生しないビジネスモデルとなっています。 一方、採用企業は求職者を1名採用するごとに、コンサルティングフィーとして転職エージェントに成果報酬を支払います。 しかし、同一求人に複数の転職サービスから応募することはNGです。 自分の興味のある求人だけに応募するようにしましょう。 転職エージェントを利用すると、複数回にわたり求人を紹介されます。 自分の希望条件とずれた求人を紹介された場合は、キャリアアドバイザーに指摘しましょう。 指摘することで、求人紹介の精度が高まっていくはずです。 (それでも、希望条件とずれた求人紹介が続いた場合は、キャリアアドバイザーの担当変更も可能です) パソナキャリア以外におすすめの転職サービス パソナキャリア以外におすすめいしているのが、下記の転職サービスです。 有名な転職サービスばかりなので、ハズれはありません。 元リクルートの転職エージェントからすると、知名度の低い転職サービスはおすすめできません。 「求 人数」「サポートの質」「年収アップ率」を考えると、大手企業が運営している転職サービスの方が断然おすすめです。 0) 【公式HP】 は、業界最大手のリクルートキャリアが運営している 転職支援実績No. 1の転職エージェントです。 求人数、キャリアアドバイザーの質、サポート体制、どれをとってもトップクラスです。 利用者の60%以上が年収アップしており、転職をするなら必須の転職エージェントと言えます。 ぜひ公式HPをチェックしてみてください。 対応地域 全国 探せる職種 営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営、管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・IT・エンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・化粧品、その他(講師・調理師・介護など) 求人数 約24万件(2018年11月現在) 特徴 ・転職支援実績No. 0) 【公式HP】 は、人材業界大手のパーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職エージェントです。 2018年10月時点の 会員数は約440万人で非常に人気の高いです。 転職者満足度は業界1位と言われるほど、ユーザーファーストの転職エージェントです。 ぜひ公式HPをチェックしてみてください。 5) 【公式HP】 は、人材業界大手のマイナビが運営する 20〜30代の転職に力を入れている転職エージェントです。 最近では、その使いやすさと求人の質からユーザー数を急速に伸ばしています。 他の転職エージェントに比べて20〜30代の転職に強く、20代に信頼されている転職エージェントで第1位に選ばれています。 ぜひ公式HPをチェックしてみてください。 0) 【公式HP】 は、業界最大手のリクルートが運営する転職サイトです。 圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。 転職活動をされている方のほとんどが利用しています。 求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っているので、希望条件に合った求人が必ず見つかります。 履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので、重宝すると思います。 ぜひ公式HPをチェックしてみてください。 対応地域 全国 探せる職種 営業、事務・管理、企画・マーケティング・経営・管理職、サービス・販売・外食、Web・インターネット・ゲーム、クリエイティブ(メディア・アパレル・デザイナ)、専門職(コンサルタント・士業・金融・不動産)、ITエンジニア(システム開発・SE・インフラ)、エンジニア(機械・電気・電子・半導体・制御)、素材・化学・食品・医薬品技術職、建築・土木技術職、技能工・設備・交通・運輸、医療・福祉・介護、教育・保育・公務員・農林水産・その他 求人数 非常に多い 特徴 ・転職者の約8割が登録 ・転職決定数No. 1 ・約9割が正社員求人 ・約85%の求人がリクナビNEXTの限定求人 ・毎週水曜・金曜に数千件の新着求人がアップ ・スカウト機能 ・「転職成功ノウハウ」などのコンテンツが充実 ・検索機能が使いやすい ・人材紹介会社であるリクルートが運営している安心感.

次の

PASONA MYPAGE

パソナ キャリア

今回の記事の目次• パソナキャリアはどんな転職エージェントか? 当時の私は30歳前半でした。 人事をしていた私は、転職に転職エージェントが有利ということが分かっていたために、大小の転職エージェントへ複数登録しました。 比較的若かったこともあり求人数も豊富にありましたが、中でも、パソナキャリアの求人は質が高く数も豊富で、非常にプラス要素になっていました。 パソナキャリアの企業理念は 『利益優先で人の人生を不幸にするなんてことは、あってはならない』 です。 実はパソナキャリアはかなり営業体質の会社なのですが、この企業理念により人の幸せを優先する転職エージェントとなっているのです。 営業体質の社風を持つ転職エージェントは規律がしっかりしていることが多いです。 パソナキャリアの場合は、営業体質であっても企業理念が社内全体に浸透しているため、無理な押し込みなどがないのです。 私の周りにもパソナキャリアの転職サポートを受けた人が多くいますが、誰一人として無理な押し込みなどは受けず納得できる転職活動ができたと言っています。 私も同じです。 転職エージェントとしての特徴 パソナキャリアのスタンスを紹介したところで、次は転職エージェントとしての特徴をご紹介します。 求人について 求人の数、種類、質、どれもトップクラスです。 企業からの評判が良いため求人が集まり、それに伴い求職者も多く登録します。 これがパソナキャリアの展開方法ですが、抱える求人も多岐にわたり、求人が少ない職種がありません。 そしてパソナキャリアは独占求人が多いです。 私が登録した当時、パソナキャリア以外は他の転職エージェントと重複している求人が多かったですが、パソナキャリアにしかない求人は結構ありました。 サポートできる幅が広い また、 比較的どのような年齢・役職にも対応できることがパソナキャリアの強みの一つです。 そして、キャリアアドバイザーの質も極めて高いです。 この場合、情報疎通が難しくミスマッチが起こりやすいのですがパソナキャリアは万全です。 私は人事担当時代にパソナキャリアの営業担当とよく打ち合わせをしましたが、定期的にキャリアアドバイザーも同席するのです。 また、打ち合わせの際は人事だけではなく、求人ポジションの所属長も必ず同席しました。 人事から企業全体を、所属長から求人の詳細を把握しているのです。 時には企業側がパソナキャリアへ出向き、複数のキャリアアドバイザーに対して求人を直接共有したりもしています。 これによりミスマッチを完全に近い状態まで防ぐことができています。 キャリアアドバイザーが企業の求人内容を詳細まで把握しているため、紹介の際に求職者に入る情報が良質です。 ツーフェイス型 転職エージェント内で割り振りが行われ、企業担当と求職者担当が連携して転職成功を支援するタイプです。 役割がそれぞれ分担されていて、企業、求職者ともにきめ細かいサポートが受けられるといったメリットがあります。 反面、連携すると言っても役割を分担しますので、連携にズレが生じることもしばしばあります。 優良認定転職エージェント また交渉能力にも長けていて、とても心強かったです。 それと、転職活動で苦戦している求職者のために定期的に勉強会を開いています。 高齢者の再就職支援や農業業界や介護業界への転職エージェント活動も積極的に行い、厚生労働省から優良認定転職エージェントとして表彰されるなど、社会貢献に寄与する姿勢が伺えます。 登録から担当者決定まで パソナキャリアへ登録するためには、ホームページ(HP)から個人情報の入力が必要になります。 入力が完了して送信すると、後日パソナキャリアから連絡があります。 この連絡をくれた担当者が私のキャリアアドバイザーとなりました。 パソナキャリアは大手の転職エージェントであり、人材リソースも豊富にあるため、相性など何か不備があればキャリアアドバイザーの変更はいくらでも可能です。 しかし、どのキャリアアドバイザーもサービスレベルがほぼ統一されているので、担当者の変更はあまり考えなくて良いと思います。 担当者決定から面談まで 電話では、後日面談のために来社してほしいと依頼があります。 その際に、下記のような書類を持参してほしいとも言われました。 面談の際に持参するもの• 履歴書(データとペーパーの両方)• 職務経歴書• 履歴書用写真 事前に用意できる場合は、データでメールにて共有しておいてほしいとも言われます。 私は求人を面談内で紹介してほしかったため、事前に書類を共有しています。 面談内で求人を紹介されることもあるため、面談前にデータで共有するとその書類に見合う求人を探してくれます。 なお、パソナキャリアは外資系企業からの求人も持ち合わせているため、外資系企業への転職を希望する方は必須です。 こういった書類の他、面談までに転職理由や転職条件などを整理しておいてほしいとありました。 実際の面談内容 後日の面談は、私が現職中であったため平日の夜20時から開始でした。 場所はパソナキャリアの本社です。 東京駅からすぐのところにありますのでアクセスも楽です。 余談ですが、パソナキャリアの社内には草木が生えています(笑) これはオシャレ感のある雰囲気を演出しているらしいです。 パソナキャリアのオフィスはとてもきれいです。 面談の個室に行くまでに社内を通ったのですが、皆さんあいさつがしっかりしていて営業体質の企業とは思えないフラットな感じでした。 個室も非常にきれいでお茶も用意してくれます。 面談ではキャリアアドバイザーからのあいさつと共に、転職サービスの利用説明と個人情報保護の説明があり、それにサインをします。 その後、事前に共有した履歴書や職務経歴書をもとに、私のプロフィールや経歴や希望条件を伝えました。 そしてキャリアアドバイザーからのヒアリングとなり、最後に求人の紹介となります。 パソナキャリアの三つの面談方法• 来社しての面談• 電話インタビュー形式• キャリアアドバイザーが求職者に希望する近くまで訪問して面談を行うタイプ どれにも柔軟に対応してくれますが、基本はパソナキャリアへ来社しての面談となるようです。 パソナキャリアの求人紹介 面談で紹介された求人は幅広めで、中には希望と若干違う求人もありましたが、パソナキャリアとしては把握済みだそうです。 求職者は希望条件を限定する傾向があり、本当はもっと違う求人がマッチしていても可能性がなくなるのを防ぐために、条件に合致していない求人も幅広く紹介するのだそうです。 パソナキャリアから面談で紹介してもらった求人数は30社ほどで、希望の人事職を中心に他の職種も可能性として紹介がありました。 また、先述の通りでパソナキャリアの独占求人も多かったです。 いったん持ち帰って、できれば一週間以内に応募する求人を教えてほしいと言われます。 面談はこれで終わり求人を紙ベースで預かり帰宅したのですが、早速求人を読み込んで翌日には応募するかどうかの連絡をキャリアアドバイザーへ行っています。 面談後の応募手続きや書類のやり取り、その他の面接日程調整などについては、メール中心で一部電話となります。 重要な内容がメールの履歴として残るように配慮しているのだそうです。 また、面談後はキャリアアドバイザーだけではなく、応募する求人の企業担当も電話やメールでバックアップしてくれる体制となっています。 応募求人への手続きに際して 応募する求人を伝えると、キャリアアドバイザーから「履歴書と職務経歴書の見直しをしましたので確認ください」とありました。 一社ごとにカスタマイズして添削してくれます。 キャリアアドバイザーも企業を熟知しているため、その企業ごとに志望動機含めたレジュメの内容を変えましょうということです。 そして、パソナキャリアは企業へ求職者を紹介するにあたりキャリアアドバイザーからの紹介状がつきます。 紹介状の内容はこれで良いか確認してほしいとのことで目を通しましたが、ほぼ完璧なものでした。 パソナキャリア経由の書類選考 私は30社程度の紹介の中から20社の応募手続きを行いました。 その中で書類選考が通過した数は9社です。 通過率としては5割を若干切るぐらいですね。 さらっと書いてしまいましたが、書類選考をある程度把握している方にとっては驚異的な数字だと思います。 私の実力があったとかではなくて、パソナキャリアのキャリアアドバイザーの質が高いためです。 事前に個々の企業に合わせたレジュメの添削、紹介状の精度、そして企業からの信頼が厚いといった理由により、5割ほどの通過率が可能になったのだと思います。 後で聞いたのですが、 パソナキャリアでは求人を受注した企業からどのようなレジュメが見やすいかどのような点を知りたいかをしっかりとヒアリングしていて、それに基づいてレジュメを添削していたのです。 なお、通常の平均的な書類選考の通過率は1割程度です。 いつまでも通過できないとじわじわとダメージが積み重なりますので、キャリアアドバイザーにかなり相談した方が良いです。 中には自信喪失して、転職活動そのものを辞めてしまう人もいますので。 選考から内定を勝ち得るまで 一般的には狭き門と言われる書類選考を半分も通過したのですが、この後の面接対応が大変でした。 応募時にキャリアアドバイザーから「もう少し数を絞らないと書類選考が通過した後の対応が大変になります」と言われていたのですが、ここまで書類選考が通過するとは思っていなかったのです。 パソナキャリアを利用する方はあらかじめ応募数を抑えておくのが良いと思います。 私は現職中であったため仕事が終わった夜に面接を1社行うことが普通でしたが、9社も同期間で面接を組む必要があり、有休を使ったりしながら対応しました。 ただ、1社に対する準備が欠けたり、キャリアアドバイザーとの情報共有が不足してしまうことが多くなっています。 自分の判断ミスで、結果的に9社のうち5社も面接見送りになりました。 1次面接でこの通過率はだいぶ低いです。 見送りになった理由 キャリアアドバイザーから見送りの理由が必ず具体的にメールで流れてくるのですが、全ての企業から 『当社に本当に入社したいか分からない。 質問への受け答えも曖昧で必然性を感じない。 』 といった評価をされていました。 私は意欲こそあるものの、それをうまく伝えられていなかったのです。 そのために 面接前にキャリアアドバイザーと対策をするのですが、私は面接が多過ぎて準備が甘かったのです。 色々ありましたが、パソナキャリアから応募した求人から3社の内定をいただきました。 パソナキャリアでは面接前に企業が聞いてくるであろう質問を事前に教えてくれますし、企業や面接官の特徴も教えてくれます。 特に志望度が高い求人については、その企業の営業担当もマメに連絡をくれて、アドバイスがあったりします。 面接後、志望度が高くなったりした場合はさりげなく企業へプッシュしてくれたり、他の選考者の比較も企業から聞いて自分がどのような位置づけにあるのか知ることもできます。 内定後の入社条件の調整 さて、転職エージェントを求職者が利用する目的の一つに内定後の条件交渉があります。 直接応募すると企業との内定後も全て自分で交渉することとなり、転職では弱者となる求職者に有利とは言えません。 特に給与面においては企業の言いなりになってしまう場合が多いです。 これを防ぐために、代理人を通して条件交渉します。 パソナキャリアはこのサービスを非常に得意としています。 私は人事担当として多くの転職エージェントと条件交渉をしたことがありますが、パソナキャリアは抜群の交渉力です。 結果的に私も3社の内定先全てで条件が上回りましたし、他の友人から聞いても大半の方が希望条件を上回る内容で入社しています。 内定後、また、内定辞退について 私は内定が出た企業3つの中から1社を選んで入社しています。 その際、どの企業も条件が良く非常に悩みました。 パソナキャリアは複数の企業から内定をもらっている場合、どの企業に入社するべきか判断材料を増やすために企業との懇親会を設けてくれます。 面接だけでは見えないことはたくさんあり、中には転職後にこんなはずじゃなかったと早期退職する人も多くいます。 そのようなことも防ぐ意味でも懇親会は有効です。 辞退防止の要素として懇親会を設ける転職エージェントもありますが、あくまでパソナキャリアは求職者の入社基準の材料を目的としています。 パソナキャリアもその場に同席してくれますので打診しても良いと思います。 また、費用は企業側が持ちますのでその点も安心です。 私は懇親会での情報が決めてとなって入社を決めています。 補足ですが、転職エージェントは辞退されると自社の収益にもなりませんし、企業の信頼も低下しかねません。 内定辞退を防止して無理に入社を押し込む場合もありますが、パソナキャリアは自社の企業理念に律しているためこのようなことが一切ありませんでした。 パソナキャリアは登録すべき転職エージェント これまでパソナキャリアを利用しての私の体験談をご紹介してきましたが、いかがでしょうか? パソナキャリアは求職者視点で最高のパフォーマンスを発揮してくれます。 求人数の豊富さ、キャリアアドバイザーの質、内定後の条件交渉の強さを中心に転職活動には欠かせないエージェントだと思います。 パソナキャリアは元々人材派遣で有名でしたが、事業転換して現在は転職エージェント事業に力を入れています。 当時の人材派遣ではかなりの営業体質で企業や派遣スタッフからの評判も良くなかったのですが、これを一新して今に至っているようです。 その成果もあってか、確固たる地位を確立して今では日本全国に拠点を構える大手の転職エージェントです。 転職エージェントを利用して転職する場合は、パソナキャリアは必須利用だと思います。 私はこれまで27社のエージェントを使ってきましたが、パソナキャリアはほぼ間違いなく、転職成功への近道です。

次の

パソナキャリアの口コミ評判|他社と比較してどう?決定的に優れている3つのポイント

パソナ キャリア

メール送信後、担当のキャリアアドバイザーより連絡があります。 以前と同じ担当者にあたるとは限らないので注意! パソナキャリアを退会したい理由 パソナキャリアの退会理由は、大きく分けて3つのパターンが存在します。 転職先が決まったから• パソナキャリアに不満がある• 転職する必要がなくなった 1と3の退会理由は問題ありませんが、2のパソナキャリアに不満がある場合は退会理由を伝えにくい方も多いでしょう。 しかしパソナキャリアは メールで退会の連絡ができます。 直接は伝えにくい退会理由でも、メールであれば伝えやすいでしょう。 パソナキャリア退会時のメールの文面も紹介しているので、是非参考にしてみてください。 この度他の転職エージェント経由にて転職することが決まりました。 そのため転職活動を終了させていただきたく、退会のご連絡を差し上げました。 つきましてはパソナキャリアの退会及び個人情報の削除をお願い致します。 パソナキャリア経由での転職とならなかったこと大変申し訳ございません。 よろしくお願い致します。 パソナキャリアへの 不満が解消できれば、必ずしも退会する必要はありません。 キャリアアドバイザーと合わないと感じたまま転職活動を続けると、ストレスが溜まり、良い結果も生まれにくいと言えます。 現在の不満が担当者との折り合いが悪いだけで、パソナキャリア自体に不満が無ければ 担当者を変更するだけで解決するので、 退会する必要はありません。 求人が全然紹介されない 「登録したものの全然求人の紹介がされないから転職活動が進まない」場合は、パソナキャリア退会前に下記対策をとってみましょう。 希望条件の見直し• アドバイザーにコンタクトを取ってみる あなたの希望条件に合う求人が無く、紹介できない可能性もあります。 一度キャリアアドバイザーと相談し希望条件を見直してみましょう。 それでも求人を紹介してもらえない場合はパソナキャリアを退会し、 他の転職エージェントを利用する選択がベストです。 この度今の会社に留まることを決め、転職活動を取りやめることと致しました。 そのため転職活動を一旦終了させていただきたく、退会のご連絡を差し上げました。 つきましてはパソナキャリアからの退会と個人情報の削除をお願い致します。 どのパターンの場合にも共通しますが、『退会』の選択肢だけではなく『 利用を休止』する形も選択肢にいれておきましょう。

次の