インフェルノ 歌詞 意味。 【King Gnu/Slumberland】歌詞(和訳)の意味を徹底解釈!MVとリンクさせて伝えたかったものとは?

炎炎ノ消防隊 アニメOP「インフェルノ」assets.pnconnect.porternovelli.com APPLEってどんなバンド?

インフェルノ 歌詞 意味

夢ややりたいことはあるが、それをいざ実行するキッカケもタイミングもなく、先延ばしにして何も出来ずにただ無駄に時間を浪費してしまっている現状。 ここまで生きて得た経験すら上手く扱えず、光が見えない生活の中にいてどうしようもない状況が歌われています。 タラタラと過ごしているといつの間にか、照らされていた闇さえもなくなり、気がつけば過去も未来も見えずに何も動けなくなってしまう状況が訪れてしまう。 そういった誰しも陥ってしまう可能性を、ここで提示しているのです。 時間は戻らない。 無駄に過ごせば、その残酷さに裏切られることは多々あるが、一秒一秒を大切に生きれば、過ごした中で得た時間は全て糧になっていくことが唄われていることがわかります。 その現実を一番感じるのが、「命」についてだといえるでしょう。 いずれ来る自分の終わりを考えると、どうしようもない恐怖に襲われる。 ですが、その終わりがあるからこそ、限られた時間で何かを成そうという想いが生まれます。 終わりを受け入れて笑って精一杯生きようとする心が、自分の人生に意味を与えることができるのです。 その宝物があるからこそ、それを失わないよう命を続けていく使命感にもなっていく。 命はいずれ終わる。 ちょっとしたキッカケで簡単に消えてしまう。 自分ではどうすることもできない不幸によって、奪われる、また自ら奪ってしまうかもしれません。 それはまるで灯された火のように、消える時は呆気なく儚いものなのです。 だからこそ、その火が出来るだけ消えないように炎といえる程、大きく燃やす必要があります。 命の火を大きく燃やす為に必要なものは、生きようとする強い意志であり、その意志は守り続けたい過去の思い出と、未来への夢によって育まれるといっていいでしょう。 儚い運命を纏う命だからこそ、自らが生きる意味を自らに与えて、常に強く燃え上がらせるべきなのです。 この楽曲のタイトルの『インフェルノ』には「地獄」と「業火」という二つの意味があります。 いつだって地獄のような残酷さをはらんだ世界を生きる私たちは、いつ命の火が消えてもおかしくありません。 そしてどれだけ気をつけても、やがて必ず終わりはやってきます。 だからこそ、いつだって命の火を業火のように燃え上がらせて、消える最後まで自分らしく精一杯生きるべきなのである。 という意味が、タイトルには込められているのでしょう。 そしその熱い意味が、歌詞の最後まで刻まれており、歌われています。 この曲は、全ての人に与えられた儚い命の火が消える最後まで、その火を全力で焚きつけて炎にしてくれる熱量に溢れた一曲といえるでしょう。 TEXT 京極亮友.

次の

Mrs. GREEN APPLEの僕のこと 歌詞の意味!もがくことが成長に繋がる!

インフェルノ 歌詞 意味

「インフェルノ」は映画タイトルでも使用されている言葉ですが、その意味は「地獄」だけではありません。 「インフェルノ」が示す「地獄」や、それに関した他の意味も含めて、ご紹介していきます。 地獄 基本的な意味は、「地獄」です。 日本では「地獄」と言えば、地獄絵図やキリスト教で言われるような残虐なイメージをされますが、英語では「ヘル」も「地獄」を表す言葉であり、同じ「地獄」でも「インフェルノ」と「ヘル」でイメージが違っています。 「ヘル」と「インフェルノ」の違いについては、後にお伝えします。 地獄のような 「地獄のような場所や状況」の意味です。 言い方を換えて、「地獄さながらの光景」と和訳されることもあります。 大火 「大火」というのは「大きな火」のことですが、「インフェルノ」の語が意味する「大火」には「地獄」の意味も含まれており、「地獄のような(強烈すぎて消せない)火」や「業火」を表しています。 「業火」は仏教で言われる「悪業が身を滅ぼす」ことを「火(で身を滅ぼす)」に例えた言葉で、「罪人を焼き苦しめる地獄の火」を「業火」と言うこともあります。 「インフェルノ」の語源は? 「インフェルノ」は「地獄」の意味にプラスして、「地獄のような」と「大火」の意味がありました。 一方の「ヘル」には、「地獄」の意味にプラスして「地獄のような苦悩の場・この世の地獄・修羅場・絶対〜ない」などの意味があると言いました。 「ヘル」は、想像上の「地獄」だけでなく、この世に(生きている中で)ある「地獄」を表す時にも使用されます。 「苦悩の場・この世の地獄・修羅場」といった意味は、正に「この世」で起きている「地獄のような」状況です。 「インフェルノ」は「この世」における「地獄」を表す時には「地獄のような」の意味を使うこともできますが、想像上としての「地獄」を表したり、「大火」の意味からして「地獄のような大きな火」や「地獄を思わせる過酷な火」を表す時に使用される語とされます。 「インフェルノ」の意味は、「地獄・地獄のような・(地獄にある)大火」でした。 「地獄」の意味で考えると、対義語がどの言葉になるのかをイメージしやすくなるでしょう。 ヘブン 「インフェルノ」の対義語として、第一に挙げられる言葉は「ヘブン(Heaven)」です。 意味は「天国」であり、単に「天」を表す時にも使用されます。 人間が死した後の世界の1つとして考えられており、地獄とは正反対(安らぎがある)と想像されている場所です。 パラダイス 「パラダイス(Paradise)」にも「天国」という意味があるため、「インフェルノ」の対義語になります。 ただ、「パラダイス」には「楽園」や「エデンの園」といった意味もあり、「生きている中での最高に楽しいと思う娯楽の場・快楽的な場」を表す時にも使用される言葉です。 死後の世界としては「ヘブン」の語が向きますが、生きている中での「天国(楽園)のような」の意味では「パラダイス」が使われます。 「エデンの園」は聖書における想像上の楽園のことで、食用果実・知恵の樹・生命の樹があり、天国に最も近い場所を表しています。 アダムとイヴが、エデンの園で禁断の果実を食べたことにより追放された話は有名です。 映画「インフェルノ」に込められた意味とは? 「インフェルノ」を含むタイトルを持つ映画で調べてみるといろいろありますが、ほとんどがホラー作品です。 日本でよく知られている映画としての「インフェルノ」は、2016年に公開されたミステリアスリラージャンルの「インフェルノ」でしょう。 映画ジャンルがミステリアスリラーの「インフェルノ」と、1980年に公開されたホラージャンルの「インフェルノ」で、映画タイトルが「インフェルノ」になった理由や、込められている意味をご紹介していきます。 「インフェルノ」(Inferno)2016年の映画 「インフェルノ」をタイトルとした有名な映画とされるのは、ロン・ハワード氏が監督を務め、デヴィッド・コープが脚本を書いた、2016年アメリカ合衆国の映画「インフェルノ」です。 原作はダン・ブラウン氏による2013年の小説で、その小説名は映画タイトルと同名です。 映画ジャンルは、ミステリアスリラーになります。 「ダ・ヴィンチ・コード」および「天使と悪魔」の続編であり、2Dおよび3Dで公開されました。 それは、「インフェルノ」の名を持つ「ウィルス」です。 人口爆発(人口が止まることを知らず増加し続けること)を指摘した遺伝学者が開発したウィルスで、これにより大量殺戮を計画していることが明らかになります。 主人公となる大学教授は記憶を失っているのですが、世界が灼熱地獄化する幻影に悩まされていました。 殺し屋に襲撃された後に謎解きが開始されますが、その中で「ダンテの神曲(本)における地獄篇(インフェルノ)」をモチーフとした図を発見します。 担当医・WHO・政府機関など、いろんな人と協力したり、襲撃されたりしながら、ウィルスを探し、拡散しないようにするためのお話です。 最終的には拡散せずに終わりますが、それまでには遺伝学者を中心とした、善に反した内容も見えてきます。 続いて、大量殺戮用に開発されたウィルス「インフェルノ」の存在が明らかになりました。 この映画ではウィルスとしての「インフェルノ」が、最もタイトルとつながり深いと言えます。 そして、手掛かりの1つになる図のモチーフとなったダンテ「神曲」の「地獄篇(インフェルノ)」もあります。 現代において「インフェルノ」の語は、「神曲」の「地獄篇」の原題として広く知られています。 そのため、ストーリー中で最もタイトルと結び付くのは「ウィルス」名と言えますが、映画ストーリーおよびタイトルの起源は「神曲」にあると考えられます。 「インフェルノ」(Inferno)1980年の映画 1980年にも、タイトルを「インフェルノ」とする映画が公開されています。 イタリアの映画作品で、ダリオ・アルジェントが監督を務めます。 この監督は「サスペリア」で成功を収めており、「インフェルノ」はアメリカ資本で作ったと言われています。 原題はトマス・ド・クインシーの「深き淵よりの嘆息」で、「魔女3部作」の1つとなっています。 映画ジャンルは、ホラーです。 ストーリーのあらすじ 主人公ローズはニューヨークに住んでいますが、近所に骨董屋があります。 そこへ足を運び、「3人の母」という本を発見します。 内容を読むにつれて、そこに綴られている建物の記述が、ローズが暮らすアパートのことだと分かりました。 自身が暮らすアパートのことが書かれているということで、ローズは大いに興味を抱きます。 この本の著者はバレリという人物で、彼は何世紀も前の建築家らしく、3人の魔女のために家を建てたとあります。 1人1つの家で、フライブルク・ローマ・ニューヨークに建てたそうです。 ローズが暮らすのはニューヨークにある家であり、好奇心から地下室を調べることになります。 すると、そこには死体がありました。 「インフェルノ」はその意味から、数多くのホラー作品のタイトル名に用いられています。 「グリーン・インフェルノ」や「レッド・インフェルノ」、そして「ディープ・インフェルノ」などがあります。 ホラーもそうですが、グロテスクな要素も濃いので、観る時には気を付けてください。 「インフェルノ」と「ヘル」を正しく使い分けよう! 「インフェルノ」の意味は基本的に「地獄」ですが、英語を和訳した時には「ヘル」という単語も「地獄」を意味します。 「インフェルノ」は「(想像としての過酷な)地獄」あるいは「地獄にある業火」を表し、現実の世界では「業火のような大火」を示す時に使います。 「インフェルノ」は「地獄で罪人を焼く業火」であり、現実では「業火のように消えないくらい猛烈な大火」を表す時に使えば間違いはないでしょう。

次の

「インフェルノ」の意味と使い方・語源・「ヘル」との違い

インフェルノ 歌詞 意味

20年7月18日発表、の通算3作目の配信限定「 インフェルノ」。 TV「 炎炎ノ消防隊」のとして書き下ろされたです。 大森元貴は化される前から原作漫画「炎炎ノ消防隊」のファンであったそう。 そのため作品の世界観を十全に知り尽くして作詞しました。 派手な・ロックであり、かなり激しいサウンドが魅力です。 尖ったその・トーンで表現したかったものは何でしょうか。 地獄のような様相を呈する現実に向き合いながら生きることの意味を伝えてくれます。 大森元貴の作詞ですので解釈は一筋縄ではいきません。 ゆっくりを紐解きながら大森元貴の真意に迫れたらと思います。 が2019年に問うた 地獄のような現実への一撃。 つらい状況下でも生きてゆくことを決意するしかない私たちを鼓舞します。 それでは実際のをご覧ください。 異化された現実 ダークファンタジーの世界 歌い出しのになります。 登場人物は語り手の僕もしくは僕らです。 僕は闇に光を灯すように生きています。 普段の暮らしの中で 社会に適するものだけが生き残るような状況が描かれているのです。 大森元貴の歌詞は直感で素直に解釈できる歌詞ではありません。 のための歌であっても普段の創作姿勢を崩すことはないです。 そのため一行一行しっかり吟味しながら解釈する必要があります。 アニメ「炎炎ノ消防隊」の世界観は ダークファンタジーのようなものです。 もちろん今の世界とは違った想像の世界ですから異様なものでしょう。 大森元貴はこの点を踏まえて歌詞を書き下ろしています。 しかし「炎炎ノ消防隊」の世界と較べると私たちの日常生活と近い場所を想定しているのです。 僕の夢見る暮らしは安定した日常であります。 この点は私たちが思うことと何ら変わりはありません。 ただし僕はそうした安定した暮らしの刺激のなさに満足できないとも歌います。 僕に 付随するのはヒーロー属性なのです。 市井の私たちとは少し違った使命感を背負っていると考えた方がいいかもしれません。 僕らが生きるのは異化された現実です。 見慣れない言葉である 「熄み」は(やみ)と読みます。 火が消える様子を表す言葉です。 この辺りは「炎炎ノ消防隊」にあやかっているのでしょう。 道を照らしていた光が消え入ります。 そのため僕は日頃、歩き通っていた道すら分からなくなるのです。 道とは人生や生活の向かい方などの隠喩でしょう。 光が消えた今、人生の中でまるで迷子になってしまったかのような感覚に陥るのです。 すでに自分が通ったはずの道筋さえ未明の淵にあるかのように感じられるのでしょう。 これからは自分たちで 道を開拓してゆかなければならなくなるのです。 過酷な現実が待っています。 生きていれば当然に不当なことで悩まされることもあるでしょう。 一方で日々の暮らしは今のところ優しいコミュニティの恩恵を受けているようです。 「インフェルノ」とは 地獄の様相という意味ですがこの歌い出しではまだその姿を見せていません。 先を見てゆきましょう。 甘い幻想が打ち砕かれて 新しい標を授かって前へ 生きてきた道筋を照らしていた光。 一旦は消え入ってしまった光ですが先方に炎が燃え立ったと歌います。 展開は急速に変わりゆくのです。 僕はその炎こそ自分の 人生のガイディング・ライトだと信じて前へ進みます。 「炎炎ノ消防隊」の作品世界では炎が立つという現象は特別な意味を持つのです。 あるとき突如発火して炎に包まれる「 焔ビト」が周囲を焼き尽くす。 この炎と闘う消防隊がストーリーの基軸になっています。 しかし大森元貴は炎にネガティブな意味は込めていません。 むしろ僕らを導く光として積極的な意義を見出しているのです。 このガイディング・ライトに向かって歩いてゆく道すがら想い出の歌が聴こえる。 暗い世相の中に 新しい光が生まれたことに安心感を覚えたのかもしれません。 生きてゆくことは並大抵のことではなくなった世界でのエピソードです。 私たちも現実の暮らしの中で進路に迷うことが多々あります。 そんなときに 新しい目標を授かったときの安堵感は言葉に尽くせないものでしょう。 僕が生きている世界が私たちのものと地続きであるかはもう少し見ていかないと分かりません。 それでも私たちだって僕の気持ちに同調できる。 若いリスナーは特にそうした印象を持っているはずです。 永遠はないに「Like」 私たちは大きな歴史の時間の中では非常に儚い存在です。 そのために逆説的に 永遠というものに重い価値を見出してきました。 愛が永遠であることを誓うなど私たちの人生の節目でこの概念が登場します。 しかし永遠というものを目撃したものは誰もいません。 永遠に近づこうとも敢えなく生命を落とすのが私たちの宿命なのです。 だれも確証したことがない概念は真実だといえるでしょうか。 大森元貴は バッサリと永遠というものを否定します。 永遠なんていわれるけれどもそんなものはないようだ。 ではそこから僕らはどのように人生を育もうかと考え直すのです。 まるで SNSで「Like」と押すように永遠がないことを承認します。 永遠がないのであれば私たちはその日一日を大切に暮らしてゆくしかなくなるでしょう。 それこそが人間本来の暮らしの姿です。 限られた生命を生きることの尊さを知るときが来たのでしょう。 「インフェルノ」というの世界観は 人間の甘い幻想が打ち砕かれた土地で起こることをにします。 生命には限りがあるからこそ行けるところまでゆけばいい。 最後まで歩いてゆくことが肝心だと大森元貴は歌うのです。 知識不足はなぜ罪か.

次の