ヒカリユメ。 ヒカリユメ 歌詞『すとぷり』

すとぷり ヒカリユメ 歌詞&動画視聴

ヒカリユメ

すとぷりのことはよく知らない すとぷりが何なのかを、自分はよく理解していない。 アニメでもないらしいし、ゲームキャラでもないらしい。 Wikipediaで調べたら動画投稿者と書かれていたが、YouTuberでもなさそうだ。 何者かは調べてもわからなかったが、どうやら人気はあるようだし、音楽活動も行なっているようだ。 CDも売れているらしい。 自分はSpotifyで最新リリースされたアルバムで目についたものは、とりあえず聴くようにしている。 すとぷりは知らなかったが、最新アルバムが目についたので聴いてみた。 『すとろべりーねくすとっ!』というアルバム。 すとぷりにとって2枚目のアルバムらしい。 正直、全然期待せずに聴いた。 とりあえず1曲だけ聴いて好みでなければKing Gnuのアルバムを聴こうと思った。 それなのに、このアルバム、良かった。 ヨナ抜き音階 日本では「ドレミファソラシド」の音階を「ヒフミヨイムナヒ」と読んでいた時代がある。 その中で「ヨ」と「ナ」の音を抜いた音階のことを『ヨナ抜き音階』と呼ぶ。 つまり「ドレミソラ」の音階だけで構成された音階のことを『ヨナ抜き音階』と呼んでいる。 『すとろべりーねくすとっ!』は「ヨナ抜き音階」の曲が多い。 はいだしょうこ• J-Pop• タイトルをクリックでダウンロード• provided courtesy of iTunes ヨナ抜き音階は使われている音が5つだけなので覚えやすい。 そのため子どもが簡単に歌えるので取り入れられるのだと思う。 子どものころから慣れ親しんだ音階なので、耳にも馴染んでいて、大人になってからもヨナ抜き音階の曲を好きになりやすいのだ。 J-POPのヒット曲でも様々な楽曲がヨナ抜き音階を取り入れている。 多くの人に愛される楽曲やヒット曲にも使われている。 JITTERIN'JINNの『夏祭り』もヨナ抜き音階だ。 多くのアーティストにカバーされている名曲。 くるり• オルタナティブ• タイトルをクリックでダウンロード• provided courtesy of iTunes すとぷりの『すとろべりーねくすとっ!』も同じように、ヨナ抜き音階を全面的に使用した楽曲や一部に使用した楽曲が揃っている。 日本人のツボをグッと押してくるのだ。 そのため好きになってしまう。 しかし『すとろべりーねくすとっ!』の楽曲の魅力はそれだけではない。 このアルバムは様々な音楽を取り入れている部分も魅力の一つなのだ。 細かく作られた楽曲 『NEXT STAGE』はヒップホップを取り入れた楽曲。 それもただラップを取り入れたわけではない。 ヒップホップへ敬意を持った上で取り入れているのだ。 すとぷり• J-Pop• タイトルをクリックでダウンロード• provided courtesy of iTunes 『ヒカリユメ』はホーンの音が印象的なミドルテンポでジャジーな曲。 スカパラの歌モノ楽曲と似た心地よい演奏。 『すとろべりーねくすとっ!』の楽曲は打ち込みを多用した曲が多い。 しかし『ヒカリユメ』は楽器の演奏が際立つ楽曲。 イントロも他の楽曲と比べると長い。 演奏に注目してもらうことを目指しているようにも感じる。 そんなことを思いながら、心地よくなりながら、聴いていた。 そして、気軽に聴いていたことを、後悔した。 このアルバムは、ヤバいアルバムだった。 特に『ヒカリユメ』はヤバい曲だった。 今すぐ僕もそっちに行くよ。 待ってて・・・・・・ このアルバムを聴き始めたのは、深夜0時を回ったころ。 楽しくて明るい曲がが続くと思いながら、心地よく聴いていた。 アルバムを曲順通りに聴いていた。 様々なジャンルの曲があって、バラエティ豊かで良いと思った。 『ヒカリユメ』が流れた時「この曲が一番好きだ」と感じた。 自分はバンドの演奏が好きなのだ。 もともと音楽を好きになった理由はロックがきっかけ。 打ち込みのダンスミュージックやポップスも好きだが、やはりバンドの演奏が映えるような曲が好みに合う。 この曲は歌詞も面白い。 わらしべ長者になりたいと 君はまたそんなめちゃくちゃを言って だけどそこが好きだ ユーモアがあふれていて可愛らしい歌詞。 「わらしべ長者」が歌詞に出てくる曲ははじめて聴いた。 シャツが後ろ前なことに夕方まで気づかなかったり 野良猫を見つけたらすぐに近づいて対話を試みたり 道を聞かれやすいくせに恐ろしく方向音痴だったり ラーメンを食べるときに上手に啜ることができなかったり 歌詞は主人公から見た「君」の姿をずっと歌っている。 少し変わっているけど憎めないから気になってしまうような君。 主人公が君のことを好きだということが伝わってくる。 聴いていてほっこりする歌詞。 そんな歌詞だと思っていた。 多幸感に溢れた幸せな曲だと思った。 演奏が終わったと思い「良い曲だなあ」と感じ穏やかな気持ちになる。 しかし、演奏は終わっていなかった。 ボーカルの声が聴こえ始める。 キーボードの音に合わせて、しっとりとした歌声で曲を再開させる。 その歌詞を聴いて、鳥肌が立つ。 そんな君が死んだ 交通事故だった 今すぐ僕もそっちへ行くよ 待ってて 「え・・・・・・?」 このフレーズだけ歌い、曲が終わる。 びっくりした。 悲しい。 深夜に聴くんじゃなかった。 なぜこんな展開の歌詞を書いたのだ。 トラウマになりそうだ。 鳥肌が止まらない。 手が震えてくる。 泣きそうだ。 すとぷりの『すとろべりーねくすとっ!』を聴いたら、不覚にも泣いてしまった。

次の

「ヒカリユメ / すとぷり」の楽譜一覧

ヒカリユメ

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

ヒカリユメ 歌詞『すとぷり』

ヒカリユメ

すぺしゃるうぃーくセトリ予想、だいよげんは的中してびっくりしました。 さすがに順番までは当たらんかったね。 あと株式会社STPRの菊地さんのブログを読んで、こういう方のいる会社に就職したい…と泣きました。 就活、いつ終わるんだろ。 という無駄話はいいんだ。 本題入ろう。 ヒカリユメの話をしたいんだよ私は。 以前一回だけ書いたlineブログ(読んだ人いないと思う)で軽く書いたんだけど、私はこのヒカリユメという曲が大好きだ。 ヒカリユメは今年の一月にリリースされた「すとろべりーねくすとっ!」通称すとねくに収録されている。 この度めでたくMVが作られてたくさんの人が聞けるようになりました。 さて、ここから先はヒカリユメの圧倒的ネタバレ、そして考察や感情を書き散らかすのでまだ一度もヒカリユメを聴いていない人は以下のURLから聴いてから読んでほしい。 ヒカリユメは一番最初に聴くときが最も大事なので、聞かずに読み進めないでね、頼むから。 5分ぐらいだから絶対聴いて。 聴いた?やばいよね。 私がヒカリユメを初めて聴いたのは、すとぷりにハマりたての一月だったと思う。 すとぷりという旬ジャンルにハマり、あまりにも多い供給にくらくらしながらとりあえずアルバムをサブスクで聴いていたあの頃。 最初の印象はまずメロディーが好みだな、だった。 を好んで聴く・さんにハマったきっかけが真夜中は純潔・高校時代一時期狂ったようにスイングやジャズを聴いていたので、ヒカリユメはまずがはちゃめちゃに好みなんだよな。 あと歌詞。 ワンコーラス聴いた時点ですごく好きな男女カプソングだと思った。 そのタイミングで歌詞検索をしました(余談だけどすとぷりさんお願いだからでも歌詞見れるようにしてください)。 そしてラストの歌詞を発見してまず一回目の死を迎えた。 心の準備をして覚悟決めてそのまま聴いてたんだけど、いざラストきたらなーくんのソロパートで二回目の死を迎えました。 墓建てたわ。 そして時を経て昨日MVを見て三度目の死を迎えたよ。 つらい。 しんどい。 無理だよ。 歌詞を紐解いていくと、男の子目線でちょっと変わっている天然な女の子への愛情を歌っているわけなんだけど(だから推しカプ…?ってなった)、ひとつずつメンバーがソロで歌っていくのがいいよね。 ひとりの男の子の歌って感じがする。 男の子が女の子のどういうところにかわいらしいな、とかいいな、好きだなって感じてるのかがめちゃくちゃわかる構成なのが最高。 個人的に一番好きな歌詞はるぅとくんの「そんな君をぎゅっと抱きしめてしまいたいんだ」。 オチ知ってるとここがより心にきてしまって、いつも泣きそうになる。 なんならMV見たときはここで涙腺崩壊した。 あとね、ラスサビ前。 「からっぽだったこの心は いつの間にか満たされてた 探してた大事なものはすぐ目の前にあったんだ」やばい。 こういう男女カプに弱い。 知ってる。 精神的に女の子に男の子が救われている構図が性癖だからさ…ここくるとうわあああああ!って感情が爆発する。 からのラストのなーくんのソロパートな。 心が死ぬ。 何度でも死ぬ。 ヒカリユメは死ぬ。 さて、ここで考察ポイントなんだけど、そもそも「ヒカリユメ」ってなんだろうって話があるんですよ。 「ヒカリユメのしっぽを捕まえにいこう」「キラリユメのかけら探しに行こうよ」ってサビの終わりの歌詞、どういう意味なのか。 その前に「君となら見つけられそうな気がする」「君とならきっと大丈夫な気がする」があるので、ヒカリユメ並びにキラリユメって未来のことを指してるんじゃないかなと私は思ってる。 一緒に行くはずだった未来。 え、しんど。 あと公式放送でも話題になってた年齢の話。 私は二十代半ばとかそんなイメージだった。 MVは絵柄が関係してくるんであれだけど、なんとなくこの二人は付き合って結婚を考えてるんじゃないかと思ってるので大人なんじゃないかな。 ラーメンすすれない女の子は一定数いるよ、さとみくん。 あとMVではラスサビで花を渡している(というか髪に飾っている)ので、そこも結婚をどことなく感じさせるんだよな。 それからMVの考察。 女の子が描いてる絵が人魚姫なのがね…結ばれなかった2人の物語やん…宇宙飛行士のくだりで金魚鉢被ってるのもかわいいよね。 魚も泳いでてさ。 てかちゃんとイラストが男の子視点で女の子が描かれてて、より心がしんどい。 るぅとくんが言及していた赤い糸が結ばれた手、実は1サビの終わりは差し出される側(おそらく女の子の手)に赤い糸があって、2サビの終わりは握手で赤い糸はあるけどどっちの指についているのか不明、そしてラスサビ終わりは手を伸ばしている側(おそらく男の子の手)に赤い糸があって、そして切れてしまう。 つらい。 赤い糸の伸びている方向もまたやばい。 1サビはこちら側(男の子側)に伸びてて、2サビは2人の手の中、ラスサビは向こう側(女の子側)に伸びてて、そこが切れてしまうんや。 女の子との思い出が写真として流れていくなか、女の子は一切こっちを振り向かないのがまたしんどい。 置いて行かれてしまったんだよ俺たちは。 うわあ無理みが強い。 それにしても、るぅとくんが言うように一度すべてを忘れてMV見たいね。 ヒカリユメってホント一回聴くと二度と一回目と同じ気持ちじゃ聴けない曲だから。 一回目、ラストくるまではあんなに幸せだったのにな…二度と戻れん。 なんてことだ。 そう、ここで私はある殴り合いを展開したいと思う。 ぶっちゃけ、ラストのなーくんソロパート必要なの?。 ここからは不要派の私Aと必要派の私Bの2人でお送りします。 A「実はヒカリユメという楽曲はラストのなーくんのソロパートがなくても成立するんだよ。 だって、歌詞には過去形がほぼ使われてないんだから。 試しになーくんソロパート前で聴き終えてみなよ。 歌詞には女の子の死を連想させる表現は一切ない。 なんならメロディーも一旦終わるんだからここで曲を終わってもいいと思う。 」 B「いや、このなーくんのソロパートがくることでこの曲は大きな意味を持っていると思うよ?ラストのなーくんのソロパートがくることでようやく聴いている私たちは女の子がもういないこと、そして男の子は女の子との日々を振り返っている曲なんだって気づくわけ。 そこでまた改めて聴くと全然違う曲のように楽しめる。 これがヒカリユメなんだよ。 」 A「確かにそうなんだけど…なんで幸せな2人の曲で終わっちゃダメなの?ここまでだったら確実に推しカプソングだったのに。 」 B「なんでっていわれても…だってそういう曲だし。 」 茶番はここまでにします。 いやでもこれいつも思うんだ。 ヒカリユメ聴くたびに私と私が解釈で殴り合い始める。 なんでなん?なんで死んでしまったん?なんで後追いするん?しんどすぎない?ハピエン厨は墓のなかから叫ぶことしかできない。 生きて幸せになってよ。 あまりにも結末がしんどいから私は何度かラストのなーくんのソロパートを聴かずに次の曲を聴くという大罪を犯してます。 以上、ヒカリユメがやばいというお話でした。 ヒカリユメを聴いた方の考察、私にもぜひお聞かせください。 はー、もう一回MV見て死んでこよ。 ヒカリユメ見て投稿せずにふつうにそのまま寝た。 waraa1207.

次の