ポケモンxy ユキワラシ。 XY新ポケモン進化方法

ユキメノコ|ポケモン図鑑ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

ポケモンxy ユキワラシ

わざ『きあいパンチ』には影響しない。 ターン終了時、いずれかの『のうりょく』ランクが2段階上がり、別の『のうりょく』ランクが1段階下がる。 1 にらみつける ノーマル 変化 - 100 30 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 4 かげぶんしん ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 22 まもる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制でき、そのターンの間、相手の『わざ』を受けない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 37 こおりのつぶて こおり 物理 40 100 30 必ず先制できる。 40 あられ こおり 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『あられ』にする。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 06 どくどく どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 07 あられ こおり 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『あられ』にする。 10 めざめるパワー ノーマル 特殊 - 100 15 自分の個体値によって『タイプ』と威力が変わる。 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 16 ひかりのかべ エスパー 変化 - - 30 5ターンの間、相手の『とくしゅ』攻撃のダメージを半分にする。 急所に当たった場合は軽減されない。 交換しても効果は続く。 17 まもる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制でき、そのターンの間、相手の『わざ』を受けない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 あまごい みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 20 しんぴのまもり ノーマル 変化 - - 25 5ターンの間、状態異常にならなくなる。 交換しても効果は続く。 21 やつあたり ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最高102。 27 おんがえし ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最高102。 32 かげぶんしん ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 42 からげんき ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 44 ねむる エスパー 変化 - - 10 『HP』と状態異常を全て回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 メロメロ ノーマル 変化 - 100 15 相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時は失敗する。 48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100 15 『すばやさ』に関係なく、他のポケモンもわざ『りんしょう』を続けて使用でき、威力も上がる。 ダブルバトル・トリプルバトルで有効。 70 フラッシュ ノーマル 変化 - 100 20 相手の命中率を1段階下げる。 79 こおりのいぶき こおり 特殊 40 90 10 必ず急所に当たる。 87 いばる ノーマル 変化 - 90 15 相手を2〜5ターン 実質1〜4ターン の間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 分身は状態異常にならない。 遺伝 まきびし じめん 変化 - - 20 使用後、相手はポケモンを交換する度にダメージを受ける。 『ひこう』タイプ、とくせい『ふゆう』のポケモンはダメージを受けない。 遺伝 ころがる いわ 物理 30 90 20 外れるまで5ターン連続で攻撃し、攻撃が当たる度にダメージが倍増する。 事前にわざ『まるくなる』を使っているとダメージが2倍になる。 遺伝 かなしばり ノーマル 変化 - 100 20 相手が最後に使った『わざ』を4ターンの間使えなくする。 遺伝 がまん ノーマル 物理 - - 10 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 遺伝 ゆきなだれ こおり 物理 60 100 10 そのターンに相手の『わざ』のダメージを受けると威力が2倍になる。 必ず後攻になる。 優先度:-4 遺伝 たたりめ ゴースト 特殊 50 100 10 相手が状態異常の時、威力が2倍になる。 遺伝 うそなき あく 変化 - 100 20 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 BW2 いびき ノーマル 特殊 40 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 BW2 うらみ ゴースト 変化 - 100 10 相手の最後に使った『わざ』の『PP』を4減らす。 BW2 ねごと ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている『わざ』のうち1つをランダムで使う。 『PP』が減少するのはこの『わざ』のみ。

次の

ユキメノコ

ポケモンxy ユキワラシ

ユキワラシ Yukiwarashi 英語名 Snorunt 361 — 171 206 - - - - - - 179 246 - - 118 - 323 - - 144 - 079 - - 分類 ゆきかさポケモン 0. 7m 16. 8kg 灰 20サイクル• 第三世代: 5376歩• 第四世代: 5355歩• 第四世代以前: 74• 第五・第六世代: 60• 第七世代: 60• ポケモン徹底攻略• ユキワラシとはのNo. 361のポケモンのこと。 初登場は。 Lv42で• はるや なつの ゆきの ふらない きせつには しょうにゅうどうの おくで しずかに くらす。 漢字 雪の 多い 土地で 暮らす ポケモン。 春や 夏の 雪の 降らない 季節には しょう乳洞の 奥で 静かに 暮らす。 、 ゆきや こおりだけを たべて くらしている。 ユキワラシの おとずれた いえは だいだい さかえるという いいつたえが のこっている。 漢字 雪や 氷だけを 食べて 暮らしている。 ユキワラシの 訪れた 家は 代々 栄えるという 言い伝えが 残っている。 5ひき ぐらいの グループで こうどうする。 ゆきぐにでは まよなか ユキワラシが すがたを みせると あさ ゆきが つもると いわれている。 ユキワラシが おとずれた いえは おかねもちに なると いわれている。 マイナス 100どでも へっちゃら。 、 ユキワラシの すみついた いえは おかねもちになるという いいつたえが ゆきぐにには のこっている。 漢字 ユキワラシの 住み着いた 家は お金持ちになるという 言い伝えが 雪国には 残っている。 、、、 おおきな はっぱの したに すうひきの ユキワラシが あつまり なかよく くらしているという。 漢字 大きな 葉っぱの 下に 数匹の ユキワラシが 集まり 仲良く 暮らしているという。 、 まよなか あらわれる ユキワラシは おおゆきを ふらせると いわれる。 ゆきや こおりを たべて くらす。 漢字 真夜中 現れる ユキワラシは 大雪を 降らせると いわれる。 雪や 氷を 食べて 暮らす。 きづくと アローラで ふえていた。 ユキワラシが すみついた いえは ししそんそんに さかえると いう。 漢字 気づくと アローラで 増えていた。 ユキワラシが 棲みついた 家は 子々孫々に 栄えると いう。 、 さむい とちでしか いきられない。 マイナス 100どの かんきょうでも げんきに はねまわっているよ。 漢字 寒い 土地でしか 生きられない。 マイナス 100度の 環境でも 元気に 跳ねまわっているよ。 ゆきや こおりが おもな エサ。 あたたかな アローラでは かぎられた ばしょ でしか いきていけない。 漢字 雪や 氷が 主な エサ。 暖かな アローラでは 限られた 場所 でしか 生きていけない。 さむい とちの かねもちは みんな こどもの ころに ユキワラシと あそんだ おもいでが あるらしい。 漢字 寒い 土地の 金持ちは みんな 子どもの 頃に ユキワラシと 遊んだ 思い出が あるらしい。 種族値 第3世代以降 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 50 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 わざ 第八世代 その他の世代: , わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾 鎧 このポケモンはおしえわざを覚えません。 太字のわざはタイプ一致です。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 R・S・E Lv. 20 でのキャリスからスナッチする()。 D・P Lv. 33-34 - - Lv. 35-36 Pt Lv. 33 夜 夜 夜 Lv. 10 PDW B2・W2 X・Y Lv. 30 こおり - - OR・AS Lv. 31-34 Lv. 17 氷の間 S・M Lv. 28-31 - - Lv. 45-48 S Lv. 42-45 M US・UM Lv. 30-33 Lv. 30-33 麓 Lv. で特性にが追加された。 唯一、ユキワラシ系統のみがとの両方のに属する。 そのため、ようせいとこうぶつへのバイパスとなる。 ルビー・サファイア・エメラルドでは進化後のは四天王が使用するが、ユキワラシは誰も使用せず、出現場所も極めて限られるため、遭遇しないまま殿堂入りを迎えたプレイヤーも多いだろう。 アニメにおけるユキワラシ• のポケモン。 現在はまで進化。 マンガにおけるユキワラシ ポケモンカードにおけるユキワラシ• を参照。 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 ユキワラシ 雪、座敷童(ワラシ) Snorunt Schneppke Stalgamin 눈꼬마 雪童子 Snorunt 英語に同じ 関連項目.

次の

ユキワラシ

ポケモンxy ユキワラシ

ユキワラシ Yukiwarashi 英語名 Snorunt 361 — 171 206 - - - - - - 179 246 - - 118 - 323 - - 144 - 079 - - 分類 ゆきかさポケモン 0. 7m 16. 8kg 灰 20サイクル• 第三世代: 5376歩• 第四世代: 5355歩• 第四世代以前: 74• 第五・第六世代: 60• 第七世代: 60• ポケモン徹底攻略• ユキワラシとはのNo. 361のポケモンのこと。 初登場は。 Lv42で• はるや なつの ゆきの ふらない きせつには しょうにゅうどうの おくで しずかに くらす。 漢字 雪の 多い 土地で 暮らす ポケモン。 春や 夏の 雪の 降らない 季節には しょう乳洞の 奥で 静かに 暮らす。 、 ゆきや こおりだけを たべて くらしている。 ユキワラシの おとずれた いえは だいだい さかえるという いいつたえが のこっている。 漢字 雪や 氷だけを 食べて 暮らしている。 ユキワラシの 訪れた 家は 代々 栄えるという 言い伝えが 残っている。 5ひき ぐらいの グループで こうどうする。 ゆきぐにでは まよなか ユキワラシが すがたを みせると あさ ゆきが つもると いわれている。 ユキワラシが おとずれた いえは おかねもちに なると いわれている。 マイナス 100どでも へっちゃら。 、 ユキワラシの すみついた いえは おかねもちになるという いいつたえが ゆきぐにには のこっている。 漢字 ユキワラシの 住み着いた 家は お金持ちになるという 言い伝えが 雪国には 残っている。 、、、 おおきな はっぱの したに すうひきの ユキワラシが あつまり なかよく くらしているという。 漢字 大きな 葉っぱの 下に 数匹の ユキワラシが 集まり 仲良く 暮らしているという。 、 まよなか あらわれる ユキワラシは おおゆきを ふらせると いわれる。 ゆきや こおりを たべて くらす。 漢字 真夜中 現れる ユキワラシは 大雪を 降らせると いわれる。 雪や 氷を 食べて 暮らす。 きづくと アローラで ふえていた。 ユキワラシが すみついた いえは ししそんそんに さかえると いう。 漢字 気づくと アローラで 増えていた。 ユキワラシが 棲みついた 家は 子々孫々に 栄えると いう。 、 さむい とちでしか いきられない。 マイナス 100どの かんきょうでも げんきに はねまわっているよ。 漢字 寒い 土地でしか 生きられない。 マイナス 100度の 環境でも 元気に 跳ねまわっているよ。 ゆきや こおりが おもな エサ。 あたたかな アローラでは かぎられた ばしょ でしか いきていけない。 漢字 雪や 氷が 主な エサ。 暖かな アローラでは 限られた 場所 でしか 生きていけない。 さむい とちの かねもちは みんな こどもの ころに ユキワラシと あそんだ おもいでが あるらしい。 漢字 寒い 土地の 金持ちは みんな 子どもの 頃に ユキワラシと 遊んだ 思い出が あるらしい。 種族値 第3世代以降 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 50 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 わざ 第八世代 その他の世代: , わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 剣盾 鎧 このポケモンはおしえわざを覚えません。 太字のわざはタイプ一致です。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 R・S・E Lv. 20 でのキャリスからスナッチする()。 D・P Lv. 33-34 - - Lv. 35-36 Pt Lv. 33 夜 夜 夜 Lv. 10 PDW B2・W2 X・Y Lv. 30 こおり - - OR・AS Lv. 31-34 Lv. 17 氷の間 S・M Lv. 28-31 - - Lv. 45-48 S Lv. 42-45 M US・UM Lv. 30-33 Lv. 30-33 麓 Lv. で特性にが追加された。 唯一、ユキワラシ系統のみがとの両方のに属する。 そのため、ようせいとこうぶつへのバイパスとなる。 ルビー・サファイア・エメラルドでは進化後のは四天王が使用するが、ユキワラシは誰も使用せず、出現場所も極めて限られるため、遭遇しないまま殿堂入りを迎えたプレイヤーも多いだろう。 アニメにおけるユキワラシ• のポケモン。 現在はまで進化。 マンガにおけるユキワラシ ポケモンカードにおけるユキワラシ• を参照。 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 ユキワラシ 雪、座敷童(ワラシ) Snorunt Schneppke Stalgamin 눈꼬마 雪童子 Snorunt 英語に同じ 関連項目.

次の